« 夫婦共働きの逆説 | トップページ | 家庭と仕事の両立 技術編 »

家庭と仕事の両立 考え方編

●家庭と仕事の両立など有り得ない

 既婚女性が夫も子供もいる状態で働くとなると、家庭と仕事をどう両立させようかという問題に直面してしまう。「家庭と仕事の両立」は働く母親たちの最大の悩みであるらしく、この悩みを巧く解決できないと仕事どころではなくなってしまうし、たとえ仕事で巧く行っても家庭が滅茶苦茶になってしまうという悲劇に見舞われてしまうのである。

 この「家庭と仕事の両立」に悩む既婚女性たちは想像以上に多く、定期的女性雑誌でも特集が組まれ、その度に雑誌の売り上げが好調になるという現象を引き起こしているのだ。そのため既婚女性たちはこの問題に悩むことが当たり前になってしまい、その悩みがあることで、自分は働く母親たちの仲間入りをしたのだと勘違いしてしまうのだ。

 断言しておくが、「家庭と仕事の両立など有り得ない」のだ!

 家庭と仕事のどちらが大事かといえば、家庭の方が圧倒的に大事に決まっている! 家庭があるからこそ、その夫や子供たちを豊かにさせたいがために外に出て働くのであって、家庭と仕事を平等にしてしまったら、その大目的が喪失してしまうのである。これでは幾ら悩んだとしても答えが出て来るわけがないのだ。

 結婚をし、育児をした経験のある女性なら、その一連の作業が大変だったということを知っているので、それに比べれば仕事など非常に簡単なものなのである。結婚なんて人生に起こる千載一遇のチャンスを利用してできるものであり、ビジネスにそのようなことが要求されることはないのだ。育児では赤ちゃんが夜泣きをしまくるものなのであり、ビジネスで毎晩真夜中に起こされるなんてことは有り得ないのだ。

 既婚女性なら仕事は片手間でできるものなのであって、仕事がどんなに忙しくなろうとも、家庭を中心に仕事を進めて行くべきなのである。家庭が中心と解っていれば、家庭のことをきちんと処理できるし、仕事でも必要量のエネルギーを回すことができるようになるのだ。そうやるからこそ家庭も仕事も巧く行くようになるのだ。

●「大変」なのではなく「幸せ」だと思う

 働く母親たちは「家庭と仕事の両立は大変!」だと思ってしまう。確かに家事や育児を処理するだけでも大変なのだから、それに仕事が加われば更に大変なものになってしまうだろう。しかしそういうふうに家庭と仕事の両方をこなすことを苦しみと考えるのではなく、幸せだと考えるようにすべきなのである。「自分は家庭も仕事も両方をこなすことができて幸せ!」と思えば、苦しみなど全て吹き飛んでしまい、前向きな力が湧いて来るものなのである。

 フェミニストたちは自分が仕事をする余りに結婚というものを犠牲にしてしまったのだ。そのためフェミニストたちは幾ら働こうが、自分の子孫を残すという女性の使命を果たすことなく死んでいくのだ。それに比べれば、自分は結婚して子供もいるのに、更に仕事もできるのであって、フェミニストたちよりも遥かに女性として幸せな人生を歩んでいるのである。

 またフェミニズムに洗脳されていない普通の女性であっても、保育園に子供を預けることができない母親たちは働きたくても働けないのである。幼い子供がいては、誰かに子供を預けない限り、外に出て働くことはできないのだ。それに比べれば、自分は運よくその手の問題をクリアしているのであって、保育園に子供を預けることができない母親たちよりも幸運に満ちているものなのである。

 更にはこの長期間に亘るデフレ不況で大量の失業者が出て、多くの人々は職にありつけず、ありつけたとしても以前よりも安い給料で働かざるを得ないのだ。そのような状況下でも自分には職があり、働けるのである。自分は世の中に必要とされているからこそ、結婚していても職があるのであって、だからこそ悩むことなく、一生懸命に働くべきなのである。

 この世には自分が素晴らしい境遇にいるのに、それを「大変だ」「大変だ」と騒いで、そこにある幸せを全て破壊してしまう女性たちが大勢いるものなのである。自分の考え方次第で、家庭と仕事の両方を経験できることを苦しみと感じたり、幸せだと感じたりしてしまうのである。だから「家庭と仕事の両立」はそれ自体が問題なのではなく、実はその既婚女性の精神レベルこそが問題なのである。自分の精神レベルが低ければ、家庭と仕事の両立を苦しみと考え、自分の精神レベルが高ければ、家庭と仕事の両立を幸せに感じるものなのである。

●足りない物は「感謝」

 実際に既婚女性が外に出て働いてみれば、最も頼りになるのは「夫」なのである。夫が手助けしてくれなければ、とてもではないが既婚女性が外に出て働くことなどできないのだ。そして子供たちも母親が外に出て働いているとなれば、子供なりに考えて、母親の負担が多くならないような行動を取って来るのである。

 そして職場の人々も家事や育児をこなしながら働いているとなれば、男性が全力でこなせばできないような大変な仕事を任せたりせず、その既婚女性の能力にあった仕事を任せるよう充分な配慮をしてくるものなのである。家庭と仕事の両立がどうのこのという前に職場の人々との意思疎通を図るべきであって、それができていれば仕事に支障が出て来ることなどないのである。

 女性雑誌が「家庭と仕事の両立」を特集した時、絶対に「感謝」という言葉が出て来ないのだ。自分が他人に感謝をしないからこそ、家庭と仕事の両立が大変になってしまうのであって、自分が他人に感謝してしまえば、家庭と仕事の両立など簡単にできてしまうものなのである。

 既婚女性の中には家庭と仕事の両立が巧く行かず、家庭に於いても仕事に於いても行き詰まってしまう女性たちがいるものである。中には家庭も仕事もゴチャゴチャになってしまい、離婚したり、失業したりしてしまう女性たちがいるものなのである。そうやって不幸になっていった女性たちに共通するのは「感謝が足りない」ということなのである。

 自分の意見だけを一方的に押し出していては誰も自分を支援してくれることはないのだ。自分が敢えて一歩下がり、相手の意見を聞き入れる態度を示すからこそ、周囲の人々はきちんとしたアドバイスをくれるものだし、手助けもしてくれるものなのである。家庭と仕事の両立で苦しむ既婚女性たちは自分の意見だけを押し通してしまうからこそ、誰も支援してくれることがなく、そのために家庭と仕事の両立が不可能になってしまうのである。

●働く母親は「女性の天分」を活かすからこそ巧く行く

 人間には男と女しかいないものだ。その男女は平等なのではなく、それ違った役割を神様から授かっているのである。男性は力強さであり、厳しさであり、この世を切り開いていく役割を課せられている。女性は優しさであり 愛であり、気配りを巧みに行うことでこの世を豊かにしていく役割を課せられている。男女双方が自分の役割を果たすからこそ、男女共に公平に扱われ、男女共に恩恵を受けるのである。

 働く母親は「女性としての天分」を果たすからこそ、家庭も仕事も巧く行くようになるのだ。働いているからといって仕事ばかりにエネルギーを注げばバランスを崩してしまうものなのである。女性は男性と同じように働くべきなのではなく、女性だからこそ女性の天分を活かして、バランスを巧く取って働くべきなのである。

 働く母親たちにとってフェミニストや離婚した女性たちは絶対に手本にならないし、参考にもならない。仕事を一生懸命にする余りに結婚を破壊してしまったということでは両者とも全く同じだからだ。女性として生まれたのに、女性であることを否定して、男性と同じように働いてしまったからこそ、結婚に於ける幸せを掴むことができなかったのである。

 どこの会社でも単純作業ができる労働者なら、正規の社員としては雇わず、アルバイトで頼んでしまうものだ。会社が正規の社員として雇ったということは、「あなたは単純作業をするのではなく、もっとも高度な労働をしなければならない」ということなのである。それなのに女性でありながら、女性としての天分を発揮してこなければ、周囲の人々から反感を買ってしまうのは当然のことなのである。

 自分が女性として生まれたのに、女性としての天分を発揮してこなければ、必ず至る所で問題が続出して来てしまうものだ。仕事で一生懸命働けば職場で問題が起こり、家事や育児をやっているというのに家庭内で問題が起こって来るのだ。そういう場合、誰が悪いという訳ではないのだ。自分が女性として優しさや愛や気配りを欠いているからこそ、相手がカンカンになって怒って来るのである。

 家庭で家事や育児に追われ、職場で仕事に追われていても、自分が女性としてきちんと優しさを示し、愛を注ぎ、気配りをして行けば、必ず巧く行くものなのである。労働すればそれで良いと思うからこそ、何もかもが巧く行かなくなってしまうのだ。労働は確かに大事だが、それ以上に優しさや愛や気配りといった目に見えないものの方がもっと大事なのである。それが解った時に家庭も仕事も巧く機能し始めるようになるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夫婦共働きの逆説 | トップページ | 家庭と仕事の両立 技術編 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37784014

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭と仕事の両立 考え方編:

» 本業を辞めずに「空き時間」を「副収入」に変える方法 [本業を辞めずに「空き時間」を「副収入」に変える方法]
「自宅で稼げるよ!」ではなく【 実際に稼いでいる 事実談 】 なんと副業で、、、 借金完済しちゃいましたぁ!! やるか、やらないかは、自分で確認してから決めれば良いのです! [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 08時11分

» ネットワークビジネス.com [ネットワークビジネス.com]
こちらはネットワークビジネスに関する情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 12時01分

» 赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」 [インフォカート(INFOCART)情報商材]
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」発行者: 竹原 秀明子供がなかなか寝付かない、夜中に何度も目を覚ます、一人で寝てくれない、夜中の授乳がなくならない、夜泣きがおさまらないといった眠りの悩みを解消いたします!赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない...... [続きを読む]

受信: 2010年11月25日 (木) 17時05分

« 夫婦共働きの逆説 | トップページ | 家庭と仕事の両立 技術編 »