« 結婚は最初の3年間が非常に大事 | トップページ | 自分の収入は「有難う」が形になったもの »

驚きの真実「家族所得力」

●家庭所得力の原理

 個人として働けば単なる個人の働きでしかないが、男女が結婚し、夫婦として働けば家族としての働きになる。即ち、結婚をするとその労働がまるで別のものになってしまうのである。夫婦であるなら、それぞれが協業と分業ができるようになるので、家族として組織戦を展開して行くことになるのだ。

 結婚している場合、夫が自分の稼ぎだけを見たり、妻が自分に課せられた家事だけを見るのは、非常に間違っていることなのである。夫婦は結婚しているのだから、夫は自分にとって有効な仕事だけに集中し、不要な仕事は妻に任せてしまい、妻の方も自分にとって有効な仕事だけに集中し、不要な仕事は夫に任せてしまえばいいのだ。それができるからこそ、結婚は非常に高い生産量を生み出すようになるのである。

 それゆえ、夫婦の所得を考える時、夫婦それぞれの働きを考慮して計算しなければならないのだ。結婚している夫婦の所得金額が、結婚をしていない独身者よりも高くなるのは当然の現象なのである。個人で出来る仕事はごく僅かだが、夫婦がペアになって働くと、夫婦の出来る仕事は多岐に及ぶからだ。

家族所得力の原理

 「家族所得力=消費+投資」

 家族の所得力というのは、消費と投資によって決定される。結婚して家族を形成すれば、それだけ多くの消費と投資を必要とするから、自然と所得力も増えて行くことになるのだ。男女が独身でいると貧しいものだが、結婚すると豊かになっていくのは、「家族所得力の原理」が作動するからなのである。

 この「家族所得力の原理」は労働価値説に慣れた人々にとっては驚異的な事実であろう。バイトやパートの経験者なら、所得というのは1時間幾らで働いて、それによって初めてお金を得られるという経験をしてしまうからだ。家族の所得というのはそうなのではなく、家族の消費と投資が存在するからこそ、所得が生み出されるのである。事実はまるで逆なのである。

●家族が豊かになるのに所得の過多は関係ない

 常識では解らないことを合理的に説明するのが科学の醍醐味である。常識が正しいのなら科学など要らない。しかし現実は人々が当たり前だと思っている常識が間違っているからこそ、科学という学問が必要なのである。今まで多くの夫婦が貧しかったのは、常識に囚われてしまい、家族の所得を科学するということをしなかったためなのである。

①消費と投資が多くなれば、それに応じて所得も増える

 家族の所得は夫婦の労働量の増大によって増えるのではない。家族内で消費と投資が多くなるからこそ、それに釣られて増加するのである。例えば赤ちゃんが生まれれば、様々なベビーグッズを買わなければならなくなる。だから消費が増えるのであって、そのために夫は仕事に打ち込み、稼ぎを多くしなければならないのだ。子供たちが学校に行くようになると、学費が必要となるから、夫は仕事に打ち込み、稼ぎを多くしなければならない。そうやって家族所得力が増大して行くのである。

②消費と投資が減少すれば、それに応じて所得も減る

 逆に言えば家族内の消費と投資が減少すると、それに応じて所得も減ってしまう。例えば子供が病死してしまい、家族内で消費が減少すると、夫はその消費の費用を調達する必要がないから、今まで以上には働かなくなる。それで所得は減少していくのだ。その夫婦が自分たちの親から貰った遺産を食い潰していれば、当然に投資などしていないのだから、当然にその夫婦の所得は減少してしまうのだ。相続で大金を貰った夫婦ほど働きが悪いと言われるが、それは遺産を貰い過ぎてしまうと、働く必要性がなくなってしまうからなのである。

③所得が少なくても消費と投資に巧く工夫をすれば豊かな生活を送ることができる

 夫婦の結婚を幸せにするためには所得金額というのは決定的な要素にはらない。どんなに少ない所得であっても、消費と投資を工夫すれば豊かな生活を送ることができるようになるのだ。双方が還暦を迎えた夫婦の多くが貧しかった頃の方が豊かだったと思うのは、貧しい時ほど消費と投資に工夫していたからなのである。

④所得が多くても消費と投資がルーズだと貧しい生活を強いられることになる

 所得の少ない夫婦は所得の多い夫婦に憧れを抱いたり嫉妬を感じてしまうものだが、幾ら所得が多くても、その夫婦が消費と投資にルーズだと貧しい生活を強いられることになるのだ。良家の出身で高学歴ではあっても我儘に育てられたような男女は忍耐力が全くないから、所得が多い筈なのに、消費と投資を工夫しないばっかりに、結婚生活を貧しくさせてしまい、離婚に至ってしまうのである。

●女性たちの最大の疑問

 「家族所得力の原理」が解ると、今まで女性たちが最大の疑問と思っていた疑問を簡単に解くことができる。

疑問その1

 「なぜ働きもしない専業主婦が豊かな生活を送っているのか?」

 答え:専業主婦は消費と投資に特化しているので、自分は外で働かなくても、自然と夫の仕事の出来が良くなり、所得が激増して行くのである。夫は専業主婦の妻を持てば、その妻がきちんと家事や育児をこなすのであるならの話であるが、その場合には家庭内のことを妻に任してしまうことができるので、自分の仕事に全エネルギーを投入することができるようになるのだ。だから他の男性たちより圧倒的有利な状態で働くことができ、それによって所得金額が非常に高くなるのである。

疑問その2

 「なぜ無駄遣いをしている主婦に限って所得が豊かなのか?」

 答え:無駄遣いは褒めたものではないが、家庭内に大きな消費が存在するために、所得も大きなものにしなければならなくなるのである。よくあるパターンとして、女性が会社を経営すると、買い物をしている時間が減少してしまうために、ブランド品を注文して購入するという遣り方を取るのだ。

 ここまでなら理解可能だ。なぜならそれは自分の稼ぎを使って贅沢をしているからだ。しかしこの世の中には自分の妻が贅沢な暮らしをしていても、その資金を必死になって調達しようとする夫が存在するのだ。この手の夫は馬鹿な男性ではないのだ。社会的にも非常に高い地位にあって、仕事をさせれば非常に優秀な能力を発揮して来るのだ。その男性は自分のためには余り消費せず、妻に贅沢をさせることで、家族内の消費量を増やし、それによって所得金額を増やすという奇妙なことをやっている訳だ。

疑問その3

 「なぜ質素倹約に徹してい主婦に限って莫大な資産を持っているのか?」

 消費に余り魅力を見出せない主婦は必ず存在するものだ。そういう主婦は質素倹約に徹して、贅沢を削ぎ落した生活をしているが、その分、投資を盛んに行い、気付いていると莫大な資産を持っているという現象が起こるのである。質素倹約はただ漠然とやってしまうと、消費量を減少させてしまうので、所得を低下させてしまう危険性があるが、投資に資金を投入することで、所得を増やして行くのである。

●妻が行うべきは消費と投資を工夫することなのである!

 殆どの既婚女性たちは所得金額こそが自分たちの結婚生活を豊かにするのか貧しくさせるのかと思っている。しかし現実は全く違うのである。所得金額というのは、その家族の消費と投資が生み出すものだから、消費と投資を増やして行かない限り、所得は増えて行かないのである。たとえ所得金額が少なくても、消費と投資を工夫していれば、充分に豊かな結婚生活を送ることができないのである。

 この誤解は結婚しているのに独身生活の考えを全く改めずに、そのまま結婚生活に適用させてしまったことにこそ、その原因があるのだ。独身舎なら消費や投資に回す時間が充分にないから、仕事に重点を置くことでしか所得を増やせないと思ってしまう。しかし消費と投資を工夫していない以上、所得が増えて行かないのだ。

 ところが結婚すると、夫婦が自分たちの仕事を分担し合えるのだから、消費や投資にも充分な時間を回すことができ、それによって所得が増えて行くことになるのである。女性は妊娠し身重になってしまうと働けなくなるが、その間、妻に稼ぎない以上、その家計は貧しくなる筈なのであるが、出産後、徐々に運気が上向いてきて、所得が増えて行くという摩訶不思議な現象に出くわすものだ。

 赤ちゃんがいればそれだけ新たな消費や投資が増えるからなのである。そのために必要な金額を満たすべく、夫は必死になって働かねばならなくなるのである。人間というのは自分のために消費や投資をしようと思ってもなかなかできないものだし、出来る金額もたかが知れているものなのである。子供たちがいるからこそ、子供たちのために充分な消費と投資の費用を賄おうとするのである。

 既婚女性が外に出て働きに出かけることこそ、自分たち家族が豊かに暮らせると思うのは、非常に間違っていることなのである。妻がやるべきことは、まずは家庭内の消費と投資を工夫することなのである。それができれば自然と所得は増えて行くものなのである。労働価値説から解放されてしまうと、豊かになる道がはっきりと見えて来るものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 結婚は最初の3年間が非常に大事 | トップページ | 自分の収入は「有難う」が形になったもの »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37577435

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの真実「家族所得力」:

» パートタイマー募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報 [パートタイマー求人募集転職採用情報ネットナビ&全国プチ情報]
とっても高待遇なパートタイマーの求人募集転職採用の情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年11月11日 (木) 14時05分

« 結婚は最初の3年間が非常に大事 | トップページ | 自分の収入は「有難う」が形になったもの »