« 育児終了後の再就職 | トップページ | 必殺の丸投げ貯蓄 »

パートはなぜ家計を潤すのか?

●パートの給料は低いのになんで役に立つ?

 既婚女性が正社員と雇われれば高い給料が確保されることになるが、正社員になることができずパートになってしまえば、その給料は非常に安いものだ。そのため働く母親たちの勤労意欲は一向に向上せず、非常に悪い勤務態度をとってしまうのだ。それだからこそ雇用主も働く母親たちを評価せず、更に待遇を悪化させるという悪循環を取ってしまうのだ。

 給料が安ければ働かなければいいのである。ではなぜ働くのかと言えば、パートといえどもその安い給料が家計に対して非常に貢献するからなのである。給料の多寡が問題なのではなく、僅かでもあってでもいいから、夫の給料以外で、妻が給料を確保すると、家計は一気に好転するものなのである。

 なんでこんな不可思議な現象が起こるのか?

 その秘密は「80対20の法則」にこそあるのである。「80対20の法則」は、ごく少ない原因が実は大きな結果を引き起こすという法則である。これをパートの例に当てはめていると、妻が得る給料は確かに少ない。しかし既に夫の給料が存在しているために、それに加算するという形で使えることができ、そのために家計が一気に好転し、豊かな暮らしを実現することができるのである。だからこそ多くの既婚女性たちが安い給料であったとしても、パートという形で働くのである。

 それゆえパートで働く場合、パートの仕事だからといっていい加減に働くべきではないのだ。常に給料以上の働きをすべきであって、非常に高レベルの働きをした方がいいのである。そういうことをやっていけば、雇用主もその既婚女性を評価し始め、更にレベルアップした仕事を与えてくれるようになり、それが給料のアップに直結することになるのだ。

 気をつけるべきは、パートの給料が家計に於いて非常に役立っているというのに、職場で勤労意欲の低い働きをしていると、そのだらしない態度が家庭にまで持ち込されてしまい。無駄な出費が多発してしまい、逆に家計が悪化して行くという事態に陥ってしまうことになるのだ。家計がパートの給料によって潤う以上、そういう悪い働き方は絶対にやめるべきなのである。

●夫の給料を生活費に回し、妻の給料を貯蓄に回す

 妻が働いて得たパートの給料を最大限活かすためにはどのように使えばいいのかというと、それはパートの給料を全額貯蓄に回すという使い方なのである。既に夫の給料が存在する以上、生活費はその給料で賄えばいいのである。妻の給料は生活費には投入せず、貯蓄に回してしまえば、その夫婦の資産は急速に増大して行くことになるのだ。

 なぜ多くの人たちが資産を増やすことができないのかといえば、それは生活費を使った残りを貯蓄に回そうとするのからなのである。こういう遣り方を取っている限り、絶対に資産などは形成されることはないのだ。生活費に使う前に先に貯蓄に回し、残りのお金を生活費として使うからこそ、資産が確実に形成されて行くことになるのだ。

 結婚すると資産形成がされ始めるのは、子供たちのことを考えてということもあるが、夫婦二人がいるために、一人の給料は生活費を回し、もう一人の給料は貯蓄に回すという芸当ができるからなのである。経済の基本は「協業と分業」なのであるが、夫婦でも協業と分業をするからこそ、結婚によって莫大な資産が形成されることになるのである。

 確かにパートの給料は少ない物だ。しかしその全額を貯蓄に回してしまえば、資産は面白いように増えて行くことになるのだ。最初は銀行に預けて貯金を増やして行き、或る一定の金額になったら、株式投資をしてみたり、債権を購入してみたりすればいいのだ。そしてそうやって資産が増えて行けば、土地を購入して、それを賃貸物件として貸し出せばいいのである。

 資産が増え始めると、妻のパ^ートもがらりと変わるようになる。投資をすることでお金のメカニズムが解って来ると、どうやって働けばより多くのお金を儲けることができるのかと言うことが解って来るようになるからだ。スキルアップしてより高い給料の仕事に転職するということも有り得るし、夫と一緒に会社を起こしてしまうという選択肢を取ることも可能になるのだ。

●パートの給料を生活費に回すから生活が苦しくなる

 既婚女性がパートで働く場合、絶対にやってはならないのは、パ-トの給料を生活費に回してしまうことなのである。これをやってしまうと、一時的に家計を潤すことになるが、その内にただ単に生活費が余計に増えてしまい、そうなってしまうとその生活費を稼ぐためにパートをし続けなければならないという事態に陥ってしまうのだ。

 しかもパ^ートの給料を生活費に回してしまうと、その夫婦は一銭も投資をしていないから資産が増えることがなく、そのために貧乏になってしまうのである。所得というのは消費と投資からなるから、消費を増やしても投資を増やさなければ、所得は上がって行くことがなくなってしまうのだ。ただ消費金額が増えた分だけ所得金額が上がったということになってしまうのだ。

 パート労働が一度悪循環に陥ってしまうと、そう簡単には抜け出せなくなくなってしまう。というのは家族としての労働はフルで稼働しているために、夫や妻のどちらかが冷静になって消費を改善したり、投資について考えるということを一切しなくなってしまうからだ。ただ単に忙しい毎日に追われるだけで、それをこなすだけの日々になってしまうのである。

 しかも夫婦の年収がアップすると、現在の税制が累進課税式所得税が存在するために、余計に税金を支払わなければならなず、税金を支払うために働くという事態に陥ってしまうことになるのだ。政府がフェミストたちの意見を受け入れ、「男女共同参画社会」を推進するのは、それによって既婚女性たちから所得税を徴収できるからなのであって、既婚女性が働けばは楽ほど、政府の税収は増加してくれるのである。だからこそ政府は既婚女性に働くことを勧めるのである。

 自営業者や会社経営者なら青色申告が可能なために、必然的に節税に心掛け、合法的に税負担を軽くすることは可能だ。しかし給与所得者は所得控除が認められているだけであって、給料を得るためにかかった経費を必要経費として落とすことができないのだ。そのため税を支払う人々の中で、最も税負担が重たくなってしまうのである。だから無闇に所得を増やせばいいというものではないのだ。

●j給料以外の副産物

 パートでの仕事を快適にするためには、給料だけに着目することをやめてしまうことだ。パートであるなら給料は安くて当たり前だからだ。しかし幾ら安くとも、パートで稼いだお金をそのまま貯蓄に回してしまえば、夫婦の資産は急速に増加して行き、気付いた時には貧乏から脱出していることになるのだ。

 では給料に着目しないで、一体何に着目すればいいのかといえば、それはパート労働をすることで得られる様々な利権である。例えば食料品店で働けば、従業員たちは格安で食料品を購入することができるという特権を得られるものだ。その特権を使って食料品を購入し、生活を豊かにして行けばいいのだ。

 それ以外にも会社が不要品を処分した際にその不要品を貰って来て、家庭で使ってしまえばいいのだ。機械などは日進月歩で進歩しているために、古くなった機械は廃棄処分にしてしまうものなのであって、それを貰い受ければ、職場では古くても、家庭では充分に使えるものなのである。

 物以上に大切なのが「情報」だ。既婚女性が家事や育児だけをしていれば、得られる情報は自ずと限度がある。しかしパートで働きに出てしまえば、様々な人たちと出会えることになるので、情報量が一気に上昇するのである。そのため専業主婦が陥りがちな世間知らずにならなくて済み、無駄な出費を抑えることができるようになるのだ。

 そうやってお金以外のことの着目し始めると、パ-ト労働といえども楽しくなってくるものだ。安い賃金のパート労働を楽しむからこそ、その楽しみがお客様に伝わり、商売が繁盛して行くことになるのだ。最初は利己的な喜びばかり追求していても、その内にお客様に奉仕し貢献することが楽しくなってくるものだ。そうやって自分の考え方が変わると、給料は一気に上昇し始めることになるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 育児終了後の再就職 | トップページ | 必殺の丸投げ貯蓄 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティ様
いつもありがとうございます。
将来介護福祉士の資格に挑戦したいです。実務経験はあと1年くらいたりません。育休で働けないのですが、将来パートに出たいと思ってます。今の育休中に少しでも準備したいですが、どんな準備をしておけばいいでしょうか?時代や法律がどうかわるかもわかりませんので教えてください

投稿: なす | 2014年10月20日 (月) 05時48分

なすさん、こういう場合、「勉強しておけ!」とでも言いたいのですが、介護福祉士はそんなに難しい仕事ではないので、下手に勉強熱心になると、途中で挫折っていう事態が起こってしまいます。

友達に介護福祉士がいるなら、その人からあれこれ話を聞いておけば、それで充分だと思います。
要は、イメージをきちんと作ることが重要なんです。

勉強したのに試験に何度も落ちるなら、それは向いていないんであって、無理してなろうとしないことです。
職業は他にも沢山あるので、自分に向いている物があれば、必ずそちらの方に吸い寄せられていきます。

happy01

投稿: タマティー | 2014年10月20日 (月) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37847224

この記事へのトラックバック一覧です: パートはなぜ家計を潤すのか?:

« 育児終了後の再就職 | トップページ | 必殺の丸投げ貯蓄 »