« 不要な仕事を削減する | トップページ | タマティーのお勧め本『ダークヒストリー図説イギリス王室史』 »

セックスエネルギーの転化

●男性は結婚すると仕事が成功し始める

 男性というものは、独身時代ではなかなかビジネスを成功させることはできないものだ。それなのに結婚をし出すと、途端にビジネスが順調に行き始め、結果的に成功してしまうものだ。なんでこんな現象が起こるかといえば、結婚することによって自分にとって守るべき妻子ができ、それを養うために必死になって働かざるを得なくなったからなのである。

 人間も動物なので、この世に子孫を残すことが最大の使命となる。そのため結婚することで自分の妻ができ、その妻が妊娠して出産すると、その赤ちゃんを育てるために、せっせとお金を稼ぐようになるのである。お金がどうしても必要だからこそ、仕事を一生懸命に打ち込むことで、そのお金を得て来るのである。

 男性が若い時に女性の尻を追いかけ回すのは別に悪いことではない。男性ホルモンが大量に分泌されれば、そういう方面でエネルギーを発散させる男性たちが現れて来るものだからだ。しかし男性も30歳をすぎたら、そのような生き方をせず、身を固めて、仕事に打ち込むようにしなければならないのだ。いい歳こいて、女の尻を追いかけまわしていたら、いい仕事などできる訳がないのである。

 男性が結婚することで、自分の身に起こる最大の変化が、セックスエネルギーが浪費されることなく、子孫を作ったり、仕事が成功し出すということに使われ始めるということなのである。独身であるなら、セックスエネルギーが浪費されまくっているのである。だから赤ちゃんができないし、仕事だって巧く行かないのである。ところが結婚をすると、セックスエネルギーが有効に使われ始めるのである。

 ビジネスの成功者たちに共通するのは、自分の妻子に豊かな暮らしを実現させてあげたいという素朴な欲望を持っていたということなのである。既婚男性にとって、自分の妻が喜ぶ姿を見るのが何よりもうれしいから、仕事で成功することで妻を喜ばし続けたのである。セックスエネルギーというのは、男性たちにとって想像力の源泉であったのである。

●セックスエネルギーを引き出す

 夫婦がセックスエネルギーを引き出すためには、日頃の生活をきちんとしたものにすることだ。普段の生活が正しく行われているからこそ、夫婦の性生活も燃えるものなのであって、妻が家事や育児に精進して、身嗜みをきちんとしているからこそ、夫もセックスを楽しもうとし出すのである。

①性感帯

 女性の性感帯は全身であるといわれるが、性感帯を開発するためには、とにかく愛撫をきちんと行わなければならない。愛撫にたっぷりと時間をかけるためには、美しい体を持つべきであって、肥満にならないように気をつけることだ。定期的に筋肉トレーニングやストレッチを行って、体を引き締めておくことだ。

 できることなら、愛撫で「3回」はオルガズムに行かして貰って、それから挿入するようにすることだ。愛撫で3回もオルガズムに行けると、挿入後の性交では非常に行き易くなるので、性交の質が断然違ったものになるのだ。愛撫でオルガズムに行かないのに、行き成り挿入してしまうからこそ、性交で行くのに苦労してしまうのである。

②体位

 夫婦には好きな体位というものがあるのだから、その好きな体位を極めておくことだ。全ての体位を満遍なくこなしても、意外と楽しめないものなのであって、それよりも自分たちが好きな体位を徹底的にやった方が、性生活を楽しむことができるものなのである。同じ体位を何度も何度も繰り返すからこそ、その体位が上達してくるのであって、そうすればオルガズムにも行き易くなるのだ。

③オルガズムの回数

 オルガズムの回数にも拘りを持っていた方がいい。「最低何回行く」と決めておけば、それが成約になって、性欲が刺激され、燃えるものなのである。何も注文をつけないからこそ、ダラダラしたものになtってしまうのであって、そうこうしている内に、夫婦の性生活がなくなってしまうのだ。そうならないように注文をつけるべき所はきちんとつけて、夫婦の性生活をレベルアップして行くことだ。

●仕事への転化

 男性にしても女性にしても、性生活をきちんと行われると、脳がすっきりするという現象が発生して来る。これは性欲を発散させることで、脳が刺激され、知能が高まり、脳から雑念が除去されてしまうのである。このため夫婦の性生活の回数が少ないと、夫婦は雑念だらけになってしまい、些細なことで揉めるようになってしまうのである。

 独身男性よりも既婚男性も方が仕事を巧くこなすことができるのは、自分の性欲を確実に処理することができるからなのである。仕事に於いては雑念こそ最大の障害物であって、仕事に集中できなければ、いい仕事をすることなど絶対にできないものなのである。男性は性欲を発散すると、仕事に集中することができるものなのである。

 性生活の結果、赤ちゃんが生まれて来ると、男性にとっては赤ちゃんの成長を見るのが何よりも楽しみになって来るのだ。このためそれ以外の欲望は消滅してしまい、この赤ちゃんをきちんと育てるために、仕事を一生懸命に行うようになり、収入がアップして行くのである。

 独身男性にしても、たとえ既婚男性であっても赤ちゃんのいない男性は、仕事をしているのに、一生懸命に取り組むことがないし、あっちゃこっちゃに手を出して、自分の欲望を集中させることができないものなのである。セックスエネルギーを巧く使って赤ちゃんを作らなかったから、自分が今何をすべきかが明確になっていないのである。

 子供にしても、1人で満足していしまうのではなく、2人3人と作って行くべきなのである。そうやって夫に大きな責任を持たしてしまうと、夫はより一層仕事で精進して、より多くの稼いで来ることができるようになるのである。夫に守るべき人数が少ないからこそ、働きが悪くなり、その結果、給料が下がってしまうのである。そうならないように子供を出来る限り多く作って行くべきなのである。

●夫を生かすも殺すも妻次第

 セックスというのは、男女が平等な立場で行われる訳ではない。女性が圧倒的に優位に立っているのであって、セックスをするもしないも女性が決定権を持っているものなのである。もしも男性が無理矢理にセックスをしようすれば、強姦罪になってしまうという、非常に不平等なものになっているのである。

 しかも実際のセックスは男性が女性の体をせっせと愛撫し、女性がオルガズムに行くような性交をするものなのである。更には男性は1回射精すればヘトヘトになってしまうが、女性は何度もオルガズに行けるという羨ましい体を持っているのだ。それなのに女性はセックスに関して否定的な見解を持ち、夫婦の間すらセックスを楽しもうとしない傾向にあるのだ。

 既婚女性の中にはセックスを変態な行為と看做して、夫婦なのにきちんと楽しまない女性は意外と多いものだ。そのために夫は常に性的に欲求不満になってしまい、仕事にセックスエネルギーを使うことができなくなってしまうのだ。だから稼ぎが悪くなり、生活が苦しくなってしまうという悪循環が始まってしまうのである。

 「夫を生かすも殺すも妻次第」なのである。妻が成長してくる過程で、性に関して様々なネガティブな情報を受け続けたために、セックスを肯定することができず、それがために自分がセックスを楽しめないし、それ以上に夫だってセックスを楽しめなくなってしまうのである。性に対して解放的になりすぎるのはそれはそれで問題だが、夫婦の間に於いてはセックスをきちんと肯定し、楽しむように心掛けるべきなのである。

 大方の既婚男性たちは40歳以降から成功し始めるものだ。それは若い内はセックスエネルギーを巧く使いこなせないからなのである。セックスエネルギーを巧く使いこなすためには、結婚しなければならないし、夫婦でせっせと性生活に励まなくてはならないのである。40歳というのは、丁度、それがきちんとできるようになった年齢だということなのである。セックスエネルギーを使いこなすためには時間がかかるものなのである。だが、一旦巧く使いこなせるようになると、仕事が一気に成功し出すものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 不要な仕事を削減する | トップページ | タマティーのお勧め本『ダークヒストリー図説イギリス王室史』 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、タマティーさま!同居も二週間が過ぎました。そして早くも昨日、私&姑が言い合いになりかけました。
相談にのっていただけるとありがたいです。

私側の問題
一、主人に強く出すぎて、偉そうな本音を言ってしまう。
二、姑とは建て前の話ばかりをして、姑の意見にすぐに流される。

姑側の問題
一、気分の差が大きく、意見が変わりやすい。
二、問題の原因を、嫁が100%悪いと考える。

夫側の問題
一、嫁の偉そうな本音を実現すべく、知らないところで行動してしまう
二、双方に対して、説明&報告が足りない。

舅側の問題
一、義母と倦怠期のようで、姑と意見が一致していない。

主人が席を外した時に、姑は「孫も他人だと思っているから」(本音にないことは分かっていますが)などの発言をして、壁を作ってきます。時間が解決するでしょうが、場の空気が分かる3歳の長男に申し訳なくて。子どものために、私はどんな態度で望めばいいのかが、悩みです。苦笑いで聞き流し、逃げの一手を続けるばかりでいいものでしょうか。
これまでだらけていた私のツケを、息子たちに背負わせたくなかった、と後悔しきりです。

投稿: ゆう | 2010年12月14日 (火) 10時09分

 ゆうさん、これだけ4者の立場が明確に解っているのなら、この問題は深刻な問題ではない筈です。happy01

 この問題で肝腎なのは、ゆうさんと姑さんの関係です。旦那さんや舅は除外して考えた方がいいです
 まずゆうさんが姑さんを利用するのではなく、姑さんに役立つすることを考えることです。
 ゆうさんが自分のことだけを考えないから、相手も自分のことしか考えないんです。
 だからゆうさんが姑さんに奉仕し貢献する気持ちを持てば、姑さんが言っていることにいちいち腹を立てなくなります。

 それと多分食事が悪いんだろうと思います。
 年を取って頑固になる人は、みんな栄養不足なんです。
 果物や野菜や木の実をどんどん食べるようにしましょう。
 それとストレスがゆうさんにかかっている以上、カルシウムの摂取を忘れずに。ストレスがかかるたびにカルシウムが失われて行くんです。
 ゴマを大量に食べていると、結構、精神が落ち着くので、姑さんに何を言われても気にならなくなりますよ。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月15日 (水) 07時03分

おはようございます、タマティーさま!
昨日寝ないで考えました。
私は、姑舅に認めてほしいという気持ちを押し付ける行動ばかりしているのではと考えつきました…。
中途の新入社員が、功をあせるあまり、上司や先輩社員の話をちゃんと聞かないで、しゃしゃりでている状態といいますか…。

気づいた時、ちょっと凹みましたが、また改めて頑張る気持ちになれそうです。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ゆう | 2010年12月15日 (水) 08時35分

こんばんは、タマティーさま!

相談にお返事をいただきありがとうございました。
怠け心に負けないよう、アドバイスの内容を実践してみます。
ゴマの摂取も、忘れずおこないます!

いつも質問に答えていただき、大変助かっています。ありがとうございました。

投稿: ゆう | 2010年12月15日 (水) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37702340

この記事へのトラックバック一覧です: セックスエネルギーの転化:

» 催眠調教セックス【青山愛の教えるSEXで麻薬以上の快感を与える方法】 [特選情報]
あなたが、1回セックスするだけで 大好きな女性が麻薬以上の快感に絶叫し、 セッ... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 19時08分

« 不要な仕事を削減する | トップページ | タマティーのお勧め本『ダークヒストリー図説イギリス王室史』 »