« 必殺の丸投げ貯蓄 | トップページ | 家事労働や育児労働はお金に換算するものではない »

収入がアップしたからこそ突入する「結婚の魔境」

●夫も子供たちも笑っていない!?

 結婚当初、貧乏であったのなら、そこから必死になって抜け出すのは、夫婦なら当然に行うべき行動であろう。しかしそうやって豊かになってしまうと、途端に「結婚の魔境」に突入してしまうことになるのだ。年収が倍になった時点で、収入は増えたとしても、結婚自体がギクシャクし始めることになるのだ。

 なんでこんなことが起こるのかというと、人間には「恒常性」というものがあって、自分の居場所を変えたくないという機能があるのだ。これは本来、自分の生存を確かなものにさせるために使われるのだが、自分の年収が上がるとこれをストップさせようとする方向にも動いてしまうことになるのだ。

 専業主婦なら夫が仕事で頑張れば頑張るほど夫婦の会話が少なくなってしまい、自分は子供たちを怒鳴りつけることしかしなくなってしまうのだ。働く母親なら自分の仕事が巧く行けば行くほど、夫も子供たちも疎遠になって行き、いつも顰めっ面で笑っていないという事実に気付く筈だ。

 厄介なのは、仕事が巧く行っているために年収はアップし、経済的にはなんの問題もないということだ。経済的な問題があればすぐさまこの問題は深刻だと気付けるのだが、経済的な問題がなく、飽くまでも精神的な問題であるがゆえに、問題があるのに問題として気付けないのだ。

 「結婚の魔境」に突入したのに、なんの有効な対策を打たず、そのままにしておくと、最終的に離婚になってしまう。しかし夫婦双方、離婚したとしても、離婚後、年収が急増して行くということが殆ど起こらなくなり、結局、生活費を稼ぐだけの人生になってしまうのだ。結婚の魔境を離婚という形で終わらせても、そこがその二人の限界点だったのであり、その限界点を乗り越えない限り、更なる年収のアップは期待できないのだ。

●傲慢は必ず家の中に現れる

 どうして最初は愛し合っていた夫婦が「結婚の魔境」に突入してしまったのかというと、それは自分たちの心の中に「傲慢」というものが占拠してしまい、それが夫婦共々に「結婚の魔境」に突入してしまったという事態を招いてしまったのだ。年収が少なかった時は、夫婦ともに謙虚だったのに、年収がアップしてしまうとその謙虚さは失われ、傲慢になって行ってしまったのである。

 傲慢は必ず家の中に現れて来る。傲慢になった者は必ず家の中が汚くなるのだ。傲慢になった者は必ず掃除を毛嫌いするようになるから、家の中が埃やゴミで一杯になり、家の中に邪気が蔓延してしまうことになるのだ。特に夫婦共働きの場合、掃除にかける時間は必然的に短くなってしまうので、仕事が巧く行き出すと、途端に家の中が汚くなって行ってしまうのである。

 傲慢が恐ろしいのは、その汚い家を居心地のいい家だと思い込んでしまうことだ。だから余計に掃除をしなくなり、どんどん汚れて行くことになるのだ。綿埃を見ても掃除をしないし、食べ残したカップラーメンの容器が放置されていても掃除をしないのだ。帰宅をしても家事などは殆どせず、テレビを見っぱなしになり、益々掃除から遠のいて行くことになるのだ。

 こうやって自宅が汚れまくっていると、必ず仕事でトラブルが発生するようになるのだ。不渡りの約束手形を掴まされたとか、部下が裏切ったとか、大事な仕事でミスをしてしまったとか、様々なトラブルが発生して来るのだ。そしてそれがストレスになって、帰宅後、自分の配偶者に怒りをぶつけてしまうという悪循環が起こるようになるのだ。

 結婚の魔境に入っていないのならば、「これは自分に何かしらの問題があるな」と冷静に受け止めることができる。しかし結婚の魔境に突入してしまうと、そんな冷静な態度を取ることができず、「相手が悪い!と言い出すようになり、他人の責任を必死になって追求し出すのだが、それでその問題が解決される訳ではないのだ。寧ろ、そんなことをやればやるほど状況は悪化して行くことになるのだ。

●徹底した掃除

 結婚の魔境は年収が急増して行く時に起こるから、年収が急増しても結婚の魔境に突入しないように配慮しておくことだ。そのためには徹底した掃除をしまくるようにすべきなのである。傲慢というのは自分が自宅を掃除をしてしまうと消滅して行くものなのである。掃除をしないからこそ傲慢が蔓延ることになるのである。

 夫はとにかく書斎を奇麗にしておくことだ。特に仕事で使用した書類をいつまでも保管する傾向にあるので、不要になった書類はとっとと捨て去るようにすべきなのである。書籍や雑誌にしてもどう考えても今後使用しないものがあるのなら、それを売却してしまうことだ。書斎に書籍や雑誌で満杯になってしまえば、それ以上新たな書籍や雑誌を購入しなくなってしまい、そのために決定的な情報不足に陥ってしまうことになるのだ。

 妻はとにかく家中を掃除しまくることだ。特に「台所」「風呂場」「便所」の水回りが汚れているものなのであって、この三箇所を徹底的に掃除しまくることだ。台所は料理を作る場所であるので、ここが汚いと健康に悪影響が出て来るのだ。風呂場はカビを取り去り、排水口の髪屑を捨て去ることだ。便所は財運と直結しているので、ここが汚いと幾ら収入が急上昇していても、いずれ下がっていってしまうようになるのだ。

 年収が急増すると「引っ越し」という選択肢を取ることもできるので、いっそのこと引っ越しをしてしまい、その際、掃除をしまくるようにすることだ。引っ越しの際に不要品を全て捨てて身軽になり、新居では物が溢れないようにすることだ。新居であっても3年も経てば物が増えてしまうので、定期的に自宅の不要品を捨て去るようにすることだ。

 自宅と同じくらいに気をつけるべきは職場の掃除なのであるが、職場では自分の意見が全て通る訳ではないので、自分でできる範囲内で掃除をしてしまうことだ。出社したらすぐさま簡単な掃除を行い、退社間際にも簡単な掃除をしておくことだ。机の上は常に奇麗にしておき、整理整頓がきちんとなされるようにしておくべきなのである。

●謙虚と感謝

 年収が急上昇して行くと、自分は高額所得者なのだから偉いのではないかと錯覚してしまうのである。自分の年収が上昇して行ったのは、たまたま自分のビジネスがこの世に受け入れられ、それがために年収が上がって行っただけのことなのである。年収と自分の人格とはなんの関係もないのである。

 自分の年収が増えて行ったのは自分が成長して行ったからなのである。成功というのは成長の証なのであって、自分が成長したからこそ、ビジネスが成功して行ったのである。ところが成功してしまうと、その成功に溺れてしまい、自分が成長して行くということを忘れてしまうようになるのだ。

 成功や失敗に左右されることなく、自分がいつまでも成長して行くためには、とにかく「謙虚」で居続けることだ。自分が謙虚に徹していれば、自然と成長して行くことができるようになり、幾らでも成功して行くことができるようになるのである。ではどうすれば常に謙虚で居続けることができるかといえば、それはきちんとした宗教心を持つことである。それと生活で掃除をしまくることなのである。

 今まで傲慢だった者が自宅を徹底的に掃除すると、自然と傲慢は消え去って行き、感謝の念が生まれて来るようになるのだ。自分が成功できたのは、周囲の人々の支援があったからということに気付けるものなのである。自分が感謝しなければならない人に感謝できた時、結婚の魔境から脱出して行くことができるようになるのだ。

 貧乏であるなら、「高額所得」とか「成功」とかに憧れを抱いてしまうものだ。しかし高額所得を幾ら追い求めても、成功を幾ら追い求めても、どこかで破綻を引き起こしてしまうことになるのだ。高額所得も成功も自分が成長できたからこそ得られるものなのであって、自分が成長して行くことこそが実は本当に大事なことなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 必殺の丸投げ貯蓄 | トップページ | 家事労働や育児労働はお金に換算するものではない »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

有難うございました
少しずつ付き合い方もわかって、いい感じになってきました! 逆に今は有難うって感じです色々学んだのでhappy01 それ以上に 妊娠するべく頑張らないと…今年は親知らず抜歯したりするので無理かなぁ…麻酔とかあるのでsweat01来年は気合い入れ直して頑張るつもりです!
姑とも久しぶりに話しました!世間話で盛り上がってhappy01でも正直 たまに会う位が今は丁度良い感じがしてます。孫が出来るよ!と報告したいです タマティーさん 大掃除で疲れすぎないでねhappy01真剣にアドバイス考えて下さって何時も有難うございますhappy01

投稿: あや桃 | 2010年12月 2日 (木) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37910743

この記事へのトラックバック一覧です: 収入がアップしたからこそ突入する「結婚の魔境」:

« 必殺の丸投げ貯蓄 | トップページ | 家事労働や育児労働はお金に換算するものではない »