« 生理の時は布ナプキンを使う | トップページ | 金銭欲はなぜ悪いものなのか? »

新婚の夫婦がまずすべきことは「未来ヴィジョンの明確化」

●どうして夫婦に差がつくのか?

 結婚した時、自分たち夫婦も、友人の夫婦も似たような境遇で結婚したとする。夫婦の収入は低所得で、アパート住まいで、資産など何も有りはしない。その後、どちらの夫婦にも子供が3人生まれたとする。それなのに結婚後10年経ってみると、友人の夫婦は収入が1桁違くなり、マンションを所有し、貯金も株券も債権もしっかり持っているのに、自分たち夫婦は低所得のままで、未だに賃貸アパートに暮らし、貯金なし 株券なし債権なしの生活を営んでいる。

 この違いは一体どうやってついたのだ?

 その理由は自分たち夫婦は何も未来ヴィジョンを持たなかったが、友人の夫婦は未来ヴィジョンを持っていたからなのである。友人の夫婦は自分たちはこういう生活をしたいし、夫は仕事でこういう成功をしたいと明確に未来ヴィジョンを持っていたのだ。それに対して自分たちは夫婦は何も未来像を描かず、愛さえあればどうにかやっていけると思っていたのだ。

 そうしたら友人たち夫婦はその未来ヴィジョンを実現してしまい、明らかに裕福で幸せな生活を営み、自分たち夫婦は貧困のままで、嘗てあった愛さえ貧困のために破壊され続けているのだ。確かに愛さえあれば生活はどうにかやってこれた。しかしそれで豊かになった訳ではないし、愛さえも貧困のために枯渇し始めているのである。

 人間の運命というのは結婚によって大いに変わるものだ。「男の出世は女次第」だし、「女の幸福は男次第」なのである。結婚はこの男女の運気の差を最大限活用できるものなのであって、自分たち夫婦がしっかりとした未来ヴィジョンを描いてしまうと、幾ら年月がかかろうとも、その未来ヴィジョンを実現することがでてしまうのである。

 ところが結婚しても未来ヴィジョンを描かないと、月日はあっという間に過ぎ去り、生活に追われるだけの生活になり、貧乏は常について回るし、次から次へとトラブルを起こって来ることになるのだ。問題を対処するだけの人生になってしまい、自分たち夫婦が本当にしたいことが何もできなくなってしまうのだ。、

●夫婦で話し合って未来ヴィジョンを明確にする

 豊かな生活をしたいのなら、幸せな家族を作りたいのなら、とにかく夫婦で話し合って未来ヴィジョンを明確にしてしまうことだ。新婚生活では子供がいないために、夫婦二人で話し合う時間はたっぷりとあるので、その時間を使って話し合っておくことだ。たとえ子供ができたとしても、子供が寝ている時は夫婦の時間を確保できるのだから、その時間を利用して話し合ってしまえばいいのだ。

 人間の思考というのは、自分一人で考えていても、夫婦で話し合ってしまえば、その思考が吹き飛んでしまい、実は自分の遣りたいことは別の所にあったということは必ず起こるものなのである。それほど自分の思考というのは信用が置けないものなのだ。そのため夫婦で話し合う時間を持たないと、夫も妻も自分の頭の中で滅茶苦茶なことを考えてしまい、本当に遣りたいことを見つけることができなくなってしまうのだ。

 その上で未来ヴィジョンを紙に書き出して行くことだ。紙に書いて行くと、自分の思考が明確化し、思考の後退がなくなり、思考が核心へと迫って行くことができるのである。例えば今まで漠然と「お金が欲しい」と思っていたのが、実は「もっと責任ある役職に就きたい」ということだったりするのだ。

 大方の夫婦にとって住宅の問題は最大の懸案なので、この住宅問題をどのように解決して行くべきか、紙に書き出しておくことだ。一戸建てがいいのか、マンション住まいがいいのか、そこをはっきりとさせておくことだ。そして新居を買うなら、夫の職場から近いことが最優先で、通勤時間を減らせば、それだけ他のことに労働を振り向けることができるようになるのだ。

 貯金に関して言っておくと、実現可能な貯金金額は年収の3倍までなら目標貯金額として有効なのである。例えば年収500万円なら、貯金金額は1500万円までなら簡単に実現して行くことができるようになるのだ。行き成り余りにも高額な貯金金額だと実現するのに時間がかかりすぎるし、かといって少なすぎるとヤル気が起こらないという事態にもなってしまうのだ。、

●正しい目標設定

 夫婦の目標は正しく設定しないと実現することはできないものだし、正しい目標設定をするためには、正しい目的がなくてはならない。正しい目的というのは「家族を幸せにしたい」ということである。自分たち家族を幸せにしたいからこそ、様々な目標が生まれて来るのであって、その目標を設定してみると、呆気ないほどに簡単に実現することができてしまうのである。

 夫婦がお金持ちになって行く場合、殆どの夫婦はこの正しい目的を明確に持っていたからこそ、自分たち夫婦の人生を成功させることができたのである。夫が「自分の妻子に豊かな暮らしさせてあげたい」と思えば、妻は「自分の夫がこれだけ頑張っているのだから、なんとかして成功させてあげたい」と思っていたからこそ、お金持ちになることができたのである。

 漠然と「愛さえあれば充分」と思っていると、その夫婦は目的も目標も持つことができず、自分たち夫婦の未来を変えて行くことができないのだ。目的設定や目標設定は愛があれば出て来るものなのではなく、人間の本能から出て来るものなのである。「自分たち夫婦の子孫をこの世に残したい!」という人間としての本能が強烈な目的や目標を生み出すことになるのだ。

 幾ら目的や目標が大事だからといって、間違った目的や目標を持ってしまうと、どうやったとしても絶対に幸せになることはない。例えば「夫と離婚して、夫の財産をふんだくってやろう」と思ってしまうと、それを実現できるかもしれないが、離婚後はその財産を目当てに他の人々が寄って来て、自分の財産を奪い取って行ってしまうことになるのだ。

 世の中が豊かになってしまと人間は本能が衰えて来るために、どうしても間違った目的や目標を持ってしまう人々が出て来るのだ。特にマスコミにはその手の間違った情報が流れて来るので、目的や目標を設定する時はマスコミを遮断して、自分たち夫婦だけで考えるようにすることだ。「マスコミではこう言っている」と言うようであるなら、いつまで経っても正しい目的や目標を持つことはできないのだ。

●目標があればそれに向かって前進して行くことができる

 人間とは非常に不思議な生き物で、目標が設定されないと何もしないものだが、目標が設定されてしまうと、それに向かって全速力で突進していくことができるのである。目標を設定した時、「これは実現不可能かもしれない」という疑心暗鬼に陥ってしまうものだ。しかし一度目標が設定されてしまうと、その目標の実現のために全エネルギーが注がれることになるので、あっという間にその目標を達成することができてしまうのである。

 これが「目標設定の威力」なのである!

 冒頭に挙げた友人の夫婦も、目標があったればこそ、夫は仕事に力が入って出世して行き、所得金額を上げて行った訳だし、妻の方も無駄遣いを抑えて、マンションの購入資金に充てたり、貯金や株券や債券を充実させて行ったのである。目標を設定してしまえば、自分たち夫婦のやるべきことが明確になるから、後は面白いように目標を達成して行くことができてしまうのである。

 社会主義に洗脳された学者たちは社会に存在する「貧富の格差」を指摘し、その「貧富の格差」を解消しようと躍起になって研究しているものだ。しかし「貧富の格差」というのは、実は「未来ヴィジョンの有無」なのである。貧乏になるような人々は未来ヴィジョンを持っていなかっただけのことであり、裕福な人々は未来ヴィジョンを明確に持っていたのである。その違いが「貧富の格差」となって現れたに過ぎないのだ。

 貧乏な人々ほど「世の中は間違っている!」と言ってしまうものだが、間違っているのは自分なのであって、自分が未来ヴィジョンを持たなかったばっかりに貧乏になってしまったのである。因みに言っておくが、未来ヴィジョンを持つことは無料であり、幾ら沢山持っても無料なのだ。

 自分たち夫婦が目標を設定してしまえば、直進してもいいし、寄り道したとしても構わない。目標が解っていれば、いずれその目標に到達することができるからだ。しかし目標がなければ直進しても迷うものだし、寄り道してしまえば泥沼に嵌ってしまうものだ。夫婦が貧乏になるのも裕福になるのも、お金が問題じゃないのである。本当の問題は目標設定がされているか否かなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 生理の時は布ナプキンを使う | トップページ | 金銭欲はなぜ悪いものなのか? »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38061027

この記事へのトラックバック一覧です: 新婚の夫婦がまずすべきことは「未来ヴィジョンの明確化」:

« 生理の時は布ナプキンを使う | トップページ | 金銭欲はなぜ悪いものなのか? »