« パートはなぜ家計を潤すのか? | トップページ | 収入がアップしたからこそ突入する「結婚の魔境」 »

必殺の丸投げ貯蓄

●なぜ専業主婦の方が働く母親よりも豊かになってしまうのか?

 専業主婦と兼業主婦を比較した場合、貧乏から抜け出して、豊かになって行く確率は、専業主婦の方が高い。冷静になって考えれば、夫婦共働きなら収入は2倍になるから、専業主婦がいる家庭よりも裕福になる筈である。しかし実際にやってみると専業主婦がいる家庭の方が豊かな暮らしをしているものだ。

 なぜこんな不可思議な現象が起こるのかといえば、専業主婦のいる家庭は妻が常に家庭内にいるために「消費の合理化」というものが行われることになる、非常に効率のいい消費をしてしまい、家族を豊かにしてしまうのだ。労働価値説に囚われてしまうと、労働すれば所得を得られると勘違いしてしまうのだが、ではなぜ労働するのかといえば、家庭内の消費するものがあるからなのである。その消費を埋めるために働くのであって、労働というのは手段にすぎないのだ。大事なのは消費の方なのである。

 それと専業主婦は貯蓄の大切さが解っているものである。専業主婦は自分が外に出て働いていないという負い目があるために、所得金額の全てを使い切ってしまおうというのではなく、必ず貯蓄し、それを投資に振り向けるのである。だから充分な投資がなされるために、自然と所得が増えて行くということになるのである。

 消費と投資こそが所得を生み出すのであって、専業主婦は夫を労働に振り向けると同時に、自分は消費の合理化と積極的な投資をするからこそ、生活が豊かになって行くのである。消費とか投資は別に働きながらもできるのではないかと思ってしまいがちだが、実際に家事や育児をやってみれば、専業でやってしまった方が効率はいいのである。

 貧乏を脱出して行くためには、新婚夫婦には資産がないために常に「生活の不安」が存在するということに気付くべきなのである。もしも資産がない状態で、明日失業してしまえば、途端に一家全滅になってしまうのである。だから所得金額を全て消費に回してしまうのではなく、その内の何割かをそのまま貯蓄に回してしまえば、確実に貧乏は克服されて行くことになるのである。

●2つの収入を生活費に回せば高コスト体質で苦しむことになる

 夫婦共働きの場合、収入が2倍になったとしても、その収入を全て生活費に回してしまえば、生活は高コスト体質で苦しむことになり、幾らお金があっても足りなくなってしまうものなのである。働く母親というのは、消費に充分な時間を投入できないために、どうしても消費の合理化が遅れてしまうのである。

 そこに収入が増えてしまえば、消費に対してなんの改善策も施すことなく、贅沢な生活を贈ってしまうようになる。人間というものは一度贅沢を覚えると、なかなか贅沢をやめることができないものなのである。贅沢をしていれば、幾らお金があってもお金が消えて行ってしまうものなのである。

 そうやって贅沢な生活をしていれば、投資どころの話ではなくなってしまう。貯金がないために充分な投資を行うことができず、中には高額所得者なのに株券を1枚も持っていない夫婦だって存在するのである。贅沢な生活をしていれば、お金がないだけでなく、投資について語り合う時間もなくなってしまうのである。

 我々は高額所得者になることこそ、金持ちの証ではないかと思っているものだ。しかし実際は違うのである。確かに大きな所得は金持ちになる条件ではあっても、それは必ずしも絶対条件ではないのだ。低所得者であっても、地道に消費の合理化を行い、貯金をして投資をして行けば、確実にお金持ちになって行くものなのである。

 高額所得というのは素晴らしいことであっても、その高額所得を実現するために、大量の労力と時間を投入しているものだ。しかも夫婦共働きでやっていれば、自分の配偶者が自分と同じようなスタイルで労働をしているために、なかなか自分の過ちに気付けないものなのである。そのため延々と仕事をし続けてしまい、そのくせ貧乏を克服できなくなってしまうのである。

●夫婦どちらかの給料をそのまま貯蓄に回す

 夫婦共働きであるなら、夫婦双方の収入を生活費に回してしまうのではなく、生活費は夫の収入で賄ってしまい、妻の収入はそっくりのまま投資に振り向けるべきなのである。だから幾ら収入があがっても生活レベルはそのままにする。消費金額の増大を抑えてしまえば、妻の所得金額は生活費に消費されないから、そのまま貯蓄に回すことができ、猛スピードで資産が増えて行くYことになるのである。

 この「丸投げ貯蓄」こそ、夫婦共働きの夫婦が最短期間で貧乏を克服して行く遣り方なのである。これ以外の方法を取っても、時間がかかりすぎてしまうのだ。夫婦の所得をごっちゃにするからこそ、所得金額が沢山あると思い込んでしまい、それをそのまま消費に振り向けてしまうものだが、夫の所得金額だけが生活費に回せるものだと解っていれば、自然と自制が効き、消費金額を抑えることができるのである。

 できることなら、妻の収入を生活費に充て、夫の収入を投資に振り向けることだ。夫は妻子を養うために仕事をするのは、或る時期までならなんの苦痛も感じないのだが、子供たちが大きくなってくると、それがかなりのストレスになり、所得金額の伸びが悪くなってしまうのである。その点、妻は母親である以上、子供たちを養って当然と思っているので、妻の所得金額が生活費を賄うのに充分であるのなら、妻の所得金額で生活を行ってしまうことだ。

 こうすると夫は妻子を養うストレスから解放され、しかも自分の所得金額をそのまま投資に振り向けるために、自分が責任を以て投資するようになり、投資で失敗する確率が一気に下がることになるのだ。今まで妻のお金だから投資に失敗してもイマイチ深刻になっていなかった夫が、自分のお金を使って投資をすれば絶対に失敗したくはないと思うものなのである。

 夫に投資の才能があるなら夫に投資を任せるべきであり、妻はその空いた時間を使って消費の合理化に取り組んで行けばいいのである。働いているとどうしても消費を合理化することができず、家庭の中が汚くなってしまうものなのである。しかし妻に投資の才能があるなら、妻が投資を行うべきであって、夫には家庭内のことを遣って貰うようにすべきなのである。投資というのは投資の才能があれば、急速に巨万の富を形成することができてしまうものなのである。

●夫婦で仕事の話だけでなく資産のことにつても話し合う

 夫婦であるなら家庭で仕事の話をしたりするものだ。確かにその話は楽しいし、ストレスの発散になる。しかしそれだけでは「所得」を増やすことに直結しても、「資産」を増やして行くことには直結しないのである。仕事の話をすると同時に、消費の話をし、投資の話をするようにして行くべきなのである。

 若い夫婦であるなら、投資のことは珍紛漢紛なものである。それを最初から夫婦で地道に学んで行けばいいのだ。自分たちの考えが甘ければ、資産収入は少なくなってしまうし、欲をかきすぎれば資産そのものを失ってしまうものだ。何度も試行錯誤しながら遣って行けば、投資というのはコンスタントに儲かって行く投資こそ安全だと思うようになり、危険な投資話を退けることができるようになるのだ。

 夫婦絵投資について会話するためには、なんといっても消費が合理化されていなければならない。家事や育児で非合理的なことをやっていれば、そのために大量の時間を食われてしまい、夫婦が落ち着いて投資について語り合う時間がなくなってしまうものなのである。資産のある夫婦ほど、家庭の中は整然と片付いているものだが、家庭の中が整然と片付いているからこそ、投資の話ができる環境になっているのである。

 夫婦が豊かな生活を実現するためには、所得金額がどうのこうのなのではなく、実は消費と投資こそが重要な鍵を握っているということが解らない夫婦は非常に多いものだ。そのために社会主義者たちが「貧富の格差を是正せよ」と主張すればそれに靡いてしまうし、フェミニストたちが「男女共同参画社会」を主張すればそれを支持してしまうのだ。しかし政府の力によって貧困を解決することなど絶対にできず、それどころか政府が国民に力を振るうために重税を課すようになり、余計に国民が貧乏になってしまうのである。

 人間というものはこの世で生きていれば何かしらの「生活の不安」があるものなのである。その生活の不安があるからこそ、消費を合理化しようと思うし、せっせと貯蓄して行こうとするのである。それなのに生活の不安を政府の力で解消しようとすると、国民の全てが貧乏になるのである。政府が「子供手当て」を出してくれれば、育児をしている夫婦はそれに飛びつてしまうことだろう。しかしその資金は結局、国民の税金から出ているのである。しかも子供手当てを貰ってしまったばっかりに、一時的に家計が潤ってしまい、消費を合理化しようとか、少ない所得から貯金に回そうという意欲がなくなってしまい、気付いてみれば益々貧乏から抜け出せなくなってしまうのである。

 いい加減な生き方では生活はいつまで経っても向上しないものなのである。いい加減な生き方を捨てて、もっと目的合理性を以て禁欲的に生きるべきなのである。自分たちの生活に無駄が有り過ぎ、自分たちがすべきことが明確になっていないからこそ、いつまで経っても同じような場所に居続けてしまうのだ。「丸投げ貯蓄」は今まで幾ら働いても貧乏だった生活を短時間で裕福な生活に変えてしまう魔法のような遣り方なのである。夫婦の中には「そんなことで貧乏が克服できるのか?」と疑う人たちもいるだろうが、実際にやってみれば確実に貧乏を克服してしまうことになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« パートはなぜ家計を潤すのか? | トップページ | 収入がアップしたからこそ突入する「結婚の魔境」 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、タマティーさま!

早速ですが銀行へ行き、浮いた家賃分を毎月丸投げ貯蓄できるようにして来ました。

ついでに投資信託の説明も聞いてきました。
これから書物などで勉強し、夫婦共々で納得できたら、地道に始めてみようかなと考えています。

また明日の内容も楽しみにしています!

投稿: ゆう | 2010年12月 1日 (水) 15時07分

 ゆうさん、本当に行動がスピィーディー!happy01

 マスコミとかでは嫁と姑の争いを煽るけど、実際に嫁姑がが同居している家族って、どう考えても豊かだからね。
 その答えは家賃の負担がないために、それをそっくりそのまま投資に振り向けることができるってこと。
 そこが解れば後は簡単だからね。
 タマティーの親戚でも親と同居している家族がいるけど、どの家族もやっぱりみんな豊かな生活をしているよ。

 資産は「S字曲線」を描くので、最初は大して貯まらないんだけど、時間の経過と共に資産は急激に増えて来るんです。
 だから資産は地道に貯め込んで行けばいいんです。
 でも気付いてみれば、ウハッハッハッになってしまうんです。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月 2日 (木) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37847294

この記事へのトラックバック一覧です: 必殺の丸投げ貯蓄:

« パートはなぜ家計を潤すのか? | トップページ | 収入がアップしたからこそ突入する「結婚の魔境」 »