« 主婦の禁じ手:「食費の削減」 | トップページ | 献立表を作って食費を有効に使おう! »

「胎児の聴力」と「母親の声」

●胎内記憶の謎

 俺が『幸せ色の出産ラブストーリー』を書いていた頃、一番気になっていたのは、妊娠でもなければ、出産でもなければ、育児のことでもないのだ。実は「胎内記憶」のことが一番気になっていたのだ。なんせそのことだけは科学的には証明できないからだ。しかし子供たちの中には胎内記憶を持った子供たちが居て、どれも同じような光景のことを語っているのだ。

 胎内記憶を調べて解ったのは、赤ちゃんは生まれる前に霊的な世界である「雲の上」にいて、そこで子供の姿、恐らく幼稚園児程度の姿をして遊び回っている。その雲には下界を見渡せるか鏡があって、そこから覗いて将来の自分の両親を探し出し、決めるのだ。この両親の下で産まれたいと決めると、それをその雲の上の世界を管轄する神様に告げて、天使の翼を付けてさして貰い、下界に降りて行き、母親の胎内に宿るのだ。いつ母親の胎内に宿るかその期間は解っており、大体、受精卵着床の10日前だ。

 しかし胎内記憶に関しては不思議な点も多々存在する。それは胎内記憶の殆どは母親との関係での記憶しかないからだ。母親が妊娠前や妊娠中に言っていたことをそのまま記憶していたり、母親がどこかに行った場合、その場所を記憶していたりと、胎内記憶は母親との関係の記憶しかないのだ。

 「なんで母親のことだけなの?」

 妊娠するためには父親が性行為に及んで妊娠させないと妊娠しないし、妊娠すれば父親は母親のお腹に顔を当て、「パパですよ~」とか言ったするものだ。だが、そんなことの記憶は一切ないのだ。そこで俺は或る仮説を立ててみた。それは「胎児は高音しか聞こえないのではないか」ということだ。

 胎児は羊水にくるまれているために、低い音は聞こえないのではないだろうか? しかも聴力も未熟なので、聴力そのものが高音しか聞き取れないようになっているのではないだろうか? 母親の声は高音だから胎児に伝わる。父親の声は低音であるために、胎児には伝わらない。とするなら、母親の声以外の女性の声も記憶されるが、他の女性の声も記憶されていない。ということは、音自体が骨伝導で伝わっているということだ。だから母親の声しか胎児は記憶しないのである。

●胎児教育は高音がポイント!

 胎児の聴力は高音しか聞き取れないとするならば、胎児教育は高音がポイントになる。胎児に高音の曲を聞かせれば、胎児の耳に届くようになるのだ。例えば胎児教育に「モーツァルトの曲をかけるといい」と言われるのは、モーツァルトの曲には高音の曲が多く、そのために胎児の耳に届き易いのである。

 もしもピアノを持っているのなら、ピアノを演奏して胎児に聞かせてしまうことだ。CDだと人間の耳には聞こえない高音をシャットアウトしているのだが、生の演奏だとそれがないので、胎児にとってはその聞こえない筈の高音が聞こえてしまい、胎児は非常に安心するようになるのだ。

 骨伝導に注目するなら、妊婦自身が歌を歌ってしまうことだ。できることなら高音の曲を歌って、お腹の中の赤ちゃんに聞こえることを意識して歌うことだ。但し詩の内容には充分注意し、悲しい内容の詩とかは歌わないことだ。明るい内容の詩に限って歌うようにすることだ。出来ることなら、妊婦同士で「妊婦合唱団」を作り、妊婦たちが集まって、楽しみながら歌を唱ってしまえばいいのだ。

 妊婦が一人でいる時などは、口笛を吹くことだ。口笛は意外と高音なので、お腹の中の赤ちゃんに聞こえるものなのだ。口笛を吹く妊婦など滅多にいないものだが、口笛を吹くことは胎児に聞こえるだけでなく、肺を鍛えることになるので、安産に持ちこむ確率を高くすることができるようになるのだ。

 妊婦が気をつけるべきことは喋らないことだ。とにかく常にお腹の赤ちゃんに話しかけ、赤ちゃんの脳を刺激して行くことだ。朝起きたら、自分のお腹に向かって「おはよう!」と言ったり、調理している時は「今、食事作っていますよ~」とか言ったり、生活の中で無言でいることを避けることだ。母親が喋っていれば、胎児は聞かざるを得なくなるので、その度に脳が刺激され、知能が高くなっていくのだ。

●臨月時の山登り

 助産師たちの最終手段として、臨月に入った妊婦たちに「安産にしたければ山登りせよ」と言うのは、山に行けば人間の耳には聞こえない音が聞こえるために、胎児の脳が刺激され、それが安産に直結するのである。確かに山登りすることで、血流が良くなり、体温が上がり、汗をかいたり小便をしたりすることで、余分な水分がなくなるということもあるが、臨月では胎児の体をかなり大きくなっており、高音を聞かすことで赤ちゃんの脳を刺激し、そのために赤ちゃんが出産時に何をすればいいのかが解り、それが安産に繋がるのだ。

 臨月に海辺に行くのが安産に繋がるというのも、海辺に行けば海の音がかなり高音なので、人間の耳には聞こえない音でも、胎児の耳には聞こえてしまい、それが胎児の脳を刺激し、出産時に胎児が自分のすべきことをきちんとやってくれて、それが安産に繋がることになるのだ。  

 臨月時には可能な限りテレビを見ないことだ。テレビの音は人間の耳には聞こえない音を遮断しているので、妊婦がテレビを見ていると、胎児は不安がってしまい、それが切迫流産という形になったり、早産になったり、異常出産になったりしてしまうのだ。臨月になればテレビを見るのは必要最小限にして、出来る限り自然の中に入って、自然界にある高音をお腹の中の赤ちゃんに聞かしてあげるべきなのである。

 そういえば腕のいい助産師に限って、助産院にはテレビを置いていないものだ。理論的なことは知らないだろうけど、助産行為を何度も繰り返し、成功率を高めて行ったのなら、自然とテレビの音は有害であるというのがなんとなく解るのであろう。それに対して病院だと必ずテレビが設置してあるので、どうしても出産のトラブルが絶えないのだ。

 安産に持ちこむことができた母親たちの殆どが、臨月時にお腹の中の赤ちゃんに語りかけていたということだ。自分のお腹をさすりながら、「安産で産まれてきてね」と言い続けていたからこそ、その声がお腹の中の赤ちゃんに伝わり、赤ちゃんはその通りに生まれて来たのだ。妊婦の素朴な動作や発言を否定しないことだ。母親の声は骨伝導で伝わるとなれば、その声は必ず聞こえているからだ。

●歌を歌って安産

 助産院の中には「歌を歌いながら出産する」という助産院もあるのだが、これは妊婦が歌を歌うことで腹式呼吸ができ、しかもリラックスしなが力を入れることが可能になるだけではなく、胎児の耳に母親の歌声が聞こえることで、脳が活性化し、赤ちゃんが適切な行動を取ってくれるようになり、それが安産に繋がるのであろう。

 出産時には同じ歌を何度も歌う羽目になるので、歌は自分の好きな歌で、しかも歌い易い歌にすることだ。歌を歌う時はお腹に力を入れ、お腹の中の赤ちゃんを押し出すような感覚でやれば、安産に直結することになるでろう。自分が歌っているだけではなく、お腹の赤ちゃんに効かせる気持ちを忘れずに歌うことだ。

 陣痛が始まったのなら、妊婦にクラシックを聞かせてしまうことだ。クラシックを聞かせて妊婦をリラックスさせるだけではなく、お腹の中の赤ちゃんにクラシックを聞かせることで、胎児の脳を刺激し、安産になるように仕向けるのだ。但しピアノの音は出産時には音がきついので、ハープを奏でる曲を使った方がいい。

 より自然な出産を行いたいのなら、自然界の音を録音をし、その音を助産院に流し続ければいいのだ。「鳥の囀り」「木々が風に揺れる音」「川や海の音」といったものが、妊婦をリラックスさせるだけでなく、胎児の耳に届き、それによって脳が刺激されることになるのだ。文明の中で住んでいれば、自然の中ではもう赤ちゃんを産むことはできない。しかし文明の力を使って自然の環境を再現することは可能なのだ。

 出産も2度3度を経験して行くと、出産が楽になるのは、自分の子供たちが高い声で話しかけてくれるからだろうと思う。出産前に子供たちの高い声を聞いておくと、お腹の中の赤ちゃんにその高い声が伝わり、安心して出て来れるのだろうと思う。母親の中には子供たちを出産に付き合わせる母親もいるのだが、大方、子供たちの教育のことを考えてのことだが、子供の高い声が実は安産に役立つということも知っておいた方がいい。

●奇声を発する乳幼児対策

 赤ちゃんは生まれても大人のように聞き取れる範囲が狭いのではなく、かなり高音を聞き取れる筈だ。そのため母親が無言で育てるのは非常に危険なことなのである。また夫が余りにも育児に手を出し過ぎるのも問題なのである。母親の高い声だからこそ、赤ちゃんはその声を楽に聞き取れ、安心するのである。

 乳幼児の中には奇声を発する子供たちがいるものだが、これは妊娠中に充分に高音に接しなかったことと、母親が赤ちゃんに語りかける回数が少なかったからだと思う。乳幼児の奇声は本当にうるさいので、この奇声を発せられると、その母親はストレスを感じてしまい、子供を怒鳴り付け、それで子供が泣き出すということを繰り返すので、早目に対策を講じておいた方がいい。

①子守唄を沢山歌ってあげる

 まず、奇声を発する乳幼児の母親たちは子守唄を歌わないのだ。子守唄を歌って育てられた経験がないので、無言で子供を寝かしつけてしまうのだ。そのため子供の脳が刺激されず、それで自ら奇声を発することで自分の脳を刺激しているだと思う。それゆえ子守唄をしっかりと歌って寝かしつけることだ。

②自然の中に連れて行く

 自然の中は人間の耳には聞こえない音の宝庫なので、とにかく子供を自然界の中に連れて行くことだ。どんなに騒がしい子供でも、自然の中で遊ばせると、奇声を発したりしなくなるものだ。高音に接していないからこそ、子供の脳が不安がってしまうのであり、それで自ら奇声を発しているにすぎないのだ。

③音楽を生で聞かせる

 音楽を生で聞かせるというのも、子供の脳を刺激しまくることになる。楽器を演奏されると、人間に聞こえる音だけではなく、人間には聞き取れない音にも接することになるので、脳が刺激されまくるのだ。自宅に楽器のある家だと、子供が奇声を発したりしないものだが、それは聞こえない音を聞けるチャンスが沢山あるからだろう。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 主婦の禁じ手:「食費の削減」 | トップページ | 献立表を作って食費を有効に使おう! »

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、メリークリスマス!
赤ちゃん待ち中のはぐまろです。今月も撃沈しそうな体の具合で、すでに憂鬱です。
こんな状態の時に、近所のガキの奇声に攻撃されると、まっこと苦しい拷問としか言えないです。精神を病みそうで死にたいって思う日がかなりあります。旦那に『そんなにツライなら精神科に行ってみたら?』と言われる始末。

『赤ちゃんは空から見てる』『赤ちゃんはベストなタイミングでやってくる』って本当ですか?これって私にはすごく辛く悲しい言葉です。私は選ばれないし、年齢という壁がある。
子供を諦めた知人も周りに何人もいます。自殺(未遂)を試みた知人もいます。
タマティーさん、どうして赤ちゃんを望む夫婦は赤ちゃんに避けられるの?

投稿: はぐまろ | 2010年12月25日 (土) 09時53分

 はぐまろさん、赤ちゃんに選ばれるためには自分の精神レベルを上げてしまうことです!happy01

 はぐまろさんの場合なら、なずは「夫婦の愛の形」をきちんと整えることですよ。
 夫婦ってのは、それが運命の出会いであるなら、相性はいい筈です。
 しかし相性がいいということは、性格が正反対ってことなんです。
 だから結婚していれば、相手の気に食わないことが目につくようになるんです。
 例えば、旦那さんが新し物好きで、最新の家電製品を勝って来るのに、はぐまろさんはそれが気に食わなかったりと、そんな些細なことで夫婦の関係が悪化してしまうんです。
 こういう場合、自分にとって相手の欠点と思えるものをはぐまろさんが受け入れてあげると、精神レベルが上がるんです。
 
 それと妊娠のために物理的なことを言っておくと、恐らくはぐまろさんは羊水を作る能力が低いんです。
 はぐまろさんの世代は丁度、塩が専売化され、化学塩が普及した時期に育ってしまったんです。
 そのためはぐまろさんの体が羊水を作れなくなっているんです。
 はぐまろさんが憂鬱になっているのも、実は化学塩の使用と深い関係があるんです。
 羊水は海水の成分と殆ど同じなので、まずは「天日塩」を摂取し、更にマグネシウムを摂取すればいいんです。
 天日塩湯を朝の段階で飲んだり、調理の際は必ず天日塩を使い、加工食品とかは可能な限り食べないことです。加工食品には化学塩が使用されているんです。
 マグネシウムは豆腐やバナナやイチジクに含まれているので、日々食べるようにすることです。
 天日塩が足りて来ると、精神が憂鬱になることはなくなるので、それで羊水を作る能力が回復したことが解るようになることでしょう。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月26日 (日) 05時26分

タマティーさん、こんばんは。
お陰様で息子は無事生後6ヶ月を迎えました。

雲の上にいる魂(としておきます)が母親を選んで胎内に宿るのはいつだったか…私が読んだ記述では妊娠何週だったか忘れてしまったのだけどなんでそのタイミングなんだろうと思ってました。

タマティーさんは受精卵着床の10日前と書いてますが受精卵が分割をし着床する寸前の胚盤胞になるまで5〜7日位。10日前だと卵子が排卵するかしないかのまだ受精卵が存在しないタイミングで宿る事になります。それとも魂が先にスタンバイしてるという説なのかな?どうなんでしょうね。

以前スピリチュアルカウンセラーの方に見てもらう機会があった時に「私に赤ちゃんが出来ますか?」と聞いたら「出来ます!私が保証します」と言って頂いた事があります。「あなたの所に3人来たがっている魂がいますよ」とも言ってもらい元々3人欲しいと思ってたからとっても嬉しいけど40過ぎてて今から3人皆来てもらうのはさすがに無理だよな〜と思ってました。3つの魂の中でどういう相談をして今ここにいる息子が来る事になったのか早く聞いてみたいです(^-^*)

投稿: じゃがまる | 2010年12月26日 (日) 20時45分

 じゃがまるさん、滅茶苦茶鋭い所を突いてくれました!happy01

 今回の記事、推敲の前は「7日から10前」って書いていたんですよ。
 でも、そうするとその日時を巡って、余計な論争が出て来てしまうので、削ったんです。
 恐らくタマティーが思うに、どんなに遅くても10日前までには雲の上から赤ちゃんの魂が下りて来るみたいです。
 7日前までに下りて来る赤ちゃんは、ギリギリセーフっていうことなんでしょうね。
  ここいら辺りはどうも科学的には分析できんので、じゃがまるさん、今度、自分の体を使って試してみて、タマティーに報告して下さい。

 赤ちゃんは1人産めば、後はどんどん生んで行けますから、3人だってへっちゃらですよ。
 何事も最初が一番難しいんです。
 年齢のことは余り気にしないことです。
 ただダウン症の危険性があるから、果物や野菜はしっかり食べておえばいいんです。
 後2人、雲の上で待っているんだから、未来の赤ちゃんに向かって「カモ~ン!」と気楽にやればいいんですよ。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月27日 (月) 05時58分

タマティさん、これまたコメント書かずにいられませんでした。

わたしも本当そう思います。ずっと『安産で生まれてきてね。』『なるべく早く出てきてね。がんばろうね。』って毎日毎日話しかけました。

絶対に伝わると思います。散歩もしてよく歩きました。間違いないって思います。でもそのせいか、早産になりましたけど。。。。。。

魂の話ですが、ひとつ気になるのが虐待されたりひどい両親のもとに生まれてくる赤ちゃんはどうしてそんな親を選ぶのでしょうか。子供が欲しくてもなかなか授かれないのに立派な人格を持った人達がたくさん世の中にいるって思います。


赤ちゃんの魂にもそういったレベルなるものがあるのでしょうか。同じ境涯を持つ両親の元へとか、虐待の事件をニュースで見るたびにどうしてなのだろうと思います。

先日も回答ありがとうございました。
おかげで体重のほうもいい感じです。がんばっていますよ。happy02

投稿: ケリア | 2010年12月27日 (月) 23時24分

 ケリアさん、児童虐待に関しては、まず栄養不足が原因なんです。
 虐待をやってしまう母親たちはとにかくビタミンやミネラルが足りないんです。
 人間はビタミンやミネラルが不足してしまうと、自分の子供であっても虐待してしまうようになるんです。

 きついようだけど虐待されるような子供は前世に於いて自分が誰か傷つけたり殺したりしたからこそ、現世に於いて虐待されるような運命に遭ってしまうんです。
 もしもその子が前世にそういうことをしていないのなら、虐待を受けたとしても、必ずどこからか救いの手が差し伸べられるようになるんです。

 目に見えるものだけを信じちゃいけないんですね。
 ちゃんと輪廻転生のことを考えながら生きておかないと、真っ当な人生を歩むことはできないんです。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月28日 (火) 06時55分

タマティーさん、はじめまして。

こっそりブログを拝見していました。
とてもたくさんあるので、すべてではありませんが、少しずつ過去の分も参考に拝見しています☆
すごい知識量で、一体この人は何・・?(失礼?)と思っています。

さて、私はそろそろ35歳になる新婚1ヶ月目のものです。

ブログではタブーとされている空亡年での結婚をしています。

空亡年での結婚は、海老蔵さんは気学やそういう方向を信じてるという情報がありましたので(歌舞伎役者さんとかは人一倍信じると思っていました・・・)知ってた上で麻央さんが空亡の年に入籍するわけない!関係ないんだ・・・と思って安心していました。
・・・あれれ、という感じです。
ただ、4年の付き合いでこのタイミングでした。
子丑空亡の彼だったので、彼の空亡年よりはいいのかしら・・・。

初めてのコメントで、長々と失礼しました。
今回、友人のお子さんが2歳のころ次のように言ってたと先週聞いたので、思わずコメントしようと思いました。

・おなかの中あったかかったよ。赤かったよ。
・(両親の結婚式の写真をみせたら)○○(お子さんの名前)、空から見てたよ。ママのこと。これ(結婚式)も見てたよ。

・・・2歳のコに洗脳してるわけじゃないのに、この発言!

きっと私の将来のコも見てるのかなぁと思ったらちゃんと生きていこうと思いました。

タマティーさん。
これからも更新楽しみにしていますね。
今年は一方的にお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください^^

投稿: きよまる | 2010年12月31日 (金) 13時15分

 きよまるさん、コメント有難ううございます!happy01

 市川海老蔵に関しては、芸名が非常に良すぎるために、多分、判断が狂ってしまったのでしょう。
 彼の本名も歌舞伎役者としては非常にいい名前なんです。
 海老蔵には既に非嫡出子がいるのですが、恐らくその女性こそが運命の相手だったと思います。
 その女性と別れてしまったからこそ、運命の相手ではない女性と結婚してしまったのでしょう。
 但し小林真央さんとの相性はそんなに悪くないので、天中殺の時期に結婚したことに対して何かしらの対策を施しておけば、離婚することはないでしょう。しかしその対策をしないと離婚してしまうことでしょう。

 胎内記憶は本当に不可思議な現象なので、きよまるさんも自分の赤ちゃんに胎内記憶のことを訊いてみるといいです。
 子供がいないのなら、その母親が子供を仕込んでいるんじゃないかと思うのは当然の反応なんです。
 妊娠中に胎児教育を行い、赤ちゃんが早くに喋られるようになると、その内容をきちんと解るように話してくれるようになります。
 それから記事でも紹介したように、妊婦だからこそ歌を歌って、胎児の耳に届くようにしておくと、胎児の脳が活性化して、胎内記憶を忘れずに生まれて来ることでしょう。
 

heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月 1日 (土) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38137434

この記事へのトラックバック一覧です: 「胎児の聴力」と「母親の声」:

« 主婦の禁じ手:「食費の削減」 | トップページ | 献立表を作って食費を有効に使おう! »