« 貧乏を脱出したければ、悪のエネルギーを使え | トップページ | 家計を苦しめているのは、固定費の高さなのである »

主婦の最強アイテム、それは「家計簿」

●家計簿があるからこそ、家計を運営できる

 夫婦の未来ヴィジョンを実現して行くためには、なんと言っても家計簿は必要である。家計簿があればこそ、自分たち夫婦がやるべきことにお金を集中的に投入することができ、自分たち夫婦の未来ヴィジョンが早々と実現して行くことになるからだ。家計簿をつけないからこそお金がないのであって、家計簿をつけてしまえば、幾らもお金を融通することは可能なのだ。

 特に自分たち夫婦の収入が少ない段階では、家計簿をつけることは絶対に必要である。収入が少ない場合、その少ない収入でも確実に貯金を増やして行く生活をしているのなら、収入が増えた時も確実に貯金を貯め込んで行くことができるからだ。収入が少ないのに、赤字になるような生活をしていれば、どんなことをしても貧乏から脱出できなくなるのだ。

 家計簿なしの家計運営は有り得ない。経理簿なしに会社運営することが有り得ないと同じように、家族には家計簿を備え付けないと、家計を運営することができないのだ。確かに家計簿をつけることは面倒な作業である。しかしその面倒な作業をしないからこそ、いつも金欠で悩まされることになるのだ。

 家計運営で一番恐ろしいのは、「黒字破産」してしまうことだ。お金はある筈なのに、借金でどうにもらなくなり、破産してしまうというパターンだ。この黒字班産は意外と多く、破産する人々の殆どが黒字破産で破産宣告を受けてしまうのだ。家計簿をつけないばっかりに、破産してしまうという本当に馬鹿げた事態になってしまうのである。

 主婦の最強アイテムは家計簿であるのだ。通常、家計簿をつけるのは夫の役目ではない。夫は仕事で全力を投入し、生活費を稼ぎ出す役目を充分に果たしている筈だ。妻は夫が稼いだお金を有効に使わなければならないのであって、だらこそ家計簿をつけることが必要になって来るのだ。妻が家計簿をつけない生き方をしても別に構わない。しかしそれは最強アイテムを持たずに貧乏と戦おうとしているものなのだ。それでは貧乏の戦いに絶対に負けてしまうのだ。

●家計簿の機能

①現在の経済状況を把握できる

 家計簿をつけるとどんな機能を発揮するのかといえば、まず現在の夫婦の経済状況を把握することができるということだ。家計簿を見れば一発で家計がどのようなものか理解することができるので、安心して家計の運営に取り組むことができるようになるのである。家計簿をつけないからこそ、いつまで経っても家計を把握できず、だからこそ金欠に追われ続ける生活になってしまうのである。

②貯金の目標金額を設定することができる

 家計簿をつけると、自分たち夫婦が必要な資金に対して目標金額を設定することができるようになるのだ。貯金をするなら、年収の3倍までなら簡単にその金額を実現できてしまう。住宅費を確保したいのなら、即金で買うならその全額を貯金しようと目標を立てればいいし、ローンで買うなら、頭金を貯め込むことを決意し、その頭金の金額だけ貯金してしまえばいいのだ。

 目標金額を設定するということは、そこに資金を集中させて行くために、自然と無駄な出費を抑えることができるようになるのだ。目標があればこそ、「これは無駄な出費だな」というのが解り、その出費を削減して行くことができるようになるのだ。漠然と無駄遣いをやめようとしても、逆にそれがストレスになってしまい、余計に無駄遣いをしてしまうものなのだ。

③収支の変動に耐えることができる

 家計簿をつけていると、夫の収入が減ろうが増えようが確実に耐えることができるのだ。それだけでなく経済の景気変動など一切お構いなしで家計を運営して行くことができるようになるのだ。そのトリックは自分たち夫婦には未来ヴィジョンがあるということと、繰越金や貯金の存在である。未来ヴィジョンがあれば何があってもそこに突き進んで行くし、たとえ生活がピンチになっても繰越金や貯金を使って遣り過ごせば良くなるからだ。

 世の中には自分が家計簿をつけずに、「景気が悪い」だの、「政府の対応が悪い」だの責任転嫁してしまう人々が多過ぎるのだ。そのような意見に従っていると、いつまで経っても裕福になることができないのであって、貧乏との戦いは延々と続くことになるのだ。景気は常に変動するものだし、政府の対応だっていつも悪いものなのだ。そんなことに期待するより、家計簿をつけるべきなのである。そうすれば景気の変動の政府の対応も関係なくなり、貧乏との戦いに勝利して行くことができるようになるのだ。

●家計簿は自分に合った物を使用する

 「家計簿をつけよう!」と覚悟を決めたら、とっと家計簿を所有してしまうことだ。家計簿は主婦向け雑誌の付録の物を使ってもいいし、市販されている家計簿を使ってもいい。家計簿を一度つけると、少なくとも1年間はその家計簿を使い続けることになるので、その使い易さやデザインの良さには拘ることだ。使い勝手が悪い物や、デザインがダサイ物だと、途中で挫折してしまうことになるのだ。

 家計簿をつける際には、そのつける時間帯には拘っておくことだ。子供たちが起きている時は子供たちがうるさいので正確につけることができなくなってしまうのだ。そのため子供たちが起きて来る前の早朝だとか、子供たちが寝た後につけるとかしなくてはならないのだ。このため良家のお嬢様であっても、自分の母親から家計簿をつける遣り方を教わったことがないのだ。だから家計簿をつけることが下手っぴでも気にすることはないのだ。

 既婚女性たちの中には家計簿をつけることに挫折してしまう女性たちが出て来ることになる。これは想像以上に多く、どの既婚女性たちも家計簿をつけることの必要性は解っているのだけれども、なぜか家計簿をつけ続けていると挫折してしまうのだ。なぜならその手の既婚女性たちは家計簿の鉄則に背いているからなのである。

 家計簿の鉄則:「1冊の家計簿で家計を処理しようとすると、必ず破綻してしまう。」

 家計簿をつけると、真面目な女性たちほど完璧に家計簿をつけてしまおうとする。ところが家計簿を完璧につけようとすると、完璧であるがゆえに崩壊してしまい、家計簿をつけることをやめてしまうようになるのだ。家計簿は誰がどうやっても完成することはないので、家計簿を常に不完全であり続けるようにすべきなのである。

 そのためにはどうすればいいのかというと、「生活費用の家計簿」と「投資用の家計簿」の2冊を用意すべきなのである。jこうすると家計簿が完璧にならず、完璧ゆえに崩壊するという事態を防ぐことができるようになるのだ。投資用の家計簿は師範されていないので、その家計簿は自分が独自で作ればいいのである。

●家計簿に必要な倫理:「正直」

 家計簿をつけ続けるためには、絶対に必要な倫理が存在する。それは「正直」という倫理だ。妻が家計簿をつけても、自分が平気で嘘をつくようであるなら、幾ら家計簿をつけても意味がないのだ。妻に正直という美徳があればこそ、その家計簿は信用に値する物になるのである。

 結婚すれば妻がヘソクリを持つことは当たり前のように思われているが、ヘソクリを持つことこそ自分の家計簿に於いて粉飾決算をしているということなのである。自分のお小遣いを確保することと、家計をちょろまかしてヘソクリを生み出すことは全く違うことなのである。妻にヘソクリがあればあるほど、家計は悪化して行くものなのである。

 正直という倫理は夫にも要求され、自分で稼いだお金は必ず正直に報告して貰わなければならないのだ。夫が嘘をつくのが当たり前になり、自分が稼いだお金よりも遥かに低いお金を妻に渡しているようでは、妻が幾ら真面目に家計簿をつけても、家計を正常に機能させることはできないのだ。

 夫婦が嘘をつけないようにするために、家計簿を妻だけがつけるのではなく、夫にもきちんと見せて、夫婦で家計に関する情報を共有するようにしておくことだ。それと同時に家計について話し合う時間を必ず定期的に確保し、その場で家計をどうすべきかきちんと話し合うようにすることだ。

 時折、ニュースで粉飾決算をした企業が倒産する情報が流れるが、自宅でも粉飾決算をしていては、いずれ破産して行くことになるのである。莫大な資金を運用する企業が粉飾決算をすれば倒産するのだから、その資金よりも遥かに少ない資金を運用している夫婦も粉飾決算をすれば破産するのは当然のことなのだ。馬鹿正直では困るが、家計簿のい前には於いては正直という美徳は絶対に必要なのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 貧乏を脱出したければ、悪のエネルギーを使え | トップページ | 家計を苦しめているのは、固定費の高さなのである »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、はじめまして!ブログ、いつも楽しみにしています。
『42歳 妊娠できる』をキーワードにさまよっていたらタマティーさんに行き着きました。
カテゴリー分けされていて大変見やすいです(日にちを追っている、内容がバラバラのブログは読みたい内容の続きに辿り着けない…)
今は、不妊カテゴリーを読破中です。もちろんメモをとりながら!

ちなみに、家計簿は今年3年目にして途中で挫折…来年から再度つけるために、新しいの用意してあります(笑)

日々ツライ気持ちが多すぎて途方にくれてます。タマティーさんの意見を聞いてみたい事がいっぱいあるんですよ〜。
タマティーさんの目に触れて欲しかったので、最新版にコメントしました。

投稿: はぐまろ | 2010年12月18日 (土) 17時41分

 はぐまろさん、家計簿の挫折は気にしないように。結構、挫折している既婚女性は多いです。happy01
 家計簿は1冊で処理しようとすると、必ず破綻してしまいますので、「消費用の家計簿」と「資産用の家計簿」の2冊を持つことです。
 真面目にやるより、ゲーム感覚でやった方が巧く行くと思います。

 42歳で未だに妊娠できないのなら、まだまだ焦ることはないですよ。
 女性は生理がある限り、必ず妊娠できます!
 『不妊症バトルロワイヤル』をきちんと読んで、書いてあることを実践すれば、必ず妊娠できますよ。
 女性は33歳で女性ホルモンの分泌がピークになって、その後、高濃度の女性ホルモンが分泌され続けるんです。
 そのため女性ホルモンが「葉酸」を大量に消費してしまい、妊娠するために必要な葉酸が不足してしまうんです。
 それと女性ホルモンの副作用で体温が低下してしまい、子宮が受精卵を育める環境ではなくなってしまうんです。
 特に美人の女性だとか、肌の白い女性とかは、女性ホルモンが出過ぎているので要注意なんです。

 <日々ツライことが多過ぎて、途方に暮れる>のなら、女性ホルモンの副作用で体が冷えているってことですよ。
 スポーツをして体を温めたり、サウナで汗を流したり、生姜湯や葛根湯を飲めば、体がポカポカして、憂鬱になることはなくなりますよ。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月19日 (日) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38099139

この記事へのトラックバック一覧です: 主婦の最強アイテム、それは「家計簿」:

« 貧乏を脱出したければ、悪のエネルギーを使え | トップページ | 家計を苦しめているのは、固定費の高さなのである »