« 妻は愛妻弁当を作るべきか? | トップページ | 阪神淡路大震災の真相 »

家庭料理を最高レベルにまで美味しくする究極の調味料

●なんで料理が美味しくならないの?

 主婦の中には食材に拘り、有機無農薬の野菜しか使わず、新鮮な肉や魚を購入し、調味料も安全な物だけを使用しているのに、なぜか自分が作った料理がそれほど美味しくない場合があるものだ。自分が折角、愛情を込めて料理を作っているのに、夫は何も言わず、子供のたちも喜んだりはしない。自分がどんなに努力を重ねても、家族が喜ぶことがないのだ。

 この手の不味いとは言わないが、美味しいとは言えない料理を食べ続けていると、夫の仕事の出来は良くならず、給料がなかなか上がらないし、子供たちはすぐに病気をしてしまい、人間関係でもトラブルを抱え込んでしまうものだ。自宅で美味しい料理にありつけないと、その歪みが必ずどこか他の場所で炸裂して来るものなのである。

 こういう場合、まず疑うべきは「料理の基本」が出来ていないということであり、料理の仕方がどうも巧くないからこそ、どうも味が変なのである。食材はちゃんとした物を使っているのに、どうも味が良くならない主婦は、真面目すぎるがゆえに調理のテンポが非常に遅いのである。そのため食材を煮すぎてしまったり、炒めすぎてしまったりと、味が最も良くなるポイントを逃してしまうのである。

 次は食い手の方の問題である。夫や子供たちが食事前に間食をして既に満腹であったりとか、食事の量が多過ぎるために満腹にしてしまうとかである。人間は満腹にしてしまうと、食事を美味しいとは感じくなってしまうのだ。腹八分目が一番美味しいと感じるのであって、食事前の間食は厳禁させるべきだし、食事に於いても満腹にさせるほどの多くの量を出すべきではないのだ。

 第三には会話不足によって相手の好みを聞き出していないということである。人間には誰しも好みがあるので、その好みにあった物を最も美味しいと感じるように出来ているものだ。そのためまずは家族の会話量を増やし、一体何が好きなのか訊き出すべきなのである。幾ら母親が子供たちに「この食べ物には栄養がある!」と言っても、子供たちが嫌いな食べ物であるなら食べることはないのだ。

●感謝すること

 主婦としては食材を買いに行って来て、自宅で調理し、それで文句を言われたのから堪ったものではない筈だ。しかし自分が作った料理で夫も子供たちも喜んでくれないというのは事実なのであって、まずはその事実を受け止めなければならないのだ。自分が何かおかしいことをやっているからこそ、食事を出しても喜んでくれることがないのだ。

 結婚当初だとか、赤ちゃんが生まれて来た時なら、妻として母親として充分な集中力を持っているから、不味い料理を作るということはしなかった筈だ。しかし結婚しても5年以上も過ぎれば、その集中力が失われて来てしまい、料理を作るのが段々と面倒臭くなってしまい、その堕落した心が如実に料理に反映して来ることになるのである。

 一体何が欠けているのかといえば、それは「感謝」なのである!

 この不況時に於いても職にありつけて、きちんと給料を持って来てくれる夫に感謝すべきなのである。子供たちの中には病気で死んでしまったり、事故で死んでしまったりする子たちがいるのに、すくすくと健康に育ってくれる子供たちに感謝すべきなのである。その感謝が無いからこそ、どう頑張っても料理が美味しくならないのである。

 料理を美味しくするためには、食材に拘ることは当然だし、調味料だって優れた物を使うべきなのである。ではそれらを使って美味しい料理が出来上がるかと言えば、決してそうではないのだ。食材も調味料も一流ではあるが、それを調理する者が一流でいなから、その者が作ってみると、どう考えても美味しいとは言えない料理しか出来上がらないのである。

 「感謝」というのは、家庭料理を最高レベルにまで美味しくさせる究極の調味料なのだ。しかも究極の調味料なのに、この調味料はタダで使えるのである。更にこの究極の調味料は底をつくことがないのだ。主婦の中には抜群に美味しい料理を作る女性がいるものだ。その女性は必ずといっていいほど、この究極の調味料を使っているものなのである。ただ単に食材やテクニックに走っても、或る程度まで美味しく感じられるだけであって、より高いレベルの料理には辿りつけないのである。

●当たり前は悲劇を生む

 結婚しているのに、なんで夫や子供たちに感謝できないのか? 

 それはその既婚女性が常に他人に対して「当たり前」を要求しているからなのである。

 夫が稼いで来て当たり前。子供たちが健康でいるのが当たり前。夫は妻の言う事を聞くのが当たり前。子供たちは母親の言うことを聞くのが当たり前。こうやって全てに対して当たり前を要求しているからこそ、夫にも子供たちにも感謝できないのだ。

 こういう既婚女性に限って、夫の悪口を平気で言い、「育児って大変よね~」と言い出して来るものだ。家庭内で家事や育児をこなすよりも、外に出て仕事をしたいと思うだろうし、夫の給料には常に不満で、子供たちは金食い虫だと思っているのだ。結婚して幸せに成れるのが当たり前と思っているから、それを裏切られると凄まじい怒りを溜め込んで来るのだ。

 「結婚して幸せに成れる」と受動的な態度でいるのではなく、「自分が夫や子供たちを幸せにして行く!」という能動的な態度にならないからこそ、どうやっても家族が幸せになれないということが解らないのである。結婚の欠点を探し出せば、幾らだって出て来るものなのである。でもそんなことをやって結婚が幸せになることなど絶対にないのだ。

 他人に対して当たり前を要求する女性は、往々にして女性として当たり前のことができないものである。料理をやらしてみても、料理の基本ができていないし、掃除をやらしてみても、雑な掃除しかできないし、洗濯をやらしても、テキパキとやらなかったりと、もう結婚して何年も経っているのだから出来て当然だろうということができないのだ。

 自分が何か1つでもきちんとできたのなら、如何なるものであってもそれをきちんとこなすまでは膨大な労力と時間がかかるものだから、決して出来て当たり前だとは思わないものなのである。何度も何度も失敗しながら、徐々に上達して来るものなのである。育児をしていれば、子供はそれを毎日やってくるのだから、このことに気付いて当たり前だと思うだが、この当たり前のことが解らないのである。

●感謝の大切さを教える宗教は少ない

 意外にも感謝の大切さを教える宗教は少ないものだ。儒教なら「仁」を説くくし、仏教なら「慈悲」を説くし キリスト教なら「愛」を説くであろう。孔子は野合の子とされており、母親は正規の結婚をせずして孔子を産んでいるし、釈迦は生後間もなく母親が死んでいるし、イエスは自分の母親が夫ではなく他の男性と密通して生まれたのであり、どれも複雑な家庭環境で産まれ育ってきているのだ。

 だからこそ自分が仁なり慈悲なり愛を出せばそれで巧く行くだろうと、安易に考えてしまったのである。ではそれをやって全ての人々が幸福になったのかというと決してそうではないのだ。仁にしても慈悲にしても愛にしても人間の感情から出て来るものだから、それが裏切られた時、凄まじい怒りを感じてしまうものである。

 結婚当初は愛があった筈なのに、時間の経過と共に愛が憎しみに変わってしまうのは、愛が持つ危険性が解っていないからなのである。確かに結婚するためには愛が必要だが、愛だけでは結婚を幸せにして行くのは無理なのである。愛しつつも、愛の危険性に気付き、愛以外に必要な物があると解った時に、人は幸せになることができるのである。

 「絶対的な幸福」というものは、自分の敬虔なる宗教心から生まれて来るものであるが、「相対的な幸福」というのは、人間関係から生まれるものなのである。人間関係に躓いていれば、自分がどうやっても幸せになることができないのである。ではどうやれば人間関係を良くすればいいのかというと、それは自分の前の前にいる人に感謝することなのである。

 人間は感謝すると精神レベルが上がってしまい、全ての問題が解決して行き、幸福に成って行ってしまうのである。結婚に問題fがあるからといって、その問題を解決して行っても、決して幸福になることはないのだ。自分の精神レベルがあがるからこそ、幸福に成って行くのである。

 有難いことに感謝すべき相手は、遥か彼方にいるわけでもいないし、地球の反対側にいるのではない。自分の目の前にいるものなのである。自分がその目の前にいる人に感謝してしまうと、自分の精神レベルが上がってしまい、幸福に成って行くのである。そうやって自分が感謝して料理を作れば、夫や子供たちも喜んでくれるようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 妻は愛妻弁当を作るべきか? | トップページ | 阪神淡路大震災の真相 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

有難うございました
思い立った日が吉日って ポジティブになれます行きたい時に行って来ます!
所で 最近 環境ホルモンや添加物を少しずつでも排出出来ないか…と 糠の手軽な取り方を考えてます
そこで 青汁に煎った糠を少量混ぜるのはどうでしようかsweat01
漬け物用の煎り糠を使おうと思ってます
そして その煎り糠の保存方法ですが…大量なので冷凍ってどうでしようsweat01
私なりに考えてみたのですが かなーり心配なのでアドバイス宜しくお願い致します

投稿: あや桃姫 | 2011年1月21日 (金) 23時33分

 あや桃姫、冷凍にしても構いませんよ。happy01
 ただ、糠を青汁に混ぜるってのは、味に関して問題ありですよ。
 それよりも炒った糠を食べてから、青汁を飲んだ方がいいかも。
 健康法は美味しくないと長続きしないものなのでね。
 
 環境ホルモンや食品添加物が気になるなら、とにかく排便量に注目するようにすることです。
 糠を食べると排便量が増えるので、排便量が多くなるように糠を食べればいいんです。
 体内から毒素が消えると、ウンコはそんなに臭くならないんです。
 体内に毒素があるからこそ、ウンコが臭くなってしまうので、そのポイントを押さえておけば、きちんと体内の毒素を排出させることができることでしょう。、


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月22日 (土) 06時59分

今回は神経質な質問お願い致しますsweat01
不妊には温泉!と よく言われますが 天然温泉ではなく ラドン温泉やラジウム温泉などは効果あるのでしようかsign02
逆に 精子 卵子に悪影響を与える可能性はありますか? 妊娠中は避けた方が良いと聞きますが…
ナカナカ天然温泉に通うのは難しいし…近所は殆どラジウム温泉なので気になりましたsweat01
タマティーさん 教えて下さーいsweat01

投稿: あや桃姫 | 2011年1月25日 (火) 22時42分

 あや桃姫、ラドン温泉やラジウム温泉がどうのこうのより、あや桃姫の頭の中で恐竜のプテラノドンが飛び回っている方が問題ですぞ!happy01
 卵子や精子に悪影響があるなら、とっくの昔に法律で禁止されていますよ。
 温泉で体を温めると、卵巣や子宮が活発に動けるので、それで妊娠し易くなるんです。
 不妊症の女性がせっせと温泉に通って、目出度く妊娠できたっていう例は非常に多いんです。
 温泉に入る時は、入りっ放しになるのではなく、湯船に入って熱くなったら出て、体の火照りが取れたら再び湯船に入ることを繰り返して、体を芯から温めるようにするべきなんです。
 この遣り方で入浴すると、非常に妊娠し易くなるんです。


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01
 

投稿: タマティー | 2011年1月26日 (水) 17時57分

有難うございました
かなり 切羽詰まってますsweat01
精子を元気にする為に 色々試しているのですが温泉がダメージにならないか心配 でしたsweat01考え過ぎですねcrying
食品以外に精子を元気にする方法ってあるのでしようか?
今は亜鉛やマカをとったり粘っこい食品を多くしてますが…
アドバイス宜しくお願い致します

投稿: あや桃姫 | 2011年1月26日 (水) 20時15分

 あや桃姫、まずは旦那さんの好物を、愛情をこめて作ってあげること!happy01
 というか、それ以前に旦那さんに食べたい物を聞くようにすることです。
 幾ら精子にいいからといって、テンパって調理していたら、美味しくないですよ。

 牡蠣は精子にとってもいい効果を与えます。
 しかし牡蠣はマナでないと効果が出て来ないので、どこか漁村に行って取れ立ての牡蠣をナマで食べさせてくれる所を探して、そこに夫婦で行ってみることです。
 できることなら食べ放題がお勧め。

 自宅でなら、ゴボウ、人参、山芋を食べるようにすることです。
 特にあや桃姫はゴボウを使っていないんじゃないかな?
 ゴボウはキンピラにするものいいし、お味噌汁に入れるのもいいです。
 結構使い道は沢山あるんですよ。


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月27日 (木) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38530512

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭料理を最高レベルにまで美味しくする究極の調味料:

« 妻は愛妻弁当を作るべきか? | トップページ | 阪神淡路大震災の真相 »