« オヤツ対策 ~オヤツは結構お金がかかるもの~ | トップページ | 台所の三代不要品 »

子供の水分補給対策 ~母親の間違った水分補給が子供を病気にさせてしまう~

●子供は成長のために大量の水分を必要とする

 育児をしていると、こんな小さな幼児であっても、やたらと水分補給をしてくる事実に気付くものだ。乳児であるなら喉が乾けば母乳を飲めばいいのだから、あんまりこの事実に気付くことはない。しかし卒乳して幼児になり、もう1人で充分に動き回ることができるのに、矢鱈と母親の元に寄って来て、飲み物をせがむ行為を見せつけられると、やっとこの事実に気付くことができるのだ。

 なんでこんな現象が起こるかといえば、幼児は「活動のための水分」だけでなく、「成長のための水分」をも必要としてくるために、頻繁に水分補給を要求して来るのである。母親の方はもう活動のための水分しか必要としないから、この事実をなかなか受け入れることができないのだ。

①清涼飲料水は絶対に買わない

 幼児が読み物を欲しがっている以上、自宅では我が子が飲み物を飲むということになる。その際に清涼飲料水を買って来て、家に置いておけば、それを我が子が飲んでしまい、結構、出費が嵩むことになるのだ。また子供が清涼飲料水に慣れてしまうと、血糖値が乱高下するために、所謂「キレる子供」になってしまうのである。

②冷たい飲み物を与えない

 かといって何も買わず、水しか飲ませないようだと、確かにそれはタダ同然なのだが、子供は水を飲むことでお腹を冷やしてしまい、病気に成り易くなってしまうのである。冷たい水を飲んでお腹を冷やし、その水が体内で水分過剰になるので細胞の活動が鈍るためにに、病原菌を撃退する能力が低下してしまい、それで頻繁に病気に罹るように成ってしまうのである。特に風邪などは子供が水を飲み過ぎれば確実に罹る病気なので、水それ自体を飲ますべきではないのである。、

 水分補給の問題は、オヤツに於けるお菓子以上に気付けない問題なのである。飲み水に配慮しない母親は、恐らく我が子が成人するまで絶対に改善することはないからだ。清涼飲料水を買うような母親は延々と買い続けてしまい、その金額を合計すれば半端じゃない金額になってしまうのである。水の方はタダ同然であっても、病気という代償を支払う羽目になり、医療費という余計な出費が出てしまい、家計を圧迫させるのである。

●フルーツジュースと野菜ジュース

 まず子供が飲み物を欲しがって来たら、とにかくその要求を認めてあげた方がいいここで子供の要求を拒否してしまうと、余計に飲み物が欲しくなってしまうからだ。子供はなんで飲み物が欲しいか説明して来ないが、活動のためと成長のためにかなり水分を必要とするのであって、喉が乾けば母親に要求して来るのは当然のことなのである。

①フルーツジュース

 子供に与えていい飲み物の筆頭は「フルーツジュース」である。自宅で果物を備蓄しておき、その果物をミキサーやジューサーにかけてフルーツジュースを作り、それを与えればいいのだ。フルーツジュースこそ最も水分補給が早く、しかもビタミンやミネラルが豊富にあるので健康に寄与し、病気に罹らなくさせるのである。お勧めは「リンゴ人参ジュース」で、リンゴと人参とバナナをミキサーにかければ出来上がりだ。

②野菜ジュース

 これと同様にお勧めなのが「野菜ジュース」だ。野菜をミキサーかジューサーにかければ出来上がりだ。「小松菜」や「トマト」といった野菜を使えば野菜嫌いの子供であっても飲める筈だ。、但し、野菜ジュースは体を冷やすので、野菜ジュースを与えていいのは体温が高くなっている日中だけにすることだ。

 なぜフルーツジュースや野菜ジュースが健康にいいのかというと、この中にはビタミンやミネラルが入っているし、酵素が入っているからなのである。清涼飲料水や水ではこれらの物が入っていないために、消化吸収に手間取り、しかもその水分を使い終わったら外に出すことが困難になってしまうのだ。汚い水が体の中で巡れば、子供だって病気になってしまうものなのである。

 フルーツジュースには果糖が含まれているが、この果糖は消化吸収が早いので、食事時に成る頃までにはお腹をすかしていることになるであろう。清涼飲料水では「果糖ぶどう糖液」を使うので、これだと消化吸収が遅くなってしまい、それで食事時に成っても空腹にならず、食べ物の好き嫌いを言い始めるようになるのだ。

●夏は麦茶、イボには鳩麦茶、冬には生姜湯

 夏は大量に汗をかくことになるので、夏の水分補給では麦茶が最も優れているのだ。麦茶にはビタミンやミネラルが含まれているので、汗と共に流れ出たビタミンやミネラルを確実に補給してくれることになるのだ。夏は暑いからと言って麦茶を冷蔵庫で冷やしてしまうのではなく、麦茶は熱いままで飲んだ方がいいのだ。子供が夏に風邪をひくのは、決まって冷蔵庫で冷やした飲み物を飲むからなのである。

 夏になれば昼の前に鍋で麦茶を沸かし、それを濾して自由に飲めるようにしておけばいいのだ。子供は昼の前あたりから飲み物を欲しがるものだし、午後になればぬるい状態で麦茶が飲めることになるので、気温が高かろうが美味しく飲めるようになるのである。パックの麦茶は便利であっても、あれではどうしても冷蔵庫で冷やしてしまうために、子供にとっては有害なのである。

 子供は体を成長させるために無理をしているので、子供の中にはイボができる子供が出て来る。体の方が脂肪の運用を巧くできないかためにイボという形で脂肪を溜め込んでしまうのである。イボは病院に行っても治らないものなので、そういう時は「鳩麦茶」を飲ませるようにすることだ。

 鳩麦茶にはコイクセイノイドという成分が含まれており、それがイボを破壊してくれるのである。即効性はないが、毎日じっくりと飲んで行けば、3ヵ月以内にはイボが取れるようになるのだ。特に女の子の場合、たった1つのイボのために相当に性格を暗くさせるので、イボだからといって放置しておかないことだ。子供にとっては重大な問題であるのである。

 冬が寒くなって来たら、「生姜湯」がお勧めである。子供は体が小さい分、簡単に体を冷やしてしまうので、風邪に罹り易くなってしまうのである。生姜を摩り下ろし、そこに黒砂糖を入れれば出来上がりだ。生姜には亜鉛が含まれているので、生姜の粕はちゃんと食べるようにすることだ。亜鉛は膵臓を活性化するので、亜鉛を補給しておくと、炭水化物の消化吸収が早くなり、子供のオヤツ攻撃がなくなるものなのである。

●牛乳はヨーグルトにして食べる

 子供の身長を高くしたいからといって牛乳を飲ませることは非常に危険である。牛乳は人間が飲む飲み物の中で最も体を冷やす飲み物であって、しかも大抵の家族はそれを冷蔵庫にしまっているので、当然に子供は冷蔵庫で冷えた牛乳を飲むことになるのだ。そのために子供が体を極端に冷やしてしまい、だからこそ子供が病気になったり、子供の精神がおかしくなったりするのである。

 牛乳を飲ませるのではなく、ヨーグルトを食べさせるようにすることだ。自宅でヨーグルトを作って、それを食べさせればいいのだ。ヨーグルトは常温で作っているために、子供は常温のヨーグルトを食べることになる。これなら子供が体を冷やすことがなくなり、それなのに牛乳の成分をきちんと補給することができるようになるのである。

 牛乳は低脂肪の牛乳より成分無調整の牛乳の方がいい。成分無調整の牛乳だと子供に皮下脂肪がついてくれるので、風邪をひきにくくなるのだ。子供は脂肪を体の成長のために使ってしまうので、なかなか皮下脂肪がつきにくいのである。皮下脂肪が問題になるのは大人の方であって、子供には皮下脂肪をつけても問題など起こらないのだ。

 それから最近は小学生に水筒を持たして登校させるのが当たり前になってしまったが、水筒に氷を入れて冷やした飲み物にしてはならない。給食では牛乳が出てくるために、ただでさえ体を冷やしてしまうのに、更に水筒の冷たい飲み物で体を冷やせば、非常に病気に罹り易くなってしまうのである。水筒の中身には温かい飲み物を入れた方が無難なのである。

 インフルエンザが学校ではやるたびにワクチン摂取をすればいいだろうと安易に考えてはならない。その子供はインフルエンザにすら対抗できないほど免疫力が落ちているのである。食事や睡眠に問題もあると思うが、日々の水分補給が間違っているからこそ、インフルエンザに罹ってしまうという事実に気付くべきなのである。子供に安全な飲み物を飲ますことこそが、子供の免疫力を上げ、病気に罹りにくくさせ、健康な体にしてくれるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« オヤツ対策 ~オヤツは結構お金がかかるもの~ | トップページ | 台所の三代不要品 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさんこんばんは。毎日勉強になる記事をありがとうございます。
水分補給に関してはいつも迷ってしまいます。我が家は三年番茶を沸かして飲ませてますが、水道の水自体どうなのかと…。一応小さい浄水器はついてますが、効果あるのかと戸惑いながら使用しています。
疑えばキリがないんですけどね。
おやつに関しては娘は杏や干し柿、昆布など乾燥物が好きなようです。あと乾燥したお麩をそのままバリバリ食べ、いいのかしら?と思ってます。でも周囲の誘惑も多いですね。ジュースやラムネ、チョコレートなど砂糖菓子をくれる方になかなか断りきれずに苦労します。
特におじいちゃんは勘弁してと言いたくなるくらい、なんでも食べさせたがって困ります。

投稿: フラワー | 2011年1月25日 (火) 22時26分

 フラワーさん、娘さんが好きなのは全て健康にいいもので、お爺ちゃんが与えているものは問題ありまくりですね。happy01
 まあ、食べれば美味しいんだけど、虫歯になってしまうものばかりですな。
 オヤツ時には他人の家には行かないってのも、優れた選択肢かもしれませんね。

 浄水器に関しては、小さいのだとあまり効果がないです。
 タマティーの家でも最初はフラワーさんと同じ奴でした。
 その後、何度が浄水器を買い変えて、今のに辿りつきました。
 ちゃんと浄水できるのは、矢張り値段が張るものなので、じっくりと情報を集めて、それから買った方がいいですよ。


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月26日 (水) 17時51分

お返事ありがとうございます。
やはり浄水器は高額でも良いもののほうがいいんですね。我が家でも検討したいと思います。
先程から娘が熱を出しました。高熱ですが、小さな体で頑張っています。
丈夫な子で2年間発熱もなかったので、情けない話ですがオロオロしてます。
出来る限りのことをしてあげたいと思います。
取り急ぎコメントしました。
また後程コメントさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿: フラワー | 2011年1月26日 (水) 18時55分

 フラワーさん、子供が発熱した時はとにかく寝かしておくこと!
 これに尽きます。

 人間は年に1度、免疫力の更新というのがあって、その際に風邪をひくようになっているんです。
 しかし健康な人だと風邪をひかいために、そのために免疫力が低下してしまい、そして或る日突然重病に罹ってしまうんです。
 風邪をひかくなくても、鼻水が出まくる状態になることがあるので、その時は早くに寝て、体を温めてしまった方がいいんです。
 フラワーさんがオロオロする気持ちも解るけど、子供が発熱してくれることは、非常に有難いことなんです。


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月27日 (木) 07時06分

お陰様で娘の熱が下がりました!
タマティーさんの仰る通り、午前中は寝るのを嫌がっていた娘もしっかり昼寝し、夕方には熱も下がりました。
熱が出たからご飯はあまり食べないかなと思ったのですが、娘は少し変わっていて、どんどん食べたいものを注文するんです。
その中から食べたい物を選んで少しずつ食べています。
面白いのは甘いお菓子なども並べさせるのに、結局おにぎりや豆腐などシンプルな物を食べていました。体が欲しているものを素直に食べているんでしょうね。
夜寝る前にニッコリ笑って、「明日もいっぱい遊ぼうね!」と言って寝てくれて、体調が戻って来てるのだとホッとしました。
娘の発熱で少し心細かったのですが、タマティーさんにお返事いただけてとても嬉しかったです。
いつもありがとうございます。

投稿: フラワー | 2011年1月27日 (木) 20時16分

タマティー様、こんばんは!
お久しぶりです!ともぞうです。


あれから、私の実家での生活も義両親との同居もやめて、
アパートへ引っ越しし、
旦那と娘の3人で生活しています。

お金は不安ですが、
旦那の仕事がおかげさまで忙しくなり、
なんとかやっていけそう?という感じです。

家事育児も忙しく、
毎日あっという間に過ぎています。


今回、相談したい事は、
1歳2ヶ月になる娘の水分補給についてです。

今、母乳は1日に9回ぐらい、
1回に15分ぐらい飲み、
自分から飲むのをやめます。

離乳食は、朝はリンゴ人参ジュース
(私達が飲んでたのを味見してから大好物になり、毎日飲むようになりました)、
昼夕は全粥とだし汁で煮た野菜と果物で、
わりとよく食べていると思います。

まだあまり離乳食アップはしてません。

そして、まだ、離乳食に味付けもしていませんし、
味噌汁等も飲ませてません。

最近、梅雨明けしてからものすごく暑くなり、
毎日汗だくで、
塩分は大丈夫なのかなぁ?と思い、
相談させてもらいました。

水分補給は番茶と母乳です。
まだ離乳食もあまり進めてないので、
食事で塩分をとっていないし、
どうすればいいのでしょうか?

もっと味付けして塩分取らせたらいいのでしょうか?

初歩的な質問してすみませんが、
良かったらアドバイス下さい。

よろしくお願いします。

追伸、タマティー様考案のごちゃ混ぜそうめん、
めちゃくちゃおいしいです!
ハマってしまいました♪

投稿: ともぞう | 2013年7月14日 (日) 21時20分

ともぞうさん、まずは母親自身が塩分をしっかりと摂取しておくことです。happy01

母親が夏バテしているようでは、母乳も塩分不足になり、非常に危険です。
味噌汁をたっぷりと飲むべきだし、魚や肉もきちんと摂取することです。

母乳以外で塩分補給をしたいのなら、麦茶に天日塩をほんの少々入れて、それを飲ませばいいです。
麦茶はパックの物を買ってきて、そのパックを破って煎茶のように使うと、乳幼児には優しいです。
パックには漂白剤が使われているので、その漂白剤が乳幼児の腸内環境を破壊してしまうんです。

投稿: タマティー | 2013年7月15日 (月) 17時12分

タマティー様、こんにちは!

いつもお返事ありがとうございます!

これで、夏の対策はバッチリです!

私もしっかり味噌汁飲み、塩分取るようにします♪

それと、お茶に塩を入れたら良いとはびっくりです!

ありがとうございました!

投稿: ともぞう | 2013年7月16日 (火) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38526056

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の水分補給対策 ~母親の間違った水分補給が子供を病気にさせてしまう~:

» 血糖値の健康知識 [血糖値の健康知識]
血糖値を分かりやすくまとめたサイトです。よろしかったらご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2011年1月25日 (火) 15時02分

« オヤツ対策 ~オヤツは結構お金がかかるもの~ | トップページ | 台所の三代不要品 »