« 買い物ダイエット | トップページ | 厄年の乗り切り方 »

子供の脳を破壊してしまう危険な食べ物

●白い悪魔:「白砂糖」

 子供を育てて行く時、母親としてはとにかく我が子が利口になってくれればと願うものだ。頭が良ければ将来的に高い収入を得ることができるし、それ以前に子供との遣り取りが面白くなるので、育児が断然面白くなるからだ。子供の頭が良いか悪いかは偶然で決まるものではなく、母親が出す食事で大方決まってしまうものなのである。母親は栄養バランスを整えた食事を出す一方で、子供には食べさしてはならない食品を絶対に食べさせないことだ。

 まず子供の頭を悪くする筆頭の食品が「白砂糖」であることを知っておこう。白砂糖は純粋の糖分なので、これを食べると急激に血糖値が上昇してしまい、脳が興奮状態になるのだ。そのくせ急激に血糖値が下がって行くので、更に白砂糖を欲するようになってしまうのだ。一度でも白砂糖を使ってしまうと嵌ってしまうのは、このメカニズムに人間の脳が打ち勝てないからなのだ。

 子供に白砂糖を食べさせてしまうと、子供は常に甘い物を欲するようになって、虫歯に成り易くなるし、骨折はするようになるし、感情の起伏が激しくなり、耐えることができず、すぐさま怒り出し、凶暴になってしまうのだ。白砂糖が「合法的な覚醒剤」と言われるのは、白砂糖を常習すると、覚醒剤と似たような症状が出て来るからなのである。

 白砂糖を買わず、黒砂糖に変えるべきなのである。黒砂糖であるなら、糖分以外に沢山のビタミンやミネラルが含まれているので、白砂糖のような悪い症状が出ず、そのくせ、甘味調味料として使うことができるのである。黒砂糖を使った場合、料理本で紹介されている砂糖の分量とは違った分量を使用することになるので、その点に関しては充分な配慮をしておくことだ。

 白砂糖以上に恐ろしいのが、「清涼飲料水」である。清涼飲料水には加糖ブドウ糖液が入っているので、白砂糖以上に強烈になってしまうのである。しかも清涼飲料水にはリンが含まれているために、このリンが体内のカルシウムを押し出してしまい、非常に骨折し易くなってしまうのである。子供には絶対、清涼飲料水を飲ましてはならないのだ。母親にとっても清涼飲料水は骨粗鬆症を引き起こす危険性があるので、絶対に飲むべきではないのだ。

●見えざる侵略者:「アルミニウム」

 塩に関しては絶対に「天日塩」を使うようにすることだ。「化学塩」は塩化ナトリウムが99%以上なので、これは食用の塩としては使えないのだ。化学塩になってしまうと、塩辛くなってしまい、その塩辛さが塩分の味などと勘違いしてしまい、非常に塩辛い食事を好むようになってしまうのだ。気をつけるべきは、和食は塩をかなり使うので、塩味の濃い食事をする人は、延々とその塩辛い食事をし続けてしまい、それで腎臓を傷めてしまい、様々な病気を発症するようになるのだ。

 しかもこの化学塩にはなんと「アルミニウム」が含まれているのだ。塩というのは常温でで放置しておくと、固まる性質を持っている。その塊をなくそうとするためには、アルミニウムを添加し、塩をサラサラにするのである。アルミニウムは痴呆症の原因物質と見られており、主婦が家庭で化学塩を使用していれば、家族内から痴呆症患者が出て来るようになってしまうのだ。

 舅や姑と同居しているなら、この化学塩を常用していれば、確実に脳が破壊され、痴呆症に成って行くことだろう。また夫婦でよくありがちな夫の物忘れに関しても、その記憶力のなさは夫の不注意なのではなく、化学塩に含まれるアルミニウムのせいなのである。更に子供がなかなか物を覚えようとしない場合、それは化学塩を使用し続けたために、アルミニウムによって脳の成長が阻害されたと見るべきなのである。

 日本は世界で最も多くの寝たきり老人を抱える国家なのであるが、この寝たきり老人は化学塩の使用によるものなのである。日本では長らく塩が政府の専売であったのだが、政府が化学塩しか販売しなかったために、多くの人々がアルミニウム中毒に罹り、それで脳が破壊され、寝たきり老人になってしまったのだ。

 天日塩は化学塩に比べれば2倍から3倍ほど値段が高いものだ。しかし天日塩を使っていれば、腎臓が丈夫になるし、痴呆症や寝たきり老人など出て来ることがなくなるのだ。しかも天日塩は塩辛くないので、自然と天日塩の使用量が少なくなり、適正な塩分使用量に落ち着くことになるのである。

●脳細胞の破壊者:「化学調味料」

 子供の脳を守りたいのなら、化学調味料の使用は絶対に避けることだ。化学調味料は簡単に脳内に侵入してしまい、脳内の神経細胞を破壊しまくるのである。子供は6歳まで脳のシナプスを拡大して行くのであるが、この時期に化学調味料を食べてしまうと、その肝腎のシナプスが増えて行かなくなってしまい、非常に頭の悪い子になってしまうのである。

 しかもこの化学調味料は子供にとってだけ悪いのではなく、母親にとっても非常に悪いのである。万が一、妊娠中に化学調味料を摂取しようものなら、行き成り胎児を攻撃し始め、染色体異常を引き起こし、身体障害者にさせてしまうのである。また化学調味料は腎臓を激しく傷めるので、妊娠中に妊娠中毒症に罹ってしまい危険性が急激に高まってしまうのである。更には女性ホルモンの分泌異常を引き起こすために、出産が非常に困難になり、難産になったり、異常出産してしまうことになるのだ。

 化学調味料を除去するためには「味の素」を使わないことは勿論のことだ。しかし味の素を除去すればそれ終わりなのではなく、加工食品には数多く化学調味料が入っているのである。原材料の欄に「調味料(アミノ酸)」と書かれていれば、それが化学調味料のことだ。加工食品を大量に食べる家族はそれに比例して化学調味料を大量に摂取してしまい、それがどんな健康被害を引き起こすかなど政府ですらも把握していないものなのである。

 化学調味料はこれほどまでに危険なのにテレビでは絶対に報道されることがない。それは「味の素」社を筆頭し、化学調味料を使用している加工食品会社がテレビCMを出しているので、当然にテレビ局は化学調味料の危険性については絶対に報道して来ないのである。自宅でテレビばかり見ていると、我が子が明らかに馬鹿になってしまったり、自分が身体障害者の赤ちゃんを産んでしまったりと、悲劇に見舞われてしまうのである。

 化学調味料の原材料は一体何かといえば、それは『石油」だ。化学調味料を使用するということは、日々の食事で石油を飲んでいることと同じことなのだ。石油を飲んで健康になった人などいないものだ。それどころか健康を害してしまうものだ。子供の脳を守るためには化学調味料を除去することは絶対に必要なことだ。化学調味料の危険性を知った上で、加工食品の原材料の欄を見れば、如何に多くの加工食品に化学調味料が使用されているかが解り、そのために加工食品の購買量が減って行くことになり、結果的に家計が潤うことになるのだ。

●インスタント珈琲

 食品の中には大人にはよくても、子供には駄目な物も存在する。カフェインなどはその代表例で、大人が飲めば脳を覚醒させる効能を得ることができるが、子供が飲めば成長を阻害してしまうことになるのだ。人間の体は19歳までは成長して行くので、とにかく19歳まではカフェインの使用を禁止することだ。

 自宅で緑茶や紅茶や珈琲を頻繁に飲む家庭は子供がカフェイン入りの飲み物を飲まないように配慮することは絶対に必要だ。特に舅や姑と同居していると、カフェインの危険性が解っていないために、平気で孫にカフェイン入りの飲み物を与えてしまい、子供の脳にダメージを与えてしまうのだ。子供がいるならカフェインの入りの飲み物を自宅で飲むのはやめるようにすることも考えた方がいいのである。カフェイン入りの飲み物が欲しければ外で飲むようにすればいいのだ。

 カフェイン入りの飲み物は効能がありつつも、被害をももたらすものなのである。カフェインの飲み物の中でも絶対に禁止すべきが、「インスタント珈琲」である。インスタント珈琲はビタミンB群を大量に奪ってしまい、脳の機能を上げるどころか下げてしまう。更にはカルシムを大量に奪うので、虫歯になったり、骨折したりしてしまうことになるのだ。インスタントであるがゆえ頻繁に飲んでしまうので、肝臓や腎臓を大いに傷めることになるので、 視力の低下が起こったり、体調不良が発生したりするのだ。

 インスタント珈琲が持つ中毒性はダントツであり、一度嵌ってしまうと、そう簡単に抜け出すことができないものだ。インスタント珈琲の中でも特に「ネスレ社」製の物は恐らく何か化学物質が入っており、一度中毒に罹ってしまうと、抜け出すことが非常に困難になってしまうのだ。インスタント珈琲中毒から抜け出すためには、非常に強固な意志で以て行い、家族の支援のもとで行うようにすることだ。

 インスタント珈琲だけでなく、他のカフェイン入りの飲み物をやめてしまうという決断をしてしまうのもいい。カフェインは染色体異常を引き起こすので、身体障害者の赤ちゃんを産んでしまう危険性が出て来るからだ。そこで妊娠する前に夫婦で話し合って、家庭内からカフェイン入りの飲み物を追放してしまい、安全な形で妊婦生活をするようにすればいいのである。カフェイン入りの飲み物の代わりにハーブティーを飲むようにすれば、簡単に移行させることができるようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 買い物ダイエット | トップページ | 厄年の乗り切り方 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさんこんにちは。いつも貴重な記事ありがとうございます。
さて砂糖ですが、うちは母が三温糖派だったため私も三温糖なのですがどうなのでしょうか?きび砂糖やてんさい糖はどうですか?
黒砂糖は祖母があまり好きではなく…。
また、コーヒーですがドリップコーヒーはどうですか?確かにインスタントは飲むと胃がもたれますね。
質問ばかりですみません、ちょうど気になっていた話題なのです。

投稿: かめ | 2011年1月14日 (金) 11時40分

 かめさん、三温糖を使って育って来たというのなら、かめさんの母親は立派な女性だろうと思います。happy01
 
 白砂糖は甘味が強すぎるために、料理にしてもお菓子にしても、甘さがドギツクなるんです。
 三温糖は甘味を強めるのではなく、甘味を深めるので、正常な味覚の持ち主なら、白砂糖を使わず、三温糖を使うものなんです。
 白砂糖を使い続けると、どうしても白砂糖の消費量が多くので、女性は虫歯になったり、骨折したり、骨粗鬆症になったりするので、出産経験のある女性は絶対に白砂糖を使うべきではないんです。
 
 黒砂糖が嫌なら、きび砂糖でも構いませんよ。
 要は真っ白な砂糖を使用しないことです。
 白い砂糖はビタミンやミネラルが含まれていないので、それを補うために、自分の体内からビタミンやミネラルを出さざるを得ず、それが病気を引き起こしてしまうんです。

 珈琲はとにかくインスタント珈琲はやめた方がいいです。
 人体に有害な化学物質が含まれているし、遺伝子の複製を阻害してしまうので、女性にとっては非常に危険なんです。
 ドリップ珈琲は良いですけど、飲むなら1日1杯程度にしておくことです。
 それと子供たちには絶対に飲ませないことです。
 要注意なのが舅や姑であって、冗談半分で子供たちに与えてしまうんですよ。
 お酒を未成年者が飲んではならないのと同じように、カフェイン入りの飲料も未成年者は飲まない方がいいんです。


  heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月14日 (金) 17時16分

コメントではないのですが、三温糖は体に良いと…どういった根拠でしょうか?
三温糖の仕組みご存知ですか?三温糖は、白砂糖を何回も絞り出して残ったものです。言わば、白砂糖よりも体に悪いのですよ。自然と一番遠い砂糖だと思います。それを、自信たっぷりに評価…怖いです。
三温糖ではなく、一番良いのは甜菜糖です。きちんと調べてください。たくさんの方があなたのブログで勉強しているのですよ。もっと深く研究なさってください。

投稿: mimi | 2011年1月14日 (金) 22時24分

タマティ-様、大変ご無沙汰をしておりましたm(._.)m遅れましたが明けましておめでとうございます、昨年は大変お世話になりました今年もどうぞ宜しくお願い致します八(´∀`*)
タマティ-様私の事はお忘れになってますでしょうかsweat02sweat02
トイレ掃除に励み、玄関に招き猫を置き

主人は出世致しました。
ですが更に忙しくなりストレスでいっぱいでsweat02sweat02

でも昨年東側に頭を向けて寝るようアドバイスをいただき実践しましたらなんとか身体は持ちこたえた気がしますし、昨年10月からタバコ辞めたんですよconfidentでもお酒は辞めてなくてドクダミ茶を薦めてるんですがなかなかsweat02sweat02

とりあえずご報告させて頂きました、乱筆乱文失礼致しましたweep

タマティ-様、いつもいつもお疲れ様ですありがとうございます!!!!

投稿: リカ | 2011年1月15日 (土) 01時28分

 mimiさん、お前はバカか!angry

 誰も三温糖が体にいいとは一言も言っていない!
 味覚上の問題を言っているのだ。
 白砂糖は甘さがきついから、普通の味覚の持ち主なら、白砂糖を使わないんだ。三温糖を使っているということは、味覚が異常になっていない証拠なんだ。
 白砂糖も三温糖もビタミンやミネラルが非常に少ないのはどちらも一緒だ。
 ではその両者のどちらを選ぶならと問われば、三温糖だと言っているだけのことなのだ。

 俺の経験則上、白砂糖に慣れてしまった人が黒砂糖に移行するのは非常に難しいということが解っている。
 白砂糖のドギツイ甘さに慣れてしまったがために、黒砂糖の甘さが理解できないんだ。
 しかし三温糖を使っていた人は、味覚が異常になっていないから、黒砂糖に移行するのがそんなに苦痛ではないんだ。
 こういったことを踏まえて、俺は方便として質問に答えたのであって、記事の方ではちゃんと黒砂糖を勧めているのだ。

 mimiさんが甜菜糖が一番体に良いと思うなら、甜菜糖を使えばいいんです。
 俺がきび砂糖を勧めたのは、きび砂糖ならどこのスーパーでも売っていて、手に入り易いからです。
 それときび砂糖の生産地が日本では奄美諸島や沖縄県なので、特産品の少ない地域であるがゆえに、きび砂糖を購入してあげないと経済が成り立たなくなってしまうからです。
 しかも沖縄県は在日アメリカ軍の大半を駐留しているために、その負担軽減のためにも沖縄県の特産品を買ってあげて、沖縄県民の負担を軽減させてあげとうという政治的配慮があるからなんです。
 それに甜菜糖というのは、実は日本人が消費する砂糖の25%を占めるものなのであって、意図的に買ってあげるものでもないんです。
 加工食品とかでは甜菜糖が使われている物が多いので、充分に甜菜糖は摂取しているんです。

投稿: タマティー | 2011年1月15日 (土) 05時51分

 リカさん、出世おめでとうございます!happy01
 そして今年も宜しくお願い致します!
 でも、旦那さんは店長だったと思うのですが、出世ってどのような出世にになったのかな?

 お酒は北海道に住んでいるなら、少しは飲んだ方がいいかもしれませんね。
 お酒を飲めば少しは体が温まりますからね。
 関東地方の千葉では雪が降らないのに、気温がひとケタ台になるので、違う形で寒いんです。
 湿度が低くて、気温も低いと寒さが身に沁みますよ。
 ところがタマティーは余りお酒が飲めないので、この寒さ対策には苦労しっ放しなんです。

 そこで今年導入したのが、「酒粕湯」なんです。
 酒粕を水にといて、そこに黒砂糖と生姜を摩り下ろして、80℃くらいまで温めるんです。
 この酒粕湯を飲むと、下戸のタマティーでも体がポカポカになり、しかも排便の回数が1日3回になって、お腹がペッタンコですよ。
 ドクダミ茶は体にいいけど、飲み過ぎると体の脂肪を落としすぎてしまうので、冬の北海道じゃ飲み過ぎは危険ですよ。
 酒粕湯はお酒ではないのに、お酒以上の効果があるので、是非試してみて下さい。


  heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01
 

投稿: タマティー | 2011年1月15日 (土) 07時17分

わかりますが、コメントを見る限りでは、白砂糖<三温糖が体に良いのか?と錯覚しませんか?私は毎日、このブログを読んでいます。参考にするには、とても良い内容だと思うからです。ですが、今回は私が錯覚したように、同じように思う方もいらっしゃるでしょう。どちらにしろ、三温糖を勧めるのはどうかと思いますが…まだ白砂糖の方が味覚はキツくなりますが、工程的には三温糖よりは手が加えられてないので…
それと、いきなり「お前」「バカ」?あなたが日々、ブログに書かれている人に対する意識とはかなりかけ離れていませんか?言葉一つで相手を傷つけたりします。「思いやる」意識はないようですね…。

投稿: mimi | 2011年1月15日 (土) 08時08分

タマティーさま、ご無沙汰しております。いつも、勉強させて頂いております。

化学調味料については、悪いとわかっていても、なかなか全てを避けるのって難しそうですよね。

私は、「だしの素」や「味の素」を使わないことは結婚当初から気をつけていますが、あとはダメですね。家の調味料などはほとんどわけのわからない化学調味料らしきカタカナの原材料が使われてます‥。お砂糖はきび砂糖です。毎年頂くので。野菜と味噌は全て自家製ですので、味噌汁だけは大丈夫なつもりですが。ファミレスの味噌汁は飲めません。

そうそう、タマティーさまに報告があります。第3子を妊娠致しました!!なおさら、化学調味料に気をつけなければいけませんね!実は今、ネスレ社のカフェインレスコーヒーを愛飲しております‥カフェインレスでも、よくない‥ですよね??

投稿: smile | 2011年1月15日 (土) 20時01分

ありがとうございますconfidentsign01主人は2店舗任される様になり、会社からは出世と言い渡された様です。忙しさが更に増して、内助の功がまた更に難しく(苦笑)なかなかまだまだな嫁なのでsweat02sweat02
お酒は程々になら良いのですね!!タマティ-様は千葉にお住まいなのですか?からっ風は身に染みそうですね身体が冷えそうsweat02そこで酒粕湯を考えつくタマティ-様はスゴイなぁと思います!!

ところで天日塩について質問させて下さい。

私は伯方の塩を使っているのですが、コレは大丈夫なのでしょうか?

オーストラリアとメキシコの混合みたいなのですがsweat02

前に質問した記憶がありコメント探したのですが見つからず

オーストラリアのお塩は確かあまり良くないという記憶が…

すみませんがご教授願いますconfident

投稿: リカ | 2011年1月16日 (日) 02時03分

 mimiさん、お前は俺に対して失礼なことをしたのが、まだ解らないのか!?angry

 大体、かめさんの質問に対して、俺が答えたのであって、それを第三者のmimiさんがとやかく言う筋合いはないじゃないか!?
 それに俺は白砂糖と三温糖の優劣を論じたのではなく、きび砂糖か甜菜糖かと問われた事に対して、きび砂糖を勧めただけのことだろうが!?
 これは読解力の問題であって、mimiさんに読解力がなければ、何を言っても無駄だよ。
 もしもmimiさんの言うように、三温糖で育ってきたかめさんい対して俺が三温糖の危険性を指摘したら、かめさんは気分を害して、俺のブログを見なくなるだろうが!?

 これはあ立場を変えてみれば解ることだよ。
 例えばmimiさんが、俺に対して「記事では黒砂糖がいいと言っていますが、私は甜菜糖を使っているのですが、どうでしょうか?」と訊かれれば、
 俺は「それなら甜菜糖でも構いませんよ。」と言うことだろう。甜菜糖は白砂糖でない以上、黒砂糖でなくても安全だからだ。
 しかしmimiさん方式で返答してしまうと、
 「甜菜糖は砂糖大根から作られるのですが、この砂糖大根は害虫に弱く、農家は大量に農薬を使うんですよ。しかも甜菜糖はきび砂糖よりも製法過程が複雑だから農薬が濃縮されてしまうんですよ。もっとちゃんと研究して下さいよ。」と答えることになるだろう。
 こんな返答されたら、、mimiさんだって気分を害してしまう筈だ。

 完璧な答えを求めてはならない。
 求めていいのは最善の答えだけだ。
 どんなものにも何かしらの欠点があるんだから、それを指摘して完璧な物を求めるのではなく、どうすれば生産性の高い結果を生み出すことができるかを考えることだ。
 mimiさんは既に甜菜糖を使用しているんだから、白砂糖や三温糖のことに顔を突っ込むべきではないんです。
 俺が記事の中で述べたのは、白砂糖は危険であるということと、砂糖を使うなら黒砂糖を使った方がいいってことです。
 俺は記事の中できび砂糖と甜菜糖の優劣を述べたことはないし、今後も述べるつもりもない。
 この両者は優劣をつけがたいからだ。

投稿: タマティー | 2011年1月16日 (日) 07時04分

 smileさん、妊娠おめでとうございます!happy01
 妊娠しているのなら、カフェインレスの珈琲はやめましょう。カフェインレスの方が逆に危険なんです。
 
 農家をやっていると、休息に自給自足になってしまいますよ。happy01
 タマティーのお婆ちゃんも加工食品に入っている食品添加物が気に入らないといって、加工食品は殆ど買いませんよ。
 米、麦、豆、野菜、果物、鶏、玉子は自家製できるので、後は肉と魚と調味料くらいを買う程度ですよ。
 だから非常に豊かで、百姓なのに豪邸が立ってますよ。
 夫が近衛兵だったので未だに軍人恩給が出るし、国民年金も出るから収入はたっぷりとあるのに、それなのにお金を余り使わないから、滅茶苦茶裕福ですよ。
 農家は生活して行く上で非常に有利ですよ。
 農家が貧乏になるのは政府に頼るからなんであって、政府に頼らず自助努力を重んじれば、自然と豊かに成って行きますよ、

  heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01
 

投稿: タマティー | 2011年1月16日 (日) 07時12分

 リカさん、旦那さんは実は仕事ができるんじゃないですか?happy01
 この不況下で2店舗任されるってことは、余程優秀じゃないと任されないですからね、

 伯方の塩は良いみたいです。
 しかしオーストラリア産だけの天日塩は、天日塩であっても塩化ナトリウム99%以上なので、事実上、化学塩となんら変わらないので駄目です。

 
  heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年1月16日 (日) 07時14分

砂糖について勉強が足りてないようですね!サトウキビが原料の砂糖は すべて身体にはマイナスですよ。
血糖値の上下が激しく すぐまた糖分をとりたくなり、その繰り返しで精神的にキレやすくなったり低血糖症が起こりやすい。   
熱帯の植物であるサトウキビは身体を冷やす作用がある。
それに比べ 砂糖大根が原料の てんさい糖は多糖類なのでゆっくり消化される分 血糖値の上下が緩慢で、寒冷地(北海道)でとれるてんさいは身体を温める作用がある。  
てんさい糖に多く含まれるオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなり 腸を元気にしてくれます。
てんさい糖に含まれるオリゴ糖(ラフィノ-ス)は免疫を上げる効果も…
砂糖は白砂糖も三温糖もきび砂糖も黒砂糖も サトウキビから、です。
身体のことを考えるのならば絶対に『てんさい糖』ですよ!

投稿: マリリン | 2011年12月13日 (火) 10時21分

子供の脳を壊してしまう危険な食べ物についての記事を読ませていただきました。
とても大切なことが書かれていると判断しましたので、お許しいただけますならば、フェイスブックの私自身のタイムラインにリンクを貼らせていただき、子育て真っ最中な友達に、この情報をシェアしたいと存知ます。
よろしいでしょうか。


また、玉の肌石鹸とミヨシ石鹸のリンクが壊れておりましたので、お知らせ申し上げます。

因みに、現在有効なリンクを検索してみましたところ、下記のURLになりました。
玉の肌石鹸 http://www.tamanohada.co.jp/
ミヨシ石鹸 http://www.miyoshisoap.com/

私は、合成界面活性剤が恐ろしくて、コールドプロセスという作り方で、石鹸を手作りしています。
家族全員、髪も顔も、とにかく全身、この自家製石鹸で洗っています。
最近では、歯磨き粉、食器洗剤、洗濯洗剤も、手作りしはじめました。

ただ、石鹸を手作りするようになって気づいたことですが、自家製石鹸を無資格でネット販売している人が本当に多く、残念に思っています。
実は、私に石鹸作りを手ほどきしてくれた人も、無許可は悪いことだと重々承知しながら、薬事法に違反する宣伝文句を使い、ネットで高価に販売しております。
友人関係が壊れてしまうのを恐れて黙認している私も、ある意味では同罪かもしれませんが、どう話して、止めさせたら良いものか、わかりません。
大切な家族を有害物質から守るためだけに留めておけば良いものを... と心から残念に感じます。

本題に戻りますが、リンクのシェアについて、ご許可いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: hate_to_be_illegal | 2013年10月14日 (月) 09時28分

hate_to_be_illegalさん、有難うございます。happy01good
たまには記事以外の場所も整備しなければなりませんな~。(汗)

その件に関して、タマティーは許可します。
hate_to_be_illegalさんは目的がしっかりしていますので。

子供に白砂糖を食べさせないと、本当に歯が丈夫になるし、頭も良くなります。
結構恐ろしいのが化学調味料で、加工食品の中には化学調味料が入っているので、加工食品を複数食べた場合、大量の化学調味料を摂取することになってしまうんです。

石鹸販売の件もそうだけど、無知ってのは悲惨な結果を引き起こすものですよ。

投稿: タマティー | 2013年10月14日 (月) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38428594

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の脳を破壊してしまう危険な食べ物:

« 買い物ダイエット | トップページ | 厄年の乗り切り方 »