« 洗濯の仕方を改善すると新たな時間を生みだすことができる | トップページ | 女性が結婚運を上げる「秘密の動作」 »

下着は消耗品と思え

●下着の寿命は3年である

 洗濯をしていると、駄目になっている下着に気付くものだ。特に子供の靴下の消耗度が激しく、なぜだか爪先の部分に穴が空いていたりするのだ。理由は簡単でそれだけ子供が動き回っているということなのである。子供は動き回ることで足腰を鍛えているから、当然に靴下が傷んでしまうのである。

 次に夫の下着類であって、洗濯をし続けるとかなりの頻度で傷んで来る。理由は簡単でそれだけ夫は仕事で体を動かしているからなのである。仕事のできる男性ほど運動量も多く成って来るから、シャツやパンツや靴下のどこかが傷んで来るのである。肉体労働をしているのなら、上着も充分に汚れるものなのであって、その都度、洗濯をする必要性があるのだ。

 「下着の寿命は3年である」と言われている。下着は基本的に綿製品であるのだが、この綿自体が3年間も使い続けると痩せ細ってしまい下着の機能を低下させてしまうのだ。夏は汗を吸い取らないし、冬は体を温めないという恐ろしい下着に変わって行ってしまうのである。、

 妻としては下着が未来永劫続くものだと考えるのではなく、「子供は下着を破壊する」と思っておいた方がいい。下着を壊す子供ほど健康に育っているという証拠なのである。仕事ができる男性は穴の空いた靴下など絶対に穿いていないものだ。だから夫の靴下で穴が空いているのを見つけたら、すぐに処分してしまえばいいのである。

 女性の下着は結構長持ちするので、その基準で以て夫や子供たちの下着を比較してしまったら、夫や子供たちに小言を言うようになってしまい、家庭内がギスギスして来るなのである。子供たちには子供たちなりの成長速度がある訳だし、夫には夫なりの事情ってものがあるのである。それを充分に考慮してあげればこの作業は苦痛ではなく、逆に喜びに変わるものなのである。

●下着が壊れたら雑巾に使うべし

 確かに主婦が裁縫を施せば、その下着は多少持つかもしれない。例えば穴の空いた靴下なら、その穴を糸で塞いでしまえばいいのだ。しかしそれは使用を開始してから3年以内と制限を付けるべきであって、使用してから3年以上経てばそういう作業はやらない方がいいのだ。もう綿自体が痩せ細っているので、それ以上使い続けても靴下としての機能を大いに低下させてしまうからなのである。

 下着が壊れたのなら、そのまま捨てるようなことはしないことだ。下着が壊れたのなら雑巾行きなのである。こうすれば雑巾として再利用でき、掃除に於いては結構重宝することになるのである。例えば靴下などはそこに手を突っ込んで掃除をしていけばいいのだ。靴下の形が丁度いいために、普通の雑巾よりも使い勝手がよく、掃除をし終われば、そのぱぱゴミ箱へポイでいいのである。

 Tシャツなどはハサミで適度な大きさに切ってしまい、ストックしておくことだ。小さな布切れがあると生活していく上で非常に便利で何かと重宝するものなのである。例えば天ぷらを揚げた場合、油が飛び散ったりするものであるが、その際に小さな布切れを使って拭いてしまえば、簡単に掃除ができてしまうものなのである。

 本物の雑巾を水に漬けて、それを絞って使うとなれば、非常に大掛かりになってしまう。しかし小さな布切れがあれば、汚れが発生した場合、すぐさま処理できるので、それで掃除が完了してしまうのだ。汚れが発生したのに、それを後でやろうとするからこそ億劫になってしまうのであり、常に日頃から小さな布切れを用意しておけば、すぐに対応できるようになるのだ。

 主婦の中には汚れが発生すると、ティッシュペーパーやウェットティッシュやキッチンペーパーをすぐ使ってしまう人がいるものであるが、こういうことをやっていると結構お金がかかるものなのである。それら自体は非常に安い値段かもしれないが、それらを使う女性たちはその使用頻度が異常に高いのである。だから生活費が高騰してしまうことになるのだ。

●下着の出費は無駄ではない

 下着を3年おきに買い替えて行くとなると、家計を預かる主婦としては、無駄な出費ではないかと思ってしまうものだ。多少、穴が空いていても、我慢して使えばいいのではないかと思ってしまう。確かにそれを遣らせようとすればできるものである。しかしその代償は至る所で結構高くつくのだ。

 まず「家庭が貧乏くさくなる」ということである。子供たちが穴の空いた靴下を穿いていたり、夫がヨレヨレのTシャツを着ていれば、どう考えも貧乏な生活をしているようにしか思えなくなってしまう。事実、そうであろう。見た目というのは結構大事なものなのであって、下着には充分お金を回しておくべきなのである。

 第二に「風邪をひき易くなる」ということである。使用開始してから3年を過ぎた下着類は綿自体が痩せ細っているので、汗の吸い取る力が弱くなっているし、保温効果も弱くなっている。そのためにそのような下着を使っていると、すぐに咳き込んだり、鼻水を垂らし始め、最終的には寝込んでしまうようになるのだ。3年おきに下着を買い替えることで、風邪をひく確率が下がるということは、病気の予防として覚えておいた方がいいのだ。

 第三に「不要なストレスを与えてしまう」ということである。人間は同じ服装を着続けていると、精神的に不要なストレスを受けてしまうという不思議な習性がある。時折、治安を維持する筈の警察官が犯罪を起こすものだが、これは同じ服装をし続けたために、自分に過剰なストレスを与えてしまったのであり、それが犯罪となって爆発してしまったのである。。子供たちもこれと同じで、いつも同じ下着を延々と着続けていると、その内、母親に反抗的になり、母親の言うことを聞かなくなってしまうようになるのだ。

 下着というのは決して高価なものなのではない。寧ろ安価なものだ。だったらきちんと出費しておくべきなのである。不要な物をケチるのは別に構わないが、必要な出費をケチるのは絶対によした方がいいのである。こういうことは一家の中心にいる母親が行うものであり、自分の配慮が夫や子供たちの下着の姿となって現れて来るものなのである。

●洗濯の際に廃棄して行く

 だから洗濯をボサ~ッとやらないことだ。洗濯はテキパキと行い、下着などをチェックし、駄目な下着は廃棄して行くべきなのである。夫の靴下が駄目になっているのに、そのまま使わしてたら、絶対に給料など上がる訳がないのだ。夫が仕事で成功して行くためには、妻が夫の下着に充分に気を配っておくべきなのである。

 独身男性がなかなか仕事で成功できないのも、こういう所に配慮が行かないからなのである。ところが男性が結婚すると妻が配慮してくれるようになるなら、途端に仕事が巧く行き出すようになるのである。夫の給料の少なさを嘆く主婦たちは多いものだ。しかしその者たちが夫の給料を上げるために何か努力をした訳ではないのだ。何もしないからこそ、夫の給料は上がらないのである。

 子供を育てていれば、子供は必ず衣服を破壊して来るので、衣服のほつれは洗濯時にチェックし、すぐさま処理してしまうことだ。こんな些細な作業は後でやろうとしてもできるものではないのだ。洗濯物を仕舞う時についでに処理してしまい、それでその作業を完了させれば、もうそれで終わりなのである。

 また子供が頻繁に病気をするようであるなら、薄い下着を着ているからと看做した方がいい。そういう場合は厚手のTシャツを買って着て、それを子供に着させて、子供を外で遊ばせるようにすることだ。こうすると冬でも汗をかけるようになり、余分な水分が排出されて体が温まり、病気しにくい体になるものなのである。

 そして何より主婦自身の下着にも充分に配慮しておくべきなのである。33歳が女性ホルモンのピーク時であり、その後、高濃度の女性ホルモンが分泌され続けるので、その副作用で体が冷えることになるのだ。だから若い女性が着るような薄い下着を身に付けるのではなく、保温を最重要視した厚手の下着を身に付けるようにすべきなのである。子供を育てている以上、母親は病気などしていられないものなのである。それゆえこの手の出費も必要な出費なのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 洗濯の仕方を改善すると新たな時間を生みだすことができる | トップページ | 女性が結婚運を上げる「秘密の動作」 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38774358

この記事へのトラックバック一覧です: 下着は消耗品と思え:

« 洗濯の仕方を改善すると新たな時間を生みだすことができる | トップページ | 女性が結婚運を上げる「秘密の動作」 »