« 家族で断食 ~金持ちになりたいのなら、断食をせよ~ | トップページ | 親戚巡りの大切さ »

たまの外食はリッチに行くべし

●外食は妻を休息させるために必要である

 女性は妊娠すると途端に外食に行かなくなる。妊娠のために母性本能が活発になるために、胎児に危険になる食事を避け、胎児にとって安全な食事を取ろうとし出すのだ。しかも育児のために巣作りが必要となり、今まで外に出歩いていた女性であっても、妊娠すれば自宅に閉じ籠ろうとするのである。

 赤ちゃんが生まれれば今度は母乳に充分な栄養を与えようとするので、余計に外食には行かなくなる。出産すれば、母乳は食べ物によって左右されるというのが痛いほど解るので、野菜中心の食生活に大いに切り替わって行くものなのである。しかも母乳が終われば今度は離乳食になるので、これまた母親にとっては大変な時期を迎えるのである。

 出産してから外食を再開するまで、相当な期間があるものなのである。育児をしている母親が外食をするようになるというのは、育児がひと段落したという証でもあるのだ。育児がひと段落ついていないのに、外食にのこのこ出掛けるような母親は、育児に対して真剣に取り組んでいないものなのである。

 独身時代なら外食は「美味い」か「不味い」か、「安い」か「高い」かだけ判断して来るものである。しかし結婚して赤ちゃんが生まれて来ると、外食というのは家族として非常に大事な行事の1つに加わって来るものなのである。妻としては調理から解放されるし、夫としては家族サービスだし、子供たちにとっては社会を知る絶好の機会なのである。

 月に1度は家族で外食に行った方がいい。確かに外食は金がかかるが、いつも自宅で食事をしていれば、肝腎の妻が勤続疲労を引き起こしてしまい、調理の腕が劣化して来るものなのである。それに外食に行くことで、妻を休ませる必要性があるので、これをやらないと妻は食事を作るのに疲れ切ってしまうものなのである。

 夫婦愛を強める秘訣に色んなことがあるかもしれないけど、月に1度家族で外食をするというのは、実に簡単に実行できるのに、各自に効果がある優れた行為なのである。結婚してもいつまでも仲がいい夫婦は大抵外食の重要性が解っているので、これを欠かさないからこそ、夫婦仲を維持し発展させて行けるのである。

●外食では下手にケチらない

 たまに家族で外食をするというのに、ファストフードやファミレスではどう仕様もない。考えて欲しいのは、家族で外食にはそう頻繁には行かないものなのである。健全な家庭を築こうとすれば、自宅で食事をするのが基本となるのだ。その上でたまに外食に出かける以上、外食はリッチにやっても別に構わないのである。

 外食は下手にケチらず、たまの外食だからこそ、ちゃんとした「レストラン」にでも行くようにすることだ。ちゃんとしたレストランというのは、外観がしっかりとしているものだし、食事の質も量も過不足がないし、しかも子供を連れて行けば、子供にきちんと配慮してくれるものだ。少なくとも、子供を邪険に扱うようなレストランはまともな食事を作れないものなのである。

 子供の食欲が旺盛なら、「バイキング」に行くべきなのである。バイキングに行けば食べ放題なのだから、がっつりと食べるものだ。そこで人間はそんなに食べられないことを教えることも親として大事なことなのだ。いつもは腹八分で飯を食っているのだが、外食で満腹を味あわせば、自分がどれだけ食べられるのか解るようになり、日々の生活でそれほど大食いにならないものなのである。

 家計が苦しいと、ラーメン屋で外食を済ませてしまう家族も出て来るものである。そういう夫婦に一言言っておくと、ラーメン屋に行く場合は、レベルの高いラーメン屋に行くことだ。値段が安いという理由でラーメン屋に行かないことだ。ラーメンは味や麺や具材がバリエーションに富むので、探せば非常に美味しいラーメン屋を見つけることができるものなのである。

 外食にはお金がかかるのだが、ではどうやってその資金を調達すればいいのかというと、それは日々の生活の中から生み出して行くしかないのだ。日々の生活を質素にしておけば、月に1度、外食に行けるだけの費用を調達できるものなのである。月に1度、外食に行かないと、家計を切り詰めるだけになってしまい、逆に家計が苦しくなって来るものなのである。

●夫は全てを知っている訳ではない

 家族で外食に行く時、大抵、夫は「どこに行きたい?」と妻に訊いて来るものだ。その時、妻は「どこでもいい」とは答えないことだ。「どこでもいい」では答えになっていないのだ。夫は仕事をしまくっている以上、自宅の近所で美味しい食事処があるなどと知らないものだ。夫は知らないからこそ妻に訊いているのである。

 妻として最善の答えは、自分が食べたい食事処を指定すればいいのである。そうやって指定すると、夫はその食事処に連れて行ってくれるのである。これほど単純なものもないと思うのだが、妻がきちんと答えないとそこに辿りつけないのである。素直でない女性はこういう所で大損し続けるものなのである。

 妻だってどこが美味しい店なのか知らないものだ。だから育児をしている間に自分で調べてしまうべきなのである。自分が散歩している間に見つけたり、ママ友から情報を仕入れたり、雑誌やテレビを見て美味しいレストランを探したりすればいいのである。日々の生活で何気なく情報収集をしているからこそ、突然に夫に聞かれた時、きちんと答えることができるのである。

 食べ物には旬があるのだから、季節料理を頼んでみるのもいいのだ。例えば秋ならボタン鍋だし、冬ならスッポン料理やアンコウ料理とかである。春になれば山菜料理である。そういうのを夫婦の会話で「私、食べてみたないな~」と言っておくと、夫はその場では否定しても、ちゃんと記憶しておいて、いずれ休日の日に家族で外出し、その料理を食べさせてくれるのである。

 ケチケチに徹している人が豊かになれないのは、こういうことを言わないからなのである。日々の生活では幾らケチに徹しても構わない。しかしそれだけhで豊かになることはできないのだ。きちんとケチをするために、それと正反対の浪費をたまにするべきなのである。この浪費は決して単なる浪費ではないのだ。この浪費をすることによって家族が大いに刺激され、新たなエネルギーを生み出す大事な浪費なのである。

●幼い時に美味を味あわせておく

 子供を健全に育てて行くためには、外食というのは貴重な教育の場となる。というのは「舌は三代」と言われ、人間の味覚は三代でまともなものになるのである。特に子供の頃に美味しい料理を食べさせておくことは非常に大事なことで、幼い内に美味しい料理はどのようなものかを教えておくべきなのである。

 自宅での食事ばかりしていては、舌は劣化するものなのである。確かに母親が作る料理は美味しいものかもしれない。しかしその味は母親の好みに限定されてしまい、子供の味覚を発展させて行くことには限界があるのだ。かといっていつも外食ばかりでは味覚の基本ができあがることはない。だからたまに外食に行くべきなのである。

 子供に美味しい料理を食べさせるのは「贅沢である!」という意見も存在する。だが、子供の内に美味しいい料理を味あわせておかないと、子供は何が本物の料理なのかが解らなくなってしまうのだ。大きくなってジャンクフードに嵌ってしまうような人は、子供の頃にきちんとした外食をした経験がないからこそ、ジャンクフードに嵌ってしまうのである。

 更には外食に行けばマナーが要求され、子供であったとしてもそのマナーを守り出すようになるものだ。自宅では母親に対して我儘放題であっても、外に出てそんなことをすれば恥ずかしいことだということが解るので、マナーを守り出すようになるのだ。そうやって経験を積ましておくと、自宅でもマナーを守るようになるのだ。

 不況だから外食を控えようという意見もある。確かにその意見は正論であろう。しかしそれで豊かになれる訳ではないのだ。その意見は貧乏を食い止めることには有効な意見にしかすぎないのだ。豊かになりたいのなら、不況だからこそ外食に出かけるべきなのである。外食で刺激を受けることで家族に変化が起こり、豊かに成って行くものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 家族で断食 ~金持ちになりたいのなら、断食をせよ~ | トップページ | 親戚巡りの大切さ »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、お久しぶりです。
過去ブログなども拝見し、食事の重要性について(不妊克服含め)色々と参考にさせて頂いてます。 体を冷やさない(温める)・食品添加物はなるべく避ける…を始め、気持ちの面でも『変わろう』と気をつけてます。タマティーさんのアドバイスに従い始めて一カ月くらい。成果が出るにはちょっと早いかな…?と思うけど、ついに陽性反応がありました!今回もお互いに離婚決意するケンカをしてました。生理がきたら離婚、こなければ添い遂げろ!と言う神様からのメッセージだと自分の中で信じてました。だから後者を選択したのに…
ところが昨日、受診前に出血が始まり生理がきてしまいました(涙)
この世にはやはり神も仏もないのかな…どんなに必死に救いを求めてもお願いしても聞いてもらえない。要らない人は簡単に授かるのに(怒)
そんな訳で途方に暮れてます。ショックです…受精卵が育たなかった『化学流産』のようです。
42歳と言う超高齢でも妊娠する可能性が見えたのは良しとすべきでしょうが、不安でたまりません。子供欲しいです(涙)

投稿: はぐまろ | 2011年2月 1日 (火) 12時39分

 はぐまろさん、不妊治療をやっている最中に夫婦喧嘩をするなって!
 折角、受精卵が子宮に着床したのに、ながれちゃったじゃん、

 まずそのネガティブモードをなんとかせい!
 そういう性格でいるから旦那さんが怒っちゃうんじゃないかな。
 コメントでこれだけドンヨリしているのなら、家庭の中でもこれの100倍くらいドンヨリしている筈ですよ。
 今回の一件でも生活改善したら受精卵が子宮に着床できたというくらにポジティブな考えを持とうよ。
 次は夫婦喧嘩さえしなければ、もっと先に行ける筈だよ。

 冬は寒いので体が結構ビタミンを食うみたいです。
 だからしっかりと果物と野菜を食べておいた方がいいです。
 リンゴ人参ジュースに具沢山の味噌汁とか、そうやって果物と野菜を多く取るようにすればいいんです。

 それと年齢のことがそんなに気にかかるのなら、「万田酵素」がお勧めですよ。
 高齢出産になるとダウン症の危険性が出て来るので、それを防ぐためには万田酵素を毎日飲んで、胎児に遺伝子異常が起こらないよう配慮しておいた方がいいです。
 因みに万田酵素を飲み、果物と野菜をしっかりと食べていると、ほぼ確実に安産になるので、非常に有難いんですよ。

 落ち込んでいる暇があるなら、薬局に行って万田酵素を購入して来るべし!


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年2月 1日 (火) 18時22分

タマティーさん、今日病院へ行ってきました。先生に『赤ちゃんの嚢が見えたかも』って言われ、検査したものの…まだ妊娠反応出てるが数値が低くダメでしょう、残念だけど初期流産だねって言われました。
旦那とは不仲と思ってたけど、何だか今回の事がきっかけで深いところで近づいた気がしました。何となくスタートに立ったような感じ。タマティーさんのお陰です!早く家族になりたいなぁ。
ところで、万田酵素ってどのタイプがオススメですか?最近は落花生の煮豆(愛知の三河で食べます?)やおからの炒り煮、酒粕の甘酒よく作ってます。
色々教えて頂きたい事ありますので、都度コメント利用させて頂きます。どこぞでタマティーさんに遭遇できないものか…と望むのですが(笑)

投稿: はぐまろ | 2011年2月 2日 (水) 21時29分

 はぐまろさん、行動が遅い!
 万田酵素は薬局で自分が気に行った物を買えばいいんです。
 女の直感を信じるべし!
 女の直感を使わないから、至る所で躓いているんですよ。

 夫婦喧嘩をする度に仲良くなろうとしていたら、本当に仲良くなるまで100万年かかりますよ。
 夫婦仲が良くなりたければ、夫婦で一緒にお風呂に入るべし。
 夫婦で体を洗いあったり、話し合ったりしていれば、仲良くなるってもんです。

 それでは妊娠できるように、LOVE注入!


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2011年2月 3日 (木) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38653293

この記事へのトラックバック一覧です: たまの外食はリッチに行くべし:

« 家族で断食 ~金持ちになりたいのなら、断食をせよ~ | トップページ | 親戚巡りの大切さ »