« 出産後は服装の好みが変わるもの | トップページ | ブランド品と既製品ではどっちがお得? »

定価で買うのと、バーゲンで買うのは、どっちがお得?

●バーゲンは「安物買いの銭失い」の典型例

 母親たちは育児中に服装の好みが変わるものなのであるが、育児中は働いていないために、可能な限り少ない費用しか服装代に回せないものだ。そのためバーゲンで服を買うという手段を取るようになってしまう。確かにバーゲンで安く品物が売られているが、ではそれは本当に正しい選択なのであろうか?

 結論から言ってしまうと、「バーゲンで服を買うと損をする」ということになるである。

 「エ~ッ」というかもしれないが、これは事実なのである。なんでこうなってしまうのかというと、バーゲンで服を買う時、感性が優位になりすぎているからなのである。感性が優位になりすぎているために、合理的な判断ができず粗悪な物でも平気で買ってしまうことになるのだ。

 だからバーゲンで服を買っても、その当日は服を着てみることになるが、その後結局、その服を着なくなってしまうのである。感情のままに服を買ってしまったために、本当に自分が欲しかった服だとは限らないのである。大方、自分の好みでない服を衝動買いしているだけなのである。

 食料品であるなら、バーゲンといっても、先にチラシを見て、買うべき物を決めてからいくので、会場に行けば感性が優位になるが、会場に行く前は充分に理性的になっているので、自分の欲しい物をちゃんと買えるのだ。ただバーゲン会場に行けばその場の勢いに押されて、余計に商品を買ってしまうことになるのだが。

 主婦としては食料品のバーゲンと洋服のバーゲンは違うものだということを知っておくことだ。これを理解しないと育児中というにも拘わらず、洋服に関して余計な出費を強いられることになるからだ。育児のために出費が嵩んでいるというのに、母親の服装代の出費まで嵩んでしまえば、誰がどうやっても家計が巧く行かなくなるのだ。

●なぜ定価だと得をするのか?

 バーゲンで洋服を買うのが損をするというのなら、では一体どうすればいいのか?

 定価で買えばいいのである。

 定価で洋服を買う場合、主婦としては理性が優位になっているので、理性の力を使って合理的な判断をすることができ、自分が本当に欲しい洋服を買うことができるようになるからなのである。そういう服は買ってみると確実に自分が着続けられる服であり、長期間に亘って重宝し続けることになるのである。

 洋服は見ているだけではそれが本当に自分に合うのか解らない。それゆえ試着するということが必要になってくるのだ。実際に着てみて駄目な服と言うのは多々あるものなので、試着せずに服を買うのは非常にリスクが高くなってしまうのである。1着の服を買うのに時間をかけるからこそ、自分に合った服を買うことができるのである。

 育児中の母親にしてみれば、乳幼児がいる以上、子供を連れて服を買うわけにはいかないのだ。子供がお店で何をしでかすか解らないので、洋服を冷静になって選ぶことなどできないものだ。だから服を買う時は、子供を夫を預けるなり、自分の両親や夫の両親に預けるなりして、意図的に時間を作り出して買いに行くべきなのである。

 若い時のように暇があって、その暇潰しにために服を買いに行くなどということはもうできないのだ。だから「情報」というものが大切になってくるのだ。育児中でもファッション誌をよく読むとか、ママ友同士で情報交換するとか、定期的にお店を見回りに行き、外からいい品物を物色するのである。そうやって情報を多く持っているからこそ、現場に行けばすぐさま自分が欲しい物を買うことができるのである。

 主婦の中には「収入が少ないので、とてもではないが定価では買えない」という女性たちが出て来るものである。だから夫の稼ぎがよくなるようにバックアップすべきなのである。夫に対して常日頃から不平不満を言っているからこそ、夫の稼ぎが悪いのであって、夫の収入を良くするために自分でできることをすべきなのである。自分日頃の行いの悪さが、定価で自分の欲しい物が買えないという事態を招いてしまうのである。

●バーゲンの効用

 ところが理論的にはバーゲンで買うよりも定価で買う方が得なのであるが、実際にやってみるとそうは行かない場合も出て来る。バーゲンでは女性たちの感性が爆発して来るので、ストレスが発散してしまい、女性脳が大いに満足してしまうのである。女性にとっては時には感性を爆発させることも必要なのである。

 それに友達同士でバーゲンに行けば、その友達の勧めによって必ずしも自分の欲しい物ではないが、かといってj悪い物ではない物を買う羽目になる。こういうことは自分の好みの広がりを行わせることになるので、決して悪いことではないのである。寧ろ理性的に服を買い続けてしまい、自分の好みが非常に限定される方が問題なのである。

 それと服の中にはバーゲンで買った方が特になる商品も存在する。例えば「毛皮」とか「皮製品」である。日本は冬が短いために、業者の方は秋や冬には値段を高くするが、当然に売れ残ってしまうために、冬の終わり頃から春にかけてバーゲンを行い、在庫を一掃しようとするのである。毛皮や革製品は流行が余りないために、バーゲンで買ってもそれほど粗悪な物を購入しないのである。

 もしもバーゲンを効果的に利用したいのなら、掘り出し物を狙って購入することだ。定期的にそのお店を見回っておき、自分が欲しい服をチェックしておき、バーゲンになったらその服を購入すればいいのだ。バーゲンだからといって行き成りそのお店に行くからこそ損をしてしまうのであって、充分に情報を収集していれば、バーゲンといえども巧く活用することはできるのである。

 但しバーゲンで最も危険なのは、値段の安さに釣られて購入してしまうことだ。バーゲンなら値段が安いのは当たり前なのであって、だからこそその服をちゃんと見るべきなのである。幾ら値段が安いからといって、自分に合わない服を買っても、どうせ着ないものなのである。

●自分のライフスタイルが確立されると必要な物だけしか買わなくなる

 はっきりと言っておくと、閉店せール以外では、バーゲンをやってもその店は必ず儲かるようになっているのだ。洋服は流行の変動が激しいので、在庫を持つことこそが一番危険なのであって、とにかく在庫を処分してしまえば、確実に利益を上げることができる業界なのである。

 だから「バーゲンはお店の都合」なのである。決して自分の都合で服を買っているわけではないのである。確かに定価で服を買うのは高い出費を強いられることになる。しかし定価で買うのは自分の都合なのであって、的確に自分の欲しい物だけを買えることができるのである。

 ではどうすれば自分の欲しい物だけを買えるようになれるのかというと、それは自分のライフスタイルを確立してしまうことだ。自分のライフスタイルが確立されていれば、自分にとって必要な物しか買わなくなるから、バーゲンに惑わされることがなくなり、逆に出費を抑えることができるようになるのである。

 逆に言ってしまえば、自分のライフスタイルが確立されていないからこそ、バーゲンに惑わされてしまい、値段が安いからといって大量に洋服を買ってきてしまうのである。そのくせバーゲンで買った洋服を着ないのだから、実はバーゲンのために大損しているということなのである。

 「定価で洋服を買えるのはお金持ちのすることでしょ」と言って来る既婚女性もいることであろう。しかしライフスタイルを確立するのに「年収の多寡」は関係ないのだ。金持ちであろうが、貧乏人であろうがライフスタイルの重要性は変わらないのである。自分にライフスタイルがしっかりと確立されていれば、自分が欲しい物というのは非常に限られて来るものなのである。

 そういう生活をしているからこそ、年収に関係なく、非常に豊かな暮らしを営むことができるようになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 出産後は服装の好みが変わるもの | トップページ | ブランド品と既製品ではどっちがお得? »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/38954768

この記事へのトラックバック一覧です: 定価で買うのと、バーゲンで買うのは、どっちがお得?:

« 出産後は服装の好みが変わるもの | トップページ | ブランド品と既製品ではどっちがお得? »