« 東日本大地震の前兆現象があったのに、完璧に見過ごしてしまった | トップページ | 「東京電力は危機管理がなっていない!」は言い過ぎ »

菅直人首相の間違った行動が大地震の被害を拡大させた!

●首相は動くな、現場責任者は動きまくれ

 コメントを寄せてくれて、本当に有難うございます!

 感謝感謝ですよ。

 しかい遂に輪番停電が始まってしまうので、このブログ自体が危うくなってきました。

 この輪番停電を引き起こした張本人は、なんといっても菅直人首相ですよ。菅直人首相が大地震発生直後に福島第一原発の視察に行ったからこそ、あの原発で爆発が起きたんだ。なんであの視察が逆効果になってしまったのかというと、首相が視察に来たために、現場責任者は首相への対応に追われてしまい、肝腎の緊急事態への対応に遅れてしまったのだ。

 しかも現場は今回の大地震の被害が相当に大きかったらしく、予備のモーターまで使えなくなるほどの損壊を受けてしたので、現場責任者としては非常用に用意していた手段が駄目になり、他の手段を模索中という状態だったのである。こういう場合、現場は大混乱しているものなのであって、現場責任者の独裁でしか乗り切ることはできないのである。

 そこにのこのこと現れたのが菅直人首相ですよ。

 菅直人首相は視察で来ている以上、のほほ~んとした気分なので、現場の緊張感が張りつめた空気が一瞬にして消え去ってしまった筈ですよ。だからその後、福島第一原発で起こった出来事は、全て裏目裏目の連続で、最後には立て屋がドカ~ンと大爆発ですよ。原子炉自体で爆発しなかったのが幸運なくらいで、あんな爆発があったのに被爆した人たちが異様に少ないのは、逆にラッキーなことなんですよ。

 首相は首相官邸で命令を下していればいい。

 「なぜなら首相官邸に重要な情報が全て集まって来るからです。」

 それゆえ下手に現場に視察に行ってしまうと、首相自体の判断が狂ってしまうんです。現場責任者は現場に居て情報を把握していても、それは常に現場にいるから現場の異常を見ても的確に判断できるのですが、首相のように日頃は現場に来ていない人物が現場を見ても、何も解らないんです。

 それにその後の菅直人首相の物の言い方が非常におかしい。

 菅直人首相が言うには、

 「防衛大臣にお願をした」

 お前が自衛隊の最高総司令官じゃ! この非常時では「命令した」というべきであって、「お願」なんて言葉を使うべきではないのだ。防衛大臣から情報が届けられ次第、矢継ぎ早に命令を下して行くべきであって、それが「リーダーシップ」なので、最高総司令官が迷ってしまうと、現場の自衛隊員たちは身動きが取れなくなってしまうのである。

●絶対にやってはならない逐次投入

 今回の東日本大地震では恐らく万単位の死者が出て来ることであろうけど、これは建て物の倒壊や、猛スピードで押し寄せた津波だけが原因じゃない。菅直人首相が首相としては絶対にやってはならない逐次投入をやったからなのである。逐次投入をやったからこそ、救出できる筈の人たちが死んで行ったのである。

 最初、菅直人首相は自衛隊の兵力を「2万人」しか動かさなかった。その後に「5万人」に増やし、更にまた「10万人」に増やすという決定をした。問題はこの「2万人」という数である。この数字を見れば、激甚災害が発生しているというのに、如何に首相は激甚災害だとは思っていなかったかが解る。

 というのは軍隊では2万人という兵力を動かしても、実際に救出活動に当たる兵力はその30%、つまり「6千人」しかいないのである。残りの70%はその救出部隊を支援する部隊なのである。その6千人を福島県、宮城県、岩手県の3件に均等に分けた場合、1つの県につき、2千人の兵力しか投入していないのである。2千人の兵力ですよ。あれだけの被害を受けた場所で、2千人の兵力で一体何をすればいいというねん。

 だからこそ、救出活動に当たって自衛隊員の中から行方不明者が出てしまい、二次災害を引き起こしてしまったのである。 

 こういう時は、最初に動員できる兵力を最大限動員して、一気にドカ~ンと投入するべきだったのである。そして手元に「総予備」としての兵力を残しておき、重要と思われる箇所に投入するべきだったのである。今回の場合では福島県の原発で住民を退避させなければならなかったので、総予備はそこで使うべきだったのである。

 総予備という発想がなかったために、福島県の原発への対応に自衛隊の兵力が大きく割かれてしまい、そのために岩手県などでは決定的に自衛隊の兵力が不足し、大地震から2日経っても被害を受けた場所に辿りつけないという事態に陥ってしまったのだ。首相が最初の兵力を出し渋り、しかも逐次投入と言う形で散発的に兵力を投入してしまったからこそ、余計に被害が激増してしまったのである。

 ではなんで菅直人首相はこんな愚かな選択を取ったのかというと、それは最初のヘリコプターの視察が原因なのである。ヘリで現場に行くよりも、首相官邸で防衛大臣に「現在動員できる最大の兵力は幾らか?」と訊いて、その兵力をそのまま投入すれば良かったのである。首相の判断ミスが被害を甚大なものにさせてしまったのである。

●報道の仕方

 今回の大地震は阪神淡路大震災とは比較にならないくらいに政府の報道が重要になった。というのは原発が爆発するという最悪の自体を迎えたために、政府が報道をきちんと行わないと、国民は余計に混乱してしまうからだ。情報が少ないと、疑心暗鬼になってしまい、碌でもない行動を取る連中が続出して来るのである。

 とはいいつつも、首相が常に報道する必要性はない。「首相」「官房長官」「報道官」の三者が連携して行わばいいのだ。日本政府は報道官という者を持たないために、首相や官房長官に負担がかかりすぎてしまい、それが記者会見の数の少なさに直結してしまったのである。

 マスコミは情報不足こそ最も困る。だから政府には矢継ぎ早に情報を出してほしいのである。しかもマスコミは既にカメラで原発が爆発しているのを撮影しており、それなのに政府の会見がその3時間後というのでは、話にならないのである。この爆発がただ単に立て屋の爆発なのか、それとも原子炉の爆発なのか、政府の説明を聞くまではマスコミだって解らないからだ。

 非常時では記者たちの質問は禁止すべきである。その代わり、質問しなくてもいいように説明を充分に行うべきなのである。今回の大地震で菅直人首相が良かった唯一の点が、記者たちの質問を禁止したことなのである。この方が首相のメッセージがダイレクトに伝わるので、国民にとってはこの方がいいのだ。共同通信社の記者は「なぜ首相は質疑応答に応じないのですか?」と言っていたが、如何に記者たちの平和ボケしているかが解る。

 ただ質問を禁止する以上、その演説内容を濃くしなければならないのだ。そのために無意味枕詞や、無意味繋ぎ言葉を削減して行くべきなのである。無意味枕詞とは文章の冒頭につける「え~」という言葉であり、無意味繋ぎ言葉とは文章の途中に「の~」と伸ばす言葉である。これらの無意味言葉が多いと、演説の内容が希薄化してしまうのである。無意味言葉を削減して行くと、非常に濃い内容の演説ができるのである。

 しかしこれを行うためには訓練を受けなければならないのだ。演説の教育者から教育を受け、無意味言葉を削減して行き、内容の濃い演説ができるようにする努力が必要なのである。この無意味言葉は誰でも使ってしまうのであり、人為的に教育を受けない限り、絶対に治すことはできないのだ。日頃から国会答弁や首相方針演説が酷過ぎるからこそ、いざという時に内容の濃い演説ができないのである。

●イデオロギーに騙されると、死傷者は激増する

 イデオロギーに騙されてしまうと、死傷者は激増するものなのである。菅直人首相は最初、市川房江の政治運動に参加し、市民派の政治家として台頭してきたが、その分、政治の本流を歩いてこなかったために、様々な間違ったイデオロギーの影響を受け続けてしまったのだ。今回、そのイデオロギーの洗脳のツケが一気に出て来てしまったのである。

①非武装平和主義

 まずは菅直人首相の非武装平和主義だ。非常時で役に立つのはやっぱり軍隊なのである。日頃から自衛隊の存在を否定し、軍隊さえなければ平和がやってくると思っていたがために、いざとなって軍隊を使いこなすことができず、絶対にやってはならない逐次投入をやってしまったのだ。

②民主主義

 菅直人首相は民主主義こそ絶対に正しいと思って生きて来たことだろう。だからこそ民主党を結成し、民主党政権を実現した訳である。しかしその民主主義のために碌でもない政治家たちが政府の重要な役職を占めてしまい、自分は首相になっても大したことができないのである。

 国民に支持されたからといって、政府の重要な役職に就任させてはならないのである。まずは政治の基本を大学か大学院で教わり、その後、政府の官職で経験値を積ませるべきなのである。そういう人物たちが選挙に出て、当選して国会議員になるのはいいのだが、その専門教育も受けておらず、政府内での経験値もないのに選挙で当選しても、全くの役立たずになってしまうのである。

③人権主義

 菅直人首相は人権にはなんの疑問も抱かないことであろう。人権を認めてしまうからこそ、誰も助からなくなるのである。非常時では女子供を最優先させるべきなのである。女性といっても40歳以下の妊娠可能の女性たちだけであって、それ以外は見捨ててもいいのである。如何に子孫を残して行くかが大事なのであって、老人や身体障害者のことは後回しでも構わないのである。

 平等を唱えるから、救出に時間を食ってしまうのである。妊婦や、赤ちゃんのいる母親などは最優先の中でも最優先であって、避難所に行っても寝る場所やオムツやミルクに困らないよう配慮をするべきなのである。避難所の夜に赤ちゃんが夜泣きしてしまえば、もう大変なのであって、赤ちゃんがいるなら別室を確保し、そこで特別扱いするべきなのである。

④文民統制

 菅直人首相は文民統制にもなんの疑問も抱いていない筈だ。しかし政治家が軍隊で訓練を受けていないと、実際の軍事学がさっぱり解らなくなってしまうのである。政治家だからこそ、軍隊で軍事訓練を受けるべきなのである。軍事学こそ非常時には役に立つので、軍事学の理論に基づいて軍隊を動かして行けば、幾ら大地震が来ても被害を最小限に食い止めることができたのである。

⑤最少不幸社会

 トドメは菅直人首相が唱え続けてきた「最少不幸社会」である。しかし自分が首相になってやってしまったことは「最大不幸社会」の実現なのである。なんでこんな逆説が生じてしまったのかというと、菅直人首相が人間の幸福を見続けたのではなく、人間の不幸を見続けたからなのである。

 この世で不幸を見つめながら幸せになった人は1人もいないのである。不幸を見続けた者は確実により不幸になっていったのである。

 確かに自民党の長期政権が続き、自民党の遣り方には問題もあったし、様々な弊害もあったことだろう。しかし自民党は戦争で荒廃した国土を復興させたという偉業を成し遂げたのであり、まずはそれを評価してあげるべきだったのである。

 菅直人の人生は常に自民党の長期政権が引き起こした不幸を見続けた人生だった。そういう者が首相になってしまうと、では国民をどうやって幸せにして行けばいいのか全く解らないのである。だから自分が首相に就任したら不況なのに消費税増税を言い出したり、大地震が起これば逐次投入という、首相としては絶対にやってはならないことをやってしまったのである。

 神様は絶対に神に逆らう者を決して許さないのである。日本を否定し続けた日本社会党の村山富一が首相になった時、阪神淡路大震災が起こって、日本国民にその謝れる判断に天罰を下したのである。今回の東日本大地震も、菅直人という戦後の日本を憎み続けた人物が首相になった時、それは起こったのである。全ての日本国民は、この大地震を天罰だと思うべきであって、もう二度と首相としての条件を満たさぬ者を絶対に首相に就けてはならないのである。、

※追伸

 輪番停電のため、今後、ブログを更新できない危険性まで生じて来たので、できる限り記事を更新し続けたいと思います。

 但し輪番停電が終わるまではコメントへの返答はできなくなるので、記事の更新を以てコメントへの返答とさせて下さい。寄せられたコメントは全部読んでいますし、その激励の言葉が励みになるので、非常に有難いです。

 それから妊婦の方や、今、育児をしている母親たちに伝えておきます。

 「今の内に野菜や果物を大量に購入しておきなさい!」

 胎児にしても、赤ちゃんにしても、母親が野菜や果物を食べないと、胎児は成長できなくなるし、赤ちゃんには充分な母乳が出なくなります。

 「リンゴ」「人参」「小松菜」「ネギ」「ワカメ」「昆布」などがあれば、胎児や赤ちゃんを充分に健康に育て行くことができます。」

 輪番停電が始まると、食料品の輸送に支障が出て来るために、食料品が手に入りにくくなります。

 これらの品物を早目に大量に買っておくようにすることです。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 東日本大地震の前兆現象があったのに、完璧に見過ごしてしまった | トップページ | 「東京電力は危機管理がなっていない!」は言い過ぎ »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま、ご家族のみなさまもご無事でとても安心致しました。毎日テレビで流れる悲惨な映像を観ていると、何と言っていいのか、言葉が浮かびません。被災地の方々は私などの想像を絶する程の深い傷を負われたのではないでしょうか。一日も早い復旧を心から祈っております。

大変な状況の中、コメントを読んで下さりありがとうございます。ブログの更新も本当にお疲れさまです。

管首相も一生懸命なのでしょうけど、こう裏目にでてしまっては、もう少し考えた方がよさそうですね。

投稿: smile | 2011年3月14日 (月) 10時59分

タマティーさん、輪番停電は長引きそうですよね?改めて色んな事を考えさせられてしまいます。被災された方々は勿論、大なり小なり被害に遭えば考えざるを得ないですよね?
平穏な地にいる私は、今日も不妊クリニックです。何だかどうでもよくなっている自分と、子供なしは絶対ムリと思う自分が二人います。年齢的にも世間的常識で判断すれば諦めるべきかと…。40超え初産で無理矢理にでも母親になりたいなんてやっぱり可笑しいって事ですよね?
妊婦さんが被爆してませんように!流産しないで頑張って!不妊治療してる人が気の毒…って思う反面、子連ればかりがチヤホヤされてる感にイラッとしまくる自分に嫌悪。あんなに小さな子供達のたくさんいる避難所生活したら精神が崩壊する…!
子供を産める若い女性が大事なのは当然です。ババアな自分が惨めです。子供いる人が憎いです。
早くラクになって他人の幸せを微笑ましく思える人間に変わりたい!

今回の事で私は自分の気持ちと厳しく向き合い、解決するという課題を与えられた感があります。

今回、いつもの誘発剤なのに初めて卵胞3つ成長してます。なのに旦那は今朝、急遽被災地に行く事に…今日か明日が排卵日なのに…。3倍のチャンスを活かせないなんてショックdespair
こんな時期(だからこそ?)に自分の事コメントさせて頂きました。いつもと変わらず…平常でいないと。慌てふためき同情するより、冷静に前に進んでできる事を判断していき協力していかないと!って思いました。

ノドがちぎれそうに痛い、、、菅政権に、こりゃ〜アカンわ…って思うはぐまろより。

投稿: はぐまろ | 2011年3月14日 (月) 11時29分

タマティー様

お店がやっていれば野菜買い出しに行こうと思います。今は万田酵素を子供達に飲ませています。
私の町は原発から100キロ圏内のため、風向きが非常に気になっています。
役立つ情報ありがとうございます。

ヘリの音が地震の地響きに似ていて不安になります。
タマティー様のブログが無事更新できることを願っています。

投稿: リク | 2011年3月14日 (月) 12時14分

こんばんは。1年ほど前にコメントさせていただきました。

毎朝、記事の更新を楽しみにしています。
この1年、ブログを参考にいろんなことを実践させていただきました!
白砂糖は買ってないし、玄米と押麦食べてるし、秋刀魚の焼き方にも気を配りましたよ!
1カ月の献立をまとめて書くアイデアは、旦那にも好評です。

これからも読めることを願っています。

投稿: 小学28年生 | 2011年3月14日 (月) 23時00分

はじめまして。こんにちは。いつもブログ拝見してます。
私は秋田在住でして、地震直後に停電したものの、今は復旧して普段通りの生活を送っています。
ですが、ガソリンスタンドはどこも閉店。スーパーも品薄状態です。皆さん不安なんですね。
もちろん、私も不安ですが、米のストックはあるし、そんなに慌てる事はないかな。と思っています。

私には一歳半の子どもがいるんですが、こちらのブログを見て布オムツ、布ナプキンを使うようになったので、オムツが買えなくなる不安もありませんし、電子レンジを極力使わないように生活していたので停電もなんとか大丈夫でした。
さらに、玄米を食べるようになってから圧力鍋で炊飯していたのでご飯が炊けない事もなく。
まあ、唯一暖房器具が使えなかったのが辛かったのですが、普段良くしてもらってる近所のママさんが貸してくれてました。


長々と書いて何が言いたかったのか、と言うとこちらのブログのおかげで停電、品薄状態の今を慌てず過す事が出来ています。ありがとうございました。という事です。

毎日ニュースを見て、同じ東北でもこうも違うかと悲しくなってきます。秋田は明日から計画停電です。少しでも役に立つなら節電頑張りたいとおもいます。

投稿: じゅんじゅん | 2011年3月15日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39212931

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人首相の間違った行動が大地震の被害を拡大させた!:

« 東日本大地震の前兆現象があったのに、完璧に見過ごしてしまった | トップページ | 「東京電力は危機管理がなっていない!」は言い過ぎ »