« 社員寮だからこそ有効に使え | トップページ | 持ち家を買う時、その条件は非常に限られている »

持ち家を欲しくなったら、その時期に買うべし

●借家を借りるのと、持ち家を買うのはどっちが簡単か?

 もしもあなたに「借家を借りるのと、持ち家の買うのは、どっちが簡単か?」という質問をしたとしよう。あなたは一体どう答えるだろうか? 「借家を借りる方が簡単ってのは当たり前よ」というか、「持ち家を買う方が簡単だったっよ」というか、2つに1つに分かれる筈だ。

 答えは「持ち家を買う方」なのである。

 恐らく借家を借りる方が簡単と選んだ女性は、今まで借家しか借りることがなかったためだろう。持ち家を買うということをしたことがないために、持ち家を買うのが、借家を借りるより遥かに簡単に買えてしまうという経験をしたことがないのだ。そのため安易に借家を借りる方が簡単であると言ってしまったのである。

 日本の不動産賃貸というのは、理不尽といえるような悪習慣が罷り通っているのだ。まず借家を借りる際に、「敷金」「礼金」を渡さなければ、借家を借りることができないのだ。敷金というのは保証金だから、そのお金を出す理由は解る。問題は礼金の方で、借家の整備をするために、賃貸人がお金を渡すのである。普通、借家を貸す方が自前で整備するものなのであるが、なぜか借家人がそのお金を出すということになってしまっているのだ。、

 ところが夫婦が住宅を購入しようとすると、銀行は簡単にお金を貸してくれるし、不動産業者の対応も丁寧でスムーズに事が進むようになっているのである。なんでこんな奇妙なことが起こってしまうのかというと、日本では戦後、自民党政権の長期政権が続いたが、自民党は持ち家政策を首尾一貫として推進して来たために、国民が非常に持ち家を持ち易い環境を作ってくれたのである。

 ジャーナリストたちは自民党の長期政権を批判しまくっているし、学者たちも自民党長期政権時代を罵倒しまくっている学術書を出版しまくっているものであるが、そういう意見を鵜呑みにしてしまうと、実は自民党の長期政権こそ国民に努力すれば持ち家が持てるというルートを切り開いてくれたことが全く解らなくなるのだ。

●夫婦が家を買うのは子供が出来たから

 最初は借家住まいで出発した夫婦も、或る時期が来ると持ち家を持ちたい時がやってくる。それは赤ちゃんが生まれた時なのである。赤ちゃんが生まれると、その母親は本能的に持ち家で育児をしたいと思うようになるので、借家を出て、持ち家に住みたいと言い出すよになるのだ。しかも赤ちゃんが生まれたことで、父親の財産運が刺激されるので、所得が上がり、持ち家を買うだけの資金が生まれて来ることになるのである。

 次は子供が3人に増えた時だ。どの借家でも子供が2人というのが限界なのであって、子供が3人も生まれてしまえば、持ち家に引っ越し、もっと広い場所で育児をしなければならなくなるのだ。しかも家族構成が5人になったことで、その家族に吸引力が生まれ、持ち家を引きつける力を持ってしまい、簡単に持ち家を購入できてしまうのである。

 以上から見ても解る通り、夫婦が持ち家を買うのは子供が出来たからなのである。赤ちゃんを生んだことで母親の本能が刺激されたり、夫の財産運が高まってしまったり、子供の数が増えることでその家族に吸引力が働き、持ち家を手にすることができるようになってしまうのだ。

 もしも結婚したのに長らく子供ができないのなら、いっそのこと持ち家に引っ越してしまえばいいのだ。新居で暮らしている内に妊娠することが可能になってしまうのだ。今まで生んでいた借家は家相学的に悪かったのであり、それが引っ越しによって解放されたのであって、夫婦の運勢が良くなってしまい、それで不妊症を克服することができてしまったのである。

 結婚しているのなら、結婚して3年以内なら、夫婦のことだけを考えていても別に構わない。寧ろ、子供のことなど考えず、夫婦の新婚生活を楽しむことに全力を注ぐべきであろう。しかし結婚してから3年を過ぎたら、必ず子供のことを念頭に入れて、物事を考えて行くべきであって、そうすれば持ち家など簡単に手にすることができるようになるのだ。

●「中産階級の幻想」から目覚めよ

 よく「日本には中産階級があって」と言われるが、そんなこと有り得る訳がないのである。この世には持てる者か持たざる者しか存在していないのである。自民党の長期政権下でも、幾ら自民党政権が国民に持ち家を持ち易いようにしたとしても、いつまで経っても借家住まいの人たちは存在していたのである。家計の中で住宅費が最も多く占める以上、持ち家を持って住宅費を消滅させない限り、持たざる者になってしまうのは当然のことなのである。

 ブルジョワとかプロレタリアートとか言われるが、日本語にきちんと訳せば、「持ち家を持っている人」と「借家住まいの人」ということなのである。自宅を持つことこそが有産階級の仲間入りできる最低条件であって、借家に住み続けているのなら無産階級の仲間だということなのである。この区分が解っていれば、持ち家に住んでいるのに共産党員や社民党員になったりするのは、その者は明らかに論理的破綻を引き起こしているというのが解る筈だ。

 中産階級の幻想から一刻も早く目覚めるべきなのである。有産階級か無産階級しかない以上、中産階級などという階級は存在しないのだ。国民の生活レベルに応じて、上流階級、中流階級、下層階級と分けることはできる。しかし資産を基準に分けるとしたら、有産階級と無産階級の二分法になってしまうので、それ以外の選択肢はないのである。

 自分たち夫婦に赤ちゃんが生まれて、今から持ち家が欲しいなと思っている時に、民主党のように「国民の貧富の格差を是正しよう!」などと言って来る政党を支持していては、永遠に持ち家を持つことができなくなるのだ。国民の間に貧富の格差が存在するのは自明の理であって、それを政府が国家権力を使って解消することなど決してできないのである。

 政府ができる政策というのは、自民党政権がやったように、出来る限り多くの国民に持ち家を持たせるような政策を実施し、有産階級を地道に増やして行くことだけなのである。貧富の格差があるから駄目なのではなく、貧乏人たちが持ち家を持たないからこそ、貧困が固定されてしまうのである。

●出来ない理由を探し出すな

 我々はまだまだ恵まれた時代に生きているのである。自民党政権が持ち家政策を取ってくれたために、所得の低い夫婦でも持ち家を持てるシステムが存在しているのである。民主党政権は自民党政権がやったことを徹底的に破壊し続けているが、この持ち家政策を破壊するまでには至っていないのだ。勿論、民主党政権が長く続けばこの持ち家政策も破壊されてしまうだろうが、民主党政権によって持ち家政策が破壊されない前に持ち家を買ってしまうべきなのである。

 夫婦が持ち家を買うにあたって、最も大事なことがある。それはお金でも、金利でもない。それは「出来ない理由を探し出すな」ということなのである。夫婦に持ち家を買うという目標が定まってしまえば、持ち家というのは必ず買えてしまうものなのである。しかし出来ない理由を探し出せば、結局、持ち家を買うことを諦めてしまうことになるのだ。

 出来ない理由を探し出せば幾らでも出て来るものである。例えば「住宅ローン」「子供の養育費」「子供の学費」「老後の不安」「物価高騰」「環境汚染」などなど、それらの理由1つ1つには最もらしい論理構成がなされており、それを鵜呑みにしてしまえば、持ち家を買うよりも、今の借家住まいの方がいいと思ってしまうのだ。

 自分たち夫婦が貧乏から脱出して行くためには、持ち家を持つことは絶対に必要なのである。なんせ幾ら借家住まいを続けても、その借家を自分の所有物に変えることなどできないのだ。しかし持ち家を買ってしまえば、その時点でその持ち家が自分たち夫婦の所有物になってしまうのである。そしてその時点から有産階級の仲間入りを果たして来るのである。

 持ち家を持つというのは、いつでもできることではないのだ。矢張り持つ時期が大切なのである。若い夫婦にとって育児のために持ち家を購入する以上、子供たちが小さい時に持ち家を買うべきなのである。そうやって目標が定まってしまえば、紆余曲折を経たとしても必ずその目標地点に辿りつけるようになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 社員寮だからこそ有効に使え | トップページ | 持ち家を買う時、その条件は非常に限られている »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティー様こんにちわ。借り上げ社宅住まいなので最近の記事は非常に興味深いです。

ふと思ったのですが、一族の運命で『住居が定まらない・蓄財ができない』ということはあるような気がいたします。というのは私の実家の一族は皆、近くに住んでいるので豊かです。しかし、旦那の一族は社会的にはそこそこの地位にいたものの親子で遠くに住みがちで、家族が全体的に質素というかケチ気味です。かくいう我々夫婦もそれぞれの親と離れたところに住むことになりそうです。

投稿: えりぃ | 2011年3月 9日 (水) 13時38分

タマティーさま、大変ご無沙汰しております kiriです
社宅住まいの私にとって最近の記事、とっても役に立っています

子どもが幼稚園に行きだすと、社宅ママ同士の付き合いも一気に濃くなりそうで、いまからちょっとドキドキしています(^-^;

でもマイホームの夢に向けて、いまは理想の住宅について夫婦それぞれで紙に書きだしたりして(箇条書きにして写真やイラストを添えてたら10枚くらいいきました....)楽しい時間を過ごしています

確かに持家を持たない理由なんて、いくつもあげられますが、今日の記事を読んで、マイホームの夢をあきらめずにがんばろう!と思いました

ところで最近、ニュースで肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンの同時接種などで乳幼児が立て続けに亡くなったことを知り、戦慄しています
わが子の命を守ろうとして受けた予防接種で、わが子を亡くしてしまうなんて…と思うと涙がでてきますが、最初に小児科で勧められた時の嫌な予感を信じて、タマティーさまに相談させてもらって本当によかったと思いました
相談に乗って下さり本当にありがとうございました

今はタマティーさまの教え通り、良質の母乳づくりにせっせと励んでいます

これからの記事もとても楽しみにしています
寒の戻りが厳しいのでご自愛くださいヽ(´▽`)/


投稿: kiri | 2011年3月 9日 (水) 17時44分

 えりぃさん、一部分だけ非公開っては、面倒ですがな。happy01

 姓名判断では苗字の吉凶は問わないのですが、タマティーは「苗字の吉凶はある」と思っています。
 確かに旦那さんの実家は纏まりのない一族になってしまいますね。
 頭がいい人たちが出て来る分、ならず者たちも出て来る家系なので、一族で纏まろうという気は更々ないと思います。
 それに対うしてえりぃさんの実家は、纏まりがある一族で、団結力が非常に高いと思います。


 だからあんまり旦那さんの実家に深入りしないことですね。
 自分の実家との連絡を巧く取っておいて、自分たちの家族に安定をもたらした方がいいと思います。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年3月10日 (木) 06時49分

 kiriさん、御沙汰し過ぎて、豚が空を飛んでますよ。happy01
 もうこちらは新年が開けて2ヵ月以上経ったんですけど、そちらの方はどうやら暦が違うようで新年はまだみたいですね。
 命の恩人といってもいいタマティーに対して、余りにも疎遠な態度ですな~。

 それにしてもkiriさんは行動が速いですね。
 そうやってイラストを10枚も書いてしまうなんて凄いことですよ。
 絵に描いてしまった方が、未来がはっきりと解るようになりますよ。

 今回の事件では、その母親は善意で赤ちゃんのためと思ってワクチン接種をしたわけだし、医者の方も善意で注射をしたわけですよ。
 しかし結果的に赤ちゃんはそのワクチンのために死んでしまったんですよ。
 人間は死んでしまったら、もう取り返しがつかないから、こういうことは絶対にあってはならないんです。

 タマティーはこのニュースを聞いて、「だから助産師の役割が大事なんだ」と思いました。
 助産師さんが母親たちにきちんとアドバイスしていたら、こういう悲劇が回避できたからです。
 kiriさんも助産師の仕事を再開した時は、赤ちゃんのいる母親たちに勇気を持ってワクチン接種の危険性を伝えられる助産師さんになって下さいね。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年3月10日 (木) 06時50分

タマティー様、コメントありがとうございました。

朝の大切な時間に面倒な作業をさせてしまい、大変申し訳ありませんでした(ノд∧

投稿: えりぃ | 2011年3月10日 (木) 15時11分

タマティーさま、ご無沙汰しすぎた反省で一杯で思わずお屠蘇を飲みながら空飛ぶ豚を見上げてしまいました

新年のごあいさつを…と思いながらも、最近のコメント欄の盛況さに二の足を踏んでいたらこんな時期になっていました

毎日かかさずに拝読させていただいておりますので、どうぞこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: kiri | 2011年3月10日 (木) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39155211

この記事へのトラックバック一覧です: 持ち家を欲しくなったら、その時期に買うべし:

« 社員寮だからこそ有効に使え | トップページ | 持ち家を買う時、その条件は非常に限られている »