« 借家住まいの長短 | トップページ | 30歳を過ぎた女性を悩ます不眠症 »

借家住まいなら家具を買うな

●貧乏人たちの家具の大量買い

 借家住まいということは、いつかはその棲み家から出て行かなければならない。自分たち夫婦は変わって行くものだし、この世の中だっ変わって行くものだ。人間は変わることによって成長し続けるものなのであって、如何なることがあってもその変化を止めてはならないのだ。変化を止めるということは成長を止めてしまうことだからだ。

 しかしこの世の中には借家住まいだというのに、どっぷりとその仮の住まいに居座ってしまい、自分もこの世も変化するものではないと思い込んでいる馬鹿夫婦がいるものなのである。そういう夫婦に限って家具を大量に買い込み、まるでその家が自分たちの持ち家であるかのように振る舞って来るのだ。

 「貧乏人に限って家具を大量に買う。」

 「本当の金持ちは必要な家具を厳選した上で買う。」

 この違いを終生覚えていた方がいい。家具はお金を生まないものなのである。逆にお金を食うものなのである。家具を買うことは純粋な消費なのである。桐で作られた箪笥ともなれば売ってもお金になるが、そういうのは貧乏な夫婦が買える代物ではないのだ。貧乏な夫婦が買う家具は非常にチープに作られている物で、使っている内にどこかが壊れて行くものだし、売ろうとしても売れず、それどころか廃棄処分する際にお金が取られてしまう物なのである。

 借家住まいでは居住スペースが狭いので、家具を大量に買えば自宅が非常に狭くなるものなのである。特にアパートに住んでいる場合は要注意であって、アパートは非常に狭いので、引っ越した当初は室内が広く見えても、家具を置いて行けば生活するのに困難になるほどに狭くなってしまうのである。

 そしてこれは根本的な問題なのであるが、果たしてその家具が本当に必要だったのかということなのである。他の物でも融通が効くのに新たに家具を買ってしまうと言う行為は、永遠に生活を合理化して行くことを不可能にさせるものなのである。確かに必要な家具を買うなら生活は合理化されて行くが、大方の場合、生活の合理化などされず、余計に生活しにくくなってしまうものなのである。

●持ち家に引っ越すと家具が合わなくなる

 借家住まいの夫婦は、借家住まいで家具を買っても、持ち家に引っ越す時はそのまま持っていけばいいと思っていることだろう。しかし借家住まいの時には合っていた家具は、持ち家に引っ越すと合わなくなるのだ。その家具は借家住まいだったからこそ、その家に調和していたのであって、持ち家に持って行けば調和しなくなってしまうのである。

 「自分たち夫婦が住宅を所有した時、その新居にはその新居に相応しい家具が必要になるのである。」

 家具の中でも冷蔵庫や洗濯機といったものはそのまま持って行かざるを得ないものだ。そのため借家住まい上がりの夫婦は持ち家に引っ越してきても、冷蔵庫や洗濯機が調和していないのである。このため以前は借家住まいだったのだなというのが一発で理解することができてしまうのである。

 夫婦にとって土地と建物を買い、しかも引っ越し代まで支払ってしまえば、家計的に限界になってしまうことだろう。そのため新たに家具を買うお金など残っている訳がないのである。だから家具は新居に調和していなくても、渋々使わざるを得なくなってしまうのだ。しかもその家具を「欲しい!」と言い出したのは大抵が妻の方だから、妻はこの事実に知らんぷりを決め込んで来るのである。

 だから借金の返済が順調に進み、家計に余裕が出て来ると、家具を新たに買い替えるということを遣り始めるのである。この辺りの要領の良さは妻の本領発揮で、最優先すべき最も調和していない家具を1つ1つ廃棄して行き、そして新たな家具を購入して行くことになるのである。

 人生の中で何度か引っ越しを経験しておいた方がいい。引っ越しをしなければ、自宅の家具の不調和などに気付けなかった筈だからだ。特に借家住まいと持ち家では全然違うし、普通の住宅街に住むのと高級住宅街に住むのとでも全然違うからだ。或る程度、引っ越しの経験値を持っていれば、無闇に家具を買わないということを教訓と持てるようになるのである。

●借家住まいでは家具を必要最低限に抑える

 借家住まいであるなら、出来る限り家具を買わないようにすることだ。家具を必要であったとしても代用できるものは代用で済ましてしまうようにすることだ。家具は本当に必要な物だけ買うようにし、その際、安物を買うのではなく、逆に品質の高いしっかりした物を購入することだ。自分たち夫婦が持ち家に持っていっても使えるような物を買うように心掛けることだ。

 家具を少なくすると、借家住まいであっても自宅を広々として使えるようになるのだ。要は無駄な家具が多かったからこそ、狭い居住スペースがより狭くなっていただけのことであって、家具を買わないようにすれば、狭い居住スペースでも充分有効に利用できるようになるのである。

 それに家具を少なくすると、少ない収入でも豊かに暮らすことができるものなのである。家具というのは貧乏な夫婦にとっては高い出費を要するものなのである。それを頻繁に買ってしまえば、家計が苦しくなるのは当然なのである。確かに妻が生活をしていれば、家具が欲しくなる衝動に駆られるものだ。しかし家具を買ってしまえば余計に家計が苦しくなってしまい、いつまで経っても借家住まいから脱出することができなくなるのだ。

 家具が欲しくなった時、その感情の赴くまま買いに行くのではなく、「ちょっと待て!」といって考える習慣を身に付けることだ。例えば「箪笥が欲しい」と思った時、多分、その家には余計な服が大量にある状態である。1年の内に1度も着ない服が大量にあるのに、新たに箪笥を買ってしまえば、その箪笥の中を埋めるべく、また次から次へと新たな服を購入するようになってしまうのである。

 それゆえ新たに箪笥を買うより、不要な服を処分して、箪笥を買わないようにするべきなのである。不要な服を処分してしまえば、今の状態でも充分にやっていける筈だ。わざわざ箪笥を買って自宅を狭くし、家計まで圧迫することはないのである。妻の工夫次第で幾らでも融通を効かせることができるのである。

●浮いたお金を貯金に回す

 では家具を買わずに浮いたお金をどうすればいいのかというと、そのお金は貯金に回せばいいのである。当然にその貯金は住宅資金に充当し、持ち家を買う際の頭金にしてしまえばいいのである。そうやって「つもり貯金」をするからこそ、急速に貯金額が増えて行き、早々と持ち家を購入することができてしまうのである。

 夫婦で家具を買いにお店に行くよりは、夫婦で新居の情報を収集し、新居のどうするべきかを話し合った方が、時間を生産的に使えるというものなのである。家具を買っている限り、消費者にしかならないが、持ち家を買ってしまえば資産家になることができるのである。当たり前のことだが資産作りに精を出した方が、貧乏から脱出できるようになるものなのである。

 それと妻としては持ち家に引っ越せば新たに家具が必要になるのだということは頭の中に入れておいた方がいい。新居には新居に合う家具を買わないと、どうも家の中が落ち着かなくなってしまうのだ。だから暇のある時に家具の情報を収集しておき、自分たち夫婦が買うべき家具を調べておいた方がいいのだ。夫は持ち家を購入することに全力を投入している以上、そこまで頭が回らないものなのである。

 不思議なもので、自分たち夫婦が目標に向かって走り出していると、本当に必要な家具を或る日突然に直感で見つけ出してしまうものなのだ。例えばどこかのお店で高価なテーブルが飾られており、「素敵な商品だけど、今の生活では買えないな」と思っていても、いざ自分たち夫婦が持ち家に引っ越してしまうと、そのテーブルがセールに出されており、遥かに安い金額で売り出されていたりするのだ。そういう偶然が起こるものなのであって、その偶然を利用して本当に必要な物を買ってしまえばいいのである。

 借家住まいをしているのなら、絶対にその家に安住してはならないのだ。いつかは出て行かなければならないのである。自分たち家族がいつでも移動できるように、なるべく身軽になっておくべきなのである。借家住まいなら家具は最低限持っていればいいのであって、そういう制約があるからこそ、お金が貯まり出し、簡単に持ち家を持てるようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 借家住まいの長短 | トップページ | 30歳を過ぎた女性を悩ます不眠症 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティー様(^O^)/
いつもありがとうございます!タマティー様を笑わせてしまった、私(笑)私自分でも変わり者だと思うし、旦那さんからも言われてますf^_^;
ちなみに換気はお母さんが私が小さい頃からしていたから身についたのかなって思いますconfident
ところでまたお伺いしたいのですが、納豆ってカナダ産の大豆がよく見られますがこれは大丈夫ですか?私は出来るだけ食材は道内産を選んでいますが。あとお風呂に塩を入れると疲れが取れると聞いたのですが、いかがなのでしょうか?旦那さんが超多忙で疲れを出来るだけ取れる情報を集めている今日この頃ですsweat02
どうぞ宜しくお願いいたしますconfidentお忙しいのに申し訳ありません。

投稿: リカ | 2011年3月 4日 (金) 12時37分

 リカさん、この世には変わり者がいた方が面白いです。happy01
 みんなが同じだったら、この世は詰まらなくなります。

 納豆は道内産の方がいいですね。
 我が家も可能な限り道内産の納豆を買っています。
 しかし時々カナダ産の物を買ってしまう時があるので、「しまった~ッ!」と思うことがあります。

 塩を入れると体の疲れが取れますよ。
 だけど風呂釜をを傷めてしまうので、使ったらその都度流してしまった方がいいです。
 風呂釜を傷めないたくないなら、体に塩を塗って、マッサージするといいです。

 もしも旦那さんがお酒を飲むのであるなら、ウコンがお勧めですよ。
 ウンコじゃないですよ。
 酒好きの人は結構ウコンを食べているので、それで肝臓の疲労を抑えているのでしょう。
 旦那さんの疲れは多分肝臓の疲れだから、ただ単に睡眠をするだけではなかなか取れないと思います。

 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年3月 5日 (土) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39032611

この記事へのトラックバック一覧です: 借家住まいなら家具を買うな:

» 桐箪笥 [桐箪笥]
とっても格安価格な桐箪笥の情報です。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 13時09分

« 借家住まいの長短 | トップページ | 30歳を過ぎた女性を悩ます不眠症 »