« 借家住まいの貧乏人がなぜ貧困から脱出できないのか? | トップページ | 持ち家を欲しくなったら、その時期に買うべし »

社員寮だからこそ有効に使え

●家賃は安くてもストレスがある社員寮

 社員寮に住んでいる夫婦だと、引っ越したくても引っ越せない事情が存在する。なんせ社員寮は会社から近く、社員寮の住人は全て同じ会社の社員たちだからだ。こういう場合、無闇に引っ越さない方が無難なのである。社員寮に住んでいることを有効に使いつつ、物事を進めて行けばいいのである。

 社員寮の最大の利点は家賃が異様に安いことだ。

 このためその差額分が家計に対して大いに貢献して、家計を黒字に転換させるのである。これが公務員宿舎になると家賃はもっと安くなり、そのために公務員は豊かな生活ができてしまうのである。公務員の最大の旨味は安定した給料なのではなく、実は住宅市場ではありえない家賃の安さなのである。

 その一方で、社員寮にはマイナス点も存在する。それは社員寮の住人が全て同じ会社の社員だということなのである。このような住人たちになってしまうと、職場がそのまま自宅に持ち越されるために結構ストレスを発生させるのである。特に社内での夫の階級がそのまま妻たちの地位になってしまい、妻たちは対等に付き合うということがなかなかできないのである。

 社員寮に住んだことのない人たちは、社員寮と聞くと家賃が安くて、会社からも近くていいと呑気に考えてしまうのだが、社員寮はそんなパラダイスみたいな所ではなく、矢張り人間たちが暮らしている以上、何かしらの問題を発生させているのである。それはその社員寮に住んでいる人たちにとっては深刻な問題になることも有り得るのである。

 社員寮がある会社に夫が勤めている場合、その社員寮が嫌だからといって引っ越すのは考えた方がいい。会社は職業上必要だからこそ社員寮を備えているのであって、わざわざその会社の方針に反してまで、どこかに引っ越すべきではないのである。社員寮に住んでいることを充分に活かすようにすることなのである。

●社員寮での社交は出世を生む

 まず社員寮は同じ会社の者たちだけが住むことになるので、住人たちの間で何かしらトラブルを起こさないようにすることだ。社員寮でのトラブルが職場まで鳴り響いてしまうからだ。自分たち夫婦は普通のアパートやマンションに暮らしているのではないということを常に肝に銘じておくべきなのである。

 そのためには社員寮で何かしらの行事があるなら、せっせと出るようにすることだ。例えば社員寮には会合があったり、共用スペースを掃除しなければならなかったり、定期的に草むしりをするなどということがあるので、そういうことには自発的に参加し、余程の事情がない限り、欠席しないことなのである。こういうことは社員寮に住む者として当然の義務なので、この義務を果たして来ないと、後日、恐ろしい報復措置が待っているものなのである。

 できることなら定期的に妻同士で会合を持ってしまい、妻同士の繋がりを緊密にしておくことだ。社員寮では夫の地位がそのまま妻たちの地位になってしまうので、妻同士が仲良くないと、妻たちは高慢ちきになってしまい、非常に住みにくい住宅環境になってしまうのである。会合で仲良くなってしまえば、夫の地位に関係なく付き合うことができるようになるので、妻側のストレスが一気に激減することになるのである。

 妻たちの結束を強めるためには、不定期な会合ではなく、定期的な会合にし、できれば「クラブ」を結成し、組織化してしまうことだ。そうすれば妻たちはクラブのメンバーとして対等に付き合うことができ、異様な結束を図ることができるようになるのだ。同じ社員寮に住み、夫が同じ職場に勤め、同じクラブに入っているのなら、同じ釜の飯を食った間柄と殆ど同じようなものになるものなのである。

 妻同士がクラブで話す内容などというのは、如何なる女性がいたとしてもレベルの低い話になってしまうものだ。自分たちのクラブをワイドショーレベルにしてしまうのではなく、仕事や生活に関しての情報交換の場と位置づけ、様々な情報を収集するように努めることだ。こうすれば妻はクラブを通じて自分の夫に仕事に関連する情報を伝えることができ、それによって夫は出世して行くことが可能になるのだ。

●持ち家では貸家を所有すること

 社員寮に住んでいると持ち家を持っていないというストレスを抱えてしまうものだ。給料的には充分に持ち家を買える金額になっているのに、いつまでも社員寮住まいだと持ち家を持っていないことで、異様なストレスを抱え込んでしまうのだ。持ち家を持つことは人生の中で時期的に限られているために、自分が買える時に買えないというのは結構ストレスを発生させるものなのである。

 社員寮暮らしをしている以上、持ち家には拘らないようにすることだ。たとえ持ち家を買ったとしても、社員寮の条件を超えるようないい物件が存在する訳がないのである。無理して持ち家を買っても、通勤時間はかかるし、住宅ローンの返済で家計は圧迫してくるので、決していい結果が出て来ないのである。

 持ち家を持つことが不利なら、自分たち家族が住むために持ち家を買うのではなく、賃貸用に持ち家を買うようにすることだ。こうすれば持ち家を持てることができるし、しかも家賃収入が入って来るので、ストレスを軽減させ、尚且つ資産を大いに増やして行くことが可能になるのだ。自分たち夫婦は社員寮住まいである以上、この家賃収入は通常の家賃収入の2倍以上の重みがあると言っていいのだ。

 賃貸用の不動産を購入する場合、ちゃちな不動産を購入しないようにすることだ。余りにも儲けにシフトしすぎてしまうと、ワンルームマンションのように酷い物件を平気で購入し、それを高額な家賃で貸し出すことをしてしまうのである。そうなのではなく、自分たち夫婦が住んでもいいような良好な物件を探し出し、それを貸し出すようにすべきなのである。

 というのはいざという時になれば、その賃貸用の不動産こそ自分たち夫婦が住むことになるので、自分たち夫婦が暮らせないような物件だと、その物件には住めなくなってしまうのである。社員寮住まいをしている以上、最終的には追い出されるのであり、それを踏まえて賃貸用の不動産を購入すべきなのである。

●社員寮を出た後のプランを常に用意しておく

 社員寮暮らしを100%満喫して仕舞わないことだ。社員寮は飽くまでも仮の住まいなのであって、仮の住まいに住みながら、その生活を楽しむべきであって、それを忘れてどっぷりと社員寮暮らしをするべきではないのである。夫が解雇されれば社員寮から出て行くことになるし、夫が定年になっても社員寮から出て行くことになるのである。

 社員寮に住んでいるのなら、常に社員寮を出た後のプランを用意しておくことだ。都会に引っ越すのか、田舎に引っ込むのか、一戸建てに住むのか、マンションに住むのか、そういったことを暇な時に夫婦で話し合い、そのプランを1つに絞ってしまうのではなく、幾つものプランを用意しておくことだ。

 こういうことは普通の夫婦たちには必要ないことだ。社員寮に住む夫婦だからこそ特別に必要になって来るのである。例えば定年後に田舎暮らしをしたいと思って、定年後に田舎暮らしをし始めたとしても、もう遅いのである。なんにも準備をしていないから、田舎暮らしで様々な不便が見つかってしまい、最終的に田舎暮らしをやめてしまうことなるのだ。

 もしも定年後に田舎暮らしをしたいのなら、40代辺りの頃から田舎に土地を購入して、そこで田畑を耕し、収穫物を得られるようにすることだ。田舎暮らしでは食料品は基本的に自給自足なのであって、スーパ^-に頼って生活していてはとてもではないが生活が破綻してしまうのである。

 社員寮に住んでいた既婚女性と、賃貸のアパートやマンションに住んでいた既婚っ女性を比べると、明らかに社員寮に住んでいた既婚女性の方が精神的に豊かである。社員寮の家賃の低さが、生活を非常に潤してしまったので、それが心の豊かさに直結してしまったのである。

 しかし逆に言ってしまえば、「呑気」であるということなのであり、そのため社員寮から出た時に世間で生きて行くことの厳しさを思い知らされることになるのである。不動産のことをとやかく考えるのは、還暦を過ぎてからではもう遅すぎるのである。遅くとも40歳までには何かしらのプランを持って、実行に移しておくべきなのである。40歳までにスタートを切っていれば、どう転んだとしても、その後の人生で不動産で困ることはなくなるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 借家住まいの貧乏人がなぜ貧困から脱出できないのか? | トップページ | 持ち家を欲しくなったら、その時期に買うべし »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、こんにちは。
社宅住まいしていますpaper
夫婦2人のうちにと旅行や趣味のスノーボードに行っているので
せっかく家賃が安くてもその分使ってしまっている状況です。
10年経ったら社宅から出ないといけないので、その後現在住んでいる愛知県で家を買うか、2人の出身地である千葉に定年後戻ることも考えて賃貸にするか・・・いろいろ考え中です。

先日タマティーさんにアドバイスいただいた生姜湯、早速飲んでいます。低温期なのに36.5℃超える日が多いです。
こんなに即効性があるものなのでしょうか?びっくり。
旦那がものすごい冷え症なので、一緒に飲んでいます。

ところで質問なのですが、今使っている醤油(イチビキの有機しょうゆ)のラベルに「天日塩100%」と書いてあるのに原材料名は食塩になっています。ということはこれは実は化学塩なのでしょうか?それとも原材料表記するときは天日塩も食塩と表記するのでしょうか?
もしすでにどこかで解説済みでしたらごめんなさい。

投稿: mito | 2011年3月 8日 (火) 09時55分

タマティーさん、こんな例がありました。私の知人は社員寮で暮らしてます。彼女はほとんど空き部屋だらけの社宅で『のほほ〜ん』と暮らしてます。しかし別の知人は、ご婦人のお付き合いや子供絡みの色々でノイローゼになりそう…とこぼしてました。一刻も早く社宅を出たい!…と。
そんな人が過去に多く、空き部屋の増えた社宅は住み心地が良さそうです(笑)海外駐在員の妻となると、現地で『婦人会』なるものが存在し、旦那の地位でご婦人方の優劣が決まり、壮絶な世界が待ち構えてます←これが原因で離婚もありますよ!

さてさて、明日から3泊4日で坂東三十三観音霊場を回る仕事です。ストレスに弱すぎる&歪んだ?考え方の自分を改めたいのですが、足を運ぶだけでもご利益は頂けるのでしょうか?(仕事なので参拝は難しい)
観音様は何を救って下さるのでしょうか?

投稿: はぐまろ | 2011年3月 8日 (火) 09時57分

 mitoさん、道理で上品なわけなのですね。happy01
 社員寮って、家賃が有り得ないほど安いから、こういう「ほのぼのオーラ」が出て来るのでしょうね。

 旦那さんも冷え症なら、精子の質や量は悪くなるし、将来的には癌になりますかね、
 要注意ですよ。
 そこで今回は肉の調理の仕方を教えておきます。
 肉を食べると体温を上げてくれるのですが、体を酸化させてしまうという逆効果も出て来てしまうんです。
 それゆえに妊娠しずらくなってしまうんです。
 そのため肉をそのまま焼くのではなく、肉を24時間以上タレにつけてから焼くようにすべきなんです。
 タレは醤油とニンニクをベースにして、それ以外にも好みで他の食材を入れても結構です。
 肉をタレに24時間以上漬け込むと、肉の体温上昇の効果をより高めるし、タレの効果で体が酸化しなくなるので、妊娠し易くなるんです。
 タレに漬け込んだ肉を食べると精力が活性化するので、その晩はセックスを長時間行うようにすることです。
 長時間に亘ってセックスをすると、それだけオルガズムの回数も多くなるので、余計に妊娠し易くなるんです。

 天日塩に関しては、恐らく食塩と表記されていても天日塩を使用していると思います。
 もしも疑問が残るのなら、そのメーカーに電話してみて、確かめてみることです。
 この手の質問を持って来るお客さんはなかなかいないので、結構面白いことが起こるかもしれませんよ。


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年3月 9日 (水) 06時43分

 耳年増のはぐまろさん、そういうくだらん情報で頭の中をいっぱいにするのではなく、楽しい話題で頭の中をいっぱいにしなさない。happy01
 はぐまろさんは結婚した時点で既に持ち家スタートなので、社員寮に住む人たちよりも遥かに高い地点からのスタートなんですよ。
 自分の恵まれた地位に感謝しないとね。

 観世音菩薩はおらゆる苦しみを慈悲を以て救う菩薩なので、今のはぐまろさんには丁度いいでしょう。
 但し観音様を声に出して真言を唱えないと願いを叶えてくれないので、参拝した時はちゃんと声を出すようにすることです。
 真言は「オン・アロリキヤ・ソワカ」なので、この真言を唱えた後に、自分の願い事を声に出して言ってみるようにすることです。


 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

 

投稿: タマティー | 2011年3月 9日 (水) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39050106

この記事へのトラックバック一覧です: 社員寮だからこそ有効に使え:

« 借家住まいの貧乏人がなぜ貧困から脱出できないのか? | トップページ | 持ち家を欲しくなったら、その時期に買うべし »