« 精液は女性を超極楽状態にさせる | トップページ | 「前世の記憶」と「成長の行き詰まり」 »

妻子ある既婚男性ほど魅力的ななのはなぜか?

●未婚女性だからこそ父性愛を求める

 男性と女性とでは成長過程が違う。男女平等を教え込まれた女性は、育児をしてみると自分は騙されていたんだとはっきり解るようになる筈だ。男女では女の子の方が成長スピードが速く、母親の物真似をし出すし、そして父親に巧く取り入り、「将来、パパと結婚する~」とか言い出すのだ。女の子の頭の中に上位自我が出来上がって来たために、こういうませた行動を取って来るのだ。

 これに対して男の子は成長スピードが遅く、母親とべったりの甘えん坊である。特に男の子が3歳になると異様に可愛くなるので、母親の方が娘よりも息子の方に母性愛を大量に注いでしまうのだ。しかしそれだけ母親に愛されても「将来、ママと結婚する~」とは言わないのだ。男の子の場合、父親が常に家にいないで、上位自我が巧く形成されず、あやふやなままになってしまい、明らかに女の子とは違った成長過程を取り始めるのである。

 ところが男女双方ともに4歳になると「記憶の消去」が起こり、それ以前の記憶が一旦消去されてしまうのだ。だから殆どの人たちは0歳から3歳の間を記憶を持たないのだ。稀にこの記憶の消去が巧く作動せず、0歳から3歳までの記憶を持っている人はいるが、かといってそれでも3歳までの記憶を全て持っているという訳には行かないのだ。

 女の子が3歳までの間に父親から充分に愛されれば、その女の子は健全に成長して行くことができることだろう。しかし3歳までの間に自分にとって父親からの愛が少ないと感じているなら、その女の子は健全に成長して行くことはないのだ。どこかで自分の父親以外の男性から父性愛を貰わないと、まともな人生を歩めなくなってしまうのだ。

 女子中学生や女子高校生が援助交際という名の売春を行うのも、自分には不足している父性愛が欲しいからなのである。普通の女子中学生や女子高校生なら、学校生活を営みながら、売春をやろうとは思わない筈だ。しかし父性愛が不足している女性たちにとっては、学校に何かしらの価値を見出すことはできないのであって、それよりも援助交際をすることの方が楽しいのである。援助交際をしているのなら、もしかして父性愛をくれる男性が現れるかもしれないからだ。

 OLの中で職場恋愛をしてしまい、しかもその相手がよりによって妻子ある既婚男性という場合がある。所謂「社内不倫」なのであるが、なんでそのOLは職場に他に独身男性が多数いるのに、敢えてその既婚男性を選んでしまったかというと、これまた父性愛が欲しいからなのである。妻子ある既婚男性なら1父性愛を出して来る可能性があるからなのである。

●父性愛は「絶対価値の愛」

 売春や不倫は褒められたものではないだろう。キリスト教徒たちや共産党員たちは躍起に売春や不倫を糾弾しまくり、人々が売春や不倫をできないような法律を制定するように教団や党を挙げて運動しまくっているのだ。かといって売春や不倫は幾ら法律で禁止しても、それをしたがる女性たちが存在しているという事実を無視しているのだ。

 父性愛が不足している女性たちは売春や不倫という形で父性愛を補給して行くしかないのだ。本人たちにしてもこれが正しいことだとは思ってはいないことだろう。しかし自分の体を差し出してまで父性愛を得ようとしないと、父性愛を貰うことができないのだ。だから悪いとは思いつつも、それを正しい行為として行って来るのだ。

 では女性たちがそこまで欲しがる父性愛というのは、一体なんなんであろうか? 

 父性愛というのは、「絶対価値の愛」であって、その父親が自分の娘に「お前には絶対的な価値がある」と認めた時だけに出す愛」なのである。父性愛の恐ろしさは「特定の女性にしか出さない」ということだ。母性愛のように全ての人たちに出す愛ではないのだ。父親は自分の価値判断で、特定の女性にしか出さないのである。

 女性は父性愛を貰わない限り、まともな人生を歩めないのだ。簡単に言ってしまうと、自分に自信が持てなくなるのだ。子供の頃に充分な父性愛を貰ってしまったのなら、自信満々で自分の人生を歩んで行くことだろう。だからといって全ての女性たちが自分と同じなのではなく、幼少の頃に父性愛を貰い損ねた女性は自分に自信が持てず、人生を右往左往してしまうことになるのだ。

 恋愛に於いても、女性は男性が父性愛を出さない限り、結婚しようとしないし、妊娠しようとしない。恋愛で女性が男性に全力でぶつかって行くのは、3歳児の時のように、自分の彼氏に全力でぶつかって行かないと、その彼氏はこの女性には絶対的な価値があると思ってくれないからなのである。父性愛を出すのは男性だが、父性愛を引き出す契機を作っているのは女性の方なのである。

 世の中には「ダンメンズウォーカー」などといって、駄目な男性ばかりに手を出してしまう女性がいるものだが、こういう女性は自分が幼少の頃に充分な父性愛を貰っていなかったために、父性愛を出してくれる男性を見つけることができないし、恋愛をしたのなら全力で恋愛をするということができないのである。だからいつも駄目な男性と堕落的なセックスしかできない関係になってしまうのである。

 そういった点では不倫の方が遥かに父性愛を貰い易い恋愛なのである。結婚しているということは父性愛を出す可能性が濃厚だし、妻子がいることは経済力があるということだし、既婚男性の性愛術は独身男性よりも遥かに巧いから満足行くセックスができると同時に、性欲に惑われることなく目的を達成することができるからなのである。

 社内不倫で問題になるのは、常にその独身女性がその既婚男性と結婚したいと思うようになった時点からであって、最初からこれが不倫だと解っているのなら、相手の男性の結婚生活を破壊しないというルールを守るべきなのである。そのルールさえ守っていれば、自分は父性愛をきちんと貰えるのだから、その内、自発的に価値ある行動を取れるようになり始めるのである。

●自分の妻以外だと精液は3倍になる

 人間は一夫多妻制の結婚と一夫一婦制の結婚を取るようにできているものなのである。大方、一夫多妻制の結婚をする者たちは征服者であり、戦争によってその土地を征服し、その征服を持続するために占領地の住民から女性たちを差し出して貰うことで、その土地の支配階級になったのである。一方、一夫一婦制の結婚を取る者たちは大方庶民であると決まっており、経済的に貧弱だから、本妻以外に他の女性を貰うことはできないし、また支配されている側なので、他の女性を貰う理由もないのだ。

 一夫多妻制の結婚と一夫一婦制の結婚は共存するようにできているのであって、決して互いが憎しみ合うものではないのだ。ところがキリスト教が登場してくると、一夫多妻制の結婚を否定し、そのために一夫多妻制の結婚が禁止されてしまったのである。そのため昔から父性愛の不足している女性も一夫多妻制の結婚をしている男性の元に嫁げば良かったものを、キリスト教が広まっている現在では父性愛を貰うチャンスがなくなってしまったのだ。それで仕方なく不倫ということをせざるを得なくなったのである。

 夫が愛人を作った場合、妻と愛人が修羅場を展開するというのはメロドラマの見過ぎであって、その男性が裕福であるなら、浮気をしたとしても妻を捨てることは絶対にないのである。妻の方としても育児をしているのなら、夫婦の性生活が多いと非常に困るものなのであって、それなら夫が愛人を作って、そこで性欲を処理して貰えばいいと考えて来るのである。

 男性の中には結婚すすると妻に対して性欲が盛んになる者と、そうでない者とが存在する。結婚後、性欲が下がってしまう男性は、セックスをした際、妻に対しては約3億個の精子しか出さないのに対して、他の女性だと約9億個もの精子を出して来るのである。3億個でも充分に妊娠可能なのであるが、9億個だと確実に妊娠して来ることになるのである。

 結婚制度を守ることは大事であるが、かといって一夫一婦制の結婚だけを唯一の結婚としてしまうと、その結婚の枠に収まらない男女が大量に出て来てしまうものなのである。間違っているのは、一夫一婦制の結婚だけを認めている現在の民法なのであって、一夫多妻制の結婚を否定してしまうからこそ、不倫を跳梁跋扈させてしまうことになるのである。

●不妊症で苦しんでいるなら、妻子ある既婚男性と仲良くする

 不妊症の問題を抱える夫婦は、大概、2つのパターンに分かれるものである。1つ目のパターンは妻が不妊治療に躍起になり、夫は無関心というパターンだ。もう1つ目は夫婦仲の良すぎるために妊娠できないパターンだ。夫婦仲が良いことに越したことはない。しかし夫婦仲が良すぎる夫婦に限って妊娠できないものなのである。

 理由はその夫が妻に対して友達感覚になってしまい、父性愛を出して来ないということだ。妻は夫から父性愛を貰えないために、妊娠しようとしなくなってしまうのである。心では妊娠したがっても、体が動いてくれないのである。もう1つの理由は夫婦仲が良すぎるために精子の数が減少してしまい、妊娠できなくなってしまうのである。

 こういう場合、病院で不妊治療を受けても成果は上がらないものだ。根本的問題は精子や卵子なのではなく、父性愛なのであって、父性愛を出してさえ貰えば、少ない精子であっても妊娠して行くことが可能になるからだ。それゆえこの手の不妊症を克服して行くためには「疑似不倫」をやってしまえばいいのだ。

 簡単に言ってしまうと、妻子ある既婚男性と仲良くし、父性愛を貰うのである。妻子ある既婚男性なら父性愛を出す確率が高いので、その手の男性と仲良くなり、自分の悩みを聞いて貰ったり、体を抱き締めて貰うようにするのだ。既婚男性ならその既婚女性に価値がある見出さない限り、悩みを聞いたりしないし、体を抱き締めたりしないものなのだ。

 妻が他の既婚男性と仲良くしていれば、当然に夫は嫉妬を掻き立てることになる。そうすると夫の方はより多くの精子を出すようになり、呆気なく不妊症を克服して行ってしまうのである。「不倫は悪いことだ」といって自分の心身を雁字搦めにしてしまうのでなく、敢えて悪い女になって不妊症を克服して行く方法も、時には必要なのである。

●下手な道徳よりも本能を大事にする

 文明を発展させて行くためには、道徳や倫理といったものは確かに大事だ。しかし道徳や倫理は所詮、人間の建前だということを知っておくべきなのである。勤勉勤労の倫理が存在するということは、それだけ勉強嫌いの子供が出て来るし、平気で遅刻して来るサラリーマンだって存在するのだ。余りにも道徳や倫理を強調しすぎてしまうと、人間の本能が抑圧されてしまい、その弊害の方が大きくなってしまうのである。

 下手な道徳を守るより、自分の本能を大事にすることなのである。一夫一婦制の結婚生活で自分の心身を硬直化させてしまうと、不妊症が発生してしまうものなのである。自分たち夫婦がどんなに素晴らしい恋愛や結婚をしたとしても、自分の夫が父性愛を出してくれないのなら、他の既婚男性から父性愛を調達して来るしかないのだ。

 人間は結構浮気者なのである。アダルトビデオで「人妻シリーズ」が存在する理由も、そういう願望があったればこそなのである。不倫とかで問題にあるのは、その不倫に本気になってしまい家庭を壊してしまうからなのである。不倫は悪い物とされているが、その不倫の中にもちゃんとしたルールが存在するのである。

 日本の温泉は、昔は混浴だったのだが、混浴に入っているのなら、不妊症は起こりにくかった筈だ。男女が全裸になって温泉に浸かり、ざっくばらんに話し合う機会が存在するなら、その過程で女性たちは父性愛を貰うことができるので、不妊症など吹き飛んでしまい、簡単に妊娠することができたことだろう。ところが、混浴が法律で禁止されると、徐々に不妊症に罹る女性が出て来たのである。

 俺が『不妊症バトルロワイヤル』を展開していた頃、不思議と思ったのは、不妊治療を施す医者は圧倒的に男性の医者が多かったということだ。俺は不妊治療では女性の方が必死になっているので、女医たちがもっと不妊治療をやって欲しいと思っていたのだが、今から考えてみると、不妊治療を施すの男性の医者の方が圧倒的にいいのだ。なぜなら医者が男性なら、父性愛を出して来る確率が高いかならなのである。

 道徳や倫理は決して否定されるものではない。道徳や倫理がなければ文明など発展していかなくなるからだ。しかし道徳や倫理が盛んに強調されているということは、それだけ人々が正反対のことをやっているということなのである。ではなんでそれをするのかが解った時、人々にとって思わぬ理由が出て来るものなのである。しかし、こういうことは邪悪な宗教やイデオロギーに洗脳されてしまった人たちには決して見えて来ないものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 精液は女性を超極楽状態にさせる | トップページ | 「前世の記憶」と「成長の行き詰まり」 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

毎回、タマティーさん独自の切り口が新鮮で、楽しく拝読させて頂いてます。

mitoさん、妊娠できるといいですね!って彼女は絶対私より若いから焦ることはないっ!!絶対大丈夫!

実は20代の頃は、バイト君から会社員からパイロットから、散々にかなりモテまくってました。もち、独身ばかり…。そのおいしい時期をボーッと過ごしてしまったばかりに、30代になると途端にモテなくなりました(←独身から)。
言い寄ってくるのは既婚者ばかり、目的は遊び! 『男ってサイテー、結婚なんて絶対したくないっ!』と考えるようになり、ムカつくから食事やコンサートなどは貢がせ、ヤバくなってきたら『既婚者とは…』と言い逃げてました。婚活もしたけど会う以前に年齢で相手にされなかったです。それに、出会って『素敵』と思えるのは既婚者ばかり。ケッ、既婚者かよ…やっぱ、いい男は残ってないよね〜と諦め数年。
ずっと共通してたのは誰に対しても本気で好きになれなかった事。はっきり言って今の旦那も妥協が本音。こんなにも優しくて大事にしてくれるなら、きっと…と思い、今回を逃したら二度と結婚できない!と思ったから。

『父性愛の欠乏』は衝撃です。小さい頃、父親に愛され?可愛がって構って貰った記憶はゼロです(←母に聞いても)…いつも自分の享楽が最優先で家にいませんでしたし、母も苦労ばかり。
そんな両親ですが、今は歳のせいか父は家に四六時中いますし、仲良く?会話も多い夫婦です。

旦那は結婚後から別人みたいになり、私は選択の失敗に1年で300日以上泣いてました。離婚して新しい人を見つけたら子供のいる幸せな家庭を築けるかも?って毎日思いながら3年。最近やっとケンカや憎しみが減り、愛が増えてきて旦那も子供を欲しい気持ちに寄り添うようになってきました。本当にタマティーさんのおかげです。タマティーさんのブログに出会ってから変わってきました。
長くなりすみませんでした。

投稿: はぐまろ | 2011年3月23日 (水) 13時09分

知り合いのママ友さんの間での“都市伝説”かもしれませんが、妊娠中、体にいいからといって毎日せっせと納豆を食べていたら、子どもが大豆アレルギーになった、とよく聞くので、妊娠中の今、大豆製品は毎日食べているものの、納豆は2-3日に1/3パックくらいの量に控えています。過ぎたるは及ばざるが如しといいますが、タマティーさまが、放射能汚染が広がっているいま、お勧めされているようなので、もう少し量を多くしてみようと思ってます!

ところで、今日のエントリーも非常に興味深く拝見しました。
私の会社の女の先輩(東大卒、40歳)が、典型的なダメンズウォーカーで、恋人がいない期間がないほど、いつも恋愛中なのですが、毎回、同棲してディープに付き合って、別れて、傷ついて・・を繰り返しています。
私、そして20代で結婚・出産しているまわりのママ友さんたちは、同棲したことがない方のほうが多く、不思議に思っていました。父性愛、という観点から、未だ独身の先輩の恋愛作法をみると、なぞが解ける気がしました!

投稿: ひさこ | 2011年3月23日 (水) 23時00分

 はぐまろさん、泣き過ぎじゃ!happy01
 1年の内に300日も泣いていたら、泣いていない日はたった65日ですよ。
 旦那さんにしてみれば、自宅に放射性物質が存在しているみたいなものですよ。
 100ミリシーベルトはありそうですよ。アラーム音は成りっ放しです。

 旦那さんから父性愛を貰いたいのなら、旦那さんが価値ある行動を取った時に、必ず褒めることですよ。
 そうやって相手の価値ある行動を褒めておくと、旦那さんもはぐまろさんの価値ある行動を褒めてくれるようになるので、少しずつ父性愛が蓄積されて行くんですよ。
 父性愛が不足している女性に限って、相手の欠点を指摘して来るので、自分が旦那さんの欠点に気付いてしまった時には、すぐさまそれを口にしないで、少し間を置いて、冷静になることですよ。
 夫婦の場合、相手の欠点を指摘しても喧嘩になるだけなので、それを回避しつつ、相手の長所を褒めて行くようにすれば、夫婦仲は良好になって行くもんんですよ。

投稿: タマティー | 2011年3月24日 (木) 07時02分

 ひさこさん、その東大卒の女性は付き合ってしまうと、男性の方がすぐに飽きてしまんですな。
 父性愛をちゃんと貰って育っていないから、その女性の中に価値あるものが非常に少ないんでしょう。
 同棲はいかんのですね。
 タマティーとしては一度はやってみたいけど。
 父性愛をきちんと貰って育った女性なら、付き合えば付き合うほど面白くなって来るから、そう簡単に失恋なんかしないものなんですよ。

 タマティーは滅多なことで酒を飲まないし、残業もしないので、夜には自宅に帰れるのですが、酒を飲む人や残業が当たり前になっている人は、大事な時期に娘と接していないから、どうしてもその娘さんは父性愛を貰えなくなって仕舞い、その子が大人になった時に異常が出て来てしまうんですよ。
 飲酒をするかしないかは個人の嗜好だからどう仕様もしないけど、残業を減らし、無くして行くっていうのは、会社としては本当に必要なことなんですよ。
 残業をやっても、結局、生産性が上がらないし、そもそも仕事の計画がなっていないから、残業しなければならないんであって、その被害が本人だけに及ぶんではなくて、その娘さんにまでに及んでくるから、残業は特別な事情が無い限り、禁止してしまった方がいいんですよ。

投稿: タマティー | 2011年3月24日 (木) 07時03分

初めまして、タマティー様。

ジンジャーさんのブログを通してタマティーさんのブログを知り、毎日昼休みに拝見しています。タマティーさんの言葉によって感謝と尊敬の念を思い返させて頂き、今は家族や社会との繋がりを大切に生きています。些細なことはあまり気にもならなくなり、この世に生を受けた幸せを感じながら暮らしています。どうも有り難うございます。

私は生活の拠点を海外に構えて15年になり、勉学の期間を合わせると海外生活は20年近くになります。瑞西人のパートナーとはヨーロッパの小国で仕事を通して知り合い14年、10年来同居同棲をしています。私どもは共に今年40歳になりますが、縁があって来週入籍することになりました。子供を望む気持ち(本能)がこうさせたのでしょう。友達感覚で邪魔せずされず、心地よい関係ですが、心底では父性を求めていることがタマティーさんの記事からわかりました。婚姻を決心した今も時々悪あがきをしていますが、彼に対して感謝の気持ちと尊敬の念を持ち続ければ、大丈夫だとほぼ確信しています。タマティーさんにそして皆さんに見守って頂いています。

今後もタマティーさんのブログを楽しみにしています。私自身に世の中にとってもためになるお話をどうも有り難うございます。

投稿: なお | 2011年3月24日 (木) 13時43分

 なおさん、長い付き合いですな~。happy01

 多分、その彼氏はなおさんにズド~ンと踏み込んでくれんわけですな。
 女性に対して紳士的すぎると、ズルズルと行ってしまいますからね。
 愛しているんだったら、時には野獣にならんと。
 ワォ~ン!

 父性愛を貰いたくても、その彼氏では無理でしょう。
 もう長い付き合いだから、今更、父性愛はだしてくれないと思います。
 それよりも自分の父親とか、その彼氏の父親から父性愛を貰った方がいいです。
 簡単に言ってしまうと、自分の中にある「価値ある物」を見つけ出してくれたり、褒めたりしてくれると、なおさんの心の中に父性愛が溜まって行くんです。

 それはそうと、ジンジャーさんって、一体何者なんですか?
 只者ではないと思うのですが、できればなおさんが知っている情報を教えて下さい。
 頭はいいし、勉強もしているようなので、いずれ大きな仕事を成し遂げることができる女性だとタマティーは思っています。

投稿: タマティー | 2011年3月24日 (木) 17時41分

タマティー様

コメントをどうも有り難うございました。

私の父はもう亡くなっていますので、生身の父性愛は貰えませんが、社会に出て仕事をしている今、父の言葉を思ってはそれを感じ心が満たされます。婚約者に父性愛を期待できないことは頭ではよくわかっていますが、気持ちが十分に伴いません。彼は頭や心以上にお腹の感覚を出来るだけ大事に、自身を何か大きな力に委ねているようなとにかく自然体な人です。これには私も癒されますし、朗らかになってしまうのです。私はラッキーです。

ジンジャーさんですが、ナチュラルハイへの道というタイトルのブログを書いておられます。お会いしたことはありませんが、まっすぐな凛とした女性と見受けます。

被災地の皆様に一日も早く平穏な日々がもどりますよう、心よりお祈り申し上げます。タマティーさんもお風邪など召されませんようご自愛下さいませ。どうも有り難うございました。

投稿: なお | 2011年3月25日 (金) 04時50分

こんにちは。私は現在34歳です。母を20歳の時に亡くし、父も28歳の時に亡くしました。二人とも病気でした。比較的、早く両親を亡くしたので何か行いが悪かったのでしょうか?今から、何か出来ることなどはありますか?でも、お陰様で両親の親戚は凄く良くして頂いています。それと、父の誕生日が2月10日なのですが、息子が2月8日に産まれました。生まれ変わりでしょうか?
すみませんが教えて頂けると助かります。お忙しい所すみません。

投稿: ぽんちゃん | 2011年3月25日 (金) 11時52分

  ぽんちゃんの家族全員の名前と生年月日が解らないので、詳しいことは解らないのですが、その夫婦が運命の赤い糸で結ばれていると、夫婦のどちらかが死んだ場合、残された方もすぐに死んでしまうことがあります。
 今回はそれに当たっていると思います。
 但し病気で早くに死んでいるようなので、ぽんちゃんの両親の食生活には相当に問題があったと思います。
 ぽんちゃんも食生活の改善には務めた方がいいと思います。

 人間の霊魂は300年くらいは霊界に行って浄化され続けるので、死んですぐさまこの世にやってくるということはありません。
 しかし「魄」(ハクって読みます)というものがあって、この魄が息子さんに宿っているのでしょう。
 魂が精神を司る霊的なもので、魄は肉体を司る霊的なものと考えれば解り易いと思います。
 魄は基本的に家族の中で死んだ者が出て来ると、比較的早くにこの世に舞い戻ってきます。
 父親の命日と、息子さんの誕生日が近いということは、息子さんの体に父親の魄が宿っていると見ていいと思います。
 だから息子とはいえ大事に扱った方がいいんです。

投稿: タマティー | 2011年3月26日 (土) 05時53分

おはようございます。今回もありがとうございました。しかも、分かり易く丁寧に説明して下さり感謝します。父、母の声は聞けませんが息子が父の代わりと思いより大切に育てたいと思います。ありがとうございます。タマティさんのお家は片付きましたか!?

投稿: ぽんちゃん | 2011年3月26日 (土) 07時15分

 ぽんちゃん、片付きましたよ。happy01
 復興作業には5日間もかかってしまい、もうヘトヘトですよ。

投稿: タマティー | 2011年3月27日 (日) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39264533

この記事へのトラックバック一覧です: 妻子ある既婚男性ほど魅力的ななのはなぜか?:

« 精液は女性を超極楽状態にさせる | トップページ | 「前世の記憶」と「成長の行き詰まり」 »