« 「東京電力は危機管理がなっていない!」は言い過ぎ | トップページ | 大地震だからこそ学べたこと »

人はなぜ専門家に騙されるのか?

●数字のトリック 

 今回の東日本大地震で自宅が被害が出たというのに、テレビを見ながら復興作業を行うと言う、とにかく効率の悪い遣り方をやっているので、大地震から5日経ったというのに、まだ自宅の復興が終わっていないのだ。まあ、自宅に本が大量にあったために、この本を本棚に戻す作業が大変なのだ。

 ではなんでテレビを見ながら作業をしているのかといえば、それは福島第一原発が放射能漏れを起こしているからで、その情報の収集しない限り、我が身と我が家族の安全を確保できないからだ。今回の大地震は阪神淡路大震災とは比較にならないくらい危険な震災を引き起こしたのであり、原発の動向では俺だって自宅から退避することも有り得るのである。

 テレビを見まくっているお蔭で、原発事故関連ニュースでは原子力の専門家たちを多数見ることになり、その専門家たちの意見を何度も聞かされ、俺ですら原子力のことが良く解るようになった。ただ、俺に言わしてみれば、国民がこの専門家たちの意見に騙されているからこそ、今回の原発事故が余計に悪化していったのだと思うようになった。政府の対応も的確さと迅速さに欠いているのは、政府が専門家たちの意見を聞いてから対応策を決めているので、それで確実にこの事故を処理できなくなっているのだ。

 例えば人間は1年間に浴びても問題のない放射線量は「1000マイクロシーベルト」である。しかし福島第一原発ではこの数値が出ており、しかも1時間当たりの数値なのである。それで専門家たちはなんと言ったか?

  「人体には影響ありません」

 俺は一体どういう根拠で言っているのかさっぱり解らない。1年間で許容できる量を1時間で浴びているのだから、人体に影響が出て来るのが当たり前ではないかと思うのだが、「数字のトリック」を使うと国民をまんまと騙すことができるのである。

 もっと恐ろしいのは、2号機で爆発音がした後、「40万マイクロシーベルト」という異常な数値が出たのである。原発の従業員が1年間で浴びても許容されるのが、「5万マイクロシーベルト」である。この8倍の数値が時間単位で出ているのだから、幾ら防護服を着ようとも、原発の従業員たちに健康被害が出て来るのは予想されることなのである。それなのに専門家たちはなんと言ったか?

 「拡散してしまえば問題はない」

 そんなことは言ってしまえば、幾ら放射線量が出ようがなんとでも言えてしまうのではないかと思ってしまうのだが、専門家は冷静になって淡々と原子力の解説をし続けるのである。

●要は安全領域まで持って行け

 なんで原発事故のことで国民が大騒ぎしているのかといえば、福島第一原発が安全になっていないからなのである。要は原発を安全領域にまで持って行ってくれればそれでいいのである。しかしそれをせず、放射線量がどうのこうのと言い出し、原子炉の解説を呑気にしているからこそ、この事故を終結させることができないのである。

 具体的措置としては、燃料棒を水の中に浸し、その水を循環させ、そして原子炉内を100℃以下にすれば、もうこの原発事故は終結するのである。たったそれだけのことなのである。海水を注入するとか、燃料棒を露出させないとかが最終目標ではないのである。最終目標は飽くまでも原発事故を終結させることなのである。

 なんでこんな簡単なことができないのかというと、原発に電力が供給されないために、ディーゼルエンジンを持って来て、それで海水を注入しているからなのである。しかもディーゼルエンジンは重油を大量に消費して行くので、重油の補給が追いつかなくなれば、途端に海水の注入は止まってしまい、原子炉内で原料棒が露出したり、空炊きをしたりしてしまい、非常に危険な状態になってしまうのである。

 それゆえ東京電力としてはディーゼルエンジンと重油を大量に確保し、それらを原発に持って行くべきなのである。ディーゼルエンジンも使い続ければ壊れる可能性もあるし、重油だって大量消費して行くから、必要量だけではなく、少なくてもその3倍を持って行くべきなのである。

 その上で「送電線を引け」ばいいのである。原発に電力が供給されていないからこそ、ポンプが使えないのであって、送電線によって電力が供給されてしまえば、原発の電力は無限になるので、それでこの原発事故を終結させることができるのである。しかし専門家の意見で、「送電線を引け」という意見は全く出て来ないのである。これでは原発事故の処理が長期化し、その長期化の中で次から次へと更に事態は悪化して行くことになるのである。

●社長とは経営の全責任を取る人

 ではどうして東京電力が専門家たちの意見に振り回され、この原発事故を終結させれうことができないのかというと、それは東京電力の「清水正孝社長」が独裁権力を行使して、この非常事態を乗り切ろうとしていないからなのである。清水正孝社長がやっているのは、平時の遣り方で処理しているし、悪く言ってしまえば社長なのに官僚主義的な態度で事態の収拾に当たっているために、原発事故がいつまで経っても終結しないのである。

 社長は経営の全責任を取る人なのであって、社長以外の人間が経営の責任を取ってくれる人はいないのである。だから社長は社内で最も権限が大きいし、給料だった社内で最も多く貰っているのである。それは会社に万が一のことがあった場合、社長が全責任を負うためのものなのであって、決して社長個人の私利私欲を満たすためのものではないのだ。

 東京電力は決して危機管理能力がないわけではないのだ。原発で事故が起こってもその対策を用意していたし、電力の供給不足に陥っても計画停電を行うことを用意していたのだ。しかし社長が独裁権力を行使してこないために、社員たちがバラバラになって行動してしまい、どこの部署に於いても不手際の悪さが露呈し、大混乱を引き起こしているのである。

 東京電力は原発を使って電力を発生させている以上、大地震で原発が損傷し、更には津波に襲われてしまえば、「原発が危険だ!」ということが解る筈だ。それなのに清水正孝社長はこの危機意識を持っていないらしく、国民に対して原発が事故を起こしていることを自分の言葉で説明してこないし、政府に通報するのも大いに時間を送らして通報しているのだ。

 福島第一原発の事故は早期の段階で終結させることができたのである。ところが肝腎の社長に危機意識がないばっかりに現地にはディーゼルエンジンも重油も届かないために事態を悪化させてしまっているのだ。送電線が震災でやられたのなら、送電線を突貫工事で引けばいいものを、東京電力の社長はなぜだかやらないのだ。

●社長が独裁するから専門家の知識が活かされる

 要は東京電力の社長が独裁権力を以てこの非常事態を終結させてようとしてこないために、福島第一原発はメルトダウンの一歩手前まで行っているのである。ところがマスコミは東京電力の社員たちの不手際を非難して来るが、なぜだから東京電力の社長を非難して来ることがないのである。

 ジャーナリストたちは会社を経営したことがないから、会社というのものはその社長によって99%決まってしまうということが解っていないのだ。だから福島第一原発で必死になって働いている従業員たちに対して「弛んでいる!」と罵ったり、東京電力の社員が計画停電の説明をもたもたしているのを、「もっとはっきりと説明して欲しい!」とか言い出すのである。

 個々人の力など微々たるものなのである。しかし会社という組織を作ると、協業と分業が働くために、強力な組織戦を展開することができ、如何なる危機が起ころうが乗り越えて行くことができるのである。だがそれは飽くまでも社長が独裁権力を行使すればという条件付きなのだが、東京電力ではこれがないからこそ、全ての社員がバラバラになって動き、マスコミから非難の集中砲火を受けているのである。

 東京電力の清水正孝社長は、この非常事態になっても専門家たちの意見を聞いて、ゆっくりと物事を進めていることであろう。だから全ての決定が裏目に出て来るのだ。社長が独裁を行使して来るからこそ、専門家の知識が活かされるのであって、幾ら専門家の知識があっても社長が独裁を行わなければ、その専門家の知識はなんにも役に立たないのだ。

 「専門家は責任を取らない」ものなのである。責任を取るのは常に社長の方なのである。今回、これほどの大惨事を引き起こし、福島第一原発の周囲20キロメートルの住民たちを退避させ、避難所暮らしを強いているのに、社長fが無責任で済むことは絶対に有り得ないのだ。

 清水正孝社長ではこの非常事態を乗り切れないのであるならば、東京電力は社長を交代させ、この非常事態を乗り切れる人物を社長に迎え、その者に独裁権力を付与すべきなのである。独裁以外でこの非常事態は絶対に乗り切れないのであって、事態が悪化すればするほど東京電力は大損害を被って行くことになるのである。

※追伸

 コメントを寄せてくれて本当に有難うございます!

 連日の復興作業で心身がクタクタになっているので、コメントを読むと、疲労が一気に回復します。

 非常事態なので、この記事を以てコメントへの返答とさせて下さい。

 特にじゅんじゅんさん、布オムツや布ナプキンが震災で役に立つとは、タマティーですら思いもつきませんでした。

 多分、本日中に復興作業も終わると思うので、復興作業が終わり次第、コメントへの返答が復活できると思います。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「東京電力は危機管理がなっていない!」は言い過ぎ | トップページ | 大地震だからこそ学べたこと »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

遅まきながら、タマティーさま、また他のコメントされている方々がご無事で何よりでした。

昨日は静岡のほうで地震がありましたね。タマティーさまの言うとおり、これからは関西のほうにも地震の余波が出てくるのではないかと心配しています。

当方は、昔、タマティーさまが住んでらっしゃった市に住んでいるのですが、幸いにも、物もほとんど落ちずに済みました。

被災地に米軍の援助が入るみたいですね・・ありがたいことですが、携わる方はどんな気持ちで救助にあたるんでしょうね・・地震兵機の存在は軍関連者でしたらうわさにでも知っているでしょうしね・・

それにしても、被災された方が本当にお気の毒です。また、幼児をかかえての避難所生活は苦労きまわりないものだと思います。夜泣き、ぐずり、かんしゃく、おねしょ、まだまだ我慢もできない年頃の子供を持つ親のストレスは大きいでしょうね・・、どうか周りの方が温かい目で見守ってくれることを願ってやみません・・。反対にこのような状況でも理解できず、くったくなく笑う子供の姿が明日の希望になっていればいいなと切に願います。

こんなときになんなのですが・・
タマティーさまにご報告があります。

以前、風邪が長引くと相談させていただきましたが、なんと妊娠していました。
わたしにとっては想定外、夫に後で聞いたら確信犯でした・・coldsweats01
ちょうどそろそろ欲しくなってきたなという話をしていたので、よいタイミングだったと思います。

今は、地震の精神的なものだと思いますが、つわりがひどいです。一人目のときはほとんど感じなかったので、ちょっとまいっています。もしかしたら、男の子なのかもしれませんね。

まだまだ地震が続きそうですが、どうぞタマティーさま、他の方々がご無事に生活できますように・・

投稿: るう | 2011年3月16日 (水) 12時00分

 るうさん、ご懐妊おめでとうございます!heart04happy01heart04

 確信犯って、一体何?
 そういうことを表現するなら、もっと文学的な表現を使った方がいいのに。
 例えば「愛のショットガン」とか。
 それとも「真夜中の間欠泉」とか。
 「極秘の肉弾戦」とか。

 二度目で「つわり」がひどいのは、1人目の妊娠と授乳で葉酸が不足しているからですよ。
 それゆえ野菜や果物をバンバン食べましょう。
 それと糠漬けと万田酵素などの発酵食品も効果ありですyよ。
 つわりがひどくて嘔吐や吐き気まで出て来るようでしたら、生姜を食べるようにすることです。
 生姜の酢漬けでも作って、1日1回食べるようにすることですよ。

 るうさんがそろそろ欲しいなと思った時に旦那さんが妊娠させるなんて、なんか阿吽の呼吸ですね。
 下手に二人目不妊に苦しむよりも、こういう方が断然いいですよ。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年3月16日 (水) 17時04分

タマティーさん、余震や原発の件、また停電の影響で心配や不便も多く大変な最中、相変わらずのタマティー節にホッとしてます。とは言え、避難所生活をされている方々を思うと本当に言葉を無くします。自分の身に降り懸かったら…と想像するだけで心臓があおってきます。
愛知でも、住宅の提供があるようですが、果たしてその情報は平等に被災者に伝わるのでしょうか?仕事や家族の諸々で移住もままならない方が多いと察します。本当の弱者は見捨てられ、要領の良い強い人しか救われないように感じてしまい、もどかしくてたまりません!何とかならないものか…

心根の汚い私は、子連れがいる所で生活できないのでお年寄りしかいない所に行くでしょう…。どこへ行っても、これみよがしに赤ちゃん見せ付けられ、TVつければ民放のCMは親子や妊婦ばかりで精神が崩壊しそうです。もう嫌です…子連れや妊婦を憎んでしまう自分が。早く五体満足のかわいい赤ちゃんきて!

投稿: はぐまろ | 2011年3月17日 (木) 14時15分

 はぐまろさん、大地震の被害でこっちは大変でしたよ。
 家の中は滅茶苦茶だしその復興作業が難航しまくりで、もうヘトヘトですよ。
 まあ、津波を直撃した人々とは比較にもならないのですが、それでももうクタクタですよ。

 今週の記事はどうしても大地震関連の記事になってしまいます。
 マスコミでは絶対に流れない情報を流しているので、マスコミ情報を収集しつつ、このブログを読むと、一体何が起こっているのかが明確に解ると思います。

 それから来週にすぐさま本来のシリーズを再開するのではなく、不妊治療関連の記事を3連発公開しようと思っています。
 その記事を読んで実行に移せば、多分、性根の汚いはぐまろさんが性根の優しい女性に変わると思いますので、楽しみに待っていて下さい。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 


投稿: タマティー | 2011年3月18日 (金) 06時20分

タマティーさま、

先日はお忙しい中、お返事およびアドバイスを下さりどうもありがとうございましたconfident

上の子には、2歳過ぎまで母乳を与えていたので、葉酸不足になっている可能性大ですね・・。発酵食品がよいとのことですが、キムチはあてはまりますか? 妊娠前はキムチはあまり好んで食べていなかったのですが、今はとても食べたくなるんですcoldsweats01

おなかの子に電磁波の影響があるとのことですが、ホットカーペットや電気毛布なども影響があるものなのでしょうか・・?

復旧作業、どうもおつかれさまでした。
お母様が寝込まれたしまったとのこと、大変でしたね。
きっとタマティーさまがとっても頼りになる息子なので、お母様も安心して寝込むことができるんでしょうね。
わたしも夫がいるときはつわりがひどくなったりします・・coldsweats01


投稿: るう | 2011年3月20日 (日) 14時45分

 るうさん、そうだったんですか?happy01
 あのだな、震災の翌日に寝込まれたために、結局、5日間も復興作業がかかって大変だったんですよ。=3

 キムチはつわりに効果ありですよ。
 しかしキムチの中には粗悪品が多いので必ず原材料を見て、安全な物を使っているキムチだけ食べるようにすることですよ。

 それと電気カーペットや電気毛布は妊婦にとって非常に危険ですからね。
 妊娠10週目まで胎児にとって大事な細胞分裂をやっているので、この時期に電磁波を浴びると遺伝子異常が起こってしまうんです。
 寒いのなら厚着をして体を温めるようにすることです。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年3月20日 (日) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39237989

この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ専門家に騙されるのか?:

» 今日は風が強くて [わかってよちょっと〜]
最近はまってること→ヘン顔(あまりうけない) [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 17時48分

« 「東京電力は危機管理がなっていない!」は言い過ぎ | トップページ | 大地震だからこそ学べたこと »