« 言霊パワーを使った奇蹟の起こし方 | トップページ | 一流のマンション選びの基準 »

自粛をするからこそ経済は発展する

●自粛で経済が停滞することはない

 大震災後、関東地方では自粛をするイベントが相次ぎ、それがマスコミの批判に晒されている。人々が東日本大震災で何かを感じたからこそ、自発的に自粛をしている以上、その自粛を尊重すべきであって、とやかく批判すべきではないのである。マスコミの批判の急先鋒になっているのは、毎度お馴染みの「朝日新聞」と「テレビ朝日」ので、この批判が絶対に国益に利することがないことだけは予想される。

 「朝日新聞」や「テレビ朝日」に言わせると、「自粛すると経済が停滞する」というのである。そんな馬鹿げたことがあるのかと言い返したくなる。今回、自粛したと表明しているのは、主に関東地方のイベントであり、そのイベント程度で日本の経済が停滞することがないのである。

 日本経済の主力は「製造業」であり、「金融業」である。今回、なぜ東日本大震災で国民が大騒ぎしているのかといえば、岩手県、宮城県、福島県、茨城県にあった工場が罹災してしまい、操業停止に追い込まれたからなのである。だからこそ一時的に経済がダウンしてしまったのである。だから各地のイベントが自粛された所で日本経済になんら悪影響を与えるということはないのだ。それよりもイベントを自粛することで、浮いた労働力を工場の復興に充ててしまった方が早く日本経済は立ち直るというものなのである。

 人々が自粛をすることで騒いでいるのは、居酒屋とか観光業とかである。イベントの恩恵を最も受け易い連中なのだから、この連中が騒ぎ立てるのは当たり前なのである。しかし居酒屋や観光業はそれほど大きな産業ではないので、別に経済全体に影響を及ぼすものではないのだ。自粛に耐えらないようなビジネスなら、今回の自粛で潰れてしまった方が経済に貢献するものなのである。自粛したとしてもせいぜい半年であり、長くても1年程度である。その間に改装するなり、掃除するなりして、サービスの改善にでも務めていればいいのである。

 そもそもなぜ関東地方の人々は自粛という行為をしてくるのか?

 それは「共感」しているからなのである。

 自粛している人々は東日本大震災での犠牲者を追悼し、罹災者たちに深い同情を寄せているからこそ、自粛という行為をして来るのである。被災地に義援金を送ったり、ボランティアに行くのも共感からの行為なのだが、自粛というのも共感すればこそしてくるのである。

 しかも今回、大地震や大津波以上に、福島第一原発が放射能漏れ事故を起こして、福島県の3分の1もの住民たちが避難させられているのである。福島第一原発が発電する電力は福島県民のために使われているのではないのだ。関東地方に送られ、関東地方の人たちが使っているのである。だから今回の自粛している人々は圧倒的に関東地方の人たちなのである。福島県民に深い同情を寄せているからこそ、自粛をしているのである。

 もしも自粛に文句があるなら、原発をテレビ朝日がある六本木にでも移してしまえばいいのだ。1000ミリシーベルト以上の汚染水でテレビ朝日の社員たちがバタバタと死んで行けば、「自粛することは怪しからん!」などと無責任なことは言えない筈だ。しかも国民同胞が大震災で悲惨な目に遭っているのに、自分たちは罹災しなかったからといってお酒を飲んでドンチャン騒ぎしているのなら、その者の精神は狂っていると見るべきなのである。

 道徳のない自由経済は正常に作動することはない。『国富論』を書いたアダム・スミスは近代的な経済学を打ち立てたが、彼は『道徳感情論』を既に書き上げていた倫理学者でもあったのである。その『道徳感情論』で特に挙げているのが「共感」ということなのである。共感という倫理があればこそ、人々は経済活動に励み、より多くの富を生産できると見抜いたのである。だから自由経済を行っている人々にとっては「自粛」という行為も充分に有り得ることなのであり、決して経済を停滞させることはないのである。

●自粛すると使われなかった資金はどうなるか?

 人々が自粛すれば、当然にお金は消費されることはない。では自粛して使われなかったお金は一体どうなるかといえば、それは銀行に預けられることになるのだ。銀行はその預金を使って信用創造を行い、株式投資を行ったり、融資を行ったりするのである。東日本大震災直後、株価は大暴落したので、銀行が株券を安値で買い取ってくれたからこそ、株価は回復して行ったのである。更には被災地では工場復興のために莫大な資金を必要としているのであって、銀行はそれらの企業に融資することで復興を手助けしているのである。

 こういうお金の流れを見せつけられれば、人々が自粛したから経済が停滞するなどということは決して起こらないことに気付く筈だ、それどこか人々が自粛してくれたお蔭で順調に投資が行われて行き、復興のペースが速まるのである。もしも人々が自粛しないで、自分たちのお金を飲食や観光に使ってしまっては、肝腎の資金が集まらないから、逆に復興が遅れてしまい、経済が停滞するどころか経済成長がマイナスになってしまうのである。

 自粛をしている人々は、まさか自分のお金がそんな使われ方をしているなんて全く知らないものなのである。自由経済はお金が巡りに巡るものなのである。自分が自分のお金を消費に回そうが、消費に回さなくても、お金は経済の中を循環するようにできているのであって、それを人為的に食い止めるようなことをすべきではないのである。寧ろ、人々が自分の道徳に基づいてお金を動かして行けば、自然と最善の使われ方をするようになるものなのである。

 確かに人々が自粛をすれば、居酒屋や観光業の人々が騒ぎ出すから、自分たちがお金を使わないことが経済を停滞させるのではないかと思ってしまいがちだ。しかし酒造メーカーですら今回の大震災で罹災してしまい、ビールの品不足すら出て来ているのである。観光地にしても観光客がゼロになった訳ではないのである。この状況下では大震災前の状態に戻るのは半年近くかかるのであって、それはどの産業も同じことなのである。

 経済に決定的な役割を果たすのは消費と投資なのであるが、大震災の被害を受けた時は、断然に投資の方が重要になってくる。今後、被災した地域に大量の投資をして行かない限り、被災地は復興して行くことがないのである。俺が「政府は30兆円の国債を発行して、集中的に復興資金を投入して行け!」と提言するのは、投資が遅れれば遅れるほど、被災した地域の復興が遅れてしまい、被災者たちがいつまでも貧乏生活を強いられることになってしまうからだ。

 では政府が国債を発行する時、その国債を買い受けるのはどこかといえば、それは「銀行」なのである。その際、もしも人々は消費にお金を回してしまい、銀行に預金しなければ銀行は国債を買い受けることはできないのだ。人々が自粛して、銀行に預金してくれるからこそ、銀行は国債を買い受けることができ、それによって政府は纏まった復興資金を手にすることができるのである。だから人々が自粛することは必ず経済を成長させることに貢献することになるのである。

●自粛するから次の好景気を作り出せることができる

 投資の成果というものは大体2年後に出て来る。投資は消費のように即効性はないだが、投資の効果が出始めると確実に経済が復興され、人々に潤沢な資金をもたらすことができるのである。歴史を振り返ってみても、自粛をやった2年後以降に、経済は異様な活況を呈しているのだ。

 昭和天皇の崩御前後に全国レベルで自粛が起こったが、その2年後以降にはバブル景気が活況を呈して、人々の収入は確実にアップして行ったのだ。阪神淡路大震災でも全国レベルで自粛が起こったが、その2年後以降、本来ならデフレ不況だから経済が活性化しないのに、小室ファミリーブームやモーニング娘ブームなどが起こっているのだ。どれも自粛してから2年後に出て来ているのだ。投資というのはそれだけ時間がかかるものなのである。

 昭和天皇の崩御の際、マスコミは自粛を批判しまくり、その後に起こったバブル景気をも批判しまくったのである。当時の批判の急先鋒になったのは、今回と同じく「朝日新聞」と「テレビ朝日」なのである。マスコミから自粛を批判されたとしても人々は自粛をやめなかったが、マスコミがバブル景気を批判してくれたお蔭で、政府は事実上土地取引を停止し、そのためにバブル景気が崩壊し、日本は20年以上に及ぶデフレ不況に突入してしまったのである。

 マスコミのジャーナリストたちが経済や道徳のことを何も解っておらす、ジャーナリストの性で安易に批判しまくるからこそ、政府が間違った政策を取ってしまい、結果的に日本国民が貧しくなってしまったのである。人々が誰からも強制されずに自粛をしている以上、その自粛にはなんらかの意味があるものなのである。その考察を何もしないで安易に批判していれば、自粛がもたらす経済効果も、自粛をしている人々が持つ道徳心の高さも何も見えなくなってしまうのである。

 はっきりと言えることは、自粛するからこそ次の好景気を作り出せるということなのである。人々は常に自粛したりはしない。何か深刻な事態が発生した時にだけ自粛をして来るのである。非常事態だからこそ、通常の消費をとりやめて、資金を投資に回し、数年後に来るであろう好景気を作り出そうとするのである。

●社会正義を振り翳すと国民は確実に貧乏になる

 自由経済は道徳心ある人々によって動かされて行くことになるが、自由経済は「社会正義」を消滅させることになる。道徳心ある人々が経済活動に勤しむ時、相手にも利益をもたらし、自分に利益をもたらすということをすることで、自分の生活を成り立たせようとする。それは見方によって利己的な行為にも見えるし、利他的な行為にも見える。しかし人々が社会正義に基づいて行動していないということだけははっきりと言えるのである。

 自由経済で容認されている正義は、古代ギリシャ哲学でいう「配分的正義」だけであって、「調整的正義」ではない。配分的正義というのは、個人がその地位や能力に従って働いた功績の代償によって名誉や報酬が与えられる正義である。調整的正義というのは、個人差を考慮せず、利害の不均衡を調整する正義である。

 「自粛は経済を停滞させるから、自粛をするをやめよう!」というのは、一見正論に聞こえるものである。「自粛をしないことこそが、震災地の復興に貢献する!」と言われれば、誰だって動揺するものだ。なんで一見正論に聞こえ、人々が動揺してしまうのかというと、これらの意見は調整的正義に基づく意見だからであり、通常、この調整的正義は社会正義と呼ばれているものだからなのである。

 しかし社会正義を振り翳せば、確実に国民は貧乏になる。社会正義は貧富の格差を是正することを企んでいるので、自粛することによって消費を抑えて、復興のために投資に回す資金を確保するということなど全く見えていないのだ。ただ単に自粛で収入を減少させた人々の収入を回復させようという程度のことしか見えていないのだ。だから社会正義は自由経済を歪めてしまい、震災地の復興を遅らせ、次の好景気を作り出せないのである。

 社会正義を振り翳す人々にとって自由経済は腹立たしいものなのである。大震災直後には買占め騒動が起こったし、自粛騒動だって起こり続けているのだ。政治家が買占めをやめてと呼びかけても買占めは収まらなかったように、マスコミが自粛をやめてと訴えても自粛は収まることはないのだ。自由経済は放置しておくのが常に最善の選択肢なのである。社会正義など否定して、個人レベルの正義しか認めないからこそ、国民は自発的に道徳心を向上させ、経済を成長させて行くことができるのである。

 阪神淡路大震災も朝日新聞やテレビ朝日が熱心に支持する日本社会党の政権下で起こったものだし、今回の東日本大震災も朝日新聞やテレビ朝日が熱心に支持する民主党政権下で起こったものなのである。日本国民はいい加減に朝日新聞とテレビ朝日こそが日本国民の不幸を作り出しているということに気付くべきなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 言霊パワーを使った奇蹟の起こし方 | トップページ | 一流のマンション選びの基準 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

先日もご回答ありがとうございました。その時にタマティさんの番組があれば良いなと書き込みましたが、テレビはスポンサーなどの兼ね合いなどがあるので後々、無理なのかなって思いました。(私的には是非みたいんですが)ですので、テレビはスポンサーあってなので中々思っている事や正論だとしても却下になったりするんでしょうね。しがらみの中では的確な事は全部は伝えられないですよね。では利害関係がない間で情報を得るという事はどういった事でしょうか?やはり色々な人に会い信頼関係を築きアドバイスを頂く事なのでしょうか?でも皆が皆、良いアドバイスをするとは限らないですよね。自分の意見や見る目を養っておく事も必要ですよね。

投稿: ぽんちゃん | 2011年4月 9日 (土) 23時40分

 ぽんちゃん、タマティーの冠番組をあれこれと悩んで下さって有難うございます!happy01

 このブログを遣り始めてから、余りテレビ番組を見なくなってしまいました。
 毎朝、価値ある物を書いていると、民放のテレビ番組の殆どは見れたもんじゃないですよ。
 民放の中にもいい番組はあるけど、そういう番組は非常に少ないですよ。
 テレビを見るならNHKになってしまいました。
 もしも冠番組を出すなら、NHKですね。

 価値ある情報ってのは、テレビには中々出て来ないですよ。
 テレビはどうしても情報量が少ないし、しかも一般大衆向けに作られているから、誰がどうやってもいい番組は作れないんですよ。
 価値ある情報を得たければ、お金を出して情報を買い、その世界でトップレベルの人々と付き合っておくことですよ。

 今回の原発事故でも、東京電力の清水正孝社長が天中殺のド真ん中で社長に就任したという情報を知っていれば、この社長が辞職しない限り、どうにもこの問題が解決できないということが解るもんです。
 しかも、どうやら2号機はメルトダウンを引き起こしているらしく、それなのに菅直人首相はこの重大情報を隠しているみたいなんです。
 この手の非常事態の場合、情報を正直に公開してしまった方がいいのに、情報を隠そうとするからこそ、問題が益々悪化して行くんです。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年4月10日 (日) 06時46分

こんにちは。タマティさん、今日はお休みかと思いました。コメント頂きありがとうございます。私も、テレビを見るのはニュースか情報番組かノンフィクションか昔の歌番組ですかね。芸人が騒いでいる番組は騒がしく頭が疲れるので見たくないです。でも、今は子育て中で見ている時間はないですが。あとは、やはりNHKです。タマティさん、ブログを完成させるのには相当頭を使うので脳が疲れるかと思います。文才もあり、内容も充実しているので尊敬します。
私は、普通の主婦ですのでトップレベルの方とお知り合いにはなれないと思いますが、こうしてタマティさんのブログに出会えた事だけでも凄い事と思っています。これからも、吸収させて下さい。いつも、ありがとうございます!お疲れ様です。

投稿: ぽんちゃん | 2011年4月10日 (日) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39530167

この記事へのトラックバック一覧です: 自粛をするからこそ経済は発展する:

« 言霊パワーを使った奇蹟の起こし方 | トップページ | 一流のマンション選びの基準 »