« 天井の高い家は頭のいい子を作る | トップページ | 台所作りこそマイホーム作りの天王山! »

夫婦喧嘩を少なくするためには、夫に書斎を持たせよ

●妻が一生懸命に家を管理しているからこそ、夫の所有物には腹が立つ

 女性は或る意味、恐ろしい動物である。夫婦仲が良く、夫婦が話し合ってマイホームを購入したというのに、妻は引っ越した途端にその家を自分の物だと思い込み、その家の全てを自分の支配下に置こうとするのだ。そのため夫の所有物は基本的に邪魔になり、夫の所有物を巡って夫婦喧嘩を引き起こして来ることになるのである。

 これはマイホームを持った夫婦ならどの夫婦でもやってくることになるのであるが、なんでこんな不可思議な現象が起こるかといえば、基本的に「マイホームは女性が育児を子育てをするための巣」なのであるからなのである。それゆえ自分以外の所有物、それは夫の物であろうが、子供の物であろうが邪魔と認識してしまうのである。

 子供がオモチャを散らかして、それに対して妻が怒っているのを夫は黙認するものだ。しかしそのような紳士的な態度を取っていると、次に妻が怒りの矛先を向けて来るのは夫に対してなのである。子供のオモチャに対して怒りをぶつける妻は、夫の所有物、それは散らかしていないのに、怒りをぶつけて来ることになるのだ。

 妻が夫の所有物を排除する時、その行為を正々堂々と行うことは決してない。夫が仕事中に妻は勝手に処分してしまうとか、夫が仕事から疲れて帰って来ているのに、その疲れた状態を見越して処分するよう要求し、それを受け入れられないと妻が怒り出すという訳の解らない卑怯な行動を取って来るのだ。

 要は妻の行動は卑怯なのだが、これに対して夫は穏便に反論しようと、強硬に反論しようと、最終的には夫婦喧嘩に発展するのだ。夫にとってみればどうやっても最悪の事態へと突き進んでしまうのである。マイホームを建てる前までは、小猫のように可愛かった妻も、マイホームを建てると熊のように恐ろしくなることが解っていないと、引っ越してから悲惨な日々を過ごすことになってしまうのである。

●夫には書斎を与える

 この不毛な夫婦喧嘩を回避するためには、夫は自分専用の書斎を持つしかない。その書斎に自分の必要な物を仕舞ってしまい、妻には手を出させないようにするのだ。マイホームを建てる際に、事前に夫婦で約束し合い、書斎に関してはどのようにしたとしても、それは夫の自由なのであって、妻は口出しをするなと決めてしまえば、引っ越した後に夫婦喧嘩は起こらなくなるのだ。

 夫としては仕事をしていれば、時には自宅で仕事をせざるをえない時がある。その際、居間で仕事をやってしまうと、夫の仕事モードが家族全員に伝わってしまい、非常に窮屈な状態になってしまうのである。妻としてはその状態が嫌なので、夫に苦言を呈して来るのであるが、夫は仕事だから仕方がないなどと言っていると、妻は怒りを蓄積してしまい、それがいつの日か大爆発して来るようになるのだ。

 夫が自宅で仕事をするなら、書斎でするのが夫婦双方にとって最もいい結果をもたらすものなのである。どうせ自宅で仕事をしても1時間か2時間程度の仕事だ。それなら書斎に籠ってやってしまえばいいのであって、わざわざ家族全員がいる所ですべではないのである。

 では妻が職を持っていて、自宅で仕事をする場合、一体どこでするのかといえば、それは居間なのである。「それって不公平じゃないか!?」と夫たちは言い出して来るかもしれないが、それが事実なのである。居間というのは妻の居場所なのであって、妻は仕事をしてもいいが、夫は駄目なのである。

 要注意すべきは夫が趣味を持っていた場合、それを居間に飾ろうものなら、妻は日々一刻怒りを溜め込んで行くことになるのだ。育児をしている妻にとっては、夫の趣味の物は下らないとしか思っていないのだ。ゴルフが趣味でホールインワンしたゴルフボールを飾ったり、釣りが趣味で魚拓を飾ったりするのは、非常に危険なのである。夫が悦に入っているのに、妻はにこやかにしているが、心の中に怒りを溜め込んで行くことになるのだ。

 夫婦仲を良くしたいのなら、夫の趣味の物は書斎に仕舞ってしまった方がいいのである。夫は書斎の中で1人で楽しんでいればいいのである。夫が趣味を持っているからといって、妻もそれを楽しんでくれるということは有り得ないのだ。趣味というのは飽くまでも個人的な嗜好なのであって、だったら個人的に楽しんでいればいいのである。、

●一人っきりになれる空間を持つことの大切さ

 書斎は大体、北側の寒い所にある方がいい。書斎は必ず本棚を有することになるので、東側や南側のように日差しが強烈に入って来る場所には不向きなのである。太陽光のために書物が傷んでしまうのだ。しかも脳味噌は寒い場所の方がよく働くので、北側という最も使い道のない場所こそ、書斎には向いているのだ。

 家族というものは、夫と妻、それに子供たちが群生することで成立するものなのであるが、妻と子供たちは常に蒸れあっていても、夫も常に群れているとは限らないのだ。夫は家長として一人で考えなければならない時があるのであって、その時は妻子から離れて、書斎で考え事をすることがどうしても必要となってくるのだ。

 夫が家長なのに、一人で考えることをしなかった場合、その家族は家族として機能することがないのだ。確実に崩壊して行くことになるのである。核家族が崩壊しつつあると、学者たちから指摘され続けているが、それは核家族が余りにも小さな家に住んでしまい、夫に書斎を持たせないからなのである。書斎がないからこそ、夫は一人で考えることができなくなり、そのために核家族が機能せず、崩壊して行っているだけのことなのである。

 核家族といえども夫に書斎を与えさせすれば、きちんと機能するものなのである。核家族にとってみれば、マイホームを建てる際に書斎を持つことは経済的に厳しいことなのである。しかし経済的負担を覚悟してまで、書斎を持つという選択肢を取っておかねいと、自分たちの家族を機能させることができなくなってしまうのである。

 「本棚のない家は知恵のない家と同じ。書斎のない家は主人のない家と同じ。」

 この格言を知っていれば、どんなに貧乏であっても、本棚を持つことだろうし、書斎を作って行くことになるのであろう。マイホームは家族がただ単に楽しく暮らせればいいというものではないのだ。それを実現させるためには、様々な書物を読んで行かなければならないし、一人で思考することをもしなければならないものなのである。

●夫がいる時に夫婦喧嘩をするな

 夫婦喧嘩は幾らやっても無駄である。夫婦喧嘩をやって収入が増えるということはない。それどころか夫婦喧嘩のために家の中の物が壊れたりするので、余計な出費がかかってしまうことになるのだ。しかも夫婦喧嘩は子供たちに深刻な悪影響を与えることになるので、絶対に夫婦喧嘩は避けるべきなのである。

 夫婦間暴力を訴えて来る既婚女性たちは、夫に暴力を振るわれた原因は自分にもあると知るべきなのである。女性はどうしても夫の所有物を排除する本能を持っている以上、それを露骨にやってしまえば、夫が怒り出して来るのは当然なのであって、その状況下で妻が言葉の暴力を振るってしまうと、夫は拳を使った暴力で応戦しなければならなくなるのだ。

 政府は税金を使ってDVシェルターなど作って、そこに暴力を振るわれた既婚女性たちを収容しているが、そんなことをすべきではないのである。そんなことをするより税金を安くして、低所得の夫婦でもマイホームを建てる際に書斎を作れるようにしてあげるべきなのである。税金が高いからこそ、書斎を作ることができなくなり、それで夫婦喧嘩が起こっているだけなのである。要は政府の重税こそが、夫婦間暴力を作り出しているだけのことなのである。

 幸せな家庭を築きたいのなら、とにかく夫に書斎を与えてしまうべきなのである。そしてその書斎に関して妻は一切口出ししないようにすべきなのである。幾ら夫婦であったとしても、夫が妻の思う通りに動いてくれることはないのだ。夫は夫として独自の行動を取って来るものなのであり、その行動できる場所を確保してあげるべきなのである。

 それに夫が居る時に夫婦喧嘩をするな。夫婦で話し合うべきことは沢山あるものなのである。マイホームに引っ越して来たら、当分の間は家の中をどうすべきか話し合うものだし、家の周囲の環境は一体どうなっているのか話し合うものだ。子供たちが大きくなってくれば、「幼稚園はどうする?」、「小学校はどうする?」となって来るものなのである。

 夫婦仲が良好なら、夫婦で資産運用について話し合う時間を持つことができるようになるものだ。マイホームを建てる前までなら、せいぜい家計で話し合う機会がある程度だった筈だ。しかしマイホームを建てると、家計だけでなく、資産運用で話し合う機会をも持てるようになるのだ。自分たち夫婦は次の段階へとステップアップしたのである。それなのに夫婦で資産運用について話し合っていないのなら、いつまで経っても資産が貯まって行くことがないのだ。夫婦が早くから資産運用を始めておけば、それだけ資産が増えて行くものなのである。そのことを知らないと、気付いた時には大損をし続けていたことが発覚してしまうのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 天井の高い家は頭のいい子を作る | トップページ | 台所作りこそマイホーム作りの天王山! »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさまこんにちわ!

今日の記事は見に覚えがありすぎて笑いました。

現在社宅住まいですが、旦那のガラクタは勝手に捨てに捨てました。旦那の親の趣味がガラクタ(私にとって)を作ることなので、息子である旦那にあげたものが一番、私をイライラさせるものでした。物の存在がこんなにイラつくものだとは初めて知りました。旦那も心のなかでは邪魔に思ってるからなおのこと!

義実家は舅のガラクタハウスです。寝室を書斎にしようと机をおいてありますが、リビングが書斎状態です。趣味のギターだのアンプだのレコードだの楽譜だのスピーカーだの酒ビンだのエトセトラエトセトラ…。邪魔すぎる。姑はたまに怒ってますが諦めてるみたいです。

舅は研究者なのでリビングでパソコンとにらめっこしてイライラしてるから、本当に嫌になります。本人は同居してほしいみたいですが絶対無理です。舅以外の全員が舅の存在のせいで無理だと思ってます。

同居するなら全てどこか他の人の目がいかないところに押し込めてくださいと言いたい。(言えないけど)。とにかく我々夫婦は居間のすぐ近くに、寝室とは別に書斎を作らなければと思いました。

タマティーさまはなんでもお見通しですね\(^o^)/これからも色々なお話聞かせてくださいませ。

投稿: えりぃ | 2011年4月 2日 (土) 08時03分

タマティーさん、先日はお忙しい中、早々にお返事ありがとうございました!
お礼が遅くなりまして、申し訳ございませんでした。
考えに間違った点が無い、不妊症ではないでしょう、と太鼓判を押して頂き、嬉しいですhappy01
でも、時々、自分の考えは偏ってるなぁ〜と思う事もあるんですよ。
ご迷惑でしょうけれど、迷った時には、またご相談させて下さい。


さて、今回の記事も楽しく拝見しました。
実家には、父の書斎があったのですが、まさかこんな効果をもたらしていたなんて驚きました。

夫婦喧嘩、この間やってしまったのです・・・・後から考えると、本当にくだらないことなのに、ものすごく腹が立って許せなかったんですね。
今、結婚して1年が過ぎましたが、借家住まいで書斎は無く、本棚は居間にあります。
家を持つ時は、タマティーさんのアドバイスを参考にしたいと思いますが、それまでは、居心地が悪くならないように、工夫してみます。
タマティーさんの教えで、この間取りならこんな風に感じても仕方が無いんだな、と考えることができるので、楽になれると思っています。
寝室は結構広いし、ベッドじゃないので、楽しくすっぽんぽん劇場を試してみますねheart01


投稿: alicetitch | 2011年4月 2日 (土) 20時09分

 えりぃさん、朝から生生しい話で笑ってしまいました!happy01

 旦那さんの家系はその手の奇人変人が多そうですね。
 舅としては宝物なんでしょうね。でも、えりぃさんから見ればガラクタだから、速攻で廃棄処分になってしまう訳ですね。
 音楽関係の機材があるなら、作詞作曲とかもできるんじゃないかな?
 ただ恐らくまともな物を作って来ない人だろうなと察しはつきますけど。

 書斎は本棚が備え付けの物の方がいいみたいです。
 実を言うと今回の東日本大震災で本棚が倒れるだけでなく、本棚自体が壊れてしまって、復興作業が非常に大変なものになってしまったんです。
 タマティーとしては備え付けの本棚は見た目が余り良くないので嫌だったのですが、今回の大震災で考えが変わりました。

 恐らくえりぃさんの子供のたちは頭のいい子供たちが育ってきそうなので、父親の書斎に大きな本棚があると、勝手にその本を読むようになり、自然と賢い子になっていくと思います。
 母親が下手に「勉強しろ!」とか言うより、本を自由に読める環境を作ってしまった方が、子供が自発的に勉強してくることだろうと思います。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 

投稿: タマティー | 2011年4月 3日 (日) 06時23分

タマティーさまコメントありがとうございました!

笑っていただけて良かったです。ついつい愚痴っぽくなってしまって反省していました(>_∧

また呟きにきます(@゚▽゚@)

投稿: えりぃ | 2011年4月 3日 (日) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39405581

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦喧嘩を少なくするためには、夫に書斎を持たせよ:

« 天井の高い家は頭のいい子を作る | トップページ | 台所作りこそマイホーム作りの天王山! »