« 夫婦喧嘩を少なくするためには、夫に書斎を持たせよ | トップページ | ガーデニングは若い内から始めよ »

台所作りこそマイホーム作りの天王山!

●台所こそ一番使用頻度が高い

 初めてマイホームを建てる場合、あれもこれもと資金を注ぎ込んでしまい、結果的にどの部分が重要かが解らなくなり、そういう家を実際に作ってみるとなんとも使い勝手が悪い家になってしまうのだ。初めて家を建てる時は資金が豊富にあるとは言えないのだから、資金だけ注ぎ込むのではなく、知恵こそ注ぎ込むべきなのである。

 まず総花主義的に資金を全ての分野へ投入するというようなことはすべきではないのだ。マイホームの中で一番重要なのは台所なのであって、台所こそに集中して資金を投入して行くべきなのである。台所作りこそ、マイホーム作りの天王山と言っても過言ではないのだ。そこさえ押さえてしまえば、他の分野も押さえることができてしまうのである。

 なぜ台所が重要なのかというと、台所こそ一番使用頻度が高いからだ。人間は生きている以上、3度の飯を食うのであって、その飯を作り続けなければならないのだ。もしも台所を軽視した作りになっているのなら、まともな料理を作ることができないのである。ちゃんとした台所があるからこそ、常に美味しい料理が出来上がって来るのである。

 それに台所は引っ越してからは変更が効かないものなのである。基本的に備え付けになっているので、マイホームを作った段階の物を使用し続けなければならないのだ。居間や寝室や客間などは模様替えをして変更させることができるが、台所だけはそれができないのだ。だから設計時点での考え方が非常に重要になってくるのだ。

 それゆえ台所にこそ拘りに拘り抜いて、資金を重点的に投入して行くべきなのである。台所を一体どうしたいのかを考えるのは妻の役目であって、夫の役目ではないのだ。夫にマイホーム作りを任せっぱなしにしてしまうと、碌でもない台所が出来上がって来ることになるのだ。台所に関しては妻の意見が通り、夫がそれに対して同意して、資金を大量に投入してくれるからこそ、いい台所が出来上がって来るのである。

●東で食べて、西で寝る

 家相的に台所は東側に置くものである。「東で食べて、西で寝る」というのが家相学の鉄則だからだ。台所を東側に置くと、東側から差し込む日差しは非常に柔らかいので食べ物の痛みが遅くなるのだ。しかも東側は若い気を活発にさせる場所であるので、妻はいつまでも健康を維持することができ、若々しくしていられることができるようになるのだ。

 逆に絶対にやってはならないのが西側に台所を作ることだ。西側に台所を置いてしまうと、西日が非常にきついために食べ物の痛みが異様に早くなってしまうのである。しかも西側は活動の場にあるので、妻は家にいつくことなく外に出てしまい、料理を作らなくなってしまうのだ。更には西側に台所があると幾ら働いてもお金が貯まらず、家計は火の車になってしまうのである。

 今まで貧乏暮らしをしていた夫婦だと、西側に台所を持って行ってしまうという決断をし易いのだ。資金的に余裕がないために、敢えて家相学のタブーを犯してしまうのである。ただでさえ住宅ローンが残っているのに、お金が貯まらない家に住んでしまうと、家計が非常に苦しくなるので要注意なのである。

 家相学の基本を知っていないと、東側にも西側にも台所を置かず、南側や北側といった有り得ない場所に置くことになってしまうのだ。南側は日差しが最もきついので食べ物の痛みは非常に早いし、妻としては台所が暖かすぎるので注意力が散漫になり、不味い料理を作ってしまうようになるのだ。

 北側の台所は日差しの問題はないが、逆に日差しが入り込まないために非常に寒く、妻がそこで料理をし続けていると脳疾患を引き起こす可能性が出て来るのだ。しかも北側は主人の座であるので、台所を北側に置いて仕舞うとカカア天下になり、夫が男らしくならないし、息子たちも弱弱しい子供に成長してしまうのである。

●台所は食料庫とセット

 台所の工夫は幾らでもできるものなのである。妻は自分が料理するならどのような動きをするのかを考え、その最善ともいえる状態で台所を作っていくべきなのである。台所は大き過ぎてはならないし、かといって狭くてもならないのだ。娘がいればいずれ料理を手伝うことになるので、娘の分の広さまで計算しておくべきなのである。

 食器の収納は備え付けのものの方がいい。食器棚を台所に置いてしまうと、非常に邪魔になり、台所を狭くしてしまうからだ。台所には冷蔵庫という最も大きな家電製品を置くことになるので、冷蔵庫以外の家具はできるだけ無い方がいいのだ。備え付けの食器棚は少し大きめに作っておき、今後、食器が増えても収納できるスペースを残しておくべきなのである。

 マイホームならオール電化という選択肢は絶対に取らないようにすることだ。もしも電気が止まって仕舞った場合、何もできなくなってしまうからだ。必ずガス管を引いて、電気とガスの両方を使えるようにすることだ。中華料理をする場合のことを考えるとガスの火力は強めに設定しておいた方がいい。強い火力で調理できれば、中華料理は断然美味しくなるのだ。

 気をつけるべきは台所の色彩であろう。今まで借家住まいだと、台所の色彩がどうのこうのなどと考えていなかったために、非常に殺風景な台所にしてしまうのである。台所の模様替えは基本的にできないのであって、だからこそマイホームを作る時に充分な配慮をしておくべきなのである。清潔さを感じさせるためにはやはり「白色」を基調とした方がいい。それに「木の色」を付け加えて、安心感を醸し出すようにした方がいいのだ。

 忘れてならないのは、台所は食料庫とセットであるということだ。台所の横に食料庫を置くからこそ、台所にあれやこれやと全ての物を詰めこまなくてよくなり、台所がスッキリとするようになるのだ。食料庫は少し大きめに作っておき、そこに保存できる食料品を溜め込んでおくべきなのである。食料庫に食料があれば、一時的に物価が上がっても、自宅にある食料を使って遣り過ごすことができ、家計を大いに潤して行くことになるのだ。

●料理の巧い既婚女性は台所もいい物を使っている

 既婚女性は新婚当初なら台所が狭かろうが汚なかろうが夫への愛情さえあれば美味しい料理を作って行くことができる。しかしそれがいつまでも続くとは決して思わないことだ。自分の料理の腕を上達させるためには、やはり素晴らしい台所が必要となってくるのだ。料理の巧さと台所の良さは正比例するのであって、常に美味しい料理を作ろうと思うのなら、台所が持つ物理的決定力に気付くべきなのである。

 「料理の巧い既婚女性は台所もいい物を使っている」ということなのである。台所の使い勝手がいいからこそ、その既婚女性の料理の腕も難なく上達して行き、更に色んな事にチャレンジすることができるようになるのである。だからこそ金持ちの既婚女性に限って料理のバリエーションが豊富なのである。

 中には宝の持ち腐れもいるかもしれないが、台所は立派な物であることに越したことはないのだ。台所が狭くて汚ければ、作ったとしても美味しい料理ができるのは確率的に低いものだし、大方は不味い料理を作って来るものなのである。自宅で不味い飯しか出て来ないのなら、夫は外食する回数が増えてしまい、家計を益々圧迫させて行くのである。

 既婚女性が台所をどうするのかというのは、マイホーム作りをする時以外にはますないのだ。マイホームを買った後に、わざわざ台所をリフォームするという例はますないと言っていいだろう。マイホームを作った時点でその後の自分の料理の良し悪しが決まって来る以上、台所には徹底して拘り抜いた方がいいのである。

 不思議と台所作りが巧く行くと、他の部屋のことも巧く行くようになるのだ。なぜなら台所こそ妻が最も多くの工夫をなさねばならぬ所なので、そこさえ出来てしまえばあとは簡単なのである。マイホームだからとって全面展開してしまうのではなく、台所こそ大事なのであって、「台所こそが天王山である!」ということなのである。それが解っていれば資金が少なくても、立派な家を建てることは可能になるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夫婦喧嘩を少なくするためには、夫に書斎を持たせよ | トップページ | ガーデニングは若い内から始めよ »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん
すみません…夜中に授乳していたらもやもやしてしまって、吐き出さずには眠れないので吐き出させて下さい…。
実は先月からマイホーム建築の話がトントン拍子に進みまして、来春に建てることになりました。ほぼ間取りも決まり、今この記事を見て、今は北西にあって東ではないので焦ってますが。直すなら今のうちかな。
問題は義母で、間取りから何から何まで口出ししてきます。昨日は勝手に窓を足されたり、入れ替えたり。今までの経験上で言ってくれるのはありがたいのですが、ほぼ強制で私たちの意見が通ることがありません。内装にも口出しするでしょう。これでは誰のための家か分からなくなって、愛着すら湧かないのではと心配しています。すでに夫は不満だらけでどうでも良くなってきてます。厄介な事に、全く強制してるつもりがないのです。ちなみに夫の実家は台所が北です(笑)。夫の為にも嫁ですが義母に誰の家かわからなくなるのでもう少し見守ってと意見するか迷っています。
意見しても良いのでしょうか?この気持ちを消化する方法を教えて下さい。

投稿: ちぇー | 2014年9月19日 (金) 04時01分

ちぇーさん、意見をしましょう!happy01

台所が北だとか北西にあると、どうしても妻の方が強くなってしまうので、こういう仕様もない嫁姑の戦いが起こるわけです。

投稿: タマティー | 2014年9月19日 (金) 06時53分

タマティーさん、ありがとうございます。
次に言ってきたらと堪えに堪えて早2ヶ月。どちらにせよ私の我慢の限界ですので爆発しそうでしたが、文字にしたおかげで少しは冷静に話が出来そうです。捌け口にしてごめんなさい。
しかし台所の位置を変えると設計を全部やり直しする以前に、私の意見が通ることがあるのか分からないので、何とか良いは方法ないものでしょうかね…。オール電化で太陽光発電なので、電気が止まったらの対策はしてます。
出来れば義母のようにはなりたくないものです。

投稿: ちぇー | 2014年9月19日 (金) 08時20分

ちぇー さん、選択肢は2つしかありません。happy01

設計のやり直しを命じるか、そのままで行くか。

台所が西にあると、西日が入るので本当に拙いんですが、北西だとそこまで温かくならないので、食べ物が腐ったりはしない。
尤も、そこは夫のいるべき場所だから、妻の権力が強くなりますね。

台所を北東に置くのは絶対にやめた方がいい。
この場所に置くと、台所が本当に寒くなってしまって、健康を害する可能性があります。

土地が広ければ、台所をちゃんとした場所に置けるんだけど、土地が狭いと、多少は妥協しないとならないので、全てが良いようには作れないものです。

投稿: タマティー | 2014年9月20日 (土) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39468853

この記事へのトラックバック一覧です: 台所作りこそマイホーム作りの天王山!:

« 夫婦喧嘩を少なくするためには、夫に書斎を持たせよ | トップページ | ガーデニングは若い内から始めよ »