« 既婚女性なら注意して読んだ方がいい本 | トップページ | 不妊症を克服したくば脳幹を鍛えよ »

既婚女性なら出来れば読んだ方がいい本

 既婚女性だからこそ男性の作者が書いた本を読むべし。

 独身時代では解らなかったことでも、結婚して妊娠し出産し育児をし出すと、男性の作者が本当に言いたかったことが良く解るようになるのだ。そうなると自分の許容量が大きくなるので、仕事で男性たちとトラブルを起こすことが減少して行くようになるのだ。要は自分が狭量だからこそ問題を起こしているのであって、自分の経験だけで物事を見てはならないのだ。

 それにもしも自分の子供が男の子の場合、小さい時は可愛くても、いずれ女の子とは違った成長過程を経るようになるので、様々な男性たちの意見を知っておくことは非常に大事なのだ。男といっても、自分の夫や、自分の父親しか思い浮かばないと、子供が幼稚園を卒園し、小学生になり始めると、とんでもない事態に陥ってしまうことになるのだ。

●矢沢永吉

 あらかじめ言っておくが、俺は矢沢永吉のファンではない。日本のロックの歴史を調べて行く中で辿りついてしまったのがこの矢沢永吉なのだ。日本に於いて日本語ロックを確立させたのが「頭脳警察」で、その日本語ロックの商業化を成功させたのが「矢沢永吉」なのだ。今ではロックが当たり前の物になっているが、嘗ては全くそうではなかったのだ。

『成りあがり』(小学館)

 この本は矢沢永吉の半生が解るだけでなく、日本語ロックの商業化の過程が実に良く解るようにできている貴重な本なのだ。歴史というものは天才の出現によって変革し、秀才たちによって塗り固められるものなのであるが、如何に矢沢永吉がロックの天才として活動しまくったかが解るのだ。

 変革を引き起こす者は、決して秀才たちの中からは現れてこない。一流大学を卒業した者たちに世界を変えることを期待することはそもそもが間違っているのだ。実際は不良と呼ばれる連中から出て来るのであって、しかし本当に不良であってはできないのだ。本人は全然不良ではなく、逆に不良たちを巧く利用して来ることで伸し上がって来なければならないのだ。

 これは何もロックの世界だけに限るのではないのだ。例えばベンチャー企業を立ち上げた場合、その企業がビジネス界に変革を起こす企業であればあるほど不良扱いされるものだし、かといって三流企業の経営者たちと仲間になって燻り続けていることはできないのだ。どうにかして伸し上がっていかなければならないのである。ライブドアの堀江貴文のように東大中退で、マスコミの寵児になったりして一般受けを狙ってしまうと、ビジネス界に変革を起こすことは不可能になってしまうのだ。

 俺はこの本を読んで思わず男泣きしてしまったぐらいだ。矢沢永吉が母親の愛情を知らずに育ち、奥さんと運命の出会いを果たし結婚したのに、矢沢永吉が更に成功して行く過程で夫婦の間に亀裂が入り、最終的に離婚に至ってしまうのだ。仕事で成功することが必ずしも幸福をもたらすことがないことを教えてくれるのだ。

 この本を妻の立場として読めば、間違いなく号泣であろう。運命の相手であっても、別れなければならない時は別れなければならないのだ。如何に自分の今の夫を大事にしていかなければならないかを思い知ることになるのであろう。更に母親の立場として読めば、号泣で涙が止まらなくなること間違いなしだろう。折角、子供を産んだのに、その子供をきちんと愛してあげないことが、その子供に非常に深い苦しみを与えてしまうのである。

 年齢的に言えば、矢沢永吉はもうお爺ちゃんであるのだ。しかしこの本を読めば、矢沢永吉が男性たちから圧倒的な支持を受ける理由が解るようになる筈だ。この本を読んで彼のファンになるとかそういう低いレベルで物を考えるのではなく、「人間はこの世に生まれた以上、伸し上がっていかねばならぬ」くらいの気概を持って欲しいものだ。

●島田洋七

 俺はテレビタレントが書いた本は屑本だと思っている。なぜならテレビタレントたちが本業で充分に稼いでいるのに、副業として安易に本を書いて、それを売りつけて来るからだ。本屋では千数百円の値段がついたとしても、古本屋に行けば100円で売られている、実際の価値はその程度でしかないのだ。

 しかし島田洋七はお笑い芸人として大ブレイクしたが、その後、事実上、お笑い芸人を廃業し、作家として復活して来たのである。最初は自費出版で本を出し、その後、出版社に認められて全国レベルで売り出されたのである。そのためしっかりと本を書いているし、しかもお笑い芸人としての才能も加味され、面白おかしく書かれているのだ。このためタレント本としては秀逸で、決して屑本にはならないのだ。

『佐賀のがばいばあちゃん』(徳間書店)

 俺はこの本をかなり早い段階で読むことができ、「必ず大ブームが起こるよ」と予言し続けて来たのだ。なぜならこのがばいばあちゃんは本当に凄い女性なのだ。独身女性であるなら、「このお婆ちゃん、面白いことを言っているな」程度の感想しか持たないことであろう。しかし結婚して自分が既婚女性になってしまうと、、「このがばいばあちゃんは≪生活の知恵の塊≫のような言葉を言いまくっているな」ということが解るのである。島田洋七ががばいばあちゃんの話を面白おかしく言っているからその実体が逆に掴めなくなってしまうんであって、冷静に読み進めて行くと本当に凄いお婆ちゃんということが解るのだ。

 それに自分の子供が小学生になれば、このがばいばあちゃんの切り返しの凄さに感服してしまうことだろう。小学生だからまだ親には反抗して来ないのだが、親を小馬鹿にしたようなことは言って来るものだ。その際、どうやって切り返すかで、親子の関係は決まってしまい、その子供の人格形成も決まって来るのだ。学者が子育てを研究して書いた書物より、このがばいばあちゃんの言葉を噛みしめた方が余程役に立つというものなのである。

 結婚して子供が2人の時が家計が一番苦しくなる時期なので、この本を読んで貧乏に対する抵抗力をつけるようにすることだ。貧乏というのは豊かではないだけであって、決して不幸ではないのだ。生活が如何に苦しくても、面白い考え方や、言葉の切り返し方で、充分幸せな生活を営むことができるようになるのである。

 幾ら自分たち夫婦が貧乏だからといって、小林多喜二の『蟹工船』を読み、世の中を呪うなどというのは、完全に間違った生き方なのである。貧乏は自分にとっての貴重な修行なのであって、真剣になってその修行に耐えるべきなのである。実際には子供がもう1人増えて3人になると、生活が一気に楽になり、豊かになって行くものだ。子供が2人の時に貧乏に対する抵抗力を持つようになったから、貧乏を脱して豊かな生活を営むことができるようになったのだ。

 がばいばあちゃんの本は絶対にブームで終わらせたくない本である。それほどいい本なのだ。

 おまけとして、もう1つ紹介しておく。

『がばいばあちゃんの幸せのトランク』(徳間書店)

 がばいばあちゃんは島田洋七のその後の人生にも大きな影響を与えている。島田洋七が結婚し、お笑い芸人としてブレイクし、そして絶頂期の中でお笑い芸人をやめて行くのだが、その度にがばいばあちゃんはいいアドバイスをくれているのだ。この本はお腹が痛くなるくらいに笑わしてくれた本なので、落ち込んだ時に読んでみるといい。自分の哀しみなど簡単に吹き飛んでしまう筈だ。

●宮崎駿

 俺は一時期ではあるが映画製作に関わったことがあるので、映画作りの大変さを知っている者である。しかし映画館で公開される映画の殆どは余り価値のない映画であるということも知っているのだ。理由は映画監督や脚本家たちが考えに考え抜いて映画を作っていないから、何度見ても面白くなるような映画にはなっていないのだ。

 その点、アニメ映画は製作に長時間を費やすことになるので、巧くやれば非常に価値の高い映画を作ることが可能になるのだ。後は映画監督や脚本家たちが如何に真摯になって映画製作に取り組むかなのであって、アニメ映画で出来の悪い物を作る映画監督や脚本家は本当に才能がないのであろう。

『風の谷のナウシカ』(徳間書店)

 宮崎駿監督が作ったアニメ映画の中で『風の谷のナウシカ』は処女作であり、俺はこの映画が実は一番良い出来なのではないかと思っている。確かにその後は技術的に増しになて行くのだが、物語構成の巧さとか、その映画の中に潜む思想などで、処女作を超えるものは出ていないと思う。

 『風の谷のナウシカ』には映画だけではなく、実は漫画バージョンの物もある。映画よりも漫画の方がナウシカは断然面白い。勿論、映画も面白いのだが、漫画は断然に面白いのだ。宮崎駿監督は映画では描き切れなかったことを漫画で描いているので、ナウシカは漫画を読まないと、映画版の方もきちんと理解できないのだ。

 ナウシカの漫画は鉛筆画なので、非常に優しい感覚を与えてくれる、ナウシカの映画を見ていれば、漫画自体は基本的に同じペースで進んで行くっていることが解る。しかし最終巻で大ドンデン返しが起こり、物語は急展開を見せ、そのクライマックスの凄さに読者たちは圧倒されてしまうのだ。

 ナウシカは最終的にユダヤ=キリスト教の根本的思考を完全に破壊している。そして我々人間たちは腐敗した世の中でも生き続けなければならないことを主張してくるのだ。しかも次の文明にはユダヤ教徒やキリスト教徒だけでなく、ユダヤ=キリスト教に汚染された者たちも生きることはできないことを予言して来るのだ。

 最終巻はユダヤ教やキリスト教に対して基本的知識がないと全く理解できないようになっている。宮崎駿監督は映画監督として、「この地球が破壊され続け続けているのはユダヤ教やキリスト教こそが原因なのであって、人類はこれらの宗教を捨て、違う生き方を取らぬ限り生き残ることはできない」と直感的に辿りついてしまったのである。

 「こんな漫画、一体ビジネスになんの関係があるの?」と思う勿れ。ナウシカは産業文明の最大の批判者なのであって、産業文明にどっぷりと浸かり、繁栄を謳歌している我々にとっては傾聴に値する言葉を述べているのだ。俺は何もナウシカの意見を鵜呑みにしろと言っているのではないのだ。ナウシカの意見を聞くことで、現在のような浪費しまって来る生活を見直して行くべきなのである。

 ナウシカは単なるアニメキャラではない。ギリシャ神話出身であり、そのナウシカを使って宮崎駿本人が語らせているのである。だからナウシカは「永遠の少女」にして「深遠なる哲学を持つ者」なのである。ナウシカが女性たちにしぶとい人気を持つ理由は、ナウシカは絶対に辿りつけない存在だからだ。女性がどうやっても辿りつくことができない存在なのであって、しかしナウシカと自分を対比させて行くことで自分を正して行くことができるようになるのだ。

 実は、宮崎アニメには「通過儀礼」というものがない。

 通過儀礼を受けて、「少女から大人の女性に変わる」「少年から大人の男性に変わっていく」ということがないのだ。宮崎駿監督は飽くまでも少年少女向けに映画を作っているのであって、小学生以上の男女の映画を作っているのではないのだ。なんでこんな変なことをするのかの理由を知りたければ、漫画版のナウシカを読むことだ。読めば理由が解る。

 宮崎駿監督は子供向けのアニメ映画としては大いなる貢献をしたが、大人向けのアニメ映画を一度たりとして作っていないのである。『紅の豚』にしても主人公は戦いを拒否する大人なのである。きちんとした自立を果たしていないのだ。だからこそ日本には宮崎アニメを乗り越えるアニメ映画監督が必要なのである。その監督は絶対にスタジオジブリから登場して来ない。他の場所から登場して来ることになるであろう。

●「男ってさ~」という前に

 赤ちゃんを産み育ててみれば解ることだが、男の子と女の子では全然違う。女の子は早い段階で喋って来るのに対して、男の子の成長は遅く、なかなか言葉を覚えて来ないものだ。女の子が乳幼児の段階で人に対して興味深々となっているのに、男の子は自動車や飛行機に興味を持つようになるのだ。

 乳幼児の段階でこれほどまでに違っているのに、男女平等を押しつけられたら、真実が全く見えなくなってしまうことだろう。

 女性が学校で男女平等を教え込まれ、その後に社会に出て行けば、事あるごとに男性たちと衝突してしまい、仕事が巧く行かなくなってしまうのは当然のことなのである。こういう場合、社会が間違っているのではなく、学校で教えられたことが間違っているのである。その事実に気付かない限り、まともな解決策を施すことができなくなってしまうのだ。

 独身女性なら「男ってさ~」といって、得体の知れない言い訳を考えついても別に構わない。しかし結婚し、既婚女性になったら、そんな甘ちゃんなことなど決して許されないのだ。自分が結婚し、出産し、育児をしている以上、「男女平等は嘘なんだ」ということぐらい理解できる筈だ。

 男女は対等になれたり、公平に扱うことはできても、平等になることは絶対にない。

 不平等は決して悪いものなのではない。逆に男女の持つ性差こそが、多様な社会を形作り、より多くの人々を幸せにしているのである。

 とは言いつつも、学校で散々洗脳されてきたのなら、なかなか男女平等が抜けず、遂々、男性を見下してしまうものだ。だからこそ、自分の経験で男性たちを判断するのではなく、自分よりも遥かに凄い男性が書いた本を読んでみるべきなのである。その男性たちの意見を鵜呑みにするのではなく、その男性たちがどのように成長して来て、どのようなことを成し遂げたのかが解れば、自分の男性に対する許容量は確実に拡大して行くと思う。

 そうなれば仕事で男性に対してトラブルを起こすことがなくなる筈だ。それに男の凄さが解れば、自分の意見だけを押し通すことをしなくなると思う。女性が仕事を成功させて行くためには「男性の視点」を持つことも必要なのである。女性の視点だけでなく、男性の視点も持つことができれば、自分の仕事はどうやっても巧く行くようになるのだ。

 しかし、結婚生活では夫の欠点が目についてしまったり、職場でも男性社員の欠点が目についてしまったりすることもある。頭では解っているんだけど、行動が伴わないのだ。それゆえ夫婦喧嘩をしてしまったり、職場の人間関係で苦しんでしまうことになるのだ。自分が未熟なら、必ず自分が酷い目に遭うことになるのだ。

 そういう時はこの曲を聞け!

 SEAMOの『Continue』

 夫婦喧嘩が起こりそうな時にこの曲をガンガンに流せば、どの夫婦でも夫婦喧嘩をしなくなることであろう。職場の人間関係で苦しんでいる時にこの曲を静かに聞き入れば、どんな女性社員でも自分を悔い改めて行くことができることであろう。結婚したからゴールなのではなく、結婚したからこそスタートなんだ。結婚してから如何に大きく成長して行けるかで、自分に与えられる幸せの量は全く違ってくることになるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 既婚女性なら注意して読んだ方がいい本 | トップページ | 不妊症を克服したくば脳幹を鍛えよ »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

直江兼嗣の書があるのは新潟市にある船江大神宮という神社です。とても歴史が古く二世紀ごろにできたそうです。この神社の近くに白山神社という大きな神社がありまして、白山神社の敷地に松尾神社や黄龍神社、蛇松さまなどの摂社があります。白山神社の本殿の左側に地下通路があって、そこに摂社がありました。私が新潟にいたときは全然、それらの存在にわかりませんでした。
私のパソコンはついに壊れたので、それらの神社へのリンクがはれなくてすみません。小説も手書きで書いています(泣)農業関係のお話しを書いています。出来上がったら、ぜひ、読んで下さいね。

投稿: ゆきねこ | 2011年5月20日 (金) 12時13分

日本のアニメは将来のことを予言していたんだと思います。
今回の地震の津波はエウ゛ァンゲリオンのセカンドインパクトみたいだなと思いましたよ。
また、ナウシカの漫画は涙でますね。これも巨神兵が福島の原発みたいですね。そしてナウシカの世界も私たちの文明も状況が酷使しています。
今の世界の危機を解決するには一人ひとりナウシカのような優しい心をもち、ナウシカも弱い自分の心に向き合って、克服したように、私たち一人ひとりもそうしていくことが必要なのではないかと思います。
そういえばエウ゛ァの登場人物も自分の心の弱いところと格闘していましたね。

投稿: ゆきねこ | 2011年5月20日 (金) 12時26分

ペンネームはゆきねこですか?いいですね。
もし、大成したらゆきねこ先生って言われるのかな(笑)
なかなか書くのが進みませんが、がんばります。書くのは読むことの百倍大変ですね。タマティーさまは毎日、長文書いてらっしゃるので、頭が下がります。とりあえずチリツモでがんばります。

投稿: ゆきねこ | 2011年5月20日 (金) 12時35分

 ゆきねこさん、別にいいんですよ。
 「ゆきいぬ」でも、「雪女」でも、「遠山のおゆきさん」でも。
 そういえば小説家の「宮部みゆき」も、やっぱり名前に「ゆき」が入っていますよ。
 出来のいい女性作家にはなぜだか名前に「ゆき」が入っていますよ。

 タマティーも初期の頃はそんなに多く書けませんでしたよ。
 試行錯誤の末、今のようなスタイルに辿りついンたんです。
 『不妊症バトルロワイヤル』で書いていた時は今とは書く時間が違っていたので、そのため出来が良くなくなかったし、あれで一旦体調を崩してしまいました。
 それで早朝にブログを書くようになったら、出来のいいのが書けるようになって、それからどんどん質が上がっていったんです。

 だから執筆で大事なのは「書く時間帯」ですよ。
 男性の小説家だと、圧倒的に夜型が多いですね。三島由紀夫は午後11時から書斎に入って、明け方まで書くスタイルでした。
 女性の小説家だと、圧倒的に昼型が多いです。宮部みゆきは午前9時から始めて午後3時には書き終えているみたいです。
 女性の場合、早朝には書かない方がいいみたいです。
 男女の性差や歴然と横たわっているので、それを無視しないことです。
 ゆきねこさんも、試行錯誤しながら自分にとって最も書き易い時間帯を見つけて、その時間帯だけに書くようにし、それ以外の時間では書かないようにすることですよ。 

投稿: タマティー | 2011年5月21日 (土) 06時46分

タマティーさま

先日アドバイスいただいた逆子の件ですが、残念ながら治らず、帝王切開で先日赤ちゃんが産まれました。
しかし母子共に無事とのことで一安心しております。
実は私も帝王切開で出産しており、術後の辛さを身をもって知っているだけに友人には経験して欲しくはなかったのです。
もっと早く、お尋ねすればよかったと悔やまれます…。

タマティー様にはお忙しい中アドバイスいただいたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: りく | 2011年5月22日 (日) 22時45分

続けての書き込み失礼いたします。

今回はビジネス本の特集ですが、私は今子育てで色々と悩んでいるので、がばいばあちゃんを読んでみようと思います。

それから、別な方へのオススメで書かれていた高尾学館の天中殺占いの本も読んでみました。

今年夫の天中殺で私が前厄、来年が私の天中殺でしかも厄年でした。

今年は新年から、本当に悪いことばかり起きていて、もしかして…と思ったら本当にそれでしたので、驚くと同時にやっぱり…という感じでした。

来年はどうなってしまうのか…大体予想はつくのですが、怖いです。

ちなみに私の天中殺の後は続けて子供二人と同居の父の天中殺が待ち構えており、不安が尽きません。

占いでこんなに心配になったのは初めてです(汗)

これも東電の事故がその正しさを証明してしまったためですが、社長交代に吉報を感じ、安堵しております。

乱文長文、失礼いたしました。

投稿: りく | 2011年5月22日 (日) 23時12分

 りくさん、タマティーの力及ばず、残念でした。crying
 帝王切開は病院が金儲けのためにする手術なので、この衝撃的な事実さえ知っておれば、医者の意見を鵜呑みにはしないのですがね。
 逆子は簡単に治すことができるので、その知識を妊婦たち全員に持ってほしいですよ。
 特にベテランの助産師が逆子をマッサージで治してしまうシーンを見せてしまうと、どの妊婦たちもビックリしますからね。

 天中殺を恐れる気持ちは充分に解るけど、天中殺では悪い事が起こった方がいいんです。
 要は自分の膿出しだから、天中殺で悪い事が起きることで、自分の持っている悪い運気を解消して行くんです。
 結婚しているのなら、夫婦の天中殺がメインで、子供たちの天中殺は余り関係ないですよ。
 子供は12歳までは両親の運勢の庇護の下で育つので、本人の運勢に両親の運勢が加算されて育つみたいです。

 東京電力の原発事故もこれで収束に向かうことでしょう。
 清水社長は天中殺のド真ん中で就任したから、どうやってもこの原発事故は解決できないですよ。
 というかこの原発事故をより悪化させたと言っていいくらいですよ。
 メルトダウンを起こしていたのに、それを2ヵ月後にやっと認めるなんて、余りにも酷すぎまよ。
 次期社長がどのような行動を取るか解らないけど、社長が現地に入って直接指揮を取るか、現地の責任者に全権を付与して、独裁的な手法で解決していくしか、この問題は解決できないですよ。


 大地震よりも大津波よりも原発事故の方が危険だったというのは、今回の貴重な教訓でしょう。

投稿: タマティー | 2011年5月23日 (月) 06時18分

毎日読ませて頂き、元気をもらっております。
親指の痛みがまだおありの中、いつも有難うございます。

先週の金曜日にまた検診に行ってきました。胎盤の位置が、
前回の3ミリよりやや上がって、子宮口から1センチになっていました。先生は、これでも自然分娩は難しいですねーと言っていました。私も、もともと貧血持ちなので、自然分娩で出血多量で
大変なことになるよりは、帝王切開のほうが安心できるのかな
なんて、ついつい流されてしまいそうです。

でもタマティー様のお話を拝見してますと、最後まで諦めずに
自然分娩目指して身体を改善してゆこうとも思います。

やっぱり、あくまでというか、なるべくなら、リスクを伴っても
自然分娩のほうがいいのでしょうか・・・?
あと、1か月しか時間はないのですがどうすれば・・・。

お忙しいのにすみません。
教えていただけると、ありがたいですthink

投稿: ゆきりん | 2011年5月23日 (月) 10時14分

タマティー様

『風の谷のナウシカ』
紹介してくださってとても嬉しいです。
原作全7巻は、私の宝物です。

小学生の時に映画を見て、夜うなされるほど衝撃を受けました。

当時、細かい詳細は分からなかったけど、
「生きとし生けるもの、すべての命が大切」
という、大筋は感じていたように思います。

以降、父の本棚にあった原作漫画を、100万回読みました。
読むたびに、その時々の年齢に応じて琴線にひっかかるところが変わり、解釈が深まりました。

描かれた世界は、今の地球上の文明の以前の話か、
はたまた未来のことか。
環境破壊と、宗教、戦争。
歴史は繰り返される人間の愚行。

汚れを知らない、強く純真なナウシカでさえ、
一度は、深い絶望の虚無の世界へ。

途中何度も、他の映画製作のため連載がストップし、
内容もどんどん深遠に、複雑になっていき、
いったいどのような結末で終わるのか、
皆目、見当もつきませんでしたが、
最終巻は、全身の毛が逆立つような感動と衝撃の内容でした。

人間の愚行ですっかり死の星になりつつある中で、
僧正様が民に伝えた言葉が大好きです。
「それでも、子を産み、育てよ」

極論、私たち人間が出来る最大のことは、
これ、なのかもしれません。
生き物ですから。

ナウシカの言う
「私たちの神は、一枚の葉や、一匹の蟲にすら宿っている」
は、神道的な考えなのでしょうか?
祖父母や父母から教わった「神様」と同じやなぁと感じました。

ビジネスとしてこの本から学べることは、
メーカーも、消費者も、
地球を間借りしている生き物として、
謙虚に、良心をもって、子や孫のことを考えて、消費生活をしていくこと、でしょうか。


以下、余談ですが、
私たち夫婦は海外旅行が好きで、
新婚旅行で訪れたスペイン・アルハンブラ宮殿のイスラム建築に感動し、
翌年、イスラム圏のトルコに訪れた際に、
とても感動したことがあり、
ナウシカの結末を思い出しました。
(そうだ!旅行後すぐに身ごもりました)

雇ったガイドさんが、ちょうどラマダン期間中で、
お腹の空いている彼の目の前でランチを食べることを申し訳なく思い、「ごめんなさいね」と謝ったら、

「ノープロブレム!僕はたまたまイスラム教徒なだけだから」

この「たまたま」という言葉に、
トルコのイスラム教徒の度量の広さと、
イスラム教に対する、不勉強による誤解がパーっと晴れました。

飲酒が禁じられているのに、
カッパドキアでは、世界最高のワインが作られ、
観光客は昼間からビールを飲んでも誰にも怒られません。

もちろん、トルコが特別で、宗派や国にもよるでしょうが、
イスラム教は異教徒に対し、頭ごなしに厳しい、
とてっきり思っていたので。

イスタンブールは、何度も征服者の国教が変わった複雑な歴史がありますが、
アヤソフィアの聖堂には、今では、
「聖母マリア」と「アラーは偉大なり」というレリーフが、
なんと!同居していました。
なんと、大らかだろう。
感動。。。涙が出そうになりました。

ブルーモスクに入った時にも、子宮に帰るような包まれるような感覚がありました。

おこがましいですが、
無知による、世界の宗教戦争が終わることを
願ってやみません。

そのためには、けがれを知らない、まだ無知の、
授かった我が子を、
自分の頭で考えられる、心の強い、優しく大らかな子に育てねば。

親も、しっかりせねばなりません。

 追伸:わたしも本名はユキです。嬉しいnote
     娘がリンと申します。

投稿: りん | 2011年5月23日 (月) 10時31分

 ゆきりんさん、かくなる上は、必殺の「万田酵素」を使うべきですな。wine
 万田酵素は出産に物凄く効くのに、なぜだかどのマタニティー本にも載っていないんです。
 万田酵素を飲んでいれば、自然分娩になれば「つるりんこ」と赤ちゃんが生まれて来るし、帝王切開になっても術後の経過が非常に巧く行くようになるんです。

 貧血気味なら、「海苔」とか「ヒジキ」とか食べているかな?
 妊娠では鉄分をより多く消費することになるので、鉄分をきちんと補給しておかないと、前置胎盤はどんどん進んで行きますよ。
 海苔は1帖で大人1日分の鉄分を余裕で摂取できるので、毎日海苔を食べるようにすればいいんですよ。
 出来ることなら昼食時に食べるようにし、胎児に充分な鉄分が行くようにしてあげたらいいですよ。

 そして最後はお腹の中の赤ちゃんにお願いをすることです。
 「臨月に安産で生まれてきてね」ってお願いをし続けると、本当にその通りに生まれて来るんですよ。
 特にお風呂で体を温め、その後、冷水シャワーで禊をしながら、お腹の赤ちゃんにお願いすると、その願いが届き易くなります。
 出産はお月様の周期で行われるので、恐らく臨月の満月前後になります。
 そこが外れると新月になります。
 お月様の周期を調べて、後は自分のお腹の調子の具合を巧く調整して行くと、安全な形で出産できます。


 帝王切開は最後の手段なので、今からその最後の手段に流れないことです。
 今からでもやれることは沢山ありますよ。

投稿: タマティー | 2011年5月23日 (月) 17時12分

 りんさん、ここにも「隠れユキ」がいたのですね。happy01
 そtれにしても自分の娘の名を使うなんて不届き者ですぞ。
 娘さんが大きくなったら、「なんでお母さん、私の名前使ったのよ~crying」って責め立てられますぞ。

 ナウシカの考え方は恐らく殆どの日本人が神道的と思ってしまうのですが、この考え方は実は最澄の「一切衆生悉有仏性」(『涅槃経』)から来たものです。
 神道家の中には「神道はアニミズムである」とほざく馬鹿者もいるので、神道家ですら誤解しているんです。
 因みに漢意を否定している本居宣長ですら、最澄の考え方の影響下にあるんです。
 神仏習合を長らくして来たので、なかなか純粋な神道の教えには辿りつけないんです。
 但し、神道は山や木を神の依代とするので、この考えをあからさまに否定するようなことはしないんです。
 だから余計にややこしいんです。

 恐らく「森の人」が純粋な神道家ということになるのでしょうね。
 かといってナウシカは仏教徒ではなく、飽くまでもギリシャ神話出身で、その実体は宮崎駿監督自身であって、自分の生きるべき道を模索しまくっているんです。
 だからナウシカは「森の人」と通じ合うことはできても、「森の人」と同じ生き方はしていないんですよ。
 ナウシカは自分で考え、自分で行動し、傷つき苦悩し、そして新たな道を見つけ出そうと必死になって生きる訳です。
 その描き方が滅茶苦茶凄いんですよ。

 因みに漫画の『ナウシカ』では「森の人」はイケメンと描かれているのですが、これが後の映画では「トトロ」になる訳です。
 「森の人」のシーンと「トトロ」のシーンはなんだか似通っていますからね。
 それとナウシカのその後が多分、『もののけ姫』のサンとアシタカに分かれるのでしょう。
 
 今回の原発事故でも『風の谷のナウシカ』をきちんと読み込んでいれば、菅直人首相みたいに原発をやっつけるようなことはしなかった筈です。
 菅直人首相が手を出せば出すほど、原発事故が悪化してしまうんです。
 メルトダウンを起こした原発は、腐海の王蟲と同じで、やっつけようとすると復讐される訳です。
 要はこの原発事故を終息させればいいのだから、もっとナウシカのように「いたわりの心」を持ってやればいいんです。

投稿: タマティー | 2011年5月23日 (月) 17時28分

タマティーさまsign04sign03 こんなに早くご回答頂きまして有難うございますぅcrying

ついつい流されそうになっていた私をお許しください。
今、海苔をバリバリ食べながらコメント打ってます(笑)。

最後まで希望を捨てずに、行くことにしました。
今回の妊娠はバックにタマティーさまがいてくださっているから
今までと全然違います。今日も赤ちゃんと対話して散歩していました。相手は目に見えませんが、確実に人間です。
タマティーさまのおっしゃるように、赤ちゃんにお願いしてみます。
我が家を選んでくれた子ですものね・・・。

万田酵素wineも全く知りませんでした。早速試してみます。

今日前の記事を読ませて頂いていて、先祖祭祀を怠っていたことに気が付きました。神棚は自宅にあり、毎日(!?)手をあわせているのですが、お墓参りに久しく行っていませんでした。
早速、父に電話して今週の日曜に行くことに決まりました。

やはり、正しい行いをしていなければ、おかしなことになっていくものなのですね。身をもって体験しちゃいました。

ところで禊をする際は、冷たい水を肩くらいからかけながらで
良いのでしょうか?お腹だけにかけるんじゃあないですよね?
それとも、頭から水をかぶったほうが良いのでしょうか?

今からお風呂なのでとにかく実行してみますpout

投稿: ゆきりん | 2011年5月23日 (月) 23時45分

 ゆきりんさん、偉いですがな!happy01
 出産というのは、女性は命がけで行うので、中には死んでしまう妊産婦もいますからね。
 墓参りして先祖の御守護を頂くことですよ。
 墓参りの際には、自分の両親に自分をこの世に産んでくれたことに対して感謝の意を伝えておくことです。
 こういうのは口に出して言わないと、結局、相手にきちんと伝えることができませんからね。

 冷水シャワーは肩からででいいです。
 最初は冷たいと思うのですが、これで自律神経が正常に作動するようになるし、脳幹も強くなって、非常に安産に持ち込み易くなるんです。
 ついでに子供たちにも冷水シャワーを浴びせておくと、風邪をひきにくくなり、健康でいられるようになるんです。

投稿: タマティー | 2011年5月24日 (火) 06時13分

タマティー様

申し訳ありませんsad
「ゆき」がつく方が多いので、最も好きな娘の名前を拝借してしまいました。改めます。

先日は、ついお調子にのり、
長々とコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
まるで、アニメオタク(失礼)みたいなうすら寒いコメントに
丁寧にご回答いただき、感謝します。


タマティー様のナウシカ論、すごく面白い…happy02
もっと聞きたいー!
…と思いましたが、これ以上、ブログ進行のお邪魔しては悪いので、筆を置きます。
知識が幅広く、深ければ、
どんな書物も、より深く解釈でき、より血肉にできるんですね。
「神道」「メルトダウンにいたわりの心」
宿題を頂きありがとうございます。勉強します。

わたしはしょせん「ケチャ」ですが、
ナウシカのように、この俗世間で、清浄と汚濁にまみれつつ、
「墓所の教団」みたいに頭でっかちにならずに、
行動しながら、傷つきながら、恥かきながら、生きていきます。
そっちの方が、ぜったい面白い。

あ、ちなみに、わたしは、登場人物ではクシャナが好きです。
ナウシカはちょっと優等生すぎて。。。

・・・と、また続きそうだから、強制終了。

ありがとうございました。

投稿: りん 改め yuki | 2011年5月25日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/39985001

この記事へのトラックバック一覧です: 既婚女性なら出来れば読んだ方がいい本:

« 既婚女性なら注意して読んだ方がいい本 | トップページ | 不妊症を克服したくば脳幹を鍛えよ »