« 総合職の女性が絶対に身につけなければならない指導術 | トップページ | 部下を育てたいのなら平等に扱うな。公平に扱い、思いっきり依怙贔屓しろ。 »

どうやって部下を管理すべきか?

●その部署の中で最も仕事を楽しんでしまうのがリーダーの最大の役目である

 総合職に就いてしまうと、どうやって部下たちを管理して行けばいいのかと、テクニックに走ってしまう女性たちが多いものだ。今までの自分の人間関係の延長で、テクニックをどうにか駆使すれば、部下たちはついてくると思ってしまうのだ。確かに平社員なら対等な立場で交友を深めることができた筈だ。しかし総合職は他人の上に立つ地位を与えられるので、そんなことではとてもではないが、部下たちはついて来なくなってしまうのだ。

 では一体どうすればいいのかというと、自分がその部署の中でも最も仕事を楽しんでしまうべきなのである。その部署の権限は自分が最大に持っているのだから、自分こそが仕事を最も楽しめる筈なのである。上司が仕事を楽しんでしまっているからこそ、部下たちは何か面白そうだと思ってしまい、ついて来るようになるのだ。

 仕事というのはどの仕事であってもやってみれば大変な作業になるのは決まっているのだ。その大変な作業を「大変だ~」と嘆いていては、部下たちがついて来る訳がないのだ。大変な作業だからこそ、実際にやってみれば面白いことが沢山あり、それを給料を貰いながら楽しめることができてしまうのである。

 自分の楽しさが部下たちに伝染していき、その部署内がウキウキワクワク状態になればもう全てのことが巧く行くようになるのだ。こういう状態に持って行くからこそ、部下たちを管理するテクニックも生きて来るのであって、この状態に辿りつかないと、部下たちを幾ら管理したとしても、常に部下たちの不服従や反乱に悩まされることになるのだ。

 総合職に就くような女性は、学校や大学で優秀な成績を収めて来た人たちが多いから、遂、自分の個人プレーで仕事を進めて行ってしまうのだ。仕事が楽しい訳でもなく、ただ単に会社から仕事を任されたからという感覚でやっていると、後でとんでもない事態に陥って行ってしまうのである。

●ビジョンを示して、部下に仕事を与えてしまう

 自分が仕事を楽しんでさえいれば、部下たちを管理するテクニックもきちんと使えることになる。部下たちを管理して行くためには、なんと言っても「ビジョンを示すこと」だ。この部署ではどういう目標に向かっているのか伝え、その具体的な作業を的確な言葉で説明して行くのだ。

 部下たちにビジョンを示さないと、部下たちは日々のルーティンワークだけこなしてしまい、それ以上の働きをしてこないのである。上司がビジョンを示さないのに、上司が部下たちが怠けていることを指摘しても、一向に改善されることはないのだ。丁度、学校教育のようにただ試験でいい成績を取れでは、確実に落ちこぼれの生徒たちが出て来るように、部下たちにいい仕事をしろというだけでは、まともな仕事をすらしてこないのだ。

 ビジョンを示すというのは、簡単にできるようで出来るものではないのだ。その部署の役割を自分が十二分に理解し、どこまでの範囲内でならこの部署の活動が許されるのか正確に理解していないとならないからだ。だから先任者と話をしてみるべきだし、社長の意見をちゃんと聞いて、この会社がどの方向に向かっているかを知っておかなくてはならないのだ。

 ビジョンを示すことができたのなら、それに応じて部下たちに仕事を分け与えてしまうことだ。なんでもかんでも自分で仕事をしてしまわないことだ。その部署で重要な仕事をさえしていればいいのであって、自分にとっては不要な仕事はどんどん部下たちに分け与えて行ってしまい、自分の負担を最大限軽くしてしまうべきなのである。

 総合職に就く女性は優秀な人材であろうから、自分で仕事を全てこなそうと思えばできないことはないのだ。しかしそんなことをすれば部下たちは遊び呆けてしまうし、それに何より自分が残業の常習犯になってしまい、自分の仕事の皺寄せが家族に及んで来てしまうのである。既婚女性は残業などできないのである。残業をしないためにも部下たちに仕事をどんどん分け与えて行くしかないのだ。

●予定表を提出させ、日々報告を受けるようにする

 自分が総合職に就いたのなら、性悪説に立脚することだ。性善説に立って、部下たちは善良だから自発的に仕事をしてくれるだろうなどと甘い考えを持っていると、部下たちを統率して行くことができなくなるのだ。性悪説に立ちさえすれば、部下たちは放置していても仕事などしてこないのであって、だからこそ仕事をするように仕向ける方策を取らねばならないと思うようになり、部下たちに仕事をさせるように仕向けて行くことができるようになるのだ。

 部下たちには毎週予定表を提出させ、30分刻みで仕事の予定を入れるようにすることだ。なぜ30分なのかといえば、人間の集中力が全く切れないのはこの時間内であり、実際に仕事をしてみると、30分単位で進めて行った方が効率がいいのである。1時間単位など長すぎるし、15分単位だと短すぎてしまうのだ。30分という単位が丁度いいのである。

 部下たちには予定表通りに仕事をして貰い、仕事を全て遣り終えた後は報告して貰うようにすることだ。その際にまずは仕事の内容をきちんと聞き、それに対して自分がコメントすることが有るなら、その場で言ってしまうことだ。これは口頭でやっても構わないし、携帯電話で処理しても構わない。

 部下たちに予定表を組ました上で働かせると、どの部下が能力は高く、どの部下が能力は低いということが解って来るので、それに応じて更に仕事を振り分けて行くことだ。当然に能力の高い部下にはより多くの仕事を与え、能力の低い部下にはその能力でもこなせる程度の仕事を与えて行ってしまえばいいのだ。

 総合職なら自分がいっぱいいっぱいになってしまうような仕事の仕方をすべきではないのである。多少、余裕を以て仕事をこなし、もしも部下がミスを仕出かした場合、すぐにフォローを入れるようにしなければならないのだ。確かに自分が上司のだから、部下のミスに対して、その部下に責任を取らせることはできる。しかしそれではその部下は恨みを抱くことは必定なのだ。上司なら部下のミスをフォローするのも仕事の内なのである。

●月一で個別ミーティングを行う

 上司といえども部下の事情を的確に把握している訳ではない。そこで月に1度、個別ミーティングをお来ない。上司と部下の2人だけで話をするようにすることだ。その際、部下の話をちゃんと聞き、部下が一体なんの問題を抱えているのかきっちりと掴んでしまうことだ。最初は些細な問題でも、時間の経過と共に大きくなって行くのが常だからだ。

 いつも自分が上司である以上、命令を下して行くしかない。そのため情報が一方的になってしまい、部下たちの情報を上司が得るということをしていないのである。だから上司と部下の対立が起こって来るのである。それを防ぐための個別ミーティングなのだ。これをやると上司は部下の情報をきちんと把握することができるようになるので、部下たちは上司に対して不満を抱くことがなくなるのだ。

 部下たちにしても、自分が上司から呼ばれ、2人っきりで話すことができたために、自分は重要視されていると勝手に錯覚してくれるようになるのだ。こうなると部下たちの士気が上がって行き、部下たちの仕事の成果が急上昇して行くことになるのだ。会議だからといって、いつもみんなを集めて会議をしていると、こういう効果は出て来ないのである。

 月一の個別ミーティング以外に、何か部下に言いたいことがあるなら、歩きながらミーティングをしてしまうことだ。歩きながら話をされると、相手も素直に上司の意見を聞いてしまい、不満を持つことがなくなるのだ。しかも歩きながらミーティングをすることで時間の節約にもなるので、一石二鳥といった所なのだ。

 自分が仕事を楽しみ、部下たちを管理するテクニックを巧く駆使して行けば、仕事というのは必ず勤務時間内に終わるものなのである。総合職だからといって大変な仕事をしているのではないのだ。ただ平社員とは違い、部下たちを与えられているから、部下たちを巧く統率して行かなければならないだけのことなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 総合職の女性が絶対に身につけなければならない指導術 | トップページ | 部下を育てたいのなら平等に扱うな。公平に扱い、思いっきり依怙贔屓しろ。 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/40242756

この記事へのトラックバック一覧です: どうやって部下を管理すべきか?:

« 総合職の女性が絶対に身につけなければならない指導術 | トップページ | 部下を育てたいのなら平等に扱うな。公平に扱い、思いっきり依怙贔屓しろ。 »