« タマティークラブ 6月号 『安産になりたければ、水天宮に参拝すべし!』 | トップページ | もしもタマティーが経営コンサルタントになったら »

「終身雇用」と「年功序列」と「男女雇用比率不均衡」の三位一体は絶対に変わらない

●日本企業が圧倒的な攻撃力と防御力を持つ理由

 日本経済は産業資本主義に関しては大成功したのである。成功したからこそ、戦前には日本のお手本として挙げられていたドイツやフランスやイギリスを追い抜いてしまったのである。アメリカは現在覇権国家なのでさすがに追い抜くことはできないが、それでも良質の工業製品を世界中に販売することで日本の繁栄は維持されているのである。

 日本企業がなんでそこまで強くなれたかというと、それは製造業に属する日本企業の多くが、「終身雇用」「年功序列」「男女雇用比率不均衡」の三位一体を取り続けたからなのである。戦前の日本企業がこの三位一体を採用していた訳ではないのだ。日本だって戦前は西ヨーロッパ式の資本主義でやっていたのだ。しかし西ヨーロッパ式の遣り方では労働争議が激化してしまうからこそ、戦後の大混乱を利用して、日本独自の資本主義へと移行していったのである。

 日本企業はこの三位一体を使って大成功を収めた以上、この三位一体を捨て去る訳がない。日本企業がすべきことは、この三位一体を保守し続けることなのであって、そう簡単に廃棄する訳がないのだ。勿論、この三位一体に関して問題点がないとは言い切れない。しかしだからと言ってその問題点を重視する余りにこの三位一体を放棄したら、日本企業の圧倒的な攻撃力も防御力も失われてしまい、他国に追い抜かれてしまうことになるのだ。

 事実、日本のマスコミがバブル経済辺りから、「終身雇用」や「年功序列」や男女効用比率不均衡」の批判する報道や論評をし始めるようになってから、会社経営者たちの中からもこの三位一体に対する批判を公然とするようになったり、政府に至っては男女共同参画社会と称して、日本企業の組織に手を突っ込むようなことを平気でするようになったのだ。

 それでどうなったか?

 バブル景気は破裂し、日本はその後ズ~ッとデフレ不況のままである。日本国民の所得は20年近くに亘って上昇していないし、自殺者は増え続けているのである。挙句の果てには中国に追い抜かれてしまい、日本は世界第三位のGDPを有する国家になってしまったのだ。憲法に於いて軍備を持つことが禁止されている日本に於いては、この状況は非常に危機的な状態なのである。

●それは同時に生産性の低下という代償を支払うことになる

 終身雇用や年功序列をマスコミが批判するけど、雇用されるビジネスマンたちにとっては、このシステムが必要だからこそ維持され続けているのである。大学を卒業してどこかの企業に就職して行く場合、その企業が終身雇用をしてくれるのなら、今後、解雇されることもないし、転職する必要性もないのだ。しかも年齢に応じて給料が上がって行くから、結婚することも可能になるし、マイホームだって買うことが可能になるのだ。もしもこのシステムがなければ、結婚だってできないし、マイホームを買うほどの給料だって貰えないということなのである。

 男女雇用比率が不均衡になっても、それは男女双方に問題はないのである。男性優位になるのは製造業だけなので、逆にサービス業は圧倒的に女性が優位なのだ。製造業にのこのこと就職してきた女性が、自分が出世できないことを騒ぎ立ててそれを大問題にしてしまうが、だったら他の業界に就職すればいいのである。男女雇用比率の不均衡を問題視する方が異常なのである。

 マスコミや政府の反応とは別に、製造業の経営者たちはこの三位一体が違う所で問題を起こしているのを重々承知している。それは「生産性の低下」だ。この三位一体を導入して真っ先に問題として出て来たものは、残業が当たり前のように行われてしまい、それによって長時間労働になり、その長時間数で生産量を割れば、当然に生産性が異様に低い結果になってしまったのだ。

 日本企業としては生産性の低さが問題になっていると解っているからこそ、政府が男女共同参画社会を推進すると、或る部分までは同調するという得体の知れないことをやっているのだ。というのは女性の労働環境を改善すると、それに付随する形で残業の削減が行われてしまい、結果的に女性社員にも男性社員にもいい結果をもたらすことになるからだ。

 しかし政府が本当にすべきことは男女共同参画社会の推進ではないのである。減税なのである。政府が減税さえしてくれれば、社員たちにより多くの賃金を支払うことができるのである。社員に高給を支払いたくても、重税でごっそりと税金を持って行かれれば、企業だってそれを実行することができないのだ。

●原則を維持しつつ、例外を認めて行く

 製造業であるなら、この三位一体を放棄する訳がない。この三位一体を放棄した瞬間に日本の製造業は完全に破滅して行くことになるからだ。隣国に韓国や中国といった製造業が主力になっている国家が存在する以上、日本の製造業の破滅は、国家の破滅になってしまうものでもあるのだ。

①インターン制の導入

 日本企業がこの三位一体を維持して行くためには、或る程度の補強は絶対に必要になる。例えば大卒者をすぐさま雇用してしまうのではなく、大学4年時に就職活動をして内定を出したのなら、その後、インターンとして1年間働いて貰い、優秀な学生だけを選抜し、インターンを遣っている最中に仕事の基本を覚えて貰うようにするのだ。

 幾ら終身雇用だからといって、今までのように全ての新入社員を定年まで雇用し続けることはもうできないのだ。終身雇用していいのは優秀な人材だけなのであって、その人材を選抜し、入社する前に教育して育て上げてしまえば、当然にその新入社員は終身雇用に値する優れた労働をしてくれるようになるのだ。

②成果主義的要素を加味する

 日本企業の年功序列では年齢に応じて或る程度の功績を立て、能力を向上させて行くなら出世させるのであるが、今までのように能力主義に重点を置くのではなく、成果主義をも加味して行くというのは充分に予想される。というのは30代か40代で何かしら成果を出し続けない限り、上級管理職として全く使い物にならなくなってしまうからだ。なんもミスもしなかったから出世できたというのでは、無能な人間が出世して行くだけになってしまうのである。

 成果主義を加味するということは、それだけアメリカ企業の遣り方にシフトして行くのであるが、そうなると出世競争に負けた連中を如何に処理して行くかが問題になって来るのだ。現在、成果主義は無能な中高年の社員を首切りにする理由として使われているのであるが、年齢が40歳を過ぎてからではもう再就職先だって厳しいものになってしまうのだ。

③派遣社員の採用と解雇

 もう1つは派遣社員の枠を大きく取り、これによって終身雇用する社員を少なくしてしまうのだ。派遣社員は終身雇用の恩恵も年功序列の恩恵も預かることはできないので、企業としては低賃金で働かせることができ、企業の財務を一気に改善して行くことができるようになるのだ。しかも会社の経営が苦しくなれば、派遣社員を解雇してしまえばいいので、不況を巧く乗り切ることができるようになるのだ。

 しかしこのことは日給取りと月給取りの差別を撤廃して繁栄を築いた遣り方を事実上放棄することになる。派遣切りが深刻な問題になってしまうのは、戦前の労働争議と同じなのであって、派遣社員になるような人たちは高い知識や高い技術を持っていないので、単純労働にしか使えないから、企業の経営が苦しくなればすぐさま解雇されてしまうのだ。この事実を知れば、如何に終身雇用や年功序列が社員たちの知識や技術を向上させたかが解ることであろう。

④既婚女性たちへの自宅勤務の整備

 男性が優位になっている企業であっても、或る程度までなら女性社員の枠を増やして行く改善策は取って行くことになるのであろう。男性が如何に多い企業でも最大30%までなら女性社員を増やすことができるからだ。しかも女性社員が多くなれば、男性社員たちは活気づくことになるので、女性を登用して行くことは会社全体としていい結果をもたらすことになるのである。

 恐らく今後問題になって来るのは、既婚女性をどうやって雇用し続けるかということであろう。既婚女性の内、半分近くは平均以上の能力がある女性たちなので、これを結婚退職させていては企業にとって非常に損失になっているのだ。妊娠中や育児中は自宅勤務を認めて、自宅できる仕事を既婚女性に回してしまい、自宅で仕事をこなせるようにして行くことは必要なことなのである。

●外国と比較するより、独自路線を歩むことの大切さ

 よく日本の知識人たちは「欧米ではこうなっている。それに対して日本は遅れている」という論法を行って来るものであるが、産業資本主義に関しては日本の断然進んでいるのである。西ヨーロッパは最早嘗ての輝きを失っているし、アメリカ合衆国は国内の産業が衰退しても、覇権国家として世界各地から資本を受け入れているからこそ繁栄しているだけなのである。

 俺は自宅で海外の製品を使う際、「この商品はいい商品だな~」と思うのは、圧倒的に西ヨーロッパ製の物が多い。例えば服に関してはイタリア製の物が最もファッションセンスが優れているし、バッグや香水ではフランス製の物が一番優れているし、肉を切る包丁に関しては矢張りドイツ製の物が一番良いのだ。なんでこんな現象が起こるのかといえば、これらの国家では最早量産品の商品で勝つことができず、高級品を作ることで生き残ることを選んでいるからなのである。

 一方、イギリスやアメリカは覇権国家を経験しているから、そんな悠長なことをしない。不況になればバッサリと社員を解雇してしまい、雇用し続けている社員に対して安月給で済ましているのである。それになのに社長や取締役たちはj数十億円や数百億円もの報酬を受け取っているのである。これでは優れた商品を作り出せる訳がないのだ。

 明らかにアングロサクソンたちは異常な資本主義を遣り続けているのである。勿論、日本がこの資本主義に対抗して行くためには、金融業を中心としてアメリカ式の遣り方を採用しなければならない。だからといって製造業にまでアメリカ式の遣り方を押しつけられては堪ったものではないのだ。

 西ヨーロッパがなぜ近代化以降発展できたのかといえば、自分たちが最善だと思うことを遣り続けたからだ。日本だって近代化以降、自分たちが最善と思うことを遣り続けたからこそ繁栄し続けたのである。アメリカ合衆国が覇権国家として繁栄しているからといって、羨望すべきではないのである。あれは覇権国家だからこそできるのであって、それよりも日本は日本独自の路線を歩み続けた方が、国民を豊かにして行くことができるようになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« タマティークラブ 6月号 『安産になりたければ、水天宮に参拝すべし!』 | トップページ | もしもタマティーが経営コンサルタントになったら »

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、こんばんは。

息子の貧血を心配した時はアドバイスありがとうございます。近々検査に行くのでその後報告します。

前の記事になりますが、水天宮は安産の神様で有名なので安産天使のタマティーさんが水天宮を知らなかったとは意外でした。(*^^*)
子授け祈願は色々な神社にお参りしましたがご祈祷をお願いしたのは水天宮だけでした。
数年かかりましたがやっと妊娠し宮司さんに直接お礼し子授御守をお返しする事が出来ました。安定期を過ぎて直ぐの戌の日がちょうど日曜に当たった為交差点の角を曲がっても続く長い行列に行列嫌いの主人が並んでくれて(私には近くのカフェで座って待ってろといたわってくれて)の安産祈願、見事陣痛1時間半足らずの安産。勿論お礼参りそしてご先祖様のお墓にも行きました。安産天使のタマティーさんの所にも直接お礼に伺いたい位です。

お陰様で熱を出す事なく満1歳になりました。誕生日の翌日たっちしてその翌日3歩歩きました。今日はちゃぶ台の上によじ登りました。

今朝2人目を妊娠した夢を見ました♪夢から覚めても幸せな気分でした。

投稿: じゃがまる | 2011年7月12日 (火) 00時19分

 じゃがまるさん、タマティーとしては、東京で水天宮がこんなに人気があったなんて驚きでしたよ。happy01
 タマティーは水天宮がある方面には、殆ど行ったことがないんですよ。
 タマティーは浅草寺を長らく「戦争寺」だと思っていたので、「なんて物騒なお寺だな」と思っていたくらいなんです。

 満1歳の誕生日の立っちしてくれなんて、滅茶苦茶親心を擽る利口な息子さんです。
 卓袱台だろうがなんだろうが、どんどんよじ登って下さい。
 目指せ! スカイツリ―!!

 第二子を産みたいのなら、とっと産んだ方がいいじゃないかな?
 じゃがまるさんは1人っ子で充分だろうと思っていたら、出産と育児で「母親としての喜び」を経験してしまうと、こうも変わるもんなんですね。
 今夜から夫婦でパッコンパッコンして、子作りに励んで下さい。

投稿: タマティー | 2011年7月12日 (火) 07時05分

 さくらさん、それでは運命鑑定を開始します。
 非常にショッキングな内容になると思うので、ちゃんと読んで下さいね。

 さくらんさん、旦那さんは多分イケメンでしょう?
 しかも話し方は女性に優しく話ながら、男性の力強い意見を言って来るので、これなら多くの女性たちは口説かれてしまうと思います。
 その才能を巧く使えば高名な演説家、悪用すると天才詐欺師、放置しておくとプレイボーイになります。
 浮気をやめろといっても、やめないと思います。

 またさくらんさんも、女性としての可愛らしさを持ちながら、男性なみの合理的な考えをして来るので、仕事をする分なら双方話し易いんです。
 本来なら、旦那さんとさくらさんは話が会うんですよ。
 しかし、家庭に入ってしまうと、どうしても家の中に男が2人いるような感じになってしまって、喧嘩をし出すようになるんです。
 
 それに夫婦の収入はどうなっているのかな?
 さくらさんの方が収入が多いんじゃないかな?
 旦那さんがその会社でどういう地位にあるかわかないんけど、普通、さくらさんの方が収入は多くなる筈ですよ。
 夫婦喧嘩にはお金の問題も絡んでいると思います。

 子供ができない原因は夫婦喧嘩にあると思うけど、それにセックスの問題もあると思います。
 夫婦双方ともセックスは好きなのですが、旦那さんは女性を口説き落とすまでが楽しいのであって、セックスはそんなに巧くないんじゃないかな?
 俺の経験則から言うと、イケメンはセックスが巧くないと思うよ。
 そのくせ、さくらさんは意外とエロくて、ベッドの上では物凄く淫乱です。
 旦那さんがさくらさんをギブアップさせるまでにやってくれればいいけど、そうならないとちょっときついですよ。

 結婚後3年以内に90%以上の夫婦が妊娠出産しているので、このまま行くと不妊治療の悲惨な日々に突入します。
 解決策としては2つですね。
 旦那さんの浮気を認めてしまい、浮気に関しては口を出さないようにすることです。
 犬を散歩するとウンコをするように、旦那さんも外に行くと浮気をします。浮気も犬のウンコと思うようにすることです。
 もう1つの解決策は離婚することですね。
 この男性の浮気は絶対に治らないから、浮気が嫌なのなら、離婚してしまうことです。
 年齢的に今の年齢なら、まだ遣り直しが効くから、離婚を決意するなら、早目にした方がいいです。
 さくらさんならモテると思うので、再婚相手はすぐに見つかると思います。

投稿: タマティー | 2011年7月12日 (火) 19時52分

タマティさん、鑑定ありがとうございます。

あまりにもお見通しでびっくりしちゃいました。
犬のうんちには思わず笑ってしまったけどhappy01

そうですね。お金の事も性生活の事も納得です。
主人とケンカが多くなり自分の男みたいな性格にも悩んでました。

今は好きなのかさえ正直分からないのだけど主人と別れたくないって思ってしまいます。
それなら浮気を許していくしかないんですね。すごく苦しいけど、これからは受け入れられるようになるといいなぁ。
タマティさん、丁寧な返信本当に本当にありがとうございます。


投稿: さくら | 2011年7月13日 (水) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/40652674

この記事へのトラックバック一覧です: 「終身雇用」と「年功序列」と「男女雇用比率不均衡」の三位一体は絶対に変わらない:

« タマティークラブ 6月号 『安産になりたければ、水天宮に参拝すべし!』 | トップページ | もしもタマティーが経営コンサルタントになったら »