« 出世の運不運 | トップページ | 特別企画「なでしこジャパンがW]杯で優勝してしまったからこそ、言わなければならないことがある!」 »

自分が働くことで家庭内がゴタゴタしているのなら、仕事を即刻辞めるべし

●仕事どころではない家庭の状況

 外で働く既婚女性たちの中には、自分が一生懸命になって仕事をしてお金を稼いでいるのに、家の中が滅茶苦茶になっている場合がある。それも深刻な状況になっているのだ。夫が失業、夫が病院に入院するほどの病気を発病、夫が交通事故に遭っても長期間に亘って仕事ができなくなる。子供も病気で寝たきり状態になったり、子供が言語面に於いて明らかに遅れた症状をさせたり、子供がグレてしまったりと、家庭内で荒れ放題に荒れてしまうのだ。

 こういう場合、妻が今後も仕事をし続けてしまうと、この状態が益々悪化して行くことになる。原因は明らかにその妻にあるからだ。その妻が妻としてすべきことをしていない、母親としてすべきことをしていないからこそ、夫や子供たちに悲惨な事態が起こってしまっているのである。

 家庭が悲惨な状況になった場合、妻としては勇気を出して仕事を辞める選択肢を取った方がいいのだ。確かに自分が失業することで収入は減少する。しかし自分が家庭の中に入って家族を立て直して行かない限り、この状況を打開することは絶対にできないのだ。この問題は自分が仕事をしながら解決できる問題ではないのだ。

 家族を犠牲にしてまで働くような既婚女性は、「お金さえあれば幸せになれる」と思っているものだ。確かにお金があれば或る程度は幸せになれる。しかしお金だけで幸せになれる訳ではないのだ。自分の考えが根本的な所で間違っているのであって、この根本的な間違いを治して行かない限り、この悲惨な状況を解決して行くことはできないのだ。

 女性なら30代で厄年が連発する時期なので、30代は自分の生き方が大いに変わっていくことになるのである。30代で自分の人生を変えていくのなら、どんどん変えて行っていいのだ。しかしその変化を30代にしておかないと、40代や50代という時期に自分ではなく、家族の方に問題が噴出して来てしまうことになるのだ。

●家族の形が出来上がっていない

 なんでこんなことになってしまったのか?

①夫婦の愛の形

 まずは夫婦の愛の形が出来上がっていないということだ。夫婦は男女2人しかいないために、夫婦の力関係で大いに変わってしまうのである。夫が亭主関白になったり、逆に妻の尻に敷かれたり、妻が良妻賢母の鏡のような女性になったり、カカア天下になったりするのは、その夫婦が自分たちで最善だと思うのならそれでいいのである。

 妻が結婚しても変わらず、独身の頃のままを貫き通してしまうと、夫婦の愛の形を巧く作って行くことができない。このためにその報復措置として夫に問題が大量に発生して来るという現象が起こって来るのだ。新婚ならどの夫婦も非常に親密になるものだが、あの期間をすっ飛ばしてしまうと、その代償は非常に高くつくことになるのだ。

②家事の仕方 

 第二に家事の仕方が全然身についていないのだ。家事をこなすことに夫や子供たちに余りにも負担をかけてしまい、家事の成果が思うように出て来ないのだ。確かに家事や育児をこなしながら仕事をするのは重労働である。しかしそれでも巧く工夫すればどうにかなるものなのである。その工夫が全く足りないのだ。

③育児の仕方 子育ての仕方

 第三に育児の仕方や子育ての仕方に相当な問題を抱えているということだ。仕事をしている場合、専業主婦のようにフルタイムで子供に接することができない。そのため、1日30分でもいいから、子供と2人きりの時間を意図的に作り出して、真剣に遊べばいいのである。この余裕を持たないからこそ、どこかで子供の方が駄目になってしまうのである。

 育児や子育てで非常に危険なのは、子供に「いい子」ばかりを要求してしまうことなのである。これをやられると子供は母親の言う通りにいい子になるのだが、成長して行く過程でその歪みが或る日突然に大爆発し、手のつけられない反抗を仕出かして来ることになるのである。育児をすれば子供は天使のような姿を見せるが、悪魔のような姿をも見せるので、それをそのまま受け止めてあげればいいのである。それをせず。子供の或る一面だけしか評価してこなかったとすれば、その代償はどこかで支払う羽目になるのである。

●妻こそ家族の大黒柱なのである

 家族というのは、夫が外に打って出ることでお金を稼いで来るものだ。当然に夫が外に出て行っている以上、妻が家庭の中を切り盛りしなければならないのである。そのため夫は家長として君臨しながらも家庭内に於いて大した実権を握るlことはできず、妻こそが家庭内の実権を押さえることになるのである。

 それゆえ妻こそが家族の大黒柱なのである。妻が大黒柱として機能するからこそ、家族も機能し始めることになるのである。もしも妻が大黒柱としての機能を果たさなければ、家族は家族として成り立たないのだ。それが夫や子供たちに大きな歪みを与えてしまい、夫や子供たちが壊れるような形で問題として噴出して来てしまうのである。

 特に家族内の愛は、夫から妻へ、妻から子供たちへという流れを取ることになる。このため妻がその役割を放棄してしまうと、妻から子供に愛が流れないのではなく、夫から子供たちへの愛も流れなくなってしまうのである。幾ら言葉で「愛している」といっても、妻が自分のポジションを放棄してしまえば、愛が流れ行かなくなってしまうのだ。

 愛が流れていないのだから、問題が発生して来る前に前兆現象は起きているのだ。夫婦の会話が噛み合っていないとか、子供が自分の意見を言ってこないとか、普通の主婦なら気付けることをまんまと見逃してしまうことになるのである。本来ならその前兆現象に気付けるのに、仕事をして収入があるために、お金の力を使って押し潰してしまうのである。

 要はお金の力を家庭内で悪用しているのだが、こういう妻に限って、夫はきちんと反論できないし、たとえまともな反論をしても妻は聞く耳を持たないのだ。問題が悪化に悪化してどうにもならなくなった時、妻がやっと改心すると、「夫はあの時、ちゃんと忠告してくれていたのだな」ということが解るようになるのである。

●妻が変われば夫は変わる、母親が変われば子供は変わる

 お金の力で物事を解決しようとする既婚女性に限って、家族内で機能不全に陥るほどの問題が起こっているのに、「夫が悪い!」「子供の方が悪い!」と言って来るものだ。その既婚女性がいう意見を聞けば、それなりの論理が成り立っているのである。でもそれでこの問題が解決するのかというと、絶対に解決しないのである。

 こういう場合、責任追及をし合っても、この問題を永遠に解決できないのである。

 だから妻の方が変わるべきなのである。妻が変わってしまえば、問題が解決されて行き、夫も変わって行くものなのである。自分が変わらずに夫を変えようとするからこそ、夫は変わらないし、問題だって解決して行くこともできないのである。自分がどんなに嫌であっても、現実を直視すべきなのである。

 だから母親の方が変わるべきなのである。母親が変わってしまえば、問題が解決されて行き、子供の方も変わっていくものなのである。自分が変わらずに子供を変えようとすうrからこそ、子供は変わらないし、問題だって解決して行くこともできないのである。年齢的に上なのは常に母親の方なのであって、母親である自分が子供の悲惨な状態を放置すべきではないのだ。

 家族の内部で問題が噴出した時、それが悪いことではないのだ。そうやって問題が噴出してくれないと、家族の誰もが成長して行くことができないのである。今の生き方のままではもうこれ以上成長できないのであって、その問題に直面し、どうにか解決して行くからこそ、夫も妻も子供たちも成長して行くことができるのである。

 妻が仕事を辞めた場合、多少貧乏になるかもしれないが、生活はそれほど苦しくならないのだ。それどころか今まで蓄積していた問題を解決できたことによって、生活が楽しくてしようがなくなるのだ。もしもどうしても働lきたいのなら、今回の問題が一件落着し、暫く経ってからにするべきなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 出世の運不運 | トップページ | 特別企画「なでしこジャパンがW]杯で優勝してしまったからこそ、言わなければならないことがある!」 »

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/40844449

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が働くことで家庭内がゴタゴタしているのなら、仕事を即刻辞めるべし:

« 出世の運不運 | トップページ | 特別企画「なでしこジャパンがW]杯で優勝してしまったからこそ、言わなければならないことがある!」 »