« 主婦の特技を活かしてビジネスを始めてしまう | トップページ | 夫婦で本格的に起業する »

夫婦でプライベート会社を作ってしまおう!

●夫婦が一緒に仕事をしている限り、夫婦の会話はなくならない

 夫婦で気をつけるべきは、会話の仕方なのだと思う。

 結婚前に恋愛をしてから、結婚に突入すると、そのラブラブモードを当たり前としてしまい、双方の言葉の使い方に工夫をしなくなってしまうからだ。例えば夫なら余りにも強圧的な物の言い方をしたり、余りにも論理的な話を展開したり、妻なら余りにもトゲのある言い方をしたり、余りにも感情的な喋り方をすれば、当初は双方が我慢できたものでも、最終的には双方が話すのを嫌になってしまい、夫婦の会話が消滅してしまうことになるのだ。

 本来なら新婚当初で直しておくべきことなのである。多少遅れても育児中に直しておくべきなのである。恐らく子供たちの方が両親の会話の仕方に疑問を呈し、どうたらこうたら言って来るし、泣きわめいたりするようになるからだ。夫婦は外部の人たちと接触を持たず、家族だけでくらしていると、その異常な状態を改善できすに、そのまま最悪の結果をへと突き進んでしまうことになるのだ。

 幾ら夫婦だからといって、漠然と生活していると夫婦の会話は消滅する。

 下手に夫婦愛に頼り過ぎないことだ。愛というものは人間を感情的にさせてしまうので、まさか自分のちょっとした物の言い方が、相手にストレスを与えているなんて思わないのだ。夫婦の会話が消滅した時になって、何かを改善しようなどもう遅すぎるのである。夫婦双方が互いに巨大なストレスを溜め込んでいるので、一触即発の状態になっているのだ。

 そうならないためには一体どうすればいいのかというと、夫婦で何かしらの仕事をすることだ。自営業をやっている夫婦に、この手の問題が起こらないものだが、それは夫婦の会話以外に、仕事の会話もしなければならなくなるので、それで夫婦の会話の仕方が改善されていって、夫婦双方が「この人と話していると楽しいな」と思うようになるのだ。

 自営業者でない夫婦だと、こういうことが起こらないので、そこで「プライベート会社」を作ってしまうことをお勧めする。夫婦二人だけが株主になる会社を持っておけば、その会社の経営を巡って夫婦双方で会話をする機会が幾らでもあり、それで会話の仕方が修正されて行くものだし、会話のネタだって尽きることがなくなるのだ。

●土日だけ本格的に働けばいい

 プライベート会社が有難いのは、夫が他の会社で仕事をしていても、会社の経営ができてしまうことなのである。

 夫は平日に於いて他の会社で働き、土日だけプライベート会社を経営すればいいのだ。本格的に会社が動くのは土日だけにして、平日に関しては妻に任しておけばいいのだ。妻が空いた時間を使ってチョコマカと働いて、土日のために準備をしておけばいいのだ。プライベート会社を自分1人だけで経営するのはさすがにつらい。しかし夫婦でなら簡単に経営ができてしまうのだ。

 プライベート会社の事業内容は、自分たち夫婦が好き勝手に決めていい。例えば土日だけレストランを開くとか、パン屋さんをやってみるとか、オリジナルグッズを販売してみるとか、不動産賃貸をやってみるとか、株式投資をしてみるとか、自分たち夫婦の能力を活かせるものなら、何をやってもいいのだ。

 しかも実質的な労働が土日だけなので、想像以上に仕事に集中することができ、その高い集中力で以て非常に生産性が高くなるのである。毎日8時間労働するからこそ疲労が溜まるのであって、毎日働くのではなく土日に集中的に働けば、どんなに小さな会社であったとしても経営が成功して行くことになるのだ。

 夫婦以外には上司も同僚も部下もいないので、好き勝手に働くことができるようになるのである。何か問題があれば、夫婦で話し合って解決してしまえばいいのだから、如何なる問題があったとしても簡単に解決して行くことになるのだ。外に働きに出ると、如何に人間関係のためにエネルギーを消耗しているかが解るものだ。

 会社の経営者は夫婦だけなのだから、自分たちが正しいことをやれば大当たりするものだし、自分たちが間違ったことをやれば失敗してしまう。会社の経営がどのよう転ぼうが、全て自分たちの責任でやっているのだから、会社経営者としての能力がメキメキと向上して行くことになるのだ。

●主婦なのに社長の視点を持てる

 プライベート会社を作ってしまうと、妻に社長という肩書を持たせることができる。そのため妻は社長という視点を持つことができ、普通の主婦ではなくなってしまうのだ。例えば今までは商品を買うなら安い値段を基準にしてしか買わなかったのに、商品の品質に拘るようになったりするようになるのだ。

 それ以外にも政府が「子供手当て」を実施しようとしている場合、他の既婚女性たちならその政策を歓迎しているのに、自分の妻だけは反対を表明し、「ではその財源はどこから来るの? 私たちの税金からじゃない!?」と言い出すようになるのだ。夫にしてみれば、こうやって国家レベルで物を考えられるようになった妻がいれば、幾らでも話が弾むようになるのだ。

 今まで専業主婦であった女性なら、プライベート会社を設立した同時に自分の「名刺」をで作ることができる。専業主婦の場合、名刺を持っていないのが、難点といえば難点なのだ。名刺がないからこそ、仲のいいママ友だけが知り合いになってしまい、交友関係を広げて行くことができないのだ。しかし名刺を持って、そこに社長と銘打ってあれば、どこに行っても友達を作ることができてしまうようになるのだ。

 妻が土日だけしか働かなくても、妻は会社の経営を通じて、ビジネスの会話ができるようになるのだ。夫がサラリーマンの場合、職場で問題が発生しているのに、妻がビジネスには無知のために、妻にはその問題を話すことができないのだ。だからこそホステスクラブやキャバクラが存在して、夫がお金を支払って、自分の悩みを聞いて貰っているのだ。だから妻がビジネスの話ができるようになると、この手の無駄な出費が一瞬にして消滅してしまうことになるのだ。

 妻が社長になっていれば、妻も余計な出費をしなくなる。お金を儲けることが如何に大変だということが解るので、安易にお金を使わなくなるのだ。今まで専業主婦だった者なら、今までは臍繰りをして家計をちょろまかしていたのに、会社を経営するとそういうことは粉飾決算になるので、どうやっても家計が良くならないということに気付き、家計を正常化するようになるのだ。そうなれば家計を正確に把握することができるようになるのだ。

●赤字会社なのに家計は黒字

 プライベート会社は赤字であっても別に構わない。

 夫婦がフルで働いていないのだから赤字になるのは当然だといっていいのだ。会社が赤字だからこそ、税金を支払わないという遣り方を選ぶべきなのである。しかし社長として報酬は貰うので、家計は黒字になってしまうのだ。たとえ会社が高収益を叩き出しても、社長としてドッサリと報酬を貰えば、当然に会社は赤字になるのだ。

 そのくせ夫は他の会社から給料を貰っているのだ。基本的に生活費は夫の給料で賄ってしまい、夫婦双方の社長としての報酬は10%から20%程度を家計に回してしまい、それ以外のお金は貯金に回してしまえばいいのだ。そのために家計が大いに黒字になるのである。

 それ以外にも本来なら家計で落とすお金を、会社の経費で落としてしまえばいいのだ。会社で使う物であるなら、合法的に会社の経費として落とすことができるのだ。特に「走る税金」と言われる自動車に関しては、個人で所有するのではなく、会社の所有にしてしまい、会社の経費として処理するようにすればいいのだ。

 夫婦二人で会社を経営した場合、恐らく妻の方が経理を担当することになる。そのため妻は複式簿記を学ぶことになり、その知識と技術が家計にまで活かされるようになり、それで家計のなんたるかが解るようになるのだ。はっきりと言ってしまえば、このことこそがプライベート会社を持つことによる最大の恩恵かもしれない。

 要は「現金第一主義に徹せよ」ということなのである。

 手持ちの現金がなくなってしまえば、会社は倒産してしまうのだ。夫婦だって手持ちの現金がなくなれば破産になるのである。だからこのとっても大事なことが解るようになると、無駄な支出を抑えて、現金を大量に持つように成り始めるのだ。こうなると家計は絶対安全状態になり、その資金を使って資産運用するという方向に走り、その資産運用益で以て、更に資産が増大して行くという結果を引き起こして来るのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 主婦の特技を活かしてビジネスを始めてしまう | トップページ | 夫婦で本格的に起業する »

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

 りあさん、こういう時は、お伺いを立てて、それで「OK」が出たら、自分の情報を送って来るものですよ。happy01
 こういうこったら、彼氏の父親に会う時にどうなることやら。=3
 
 彼氏の職業は一体なんですか?
 一応、念のために教えて下さい。
 その情報を貰えれば、運命鑑定をします。

投稿: タマティー | 2011年8月 2日 (火) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/40947677

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦でプライベート会社を作ってしまおう!:

» 資産運用法 FX-ARK(アーク) [資産運用法 FX-ARK(アーク)]
本当の資産運用方法をつめました。全ての為替トレーダーに読んでいただきたい。 [続きを読む]

受信: 2011年8月 5日 (金) 19時30分

« 主婦の特技を活かしてビジネスを始めてしまう | トップページ | 夫婦で本格的に起業する »