« 出産時に於ける体外離脱 | トップページ | 夫婦で投資会社を作り、そこで資産運用を行う »

投資のプロになるために必要な時間は1万時間

●何事も1万時間でプロになる

 何事もプロレベルに達するまで最低1万時間を鍛錬を必要とする。プロになるまで覚えなければならない知識や技術は沢山あるので、短期間でその全てを覚えることはできないのだ。じっくりと時間をかけて覚えて行くからこそ、その知識や技術を充分に使いこなせるようになるのだ。

 だからお稽古事など幼い内から始めた方がいいのだ。若いゆえ脳が柔軟な分、そのお稽古事を楽しいと思えるようになれば、次から次へと学んでいくことができ、1万時間を費やせばプロレベルに到達してしまうのである。若い内から頭角を現わして来る若者たちは必ずといっていいほど、その親が早い段階でお稽古事をさせていたのである。

 ところが投資の場合、幼い内から遣り始めるということはまずない。殆どの人たちは投資の仕方を親から教えて貰ったことはないだろうし、どこかのスクールに行って投資の仕方を学んだこともないであろう。だからそのスタートは自分の自由意思で切らねばならず、自分が社会に出たらできるだけ若い内に投資を遣り始めた方がいいのだ。

 結婚したのなら新婚当初から夫婦で話し合って投資を遣り始めてしまうべきなのである。この「新婚当初」というのが非常に大事なのであって、新婚の段階ではどの夫婦も収入が低いのだが、その低所得の段階で遣り始めるからこそ、早いスタートが切れるので、余裕を持って1万時間を費やして行くことができるようになるのだ。

 投資というのは必ず「S字曲線」を描いて成長して行く。最初はなかなか巧く行かず、それでも遣り続けて行くと、突如として成功し始めるのだ。脳というものは、脳が成熟するまでには1万時間というそれだけ膨大な時間を必要とするので、短期間で成功することはできないのだ。それよりも脳はプロレベルになるまで1万時間を必要とするという前提で早いスタートを切ればいいのである。

●1日3時間で10年間

 投資をするなら1日3時間は投資のことに費やした方がいい。1日3時間年中無休で遣り続ければ「10年間」でプロレベルに達するのだ。夫は仕事をし、妻は家事や育児をしながら投資をするというのなら、1日3時間が限界といった所なのだ。長時間を投資に費やせば、他の箇所で時間不足になり、生活する上で様々な支障が出て来ることになるのだ。

 しかし実際の生活では1日1時間半ぐらいしか投資のことに費やせない筈だ。投資の勉強をすれば1時間半で脳味噌がパンパンになってしまうことだろう。だったらその短い時間でいいのだ。1日1時間半を年中無休で行えば「20年」で投資のプロレベルに達することができるようになるのだ。

 この20年間という月日は、マイホームを購入した夫婦なら丁度住宅ローンの支払いが終わる時期なのであり、今まで住宅ローンの支払いが家計を圧迫していたのに、その住宅ローンがなくなったことで投資に回せる資金を十二分に確保することができるようになるのだ。大体、この時期から本格的な投資をするようになるのだ。

 だから一番危険なのは、マイホームの購入と住宅ローン返済に追われてしまい、その間に投資の勉強をしなかったり、投資をしなかったりすることなのである。住宅ローンの支払いが終わってから、いざ投資を遣り始めても、投資の知識も技術もないので、投資が悉く失敗することになってしまうのである。

 それ以上に恐ろしいのが結婚時に既に持ち家があり、マイホームを購入する必要性がないから、投資をするのに資金に余裕があるのに、全然投資を遣ろうとしないことなのである。結婚すれば20年なんて歳月はあっという間に過ぎ去ってしまうので、自分たち夫婦は最初非常に有利な地位から出発したのに、後続の夫婦たちにどんどん追い抜かれて行くことになるのだ。

●まずは天引き貯金から始める

 投資を始めるのは早ければ早いほど良い!

 このことを結婚している者たちは肝に銘じた方がいい。結婚すれば仕事や家事や育児など様々な作業があるのだから、それらをこなしている間にどんどん時間が過ぎ去って行き、気付いてみたら還暦に成ってしまったということになるものなのである。自分たち夫婦が老人になったのに、資産が何もないというのでは、社会に矛盾があるからそうなったのではなく、ただ単にその夫婦になんの計画もなかったからそうなっただけのことなのである。

 では新婚時に一体何をやり始めればいいのかというと、それは「天引き貯金」である。収入の2割を貯金に回してしまい、その貯金を絶対に生活費に回さず、地道に貯金を増加させて行くのである。天引き貯金は地味な遣り方もしれないが、結婚してから3年経ってみれば、相当な金額になるものなのであり、夫婦はその資金を元手に投資して行くことが可能になるのだ。

 主婦であるなら「家計簿」をつけて合理的な消費をするようにしながら、無駄な支出を省いて行くようにすることだ。家計簿をつける際に大事なことは支出すべき資金は予め確保しておくということなのである。必要な物に関しては下手に削ってはならないのだ。その一方で地道に繰越金を増やして行き、生活費の3ヵ月分の繰越金ができれば、家計は安全になるのだ。

 投資をするならとにかく「現金第一主義」に目覚めることだ。地道に貯金を遣り続け、手許に年収の3倍もの資金を持てるようにすることだ。年収の3倍もの貯金があれば、夫が失業したとしても家計はびくともしないのであって、幾らでも解決策を生み出して行くことが可能になるのだ。貯金が豊かだからこそ、豊かな投資ができるのであって、貯金が無いのに、投資を成功させることなど決してできないのだ。

 投資は「三分割投資法」を実践して、「株式投資」「不動産投資」「債権投資」の3つに巧く資金を分散して投資して行くことだ。実際の投資ではこの3分野の内、どれか1つが得意となるので、まずはその得意分野で成功して行くことだ。その後、他の分野にも進出して、自分たち夫婦の資産運用の安全を確保すればいいのだ。

●早すぎる成功は逆に危険である

 夫婦で投資して行く場合、早すぎる成功は逆に危険なのである。投資がそんなに早く成功する訳がないからだ。確かに「ビギナーズラック」というものがあるので、最初から行き成り成功してしまうこともあるが、そういう早すぎる成功をしてしまえば、次にその成功を台無しにしてしまう大失敗をやらかしてしまうのである。

 投資というのは実に様々な知識や技術を学んで行かなければならないので、膨大な時間がかかるものだと覚悟を決めて取り組むようにすることだ。個々人の頭の良し悪しはそんなに関係ないものなのである。それよりも1万時間かけてじっくりと学んでいくことこそが大事ななのであって、下手に近道を探さないことだ。

 主婦の中には株式投資をする余りに「デイトレーダー」になってしまう主婦たちも出て来るものだ。確かにデイトレーダーとして才能があるなら別にやったとしても構わない。しかし一旦デイトレーダーになってしまえば、動かす資金が億単位になってしまうために、もうパートや正社員として働くことが馬鹿馬鹿しくなってできなくなってしまうのだ。しかもデイトレーダーとして投資に失敗した場合、大損害を被ってしまうことになるので、それに気付いた夫は離婚という決断を下して来るものなのである。

 個人が行う株式投資というのは基本的に長期投資なのである。長期投資だからこそ確実に儲けて行くことができるのである。短期投資は機関投資家たちがすべきものであって、彼等は株式投資をビジネスとしてやっているからこそ、そういう手段を取って来るだけのことなのである。もしもデイトレーダーをするなら、夫婦の資産を使って行うのではなく、株式会社を設立して、その会社でやればいいのである。

 お金に目が眩めば「先物取引」に手を出す主婦たちだって出て来るのだ。先物取引はプロの業者がやるものなのであって、素人たちが手を出せる代物ではないのだ。確かに先物取引が巧く行けば一攫千金も夢ではない。しかし一介の主婦が自分の資金を持ち出してすべき投資ではないのである。損害が出るようになったら、半端じゃない大損害を被ってしまうものなのである。

 投資をして行くと、巧い儲け話というものに必ず出会うものだ。だがそういう巧い儲け話というのは、個人レベルでやるものではなく、本来なら業者がすべきものを個人がやっているにすぎないのである。そういう投資は個人ではすべきではないのである。業者がやる投資に手を出しても一時的には儲かるかもしれないが、最終的には大損してしまうものなのである。絶対にプロの業者に対して舐めてかかってはならないのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 出産時に於ける体外離脱 | トップページ | 夫婦で投資会社を作り、そこで資産運用を行う »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/42519376

この記事へのトラックバック一覧です: 投資のプロになるために必要な時間は1万時間:

« 出産時に於ける体外離脱 | トップページ | 夫婦で投資会社を作り、そこで資産運用を行う »