« 投資をすると友人関係が変わってしまう | トップページ | 女性雑誌がマネー特集を組み出すようになると、景気が悪化する »

同窓会に行くべきか? それとも行かざるべきか?

●投資家にとって同窓会は危険?

 自分たち夫婦が投資で成功して行く過程で友人関係が変わって行くというのなら、同窓会に行くべきか行かないべきか悩んでおいた方がいい。社会に出る前までの友人関係をバッサリと切り捨てることは「成功者たちの王道」の内の1つだからだ。かといって嘗ての友人たちを潔く切り捨てることもできないというのもまた事実なのだ。

 我が家では両親の双方とも地方出身者なので、故郷から出て行ったということでは2人とも同じだった。しかし父親の方は大学時での仲間たちと毎年同窓会を開き、昔の友情を温めていたのに対し、母親の方は女子高出身者ということもあって同窓会などなかったために、自分の友人関係をガラリと変えてしまったのだ。

 それでどうなったかというと、友人関係で常に揉めていたのは、実は同窓会に出席していた父親の方だったのである。同窓会に出席していなかった母親の方は友人関係で揉めるということはまずなかったのである。性別が違うので男女の性差もあるかもしれないが、同窓会に出たか出なかったという差の方がこの場合は大きいのだ。

 投資家たちの間では同窓会に出ていい思いをしたということは少ないのではないだろうか? 同窓生だからといって全員が投資をしているとは限らないからだ。嫉妬の強い社会では自分が投資をしていることを公言することは非常に危険である。「泥棒!」だの「詐欺師!」だの「労働者を搾取している!」とか言われてしまうからだ。

 それに投資をして行く過程で新しい友人が増えて行くというのに、わざわざ投資になんの役にも立たない昔の友人たちの友情を温めていては、自分で出会わなければならない新しい友人に出会えなくなってしまうのだ。友人関係に変化が起こらならなければ、自分がやっている投資はかなり危険なものに成って行くものなのである。

●同窓会が有害な理由

 なんで同窓会に出ることがそんなに危険なのか?

①そもそもそんなに仲がいい訳ではない

 筆頭の理由としては、同級生だからといってそもそもそんなに仲が良かった訳ではないということなのである。ただ単に学級が一緒だったという理由だけで、その人物たちを生涯の友達とすべきではないのである。自分が生きていれば同窓生よりも親しくなる友人は幾らでも出て来るのだから、無理をして同窓生に拘る必要性はないのである。

 逆に言えば、同窓会というものは同級生と仲が良い学級であったのなら開いても良いということなのである。例えば高校3年間学級変更がなくずっと同じ学級であったために生徒同士の仲が非常に良くなってしまったとか、運動会や学園祭で非常に盛り上がってしまったために感動を共有できる仲になったとか、そういうことがあって初めて同窓会を開く必要性が出て来るものなのである。

②変わっていないことを確認し合うだけ

 同窓会の最大の危険性は、出席者の全員が昔の基準で見てしまうために、「変わってないな~」と言い出してしまうことなのである。出席者の誰もが年月と共に変わっていったのに、全てが盲点になってしまい、相手が変わったことが全然見えていないのだ。これは非常に危険なことなのである。こういうことをやっている人たちは人を見る目が急激に落ちているということなのである。

 同窓会に出ると昔仲良かった人物とはすぐに仲良くなり、話が弾むものだ。相性の良さというのは年月が経っても変わらないということだ。しかし昔仲が悪かった人物とは矢張り話が弾まず、話が途切れてしまうものなのである。相性の悪さというのも年月が経っても変わらないということだ。実を言うと変わっていないのは相性だけなのであって、それ以外の全ては変わって行っているのである。

③成長を止めてしまう

 同窓会に出て何かしらの利益があれば出るべきなのであるが、大方の人たちは同窓会に出てもなんにも利益も掴むことができない。同窓会に出ることで生じる最大の損失は同窓会に出たことで成長を止めてしまうということだろう。なんせ同窓会に出れば「変わっていないな」と言い合うだけなので、同窓会に出れば自分の成長がピタリと止まってしまうのだ。

 自分が親として、ビジネスマンとして、投資家として成長していっているのに、同窓会に出てしまったばかりに成長を止めてしまえば、家族内に問題が発生して来るし、職場でも問題が発生して来るし、投資に関しても問題が発生して来るものなのである。人間は成長するからこそ利益を手にすることができるのであって、成長を止めてしまえば損害しか発生して来ないものなのである。

●行くなら部活のOB会やOG会にすべし

 同窓会というのはその学級で生徒同士の仲が非常に良かった時だけ行えるものなのであって、普通の人たちは行くべきではないのである。同窓会のお知らせが自宅に来て、のこのこと出席しているようであるなら、その僅かな楽しみのために、その後に大損害を至る所に発生させてしまうものなのである。

 自分たち夫婦が投資家として成功して行きたいのなら、もっとドライになって同窓会などに出席せず、自分たちの友人関係をどんどん変えて行くべきなのである。投資をしていれば当然に投資をしている友人たちと仲良くなって行くものなのであって、そういう友人たちこそを大事にすべきなのである。

 かといってそこまでドライになれないというのなら、同窓会を行くのをやめるが、部活のOB会やOG会に行くようにすればいいのだ。部活なら同じ釜の飯を食った間柄なので非常に仲がいいのであり、同窓会のような有害性を持ち合わせていないのである。非常に仲がいい以上、1年に1回の付き合いでも会話に花が咲くものなのである。

 体育会系の部活なら、誰もが若い時にスポーツに打ち込んだために体力があり、部活をしていない生徒たちよりもビジネスで成功する確率が高いものなのである。ビジネスは或る部分に於いて体力勝負という要素があるので、体力のある男女はビジネスに於いて成功して来る可能性が高いのである。

 となれば部活の仲間の内に投資をしている者も出て来るので、投資の話もできるようになるのだ。幾ら高所得だからといって、収入の全てを生活費に回して贅沢な暮らしをしているような者とは、一時的に会話が盛り上がっても、いずれ話のネタが尽きてしまうものなのである。投資をするというのは、その者の所得の多寡に関係なく、地道に勤倹貯蓄を繰り返しているか否かなのである。

●人生には運不運が付き物

 人間は自立していなければ友達に依存してしまうものなのである。だからこそ10代や20代の男女は「俺の友達がさ~」とか「私の友達がね~」とか言い出してくるのである。それが悪化すれば「最近そういう人たちが増えているよ~」「みんなやっているよ~」とか言い出して来るのである。こういう発言をして来る若者につくづく言いたくなる。

 「では、あなたの意見は一体なんなの?」って。

 男性なら冒険旅行に出て自立して行くことができれば、友達がどうのこうの言わなくなるものだ。女性なら恋愛をし結婚して独立してしまえば友達の意見や行動に左右されなくなるものだ。大事なのは自分の考えであり、自分で考えて発言し行動していかないと、自分を取り巻く環境は何1つ変わらないからだ。

 20代は男女共々頑張りどころであり、仕事に全力を投入して行く時期であり、女性の30代は結婚を通じて人生がまるっきり変わって行く時期であり、男性の40代前半は天職が決まる非常に大事な時期なのである。学校や大学を卒業して社会に出た後、自分にとって大事な時期が長らく続くのである。そんな大事な時期に同窓会に出て遊び呆けていては、自分が望むような未来を獲得することはできないのだ。

 人生に運不運は付き物なのである。みんなが同じスタートラインから出発したとしても、或る者は仕事で大成功したり、或る者は貧乏のままであったり、或る者は犯罪者になったり、或る者は警察官や検察官や裁判官になったり、或る者は結婚して幸せな家庭を築いたり、或る者は離婚したり、或る者は非婚を貫いて仕事に生きる者たちも出て来るのである。

 同窓会に出て「みんな同じだ」と思いたい気持ちも解らなくはないが、自分が仕事や結婚で成功し、投資も順調に行っているというのに、仕事が巧く行かず、収入も低く、結婚していない人たちが居たとすれば、もうそういう人物とは話が出来なくなるものなのである。自分だって仕事が巧く行かなかった時期はあったし、収入が低い時もあったし、独身だった時期もあった。だがもうその時期は終わったのであり、自分は次のステージに進んでしまったのである。

 同窓会に出て無理して変わらないことを確かめ合うよりも、人生には運不運が付き物だと悟ってしまった方が余程無難なのである。運の良い者同士で仲良くなり、運気を益々高めて行き、そのいい運気を投資に使って行けばいいのである。運のいい者同士で集まっていれば、幾らでもいいアイデアが浮かんでくるものなのである。そういうアイデアこそ巨万の富を生み出して来るものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 投資をすると友人関係が変わってしまう | トップページ | 女性雑誌がマネー特集を組み出すようになると、景気が悪化する »

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/42368980

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会に行くべきか? それとも行かざるべきか?:

« 投資をすると友人関係が変わってしまう | トップページ | 女性雑誌がマネー特集を組み出すようになると、景気が悪化する »