« ノストラダムスコードの衝撃 | トップページ | 妊婦とウンコ »

夫婦にとっての「最後の時間」

●定年退職後の食っちゃ寝のツケ

 うちの母親の趣味は「カラオケ」である。この趣味は若い頃からやっていたのではなく、老後になってから遣り始めたもので、週1回のペースでカラオケ教室に通って歌いまくっているのだ。しかも年に2回ほどカラオケのコンク-ルがあり、そこにドレスを着て出場するという有り得ないことをやっているのだ。

 カラオケボックスで歌うような中途半端な趣味ではなく、カラオケ教室に通い、コンクールに出るとなれば本格的な趣味である。だから当然に「お金」がかかる。このお金をどうやって捻出しているのかというと、カラオケ教室を主宰している奥さんから裁縫の仕事を頂戴し、衣装とかを手直しして料金を頂いているのだ。遊んでいてもちゃっかりしている。

 このカラオケ教室の奥さんは非常に明るくお喋りな人なのだが、この旦那さんはその正反対の性格で真面目一本槍で殆ど喋らない。まあ、夫婦というのはこういう正反対の性格の方が相性がいいのだ。しかし現役中は仕事で外出していたからいいのだが、定年退職後は自宅で食っちゃ寝し、1日中ソファに寝っ転がりながらテレビを見て、たまに出掛けるとなれば自動車で出掛けるという非常に不健康な生活を送るようになってしまったのだ。

 カラオケ教室は自宅で開いているために、この旦那の行為に対して、カラオケ教室に奥さんはぐだぐだと愚痴を言うようになってしまった。カラオケ教室には毎日沢山のお客様がやってくるので、それなのに自分の夫が自宅で寝転がりながらテレビを見ているようでは恥ずかしいったらありぁしないのだ。

 だが旦那さんの余りにも不健康な生活はそんなに長くは続かなかった。或る日、自宅の中で倒れてしまい、救急車に乗せられて、そのまま病院に入院することになった。脳溢血であり、会話することすらできず、全身不随になってしまったのだ。自宅のソファで寝ていたのが、今度は病院のベッドで寝たりきの日々になってしまったのだ。、

●リハビリの日々、そして死去

 こうなると奥さんの方は大忙しである。なんせ自宅でカラオケ教室を切り盛りしながら、病院に行き、看病しなければならないのだ。旦那さんの病状は脳溢血後すぐに病院に搬送されたことや、手術が成功したこと、それに病院でのリハビリが巧く行ったために、なんとか会話ができるようになり、歩行は困難でも片手だけは動かせるようになった。それでもう病院での入院はしていなくてもいいということになり、自宅に帰る許可が出て、これからは介護施設でリハビリを行うことになった。

 旦那さんが病院からの帰宅後、口癖のように言うことになったのが「早くしろ!」という言葉なのである。奥さんはお喋りなのだが、なんせ女性脳がフル稼働する女性で、確かに言語数は多いのだが要領を得ない話を延々としまくるのである。それで旦那さんが急かすように「早くしろ!」と言い、自分に言いたいことがあるなら早く話せと促すようになったのだ。奥さんの方としては「なんでこういうことを言うのかな?」と疑問に思う日々を送るようになってしまった。

 マスコミとかでは「介護は大変である」としか報道されないのだが、介護が大変になるのは、相手が寝た切りになってしまい、会話が困難になってから以降なのである。この旦那さんのように歩行はできなくても、右手は使え、しかも会話ができるのなら、介護は苦痛ではないのだ。昼間は介護施設に送り出せばいいのであり、その間に奥さんはカラオケ教室を切り盛りし、家事をこなしていたのである。

 しかし今年の晩秋に気温が急激に下がった日が続いたのだが、この気温の低下に耐えられなかったのか、旦那さんは明け方に死亡してしまった。前日の夜遅くまで夫婦で会話していたので、朝起きたら旦那さんはもう亡くなっていたのである。自宅で死ぬと警察官がやってきて殺人事件ではないか調べることになるのだが、まだ元気だった旦那さんが死んでしまい、それで奥さんはショックして使い物にならないし、職場から駆け付けた息子や娘たちは警察官の横暴な行為に激怒し、言い争いになってしまったぐらいなのだ。

 家族で死者を出した人なら解ると思うが、家族の中で誰かが死ぬと、通夜や葬式がドタバタと進むことになる。カラオケ教室の奥さんの方も大変だが、うちの母親も大変で、仲が良かったために花を出さなければならないし、香典の金額もどうすべきか悩んでしまったし、通夜や葬式の手伝いで大忙しだったのだ。つくづく香典の料金は遺族の方から提示して欲しいと思うよ。

●謎のファイル

 幸い、カラオケ教室の奥さんの人柄はいいし、息子や娘たちも温厚な人々なので、遺産相続で揉めるということはなかった。しかし旦那さんの死後、問題になったのが1つだけある。それが「パソコン」である。技術屋の旦那さんは当然にパソコンを弄るのが好きで、パソコンに大切な情報を全部打ち込んでいたのだ。

 一方、奥さんの方はからきしパソコンが駄目なのである。そんでうちの母親が呼ばれて、パソコンからデータを取り出して欲しいということになった。内容が余りにもプライベート過ぎるので、業者に頼むには問題が有り過ぎるのだ。ここは信用の置ける友人で、しかもパソコンができる女性の方がいいのである。

 うちの母親は簡単に終わるだろうと思って引き受けたのだが、これが難事業になってしまた。というのはファイルの量が膨大にあったからなのである。そこで仕事関連のファイルは捨て置いて、家族関連のファイルだけを開けて行くことに集中したのである。そうでないといつまで経っても終わらないからだ。

 そうやってこの難事業を処理していったのだが、最後に1つだけ「謎のファイル」が存在したのである。そのファイルはロックがかけられており、そう簡単に開けられないようになっていたのである。しかもこの謎のファイルを旦那さんは死ぬ前日まで使っていたらしい痕跡があったのである。

 やっとのことで謎のファイルを開けると、その中から出た来たのは、なんと「家族写真」! 旦那さんは結婚してから脳溢血で倒れる直前までの写真をこのファイルの中に入れており、リハビリ中で奥さんがいない時にパソコンを開いてこの家族写真の数々を見ていたのである。

 この謎のファイルの正体が解った瞬間にカラオケ教室の奥さんは号泣。crying

 それを見たうちの母親も号泣。crying

●結婚生活は長いのに、最後の時間は余りにも短い

 マスコミでは夫婦のことを肯定的に報道することはまずない。浮気に不倫、家庭内別居や夫婦間暴力、離婚や保険金殺人など、常に夫婦関係をネガティブに報道してくるのだ。マスコミでそういうネガティブな報道されているからといって、日本の全ての夫婦たちがそういうことをやっているとは思ってはならない。

 「80対20の法則」を使えば、80%の夫婦たちは超幸せかそこそこ幸せの夫婦生活を送っている筈なのである。残り20%の夫婦たちが結婚でトラブルを起こしているにすぎないのだ。結婚して不幸になる人たちがいるからといって、結婚が駄目なものなのではなくて、神の見えざる力が結婚にも働いて、神が選ばなかった人たちを不幸にさせているに過ぎないのである。

 カラオケ教室の奥さんはそこそこ幸せな夫婦生活を送っていたのである。旦那さんが仕事で外出中に自宅でカラオケ教室を行っていたのだから、それはそれで幸せだった筈なのである。この奥さんが言うのは、

 「夫が生きている時に、なんでもっと沢山会話をしてあげられなかったのだろう。」

ということなのである。これは配偶者が先立たれた時、残された方の多くが抱く感想なのである。

 旦那さんが病院から帰って来た後、口癖のようの「早くしろ!」というようになったのたは、旦那さんは自分の死を覚悟し、自分の人生はもう長くないと解っていたからなのである。それなのに奥さんの方がいつもように纏まりのない会話をし続けたのだから、旦那さんは「早くしろ!」「早くしろ!」と急かし続けたのである。

 人間は必ず死ぬ動物だから「永遠」を願う。永遠を願うからといって、本当に永遠ではないのだ。結婚ですら相手が死ねば終わりが来る。だから結婚生活をダラダラと進めてはならないのである。或る程度、緊張感を持って結婚生活を営んでいないと、自分が死んだり、相手が死んだりすれば後悔しまくることになるのである。

 結婚すれば時間は無限にあると思ってしまうものだ。しかし実際はそうではないのだ。結婚生活の様々なことで時間を食ってしまうし、そもそも夫婦同士が常に一緒に居る訳ではないのだ。時間はあっという間に過ぎて行くものなのである。夫婦にとっての時間は長いように見えて、実は非常に短いものなのである。最後の時間を濃厚に過ごせるか否かは、日頃の結婚生活の良し悪しにかかっているものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ノストラダムスコードの衝撃 | トップページ | 妊婦とウンコ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティー様
今回の内容を見て、大泣きしましたweep
もうすぐ出産で不安で涙もろいのもありますが。

家族、大切にしないといけないですね。お腹の子、首にへその緒は心配ですが最善をつくします。

内容を見てて6年半前に交通事故(加害者の責任)で急に亡くなった弟を思い出しました。喧嘩できるうちが華だったと今でも思います。喧嘩相手がいないてどんなに寂しく、悲しいことか。喧嘩ばかりで大嫌いだった弟、命の大切さを教わりました。
母子共に無事かわかりませんが、出産頑張ります。
再度、気づかせてくれてありがとうございました。

投稿: みん | 2011年12月17日 (土) 11時38分

 みんさん、大泣きしたのなら、墓参りに行ってこよう!
 交通事故で亡くなったので、弟さんがみんさんに祟るってことはないけど、みんさんにそういうネガレィブな感情があるってのが、こういう妊娠になってしまったのかも。
 墓参りするとそういうネガティブな感情も消えてなくなるし、ご先祖様が霊的な守護をしてくれるので、安産になると思いますよ。

 それから、みんさんが臨月ということで、来週は「妊産婦とウンコ」について記事を出すつもりです。
 この手の尾籠な話は絶対に病院では教えてくれないので、マジで良く読んで下さいね。
 本当に為になるお話ねんです。

投稿: タマティー | 2011年12月17日 (土) 17時58分

タマティー様
早速のお返事、ありがとうございます。
お墓参りは旦那の父方・母方、私の父方・母方、すべて9ヶ月後半〜臨月の間に行ったので弟のお墓参りも行ってあります。
心配してくださってありがとうございます。

心配なので、神社にも手を合わせに行きました。おみくじで見事に大凶を引いたので、くくってきました。お墓参り、神社とやれることはしました。
あとは掃除機・トイレ掃除・年末の掃除でひたすら家を綺麗にしてます。

弟が亡くなってから、娘を先に出産してるので大丈夫だとは思っています。
弟のことは大嫌いだけど、大好きでした。後から人は気づくものです。喧嘩て一回きりならともかく、何回もは嫌いな人とはできないんですよね。

タマティー様、内容を楽しみにしてますね。

投稿: みん | 2011年12月17日 (土) 19時01分

タマティーさま~っ!
今日のblogは泣けました。旦那さん初め、周りのみんなを大切にしないといけないと思いました。

とてもいい話をありがとうございました。

投稿: ゆきねこ | 2011年12月18日 (日) 21時52分

 この話に泣けるのなら、ゆきねこさんの精神は正常ですな。happy01

 この話をうちの父親にしたら、なんの感動もなくて・・・。
 「医者が薬を与えすぎたから心臓がやられたんだ」とか言って。
 仕事柄、薬害と戦っているとはいえ、今回の話はそういうこっちゃないだろうと思うのですが。
 しかも葬式当日に仕事があったみたいで「葬式には行かない!」とか言い出して、それで俺が「お母さんと仲が良かったんだから、こういう場合、夫婦で出席しないとまずいんじゃないかな」と説得して、やっとのことで葬式に出席したんですよ。

 父親は胃癌に罹った経歴があるので、スーパー頑固ですよ。
 本当に「頑固者だから癌になる」ですよ。

 それからゆきねこさんは将来農業をやりといっていたので、最近農業に関する非常に面白い本を発見しました。
 只今その本を読んでいる最中なので、その本を読み終わったら、ブログに書評として出すつもりです。
 お楽しみに!

投稿: タマティー | 2011年12月19日 (月) 06時37分

タマティーさん、無駄に送信していなかったようで安心しました。

このブログの『最後のファイル』のくだりに大泣きしちゃいました。
特にひどく、死にたい…とばかり口にするようになった私に『好きにすればいい、死んでから支払い関係とか分かるようにしといて』と言う旦那が、就寝時になでなでしたり、腕枕してきたり、ひっついてきたり…ずっと気付かないふりしてたけど、本当は一緒にいたいのかな…って思うと涙出ます。

昨日、仲良しの同僚(同い年、彼女は未婚)に元気をもらいました。お客さんの目がない内に…と注射(卵の成長を促す)しながらも泣き言を言う私に『諦めちゃダメーっ!絶対大丈夫だから、イメージトレーニングしなさいっ』って。そこんとこ一番大切だからって。

そろそろ仕事も落ち着き大掃除に取り掛かれるようになり、今からスタートです。子持ちへの妬み憎しみが拭えない自分がイヤで、苦しくて死にたいと強く願いつつも、壁に落書きした子供に『もぉ!何てことするだーっ!ハックangry 一緒にゴシゴシしようねっ!』と言ってる情景を思い描いてます。
早く子供たち(双子の女の子)に会いたいです。

タマティーさんにアドバイス頂いた
・白い犬の置物(西北西)
・枕の向き(最悪の北西→北東)
はまだ効果なしです。
どうしたら年齢的ピンチの私でも授かる事ができるのか教えて下さい。辛すぎて途方にくれてます。
どうしたら、苦しみから解放されるのでしょう?旦那曰く「神や仏はいない、いたら苦しむ人がいない」って言ってます。同感~と思いつつも、石手寺の鬼子母神さまの石を預かり願かけしてます。

投稿: はぐまろ | 2011年12月19日 (月) 12時31分

 はぐまろさん、その石は取っておいた方がいいです。happy01
 はぐまろさんのブログでも見たけど、そういう石は意外と効果ありですよ。
 古代の「石神信仰」の名残りなのですが、科学的には証明不能でも、それで不妊症を克服した女性たちもいますからね。
 ただ、石を返す時は名前とか書いちゃいかんのですな。はぐまろさんみたいに石探しで困難する人もいるんですな。

 それとはぐまろさん、薄々知っていたのですが、意外と有名人だったんですね。
 しかも今年は何か素晴らしい賞を頂いたみたいで。
 おめでとうございます!heart04happy02heart04
 パンパカパ~ン!scissors

 このブログにもその関連記事を書いておいたので見ておいて下さい。
 『復活! 超マイナー流行語大賞!!』の題名で書いております。
 その記事にコメント寄せて来る人たちが結構いたのでビックリしました。

投稿: タマティー | 2011年12月19日 (月) 17時06分

タマティーさん、コメントへのお返事ありがとうございます。
それから遅ればせながら

 『復活! 超マイナー流行語大賞!!』

にて栄冠の1位まで頂き…いやいや~(*´v゚*)ゞ
色々とご迷惑をお掛けしまして恥ずかしや~
タマティーさんのブログはチェックしまくってるのですが、海外行ったりバタバタと忙しすぎた頃でしょうか?何故かこの記事はスルーしてましたcoldsweats01

    薄々知っていたのですが、意外と有名人だったんですね。
    しかも今年は何か素晴らしい賞を頂いたみたいで。

ってありますけど、素晴らしい賞は、上記の賞しか頂いてないですし、本人の知る限り「有名人」ではないですよ~
もしかして別の方のことかしらん?って気になってます。

今日、AIHしてきましたが体温が上がって2日目。イヤな予感は的中で、すでに育ちの良かった卵は排卵しちゃってました。それなのに、大金払って処置してもらったのでガッカリですcrying
看護婦さんは「ちょうど排卵中っぽいから大丈夫」って当てにならない慰め、、、先生は「卵子の寿命は24時間あるから間に合うかも」って言ってたのに。老化の進んだ卵じゃ受精能力は低いでしょ、、、。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

今日もブログ書きました。不妊の黒い心じゃなくて「携帯電話」についてです。これも結構怒ってますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: はぐまろ | 2011年12月20日 (火) 18時55分

 はぐまろさん、看護婦さんは不妊症になったことがないので、その発言は医学的に問題がなくとも、愛情が籠っていないわけですな。happy01
 こういう遣り取りは患者がピリピリしている以上、難しいものですな。

 年齢的に卵子の劣化ってのは早いんじゃないかな?
 劣化が先に来るのは旦那さんの精子の方だと思うよ。
 太っているし、スポーツもしてなさそうだし、お酒も飲むわけだし、精子の量が足りても、精子の質が低くなり、それで受精卵の子宮着床の失敗を繰り返してしまいますからね。

 不妊症克服よりも、まずは旦那さんの肥満克服に重点を置いた方がいいじゃないのかな?

 そのためにはまず「朝食を廃止する」こと!
 朝食を抜けば自然と体重は落ちて行きますよ。
 朝に何か食べたいと思うなら、「リンゴ人参ジュース」でも飲んでおくことですね。
 これは旦那さんだけにやるのではなく、夫婦一緒にやった方がいいですよ。
 その方が成功する確率は高まると思います。

 昼食と夕食は何を食べても構わないけど、果物と生野菜を多くすることですよ。
 お酒を飲むと活性酸素が発生させるので、それで精子が傷つけらてしまうんですよ。
 活性酸素を除去するためにはなんと言っても果物や生野菜をバクバク食べることですよ。

 お酒が好きな人に禁酒を要求するのは逆効果なんだけど、節酒するように要求し、飲酒をする際は「オツマミ」をきちんと食べるように言っていいた方がいいですね。
 お酒はビタミンやミネラルが不足しているのですが、それをオツマミで補うわけです。
 だからお酒だけを飲むのは非常に危険なんです。
 
 飲酒をした翌日には「シジミの味噌汁」を出してあげ、腎臓や肝臓の手助けをしてあげるようにすることです。
 体内のアルコールを分解するために、腎臓も肝臓も疲労してしまうのですが、シジミの味噌汁を飲むと腎臓も肝臓も機能が回復するんです。

投稿: タマティー | 2011年12月21日 (水) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/43339728

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦にとっての「最後の時間」:

« ノストラダムスコードの衝撃 | トップページ | 妊婦とウンコ »