« 秘策その4 「本業以外には手を出さない」 | トップページ | 平成24年度のタマティーのお年玉プレゼント! »

秘策その5 「休みの取り方を工夫する」

●1ヵ月30日制に変更する

 女神からの警告を発せられないようにするためには、1週間7日制をやめてしまうことだ。1週間7日制ではあっと言う間に時間が過ぎ去り、きちんとした仕事ができないのだ。しかも現在のように週休2日になってしまえば、1週間の内、働けるのは5日しかなく、それではまともな仕事をすることができないのだ。仕事をきちんとこなせないから、ストレスが溜まり、それがいつの日か大爆発を起こして来るのである。

 人間の脳というのは10日間連続で作業し続けるからこそ、何かしら1つの物を生み出して行くことができるのである。頭脳労働では最大21日間連続で働くことができるのだ。このため1週間7日制では何か1つの物を生み出す前に休んでしまい、それでまともな物を作り出せることができなくなってしまうのだ。起業家なら会社の経営が軌道に乗るまで休まないものだが、あれは脳のメカニズムを巧く利用しているといっていいのだ。

 だから「1週間7日制」を「1ヵ月30日制」に切り替えてしまうことだ。基本的にはその月の目標を定め、更には3つほど小さな目標を定めて仕事をするようにすることだ。こうすると1ヵ月後には必ず仕事の成果を生み出して行くことができるので、精神衛生上、非常に良好な状態になるのだ。

 1ヵ月30日制を採用するに当たって邪魔になるのが祝祭日である。それゆえ祝祭日を休まないようにすることだ。祝祭日であっても出社すれば仕事ができるだけでなく、手当ても貰うことができるのである。どうしても会社に行けない時は祝祭日の午前中に仕事をしてしまうことだ。午後は家族と遊べばいいのだ。

 スイスでは独立記念日しか祝祭日を認めていない。このためスイス人が精神病に罹る率が他のヨーロッパ諸国に比べて少ないのだ。国家が行き詰まって来るとなぜだか祝祭日が多くなるものだ。そして病院は病人たちで溢れる返るようになるものだ。人間というのは労働をしないと心身ともに病んでしまうのであり、病気にならないためには祝祭日を無視して仕事をすることが大事なのだ。

●効果的な休日に過ごし方

 人間にとって理想的な休日は月に2日なのである。神道では毎月1日と15日に休みを取っていたのだ。実際にこのリズムで働いてみると、仕事の生産性は非常に高くなるし、休日も濃厚な時間を過ごせるのだ。このリズムは丁度、女性の生理周期と同じであり、前半の低温期と、後半の高温期を繰り変えすことで生理が順調にいくように、女性であろうが男性であろうがこのリズムで過ごした方が心身を健康に保つことができるのである。

 休日はただ単に休日ではないのだ。基本的には神様に捧げる日なのである。

 このため1週間7日制で週休2日の場合、大概の人々は堕落した休日を過ごすことになるものだ。休日を自分のために使ってしまうと、仕事の疲労が取れないし、下手をすると休日で疲労を発生させてしまい、休日明けに疲労困憊の姿で出社してくることになるのだ。これでは使い物にならないのだ。

 休日には先に予定を入れておくようにすることだ。折角の休日を「寝て曜日」にはしないことだ。かといって遊び呆けたりしないことだ。休日に予定が入っていれば、平日でも脳はその予定のことを自動的に考えており、いざ休日になるとその予定通りに動き、しかも質の高い時間を過ごすことができるようになるのだ。

 家族がいる以上、どこか旅行に行ったり、スポーツで体を動かすようにし、とにかく汗を流すようにすることだ。絶対に休日を自宅に居て過ごすということをしないようにすることだ。家族で自宅に籠っていると、家族全員がストレスを抱え込んでしまうようになるのだ。休日というのは基本的に外出するものだと思っておいた方がいい。

 それと休日の夜には読書をして頭を使うようにすることだ。脳の疲労は休んでも取れないものだ。脳は脳を使ってくれるからこそ脳内の疲労物質を除去できるというシステムを持っている。そのため休日だからといって、夜中にテレビを見て過ごしていると、脳は疲労物質を除去できず、それで休日後の脳の動きが物凄く悪くなってしまうのである。

●纏めて長期休暇を取るようにする

 1週間7日制で毎週ごとに休日を取っても勤続疲労は抜けないものだ。仕事に無理がかかっているのではなく、1週間7日制を取ることに無理がかかりすぎているのである。この勤続疲労を放置しておくと、いずれ心身が病魔に蝕まれるようになり、過労死になったり、自殺したりしてしまったりするのだ。

 勤続疲労を除去するためには「1ヵ月間の長期休暇」を取るようにすればいいのだ。とにかく1ヵ月間もの長期に亘って職場を離れてしまえば、誰であっても勤続疲労は抜け切るものだ。しかも1ヵ月という単位が1週間7日制のリズムを破壊しているので、人間が持つ本来のリズムに戻すことができるのである。

 1ヵ月もの長期休暇は夫婦が協力し合わないと取ることができない。夫が折角長期休暇を取ったのに、妻が屁理屈を捏ねて反対すれば、それでオジャンだからだ。しかも夫婦共働きなら、長期休暇を夫婦一緒に合わせなければならず、結構大変な作業になるものなのである。

 「日本ではそんな長期間の休暇を取ることができない」と反論して来る人々が居るが、それは本人が長期休暇を取ろうとしないからできないだけのことなのである。事実、夏休みは2週間の長期休暇を取っている人たちが圧倒的に多い。それに有給休暇を2週間分加えれば1ヵ月の長期休暇になるものなのである。

 2週間の長期休暇と、1ヵ月の長期休暇では、実際にやってみると全然違うのである。2週間では勤続疲労が抜けないが、1ヵ月では勤続疲労が一気に取れるのである。勤続疲労は過労が溜まったものだけではないのだ。長期間に亘って1週間7日制の無理が祟ったものなのである。だから1ヵ月間の長期休暇を取らないと勤続疲労が抜けないのだ。

●忙しくても家族のために割く時間を取る

 家族のイベントは後で取り返しがつかないものだ。仕事が忙しいからといって、家族のイベントを無視していると、凄まじい不幸が起こって来るものなのである。どんなに忙しくても、必要最低限のイベントは必ず確保しておくべきなのである。だから無闇に休日をとってはならないのだ。家族のイベントを過ごすということは、それだけ労働する時間を奪われることになるからだ。

①結婚記念日

 まずは「結婚記念日」。女性は結婚したら終生この結婚記念日を絶対に忘れない恐ろしい動物なのである。男性の方は結婚してしまえば、結婚記念日なんか忘れてしまうものだ。男性脳がそうできているからといって、女性脳もそうできるとは決して思わないことだ。結婚しなけらば家族も生まれなかったのであり、結婚記念日は結婚した記念の日だけではなく、家族が誕生した記念の日でもあるのだ。

②誕生日

 次に「誕生日」。誕生日も家族全員の誕生日を祝うとなると、1年の内、結構あるものなのである。誕生日はこの日だけその誕生日を祝われる人が主役になる日なので、いいガス抜きになるのだ。誕生日祝いを行わないと、どうしてもストレスが溜まってしまい、後日、とんでもない代償を支払わされることになるのだ。

③入園式、卒園式、入学式、卒業式

 保育園や幼稚園の入園式や卒園式は想像以上に大事である。というのはこの時期に脳のシナプスが最大化されていくために、6歳までに両親から大切に扱われた子供は大人になっても他人を大切に扱うようになるからだ。幼児の時に親から大切に扱われていないからこそ、大人になってから他人に対して残酷なことを仕出かすようになるのだ。

 親にとって厄介なのは、入学式や卒業式であろう。どの学校も同じ日にやるために、子供たち全員のに出られなくなってしまうのだ。どう考えても高校を卒業するまでは、子供は子供なので、本人の自由に任すことはできないものなのである。学校の入学式や卒業式に出席する親は、少なくとも子供の教育を真剣に考えている親であると判断していいのだ。

 家族内でやらなくていいイベントは「父の日」や「母の日」であろう。家族は父親と母親を中心に回っているので、これを子供たちが祝うというのはおかしいのだ。もしもこれらの日を祝ってしまうと、誕生日の効果が薄れてしまうのだ。考えてみれば、家族のイベントは1年の内、結構あるのであって、無闇に余計なイベントを加える必要性はないのだ。

 断言しておくが、父親が真剣になって仕事に向き合っているなら、幾ら豊かになっても凄まじい不幸など訪れて来ないのだ。豊かになった時、仕事よりも遊びを重視するからこそ危険になるのである。それと同時に家族サービスをし過ぎるのも危険なことなのである。大きな仕事をしているのなら、家族に回すエネルギーは限られて来るのだ。その少ないエネルギーを効果的に使うべきであって、仕事に支障が出て来るほど大量に回すべきではないのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 秘策その4 「本業以外には手を出さない」 | トップページ | 平成24年度のタマティーのお年玉プレゼント! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

今年は結婚記念日をお互い忘れましたsign01そんな日が来るなんてと愕然としましたがheart03行事を大切にすると子供の心に届くのですね。心掛けます。休日は確かに多すぎますね。午前中に宿題や学校の勉強を見てやって午後は近くの公園であそぶパターンが多いです。1ヶ月の休みを取ったとしたら、自宅でも仕事を一切しないべきでしょうか

投稿: smilelarch | 2011年12月30日 (金) 14時47分

タマティーさん

今年も有益な情報をありがとうございました。
毎朝通勤時間中にブログを読むのが日課で、知らない情報を得る時の喜びが生きる原動力になっています。

今年一年は昨年からタマティーさんのブログで教えて頂いた、朝の排便、石鹸シャンプー、天日塩、プチ断食、天引き貯金等がなんとか定着し本当に自分の体や生活が激変した一年でした。

特に何どもアドバイス頂いた朝の排便はかなり時間はかかりましたが定着し、そのおかげで体は健康だし、肌の調子もいいし何と言っても太りにくくなったので本当に感謝の気持ちでいっぱいです。子供の頃からこの重要性をしっていれば思春期に無理なダイエットをしなくてすんだのにと悔やむばかりです。

今年の始めに占って頂いた際に今年は人生が飛躍していく年なので仕事を頑張るようにとアドバイス頂きましたが、なんとかできる限りで会社に貢献できたような気はします。ただ会社自体が傾きかけており、社長の優柔不断さに社員一同呆ているような状態なので何とも言えない感じはします。それとは別に前々からやってみたかった副業を始め、少しずつですが進めています。ご指摘頂いた通り、肝心なところが抜ける少々雑な性格。そしてただの一般職の事務員の私に副業だなんて身の程知らずなのかもしれませんが、来年もこのまま頑張っていこうと思います。


自己決定権のパラドックスの記事についてかなり衝撃を受けたのですが、今まで自分の人生は自分で選択し切り開いていかなければならないと思っていました。現在置かれている状況(恋愛)が自分には絶対に起こらないと思っていた状況でとても処理しきれなく、流れに身を任せています。タマティーさんにも反対され、すぐに終わると思っていたのですが、現実は逆であちらも正式に終わるよう手続きを取り始めています。誰にも言えなく、理解されないこともよくわかっています。ただ今の私はどうすることもできないので、時がくれば解決されると信じて今は目の前にできることだけに集中していくことがいいのでしょうか。


今年もタマティーさんには大変お世話になりました。
コメントしたいことがたくさんあったのですが、ぐっと我慢をしてしまった一年でした。(笑)

来年も投稿心から楽しみしています。
お体に気を付けて、素敵な年末年始を迎えてくださいね。
来年も勉強させていただきたいと思います。

投稿: ダンボ | 2011年12月30日 (金) 16時07分

 smilelarchさん、これはヒロシのネタです。happy01

ヒロシです。
結婚線が消えました。

 こんな感じ。
 smilelarchさん、女性版ヒロシを目指そう!
 意外とブレイクしてしまったりして。

 今回の記事は内容をテンコ盛りにしてしまったために、本当に言いたかったことがボケてしまったのですが、要は、「1年の内、1ヵ月ほど不運になる月がある」ってことです。
 この時期に長期休暇を取って仕事を休むと、不幸が起こりにくくなるんです。

 タマティーとしては運命学を修めたので、この不運になる1ヵ月が大体解るんです。
 しかし成功者たちも自分の経験から、この月はどうも調子が悪いなというのを解っている人たちが少なからず居るんです。
 そういう人たちはしっかりと長期休暇を取って休んでいますね。

 長期休暇の時は基本的に旅行がいいんじゃないかな?
 自宅に1ヵ月もいたら喧嘩になるって!
 今は円高のために海外旅行になっちゃいますかね?
 できることなら温泉に行ってゆっくりと湯治した方がいいんですけど。
 1ヵ月間、仕事をせず、ポワ~ンとしていれば、勤続疲労が一気に抜けるので、その後、仕事を再開すると、物凄くいいアイデアが出てきたりするんです。
 長期休暇は夫婦で話し合わないとまともなものが取れないので、とにかく話し合いの機会を設けることですね。

投稿: タマティー | 2011年12月31日 (土) 07時33分

 ダンボさん、ウンコはマジで大事ですよ。happy01
 女性の肥満は要は「糞詰まり」ですからね。
 朝の内に排便し、その後にフルーツを食べると、1日2回の排便が起こりますよ。
 仕事をしている場合、最初のウンコは自宅でできるけど、2回目のウンコは職場ですることになるので、これをどうするかですよ。
 これを無事にやり遂げると、体はスリムになるし、美人になっていきますよ。

 ダンボさん、一般職の事務員だからこそ、チャンスですよ。
 日本の会社は総合職と一般職に分けて入社させるのですが、当然に入社時に優秀な人物は総合職に回されます。
 しかし総合職は満遍なく人事異動をされてしまうので、本当にこれが本人にいいのか解らんのですよ。
 寧ろ一般職のように入社時はそれほど優秀ではなくても、何か1つの仕事に特化してしまえば、その仕事でブレイクすることもあるし、その仕事を足掛かりに他の様々な仕事をやってのけてしまう能力を身につけることができるんです。
 ところが、大概の一般職の人たちは士気が低いために、なかな能力を伸ばしてこないから、それで出世のチャンスを失ってしまうんです。
 要は自分がどう考えるかですよ。

 恋愛経験値が少ないと、どうも拙いですな。
 しかも仕事がらみなので、ズルズルと行っているみたいですね。
 まあ、いずれその縁も切れることでしょう。
 恋愛経験値が少ない以上、恋愛には重点を置かないようにした方がいいです。
 仕事を楽しんでやっていれば、その内、白馬に乗った王子様が現れることでしょう。

投稿: タマティー | 2011年12月31日 (土) 07時35分

タマティー様、今年は本当にお世話になりました。
今までの人生感を変えて頂く事が多く、このブログは人生のバイブルになっています。妊娠,出産,子育て。女性にとって大切で責任のあるこの仕事を手探りで悩みながらやっている私にとってどれだけ心強かったかわかりませんweep
親にも教えてもらっていない事ばかりで、生きていく糧になっています。心より感謝申し上げます。

今年1年もお疲れ様でした。来年も色々とご指導賜わりたく思っております。
どうぞよろしくお願い致しますconfident
PS.現在、主人と一緒に朝ウン体質になれる様頑張っていますhappy01

投稿: ゆきりん | 2011年12月31日 (土) 08時40分

 ゆきりんさん、今年は「一人前の母親」になった記念すべき一年でしたね。happy01

 矢張り女性は3人赤ちゃんを産まないと、一人前の母親にはなれんのですよ。
 1人目の赤ちゃんは「実験台」。
 2人目の赤ちゃんは「復習と試行錯誤」。
 3人目の赤ちゃんでやっと「ブレイク」ですよ。
 女性として生まれてきて赤ちゃんを産まないと大損だし、赤ちゃんを産んだとしても3人以上産まないとこれまた大損ですよ。
 「妊娠は楽しいよ」
 「出産はもっと楽しいよ」
 「育児は滅茶苦茶楽しいよ」
 と言ってくるような母親たちが多く居ないと、若い女性たちが赤ちゃんを産まなくなってしまいますからね。

 「3」という数字は物凄く重要な数字なんですよ。
 童話でも必ず3という数字が入っているんです。
 『桃太郎』なんか3匹の仲間を引き連れて鬼退治をするわけだし、『3匹の子豚』なんか題名自体に「3」が入っていますからね。
 子供は3段階の成長を経て、親から独立して行くわけだし、母親も3段階の成長を経て、一人前の母親になっていくんです。
 今はまだ当分先のことだけど、赤ちゃんが大きくなって童話を読み聞かせる時、ただ単に童話を読むんではなく、童話をよく読んで考えると、先祖たちは子孫に大事なことを教えようとしていたことが良く解りますよ。
 
 最後に、毎朝順調にウンコを出すためには、お正月を利用しよう!
 お正月に食べる「御節料理」とか「御雑煮」とかは普段食べ慣れていないので、これらを食べると内臓が活性化して、ウンコを大量に出すようになるんです。
 特に御雑煮とかは多目に食べると効果大です。
 但し御節料理も御雑煮も高カロリーなので運動しないと太ります。
 正月は食っちゃ寝するんではなく、結構活発に動き回りましょう!

投稿: タマティー | 2011年12月31日 (土) 17時17分

タマティーさん、今年は大変お世話になりました。お会いした事もないのに、毎回親切、丁寧に相談にのって頂きまして有り難う御座いました。
知恵とパワーを沢山頂きました。
明日は新年でご挨拶をしなければならない所なんですが、主人の実家にいて中々メールを打つことが出来ないと思いますので今日挨拶をさせて頂きました。
来年もお世話になるかと思いますが、宜しくお願い致します。
タマティーさんにとって、良い年で有りますように…。
良いお年を…(^-^)/~~

投稿: ぽんちゃん | 2011年12月31日 (土) 18時34分

 ぽんちゃん、明けましておめでとうございます!happy01

 大晦日にメールを打つなんて、こういう女らしい配慮は素晴らしいですな。
 タマティーなんかは紅白歌合戦を見て愛菜ちゃんフィーバーしまくりでしたよ。

 タマティーは去年、東日本大震災で被災するし、転倒事故を起こして打撲するし、スケジュールのミスで仕事が余りにも忙しくなってしまったし、結構、悲惨な年だったので、今年は幸多き年にしたいです。
 ぽんちゃんも多分、今年は幸運の年になるだろうと思います。
 運命的に好運気が巡る年なので。
 幸運が来る前に必ず前兆現象が来るものなので、心を正しくしているとそれが解るようになり、幸運を思いっきりゲットできてしまうんですよ。

 果たして今年はどうなるのやら?
 
 今年も宜しくお願い致します。

投稿: タマティー | 2012年1月 1日 (日) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/43515144

この記事へのトラックバック一覧です: 秘策その5 「休みの取り方を工夫する」:

« 秘策その4 「本業以外には手を出さない」 | トップページ | 平成24年度のタマティーのお年玉プレゼント! »