« 秘策その11 「祖国のために役立つことをする」 | トップページ | 最悪の体験をしたからこそ、生まれ変わることができる1 »

秘策その12 「知恵ある遺産相続」

●遺産相続こそ命運を分ける

 お金持ちたちの命運を分けることになるのが「遺産相続」である。自分が生きている間は平穏に過ごしても、自分が死んだ後に子供たちが遺産相続すると、途端にその家族に凄まじい不幸が訪れてきたりするのだ。お金持ちであるなら、生きている時だけのことを考えるのではなく、死んでからのことも考えなければならないのである。

 なんで遺産相続がそんなに危険なのか?

①3代目で駄目になる 

 まず日本人の家系ではなぜか3代目で駄目になるケースが多いのだ。完全な男系家族ではなく、女系家族的要素を濃厚に持っているために、男子が巧く育たないのだ。跡取りをしっかりと育てていくためには、男の子たちに関しては幼い頃から跡取りとしての自覚を持たせるような教育をしておくべきなのである。

②相続税は3代目で潰れるようになっている

 もう1つの理由は相続税があるために、相続税によって税金がごっそりと取られてしまうということなのである。相続税は3代目で潰れるようになっているので、遺産相続をさせていけば、3代目で遺産が消滅してしまうのである。相続税はまともな税金ではなく、家を潰す目的で設定された税制なので、この相続税を決して甘く見てはならないのだ。

③実力以上の資産は非常に危険

 第三の理由としては、遺産相続によって実力以上の資産を持つことは非常に危険になるということなのである。人間には経済的実力があるので、それに適した資産ならきちんと運営できるのだが、その実力以上の資産を持ってしまうと、途端に運営できなくなってしまうのだ。それで遺産相続してお金持ちになったのに、駄目になってしまうのである。

 個人主義に取りつかれて、自分のことだけしか考えていないと、アッという間にその家族は没落していくことになる。個人主義では生き残れないのだ。家族の価値を重視しないと家族は生き残って行くことができないのだ。遺産相続に対して何も対策せずに死ぬほど迷惑なことはないのだ。

●子供たちに遺産を与えると、子供たちが駄目になる

 まずお金持ちたちの遺産相続がなぜそれほどまでに危険かというと、肝腎の遺産相続権者たちが碌でもない連中だからだ。息子にせよ娘にせよ。親がお金持ちであるばっかりに子供の頃から裕福な暮らしをし、しかも私立幼稚園や私立学校や私立大学に進学したために、世間の人たちが経験するであろう苦労をせずに育って来たということなのである。

 更に就職したとしても親の七光でいい所に就職できるわけだし、自分が余程のミスをしなければ、周囲の人々は大切に扱ってくれるものなのである。仕事というのは早い段階で過酷な修行を受けた方が、その後の人生に於いて大いに伸びて行くものなのである。それがぬくぬくと成長してきたために、大飛躍が起こらなくなってしまうのだ。

 しかも遺産相続してしまった場合、親の力でゴールさせられたようなものなので、お金持ちになることを自分の実力で掴み取った訳ではなくなってしまうのだ。多くのお金持ちの子弟たちががっくりさせられてしまうのは、実はこの遺産相続なのである。遺産相続をしたために、貧乏から這い上がってお金持ちになったという経験ができなくなってしまうのである。

 はっきりと言ってしまうと、無闇に子供たちに遺産を与えると、子供たちが駄目になってしまうのだ。

 お金持ちに子弟たちは親が考えている以上に「ひ弱な存在」なのである。これを防ぐためには全寮制の学校に通わせるとか、海外で武者修行させるとか、就職に関しては親が関与しないか、逆に親が就職先を決めてしまい、そこで徹底的にしごかれるようにすべきなのである。

 遺産相続は自分が死んだ時に問題になるのではないのだ。遺産相続をするためには育児や子育てをしっかりと行い、教育や就職に間違いがなようにすべきなのである。それとできることなら結婚に関して結婚相手を間違えないようにすることだ。結婚というのは家族の中に余所者を入れることになるので、結婚相手には警戒してかかるべきなのである。

●娘には結婚持参金を与えよ

 遺産相続というのは男女平等ではないのだ。男系家族なら息子たちが遺産を相続していくことになるし、女系家族なら娘たちが遺産を相続していくことになる。遺産相続を行う際は無闇に遺産相続を行うのではなく、家系図を作って自分たちの家系を調べ、男系相続なら男子だけに相続権を与え、女系相続なら女子だけに相続権を与えるようにすべきなのである。

 男系相続の場合、当然に娘たちには相続権がない。その代わりとして娘たちが結婚する際には「結婚持参金」を持たせて送り出してあげるべきなのである。娘たちは結婚持参金を貰うことで相続権を放棄するのである。原則として結婚持参金は息子たちが相続するであろう遺産に準じた金額にすべきなのである。

 結婚持参金は安易に与えてしまうと、娘の旦那が手をつけてしまうということもありえる。そうなるとアッという間に雲散霧消してしまうのだ。そこで結婚持参金を信託財産にしてしまい、娘にしかお金が行かないようにするという配慮を取るべきなのである。こうすれば娘の旦那と雖も結婚持参金に手を出すことができなくなるのだ。

 娘たちを遺産相続をから切り離しておくのは非常に重要なことになる。というのは遺産相続に娘たちが絡んで来ると遺産相続の決着がつかなくなるからだ。大抵、どのお金持ちにたちの家も、娘たちの相続権を奪わないからこそ、悲惨な骨肉の争いをするようになってしまうのである。男系家族では娘たちは出て行くものなのであって、相続権を与えてはならないのだ。

 娘たちというのは結婚後も親になつくものだ。そこで「出産祝い」や「入園祝い」や「入学祝い」などを与えておくべきなのである。娘たちが結婚後に子供を多く産んでくれれば、それだけ息子たちの嫁も子供を多く産んでくれるものなのである。自分の息子たちだけを可愛がっていると、その内、子供を産まない嫁がやってくるものなのである。

●遺産を信託財産にする

 男系相続に於いて息子たちが遺産相続する場合、本家と分家の区別をしっかりと行って行くことだ。本家を相続するのが家督相続者なのであり、それ以外の息子たちは分家となって新たな家を起こすことになるのだ。息子たちは平等ではないのだ。本家と分家の区別は恐ろしいほどまでに大きいのだ。 

 家督相続者には親の自宅と或る一定の遺産を与えなければならない。自宅を遺産相続で分割するというのは自宅を売り払うということになるので、家督相続権が本家としての自覚を失ってしまうということなのである。事実上、家督相続権者が親の面倒を見る訳だけから、遺産相続の際に優遇されて当然なのである。

 分家には新たに家を起こせるだけの遺産を与えなければならない。具体的には自宅を持てるだけの遺産が必要なのであって、借家住まいで新たに家を起こせないのだ。分家の初代当主になるものは、過去のシガラミに囚われない分、自由な生き方ができるのであって、その自由な生き方を影ながら支援してあげなければならないのだ。

 住宅以外の財産に関しては、息子たちに同等の信託財産を与え、息子たちの生活が困らないようにすると共に、遺産相続をしたとしても遺産が雲散霧消しないようにすべきなのである。息子たちに遺産相続の際、現金を与えてしまうほど愚かなことはないのだ。息子たちがお金を貰えば、簡単にそのお金を使いきってしまうものなのである。

 財産を所有するのではなく、財産を所有せず、その資産運用益をだけを貰えるようにすべきなのである。財産を所有してしまえば、相続税がかかってくるものなのである。それよりも自らは所有せず、資産運用益だけを持続的に貰えるようにすれば、遺産は消滅しないし、それでいて遺産の果実はしっかりと頂戴することができるのである。

●長く続く家系には必ず遺産相続に工夫が施されている

 お金持ちの最大の落とし穴は「相続」であるといっていい。ビジネスに成功した人ほど、自分の実力に自信があるから、まさか自分が高齢者になって急激に健康を害し、呆気なく死んでしまうということが解らないのだ。成功して70歳を過ぎたのなら、早目に引退を決意すべきであって、自分が死ぬまでの間にしっかりと遺産相続の対策を打っておくべきなのである。そういう思慮深さがないと、せいぜい相続税対策だけをするだけで、結局、遺産が雲散霧消してしまうのである。

 「あなたの家族は千年以上続くことができますか?」

 この質問に「ハイ」と答えることができるものは殆どいないことであろう。日本で千年以上家系が続いているのは、天皇家であり、藤原氏であり、神職者の名門の家族とかだけなのである。はっきりと言ってしまえば、資産があるだけではそんなに長く続かないのだ。資産以外の大切な物が必要になってくるのだ。

 まずは宗教である。宗教といっても個人的な宗教心ではなく、神社であり菩提寺であるといった大掛かりな宗教施設だ。自分の子供たちを宗教家にし、宗教の力を使って家族の繁栄を守るのである。天皇家では娘を斎宮女王にさせたりしてきたし、藤原氏では息子を僧侶とかにしてきたのである。幾らビジネスで成功したからといって、全ての子供たちをビジネスマンやビジネスレディーにさせてはならないのだ。

 もう1つは「秘密の古文書の存在」である。家訓を書いたり、家族の歴史書を作ったり、日記を残したりして、一族の者たちしか読めないようにさせるのである。こういう古文書は普通のレベルで見せられたらなんの感動もない。しかし一族の者たちしか見ることができなければ、それを見せられた時に異様なまでの感動を覚えるものなのである。

 トドメはお金持ちで居られる生活の知恵を個人で所有するのではなく、一族で所有するということなのである。一族が定期的に集まって、その生活の知恵を教え合うのである。こういう交流を確保しておかないと、時間の経過と共に生活の知恵が消え去って行くものなのである。

 これだけは明確に言えることは、長く続く家系には必ず遺産相続に工夫が施されているということなのである。そういう家系は調べれば調べるほど「凄い!」と感嘆してしまうものなのである。平等イデオロギーに囚われていると、その工夫が全く見えなくなってしまうのだ。貧富の格差がどうのこうの言うのではなく、現実の人間たちは本当に不平等なのだということに気付くべきなのである。その現実を受け入れることができたのなら、自分たちの家系にも遺産相続に関して工夫を凝らすことができるようになるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 秘策その11 「祖国のために役立つことをする」 | トップページ | 最悪の体験をしたからこそ、生まれ変わることができる1 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティー様
コメントを書き込もうとして、二件ほど失敗してしまいました。
大変失礼を致しました。
申し訳ございません。

今、一歳四ヶ月の息子がおり、昨年秋より職場復帰をしました。
育児休暇中から、タマティーさんのブログを愛読しており、毎日更新を楽しみにしています。

現在、私はメーカーの営業をしており、育児も仕事も夫や同居している実家の両親、保育園やベビーシッターの協力を得て、両立できています。

ただ、どんどん同僚は辞めていき、担当も増えているので、最近少し転職を考えています。
子どもがいての転職は難しいでしょうか。

投稿: りんりん | 2012年1月31日 (火) 11時47分

 りんりんさん、子供がいても転職はできますよ。happy01

 というか、りんりんさんの環境は非常に素晴らしいので、まずはその環境を巧く利用していくことですよ。

 会社ってのは、その女性社員が優秀なら、結婚退職を迫らないので、職場復帰できたということは、優秀な社員ってことですからね。
 後はどこに転職するかですよ。
 余程のことがない限り、今の仕事とかけ離れた仕事はやめた方がいいですね。

投稿: タマティー | 2012年1月31日 (火) 18時32分

タマティーさまこんばんは。

前に長々と自分語りをしてしまったマリアですm(_ _)m

タマティーさまのブログ、なるほどと思いながら読んでおります。


三代目はダメになる事が多いのですね。

分かる気が致します。


タマティーさま。

創価学会は今からはどうなるのでしょうか?

何で創価学会の相手を好きになると、苦しむ人が多いのでしょうか?


関係のない質問になっておりますが、タマティーさまの意見を聞いてみたいと思っておりました。

投稿: マリア | 2012年1月31日 (火) 19時22分

タマティー様
実は、産休前も育休中も、直属の女上司にパワハラされて大変でした。
組合や社内の人権センターに相談したりして、辞めようとも考えましたが、
タマティーさんのこのブログに出会い、
甘ったれないで、上司に言われるのも自分が成長していないからだと思い、訴えるのを辞めて頭を下げて復帰しようと決心した途端、その上司が転勤になりました。

今の会社で、頑張れるといいのですが、
できれば年内に女の子を産みたいので
(先日のブログの内容から今年の子は運気がいいとのことで)
担当がどんどん増やされていく日々に不安を感じます。

ただ本当にやりたいことは、マスコミ関係で、できればラジオ業界がいいと思っています。
マスコミ関係は、時間も不規則で子持ちには辛いような気もしますが…

投稿: りんりん | 2012年1月31日 (火) 23時22分

タマティー様

初めまして。
昨日こちらのブログを発見、過去記事を拝読して衝撃を受けました。私は45歳の子なし主婦です。炊き立ての白米が何よりも大好きで、運動嫌い、神経質で痩せ型、趣味に生き、転勤で東京を離れた事で夫に愚痴を言い続けている、まさにタマティーさんの指摘する不妊主婦そのものだったからです。

1つ違う事は、出産経験がある事、結婚後すぐ授かった子供が、出産直前で死産になりました。その後、セックスレスになりながらも、数回流産、40代で治療をスタートするものの、原因不明で現在に至っています。
夫は養子、代理母等に猛反対なので、年齢を考慮すると、この人生で子供を持てるチャンスは1年位しかありません。原因不明なので、ホルモン剤に頼る高度医療はやめ、生活改善をしている最中で、タマティーさんの指摘も即、実行する予定です。
でも、最大の不安は、12年前の死産に対する私の罪の意識が消えない事。そして、現在は軟化しましたが、田舎育ちで夫を溺愛する(子離れしていない)義理の父母にうらまれている事です。仕事でその後、夫婦で東京を離れましたが、義父母は田舎の実家に戻ると信じていた(夫が説明不足だった)ため、「東京育ちで年上(4つ上です)、高学歴で生意気な女に、息子が取られる!」と私や私の母に連日電話攻撃&結婚式を夫婦で欠席しました。生霊になっているのでは?という懸念が頭から離れず不安です。

長文で、申し訳ございません。
もしご意見を頂戴できれば幸いです。

投稿: hiro | 2012年1月31日 (火) 23時37分

 マリアさん、創価学会が今度どうなるかは後継者たちの決断次第ですよ。
 今の組織は池田大作が経営し易いように作ってあるので、必ず組織改革をしなければなりませんよ

 創価学会に関しては学会員になって幸せになった人たちも多数いるんです。
  まずはそのことを絶対に忘れないように。
 創価学会はマスコミが報道しているような危険な教団ではないんです。

 創価学会は歴史的に本来なら共産党に入れう人達を信者にしてきたために、どうしても性根の卑しい人が多いというか、お金に汚い人が多いんです。
 それと創価学会は神仏習合をきっぱりと否定しているので、霊魂の存在を認めていないんです。
 トドメは聖職者がいないってことですよ。このためなかなか本格的に宗教を理解することができないんです。

 これら3つを合わせると、学会員以外の人にとってはちょっとキツイですよ。

 まあ、あんまり創価学会の信者である側面ばかり見るのではなく、彼氏本人をしっかりと見てあげた方がいいんじゃないの?happy01

投稿: タマティー | 2012年2月 1日 (水) 07時03分

 りんりん、人生ってそういうもんですよ。happy01
 自分が成長していないからパワハラをする上司二出会うんであって、自分が成長してしまえばその上司は消えてしまうんですよ。
 人権を唱えていると、この変化が起きないで、余計に悲惨な目に遭ってしまうんですよ。

 ラジオ業界!
 今のご時勢、ラジオ業界は斜陽産業なので、逆に成功する確率高しですよ。
 今の内、探してみたら?
 結構、簡単に見つかるかもよ。
 なければ自分でラジオ局を作ってしまう手もありですよ。

投稿: タマティー | 2012年2月 1日 (水) 07時22分

 hiroさん、コメント有難うございます!happy01

 マザjコン男性には姉さん女房が一番いいですよ!
 女性の方が年上だから、恋愛や結婚に対して冷静になれますからね。

 この手の舅や姑に関しては、子供を作って、子供をダシに交渉を展開するしかないですよ。
 結婚を反対している親に限って孫の顔を見ると激変します。

①水子対策
 一番のネックは水子の霊ですね。
 妊娠経験があるから、ちゃんと妊娠できるんですよ。  
 しかし水子の霊の妨害で妊娠ができなくなっているだけです。
 一応、水子供養はしといていた方がいいね。
 それと流産の原因は「運動不足」「天日塩不足」「葉酸不足」なので、これらの原因を除去した方がいいです。

②宿便排出
 年齢的には焦る必要はないです。
 女性は生理がある限り妊娠できます。
 白米が大好きで体が痩せているってことは、宿便が詰まっているんですよ。
 宿便があるから消化吸収能力が落ちていて、それで体重が上がってこないんです。
 断食道場に行くなり、浣腸しまくるなりして、宿便を出してしまうことですよ。

3タイミング妊娠法
 hiroさんは年齢的に熟女ということで、女盛りなんだけど、旦那さんの方はどうなのかな?
 死産や流産を繰り返したってことは、旦那さんのセックステクニックに問題があると見ていいですね。
 
 まずセックスに関しては夫婦揃って禁欲すること!
 いつでも出来ると思うから上達しないんです。
 生理中と生理後7日間は夫婦揃って禁欲ですよ。
 
 妊娠の確率が最も高まるのは、排卵日前日と排卵日と排卵日翌日です。
 この3日間に集中して行い、必ずオルガズムに行かして貰うようにすることです。
 妊娠することも大事だけど、hiroさん自身がセックスを楽しまないとね。

投稿: タマティー | 2012年2月 1日 (水) 07時24分

タマティー様、
丁寧にアドバイスを頂きまして、ありがとうございました。
不妊が長く、夫や夫の家族とご縁が無かったのでは、と悩んでいましたが、姉さん女房に初めて自信がもてました。

ご指摘、思い当たる事ばかりです。死産の子は葬儀も致しましたが、その後の流産は病院での処置後、自宅でお線香をたく位でそのままでした。宿便排出の大切さも学びましたし、セックスもタイミングばかりを気にしていました。これからもこちらのブログで学びながら前向きに生活し、子供が持てるよう希望を持ち続けます。ありがとうございました。

投稿: hiro | 2012年2月 1日 (水) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/43897653

この記事へのトラックバック一覧です: 秘策その12 「知恵ある遺産相続」:

« 秘策その11 「祖国のために役立つことをする」 | トップページ | 最悪の体験をしたからこそ、生まれ変わることができる1 »