« タマティーへのロングインタビュー お金を守る努力編 | トップページ | メイキング秘話 »

タマティーへのロングインタビュー 女神からの警告編

●幸福の中で凄まじい悲劇が襲う

ーー夫婦にとってお金持ちになることだけがゴールではない。お金持ちになると恐ろしい出来事が起こると。

タマティー:それが「女神からの警告」! 幸福である筈なのに、凄まじい悲劇が起こってくるんだ。特に家族に半端じゃない悲劇が炸裂してくる。お金持ちとして生き残りたければ、この凄まじい悲劇を耐え、乗り切っていかないとね。

ーーなんで幸福なのに、そんな激しい悲劇が起こるんですか?

タマティー:まず一番大きな原因は「成長の歪み」だ。成長していく過程でどうしても自分自身が歪んでしまい、その歪みが成功後に修正しようとするんだ。意外なことかもしれないが、成功している人ほど、自分の歪みに気づかない。会社でセクハラやパワハラが問題になるのも、会社の上層部にいる人たちだからこそ、出世していく過程で歪んでしまったんだよ。

ーー成功者に人格を求めるのは、ただ単に成功するだけでは、凄まじい悲劇が起こってしまうからですね。

タマティー:もう1つは成功していく過程で他人の恨みつらみを買ってしまうということ。例えば会社を大きくしていく時、どうしてもライバル企業を倒産に追い込まなければならない。となればなその会社の社員は全員失業してしまうんであって、それが巡り巡って自分の所に帰ってきてしまうんだ。

ーービジネスは敵を潰さねば成功しないのに、その過程で罪を作ってしまうわけだ。

タマティー:そして神様自体が「富の循環」を求めているということだ。この神は「天神」ではなく、「地母神」だよ。地母神は人類が生きてけるだけの食糧を与えてくれるのに、人間達がおかしなことをやって食糧を行き渡らせないようにしている。だから地母神は怒り、富を溜め込みすぎている人に警告を発して来るんだ。

ーー人工宗教のように地母神を否定してしまうと、地母神の姿が全く見えなくなりますね。

タマティー:冷静に考えれば財運を司る神様は殆どが女神様だ。男神じゃないんだ。幾ら宗教だからといって男神だけを祀っていたら、人々は逆に貧しくなってしまうんだよ。女神の警告が聞こえてこないからだ。お金持ちたちが利己的なことだけにお金を使っていては、世の中は豊かにならないんだよ。

●家族を大事にする

ーー幸福の中で起こる悲劇はどのようなものなんですか?

タマティー:その悲劇は基本的に家族に起こる。自分自身が事故に遭ったり、大病したり。過労死したりする。妻が欝病になったり、癌になったり、脳疾患で全身不随になったりする。子供達も小児癌や小児性白血病になったり、学校でイジメに遭ったり、不登校になったりする。

ーーお金持ちなら誰でも経験する出来事ですね。

タマティー:なんで自分達家族がそんな悲劇に見舞われるかといえば、それは夫と妻が成長の歪みを持ち、他人の恨みつらみを買い、富を循環させていく考えを持たないからだ。責任は自分達にあるのであって、他にあるわけではないんだ。だから「なんで俺だけが!」「なんで私だけが!」といっても無駄なんだ。

ーーお金持ちが家族を大事にする理由も解りますね。

タマティー:お金持ちが家族を大事にしないと、もしも悲劇が起こり始めたら、その悲劇は徹底的に起こり続け、当分の間、やむことはない。本当のお金持ちたちはこの悲劇の怖さを知っている。だから家族を大事にし、道徳的に生きようとするんだ。

ーー具体的には何をすればいいんですか?

タマティー:まずは家族といる時間を多くすることだ。仕事で家に居なさすぎにならないようにすることだ。妻としては食事を正していくことだ。果物や野菜を多くし、美食に走らないようにすることだ。また月に1度は断食し、体内の老廃物や毒素を出してしまった方がいい。

ーーそしてまたお金持ちたちほど教育熱心ですね。

タマティー:お金持ちたちほど教育の大切さを知っている。必ず何かしらのお稽古事を習わしてるよ。子供を大学に進学させるのは当たり前だし、その行き先も国立大学なら東京大学だ。意外なことかもしれないが、東京大学の学生はお金持ちの子弟が断トツに多い大学なんだ。

●宗教の大切さ

ーー幸福の中で起こる凄まじい悲劇を起こさないようにする方法ないんですか?

タマティー:その方法はある。それは宗教活動を行うことだ。自分が宗教活動をするこで自分の精神レベルを上げ。この世に神の栄光を樹立させていくんだ。宗教がないと人間の精神レベルは上がらないから、どうしても凄まじい悲劇を防ぎきれないんだ。

ーー考えてみればお金持ちたちに無宗教なんて殆どいませんからね。

タマティー:日本では宗教否定の風潮が強い。だから多くの人々は「自分は無宗教です」なんてことを平気で言ってしまう。しかし本当のお金持ちたちが無宗教なわけないんだよ。自宅にはビックリするほどの大きな神棚があったり、豪華絢爛な仏壇があったり、宗教書だって大量に読んでいるんだよ。

ーー日本人なのに日本の宗教が解らないから無宗教を唱えてしまう。

タマティー:日本の宗教はキリスト教のように何かを信仰すれば救われるというものではないんだ。寧ろ信仰否定の要素が非常に強い。日本の宗教は神を崇敬し、自分が宗教について思考し、行動するものなんだ。何を信じたかではなく、何をしたかを問うているんだ。

ーー歴史的には「神仏習合」だし、宗教学的には「宗教混淆」ですからね。

タマティー:江戸時代には石田梅岩が「石門心学」を成立させている。今の日本人の平均的な考え方この石門心学に近いんだ。本当のお金持は神道であれ、仏教であれ、キリスト教であれ、色んな宗教を修めているよ。だから日本のお金持ちが信仰を強調する宗教団体に入ってしまうと、逆に非常に危険なんだ。

ーー宗教は我が身を救うこともあるが、宗教で滅ぼされることもありえるわけですね。

タマティー:宗教団体の真贋の見分け方として、「信仰を強調しすぎていない」「信者たちが最高宗教指導者を選ぶことができる」「「会計報告がしっかりとなされている」の3つを上げていいね。この3つの条件を満たさない教団は信者になっても無意味だよ。

●人生を楽しむからこそ成功する

ーー自己啓発本の危険性は宗教抜きで自己啓発を行うってことなんですね。

タマティー:そう! 自分にまともな宗教心があれば、自分の精神レベルなんて勝手に上がっていくもんだよ。自己啓発本に頼るからこそ、本当に自分の精神レベルが上がらないんだ。そのツケは必ず成功後に支払うことになるんだ。

ーー自分の精神レベルが上がっていないのに、慈善活動をしたって無意味なんですね。

タマティー:自分の精神レベルが上がれば自然と慈善活動をしだすもんだよ。お金持ちたちほど慈善活動の重要性を理解している。どんなにビジネスを成功させても、富の恩恵に授かれない人たちが必ず出てくる。そういう人たちには慈善活動で対応しなければならないんだ。

ーー会社で成功し、その後、財団法人でも成功する。これがお金持ちたちの自然な成り行きですからね。

タマティー:金儲けすることだけを喜びにしてはならない。この世には「陰陽バランスの法則」があるから、お金を得て幸せになれば、その分、不幸の種が存在しているということなんだ。ビジネスだけをやるのではなく、慈善活動をするからこそ、その不幸の種を除去できるわけなんだ。

ーーお金持ちになることだけが幸せじゃないってことですね。

タマティー:大事なことは自分の人生を楽しむってこと! 確かに生きていれば嫌なことだって沢山ある。しかしその嫌なことは自分を成長させてくれるために必要だからこそ起こっているんだ。「何があっても自分の人生は楽しいんだ!」と解れば、歩き出せるでしょ。

ーー貧乏を苦にしちゃいけなんですね。

タマティー:貧乏の時だからこそ学べることは沢山ある。自分の貧乏は世の中が間違っているから起こっているもんじゃないんだ。自分が間違っているからこそ起こっているもんなんだ。貧乏の中でも人生を楽しんでいれば、いずれお金持ちになっていけるよ。

ーーどうやら結論が出たようです。本日は長々とロングインタビューに応じて下さって、本当に有難うございました!(合掌)

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« タマティーへのロングインタビュー お金を守る努力編 | トップページ | メイキング秘話 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさまこんにちは。

マリアです。

タマティーさまのロングインタビュー、大変参考になりました。

特にタマティーさまの宗教についてのお話は、いつも素晴らしいと思います。

地母神はギリシア神話で言えば、ガイアに当たる神様でしょうか?

世界には地母神信仰も多かったと聞きます。

本来一神教であるはずのキリスト教にマリア信仰があるのは、地母神信仰をしていた方達にキリスト教を広める時、女性を崇めるようにすると受け入れられやすかったからという説を聞いた事があります。

産むというのは女性にしか出来ない役割ですから、大地が女性だというのはしっくり来る気が致します。

私はマリア信仰ですが、大地にも空にも、大きな存在があるように感じております。

マリア様を通じて、祈りを大きな方に届ける事が出来る人で有りたいと思うのです。


それからタマティーさま。

これはごく個人的な質問なのですが。

創価学会では今何か起こっているのでしょうか?

うまくは説明出来ないのですが、近くを通ると妙にざわざわしたような空気?のようなものを感じる時があるのです。

表面では何もなさそうなのですが。

恋人の事も心配なので、今は祈りを続けています。

投稿: マリア | 2012年2月14日 (火) 10時40分

 マリアさん、もしかして霊感の持ち主?happy01

 ガイアも地母神ですけど、キリスト教がローマ帝国内に広まっていくに当って、最大の障害になった女神が「アフロディテ」です。
 英語読みだと「ヴィーナス」です。
 そこでキリスト教の宣教師たちはマリアを前面に押し出して、アフロデイテの上にマリア信仰を打ち立てるんです。
 
 実際のマリア様はイエスを生み育てたけど、良き理解者ではなかったみたいです。
 処女懐胎を信じるなら、イエスは自分の父親と血縁関係はないですからね。
 しかも大きくなってヨハネが率いる新興宗教団体に入ってしまうし、その後、その教団を脱退して自ら新たな新興宗教団体を作ってしまうしね。
 こういうバカ息子を持ったマリアさんは結構困ったと思うよ。
 福音書を読む時、マリアさんの発言や行動を1つ1つ吟味していくと、今も2千年前も大して変わっていない母親の姿が見えてきますよ。

 創価学会は現在、「嵐の前の静けさ」ですよ。
 幹部の連中は池田大作死後の権力獲得の綱引きをやっている最中です。
 こういう均衡状態の場合、先に出た奴が負けです。
 かといって遅れすぎても駄目です。
 恐らく池田大作の死後は集団指導体制を取って、その後に1人の人物が突出してきて、創価学会を再編成していくことでしょう。
 
 それからマリアさん、もしも池田大作氏が死んだら、彼氏に対して如何に池田大作が凄かったか褒め称えておくべきです。
 恋人同士で違う宗教を信仰している場合、相手の宗教を貶すと、とんでもない事態に陥ってしまうので、要注意です。
 マスコミは池田大作のことを否定的に取り扱うけど、創価学会をあそこまで大きくしたのなら、彼は相当に凄い人物であった筈ですよ。
 戦後の宗教界で池田大作を上回る功績を打ち立てたひとなんて誰もいないんだから。 

投稿: タマティー | 2012年2月14日 (火) 17時00分

 ハニーさん、お待たせしました! 
 それでは運命鑑定を開始します!happy01


 ハニーさんが考えるように、確かに娘さんの名前は余りいいものではありません。 
 しかし女性は結婚するので、結婚して改姓すればまた違った人生が開けます。
 なぜ旦那さんがこのような名前を娘さんにつけたかろいうと、この名前だと父子の相性が良くなるからです。
 無意識の内にこのような名前を選んだのでしょう。
 
 問題は娘さんの名前より、夫婦の相性です。
 ハニーさんは26歳から28歳の間に「運命の出会い」があった筈なのですが、ハニーさんに訊いておいて良かったです。
 確かに運命の出会いが起こる時に旦那さんと出会っています。
 しかし運命星が同じなんですよ。
 それで推進力が出てこないんです。
 そこで娘さんが夫婦の下に生まれ、夫婦を引っ張っていく役割を演じているんです。
 この娘さんは生まれるべくして生まれた女の子です。

 ハニーさんも旦那さんも運命星の中で最もエネルギーが強い「寅卯天中殺」に生まれています。
 しかもハニーさんは寅卯天中殺の中でも非常に運気が強い星に生まれているんです。
 そのため恋愛に関しては「我侭な恋」をしてしまうんです。
 だから付き合ってもずるずるとしてしまったし、結婚してもなかなか赤ちゃんを産めなかったんです。

 旦那さんは今の仕事でOKです。
 寅卯天中殺は地味な仕事が似合うために、今の仕事をコツコツとやってください。
 この仕事だと転勤族になってしまうけど、どこかに定住することなど考えず、流れるままに引越しを繰り返した方が無難です。

 ハニーさんの旧姓を訊いておいて良かったです。
 ハニーさんの名は財運が非常に強いので、もしかしたら旧姓もいいのではないかと思っていたら、やはりそうでした。
 弁護士にはならなくて良かったですよ。
 この画数じゃ弁護士になっても完全燃焼できず、悶々とした日々を送るように成ってしまった筈です。
 旧姓の名前で仕事をしてみたらどうですか?
 この名前だと文芸関係に縁があります。
 文芸の仕事なら自宅でできるので、育児や家事をしながらでも出来る筈です。

投稿: タマティー | 2012年2月14日 (火) 17時01分

タマティー様

運命鑑定ありがとうございました!!

やはり娘の名前は余りいいものではないと・・・
結婚すればまた運気も変わるようですがどうしても気になります。
この半年ずっと頭から離れません・・・

運気的にも現実的にも可能なことか、またできるかどうかも分かりませんが、もしも改名するとすれば、タマティー様はどのような名前が良いと思われますか?

娘は妊娠中からスクスクと順調に育ち、痛みもなく本当に上手に産まれてきてくれ、毎日笑顔で私たちに幸せをくれます。
また、親はもちろん周囲の人も「きれいな顔ね」と褒めてくださるような、品のある顔立ちです。(親バカ発言ですが・・・苦笑)

こんな娘が、人生において幸多く・彼女の才能を開花させ、
苦難も乗り越える強いパワーを備えた女性になってもらえたら
と願ってやみません。
やがて親の元を離れても神様のご守護があるように
親としてできることはやはり運気の良い名前をつけてあげることだと思います。


産まれる前に十分考えておくべきことでしたのに
今更ですが・・・

「さき」という響きで「咲」も使うとどんな名前になりますでしょうか。
また全く違う名前が良いでしょうか。

いきなり、貴ブログの一読者がコメントしてきて、このような
相談をし、お忙しいタマティー様には
いい迷惑以外の何者でもないと思いますが、
急ぎませんのでどうかアドバイスを頂けましたら幸いです。

投稿: ハニー | 2012年2月15日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/43972599

この記事へのトラックバック一覧です: タマティーへのロングインタビュー 女神からの警告編:

« タマティーへのロングインタビュー お金を守る努力編 | トップページ | メイキング秘話 »