« 最悪の体験をしたからこそ、生まれ変わることができる1 | トップページ | 微差力が絶対的な差を生む »

結婚のサイクルによる激変

●夫婦の絆は3年で出来上がる

 結婚というものは、最初の3年間で夫婦の関係は決定的になるということなのである。結婚前にその夫婦がどのような関係をしていたかは余り関係ないのだ。それよりも結婚後の夫婦関係の方が遥かに大事なのだ。新婚生活のラブラブムードの中で、思わぬ夫婦関係が築かれていくものなのである。

例えば結婚前は男性の方が女性をリードしていたのに、結婚後はカカア天下になるとか、結婚前は男女対等の付き合いだったのが、結婚後は亭主関白になったりするのだ。それはそれでいいのである。第三者から見れば変わった夫婦に映るかもしれないが、その夫婦にとっては最善の関係になっているのだ。

 しかもここに夫婦双方の両親が加わってきたり、兄弟姉妹たちが加わってくることになる。当然に夫婦2人きりで関係を築き上げることができず、様々な影響を受けて関係が出来上がってくるのだ。家庭外の外交で失敗しているようでは、幸せな家族を作り上げていくことはできないのだ。

 もしも結婚後に不幸があったのなら、結婚後最初の3年間を振り返ってみることだ。そこに何かしらの過ちがあった可能性が高いのだ。赤ちゃんが生まれたのに夫が育児を手伝わなかったとか、妻の手料理が不味かったとか、そういう些細なことが夫婦関係を歪めてしまうことがあるのだ。それがビジネスの成功後に大爆発を起こすこともありえるのだ。

 結婚関係に歪みがあるなら、謝れるものは謝っておいた方がいい。そして謝られた方は許すことだ。幸福の中で凄まじい悲劇が起こっている時、まさかその凄まじい悲劇が自分たち夫婦によって原因が作られたとは決して思わないのだ。しかしそれが原因となって憎しみが蓄積され、よりによって一番幸せな時にその幸せを全て破壊するようなことを仕出かしてくるのだ。

●夫婦の運気は7年~10年で変化する

 多くの夫婦たちは自分たちの結婚記念日を祝うのに、その夫婦に独自の運命周期があるということを知らないのだ。殆どの場合、結婚していても「夫は夫」「妻は妻」という考えを持ってしまい、夫婦それ自体、運命周期を持って、夫婦双方に変化を引き起こしていることが解っていないのだ。

 独身なら個人の運命周期しかないが、既婚者たちは個人の運命周期とは別に夫婦の運命周期が発生してくる。一番解り易い例では、既婚者達の天中殺の威力は非常に和らいでしまうということなのだ。既婚者は自分が天中殺であっても、配偶者の影響を受けるし、夫婦それ自体の運気をも受けるから、天中殺であっても不幸が起こりにくいし、不幸が起こっても規模が小さくなるのだ。

 結婚すれば、7年から10年の周期で必ず大きな変化が起こっている。結婚したのなら必ず記録を取って、自分達夫婦の独特の周期を掴むようにすることだ。具体的に言うと、第一子が小学校に入学すると育児がひと段落つくし、第一子が中学生か高校生になると、反抗期という厄介な時期を迎える。

 母親として絶対にやってはならないことは、幾ら赤ちゃんの時が可愛かったからといって、「赤ちゃんの時が一番可愛かった」と子供達の前で平気で言ってしまうことだ。こういうことを言われると子供達はカチンと来てしまい、母親に凄まじい反抗を仕掛けてくるのだ。要は母親が成長していないから、子供達が凶暴化することで母親の間違いを正そうとしているのである。

 父親が絶対にやってはならないのは、仕事ばかりして家庭のことを妻に任せっきりにしてしまうことだ。育児は母親が中心になってするものだが、それで女の子は3歳辺りに「将来、パパと結婚する~!」って言い出してくるものだし、男の子なら幼稚園児辺りで父親の真似をしだし、父親みたいに強く成ろうとするのだ。この大事な時期に家にいなければ、子供達は父性愛を貰えないので、駄目になってしまうものなのである。

●どんな不幸でも3年間は耐えろ

 夫婦に如何なる不幸が襲い掛かってきたとしても、3年以上続く不幸はないものなのである。だからどんな不幸が襲ってきたとしても、3年間はじっと我慢することだ。3年間耐え抜けば、必ず何かしらの解決策が見つかるものなのである。

 不幸に遭遇した時、不幸に慣れていないと、その不幸から逃げ出すことばかり考えてしまうのである。それがいけないのである。その不幸は単なる不幸ではないのだ。今までの成長の歪みを解消するためのものであるし、新たな人生を歩ませるためのものなのである。

 中高年になった時に発生してくるのが「癌」という病気である。この癌は今までの乱れた生活が生み出したものなのであって、すぐさま治るものではない。それなのに癌が見つかったら、癌治療の三大治療をやってしまうと、確かに一時的には癌に効果があるのだが、その副作用のために呆気なく死んでしまうことになるのだ。

 忍耐力がないからこそ、癌が見つかった場合、食生活を正すとか、腸内洗浄を行うとか、温泉療法をしてみようとかいうアイデアが浮かんでこないのである。自分に忍耐力がないばっかりに、病気で死ぬのではなく、医者に殺される羽目になってしまうのだ。

 3年間耐え続けると、不幸がやみ、必ず新しい生き方をするようになるのだ。要は人生の路線変更を行うために不幸が炸裂してきたのであって、不幸から逃げ出さなければ、新しい人生を歩むことができるのである。お金があるからといって楽なことばかりしていると、いざ不幸が起こった時に耐えられなくなるのだ。

●成功したのなら絶対に離婚するな

 成功後の離婚は絶対に禁じ手なのである。多くのお金持ちたちが成功後に離婚し、その後、破滅していくという現象を引き起こしているのだ。夫婦は独自の運命周期を持っているから、離婚によってその運命周期を破壊してしまうと、今まで自分を守っていたものが失われ、最早、防ぎようのない不幸が大爆発してくることになるのだ。

 よくあるパターンが、お金持ちの男性が若い女性に入れあげてしまい、それで糟糠の妻と別れて、その若い女性と再婚してしまうことなのである。この手の若い女性はキャバクラ嬢とかホステスとかをやっていた女性なので、内助の功を発揮することはまずないのだ。

 お金持ちの妻がやってしまう愚かな行為が、夫が相手をしてくれないからといってホストクラブに行ってしまい、そこでホストに入れあげるということなのである。不思議なことにホストと交際して、晩年を全うした女性というものはいないのだ。ホストに運気を吸い取られてしまい、没落していってしまうのである。

 幸福の中で夫婦関係が悪化しないためにも、夫婦の会話を絶やさないようにすることだ。女性は会話をすることで人間関係を構築していくので、夫と会話ができないと夫婦関係が破綻してしまうのである。もう1つはセックスレスにならないことだ。男性はセックスをした女性を大切にするので、セックスレスに陥れば、幾らでも妻に対して残虐なことをしてくるようになるものなのである。

 結婚というものは、一度結婚してしまえば、もう絶対に離婚しない方がいいのだ。離婚する場合は、余程重大な理由がない限りやるべきではないのあ。多くの人々はまさか結婚それ自体が自分達を守ってくれていることに気づいていないのだ。結婚に対して否定的なことを言っている人がいるなら距離を置くことだ。その人物は結婚の有り難味を何も解っていないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 最悪の体験をしたからこそ、生まれ変わることができる1 | トップページ | 微差力が絶対的な差を生む »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/43924942

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚のサイクルによる激変:

« 最悪の体験をしたからこそ、生まれ変わることができる1 | トップページ | 微差力が絶対的な差を生む »