« お勧め本:『人生がときめく片付けの魔法』 | トップページ | 母性愛と性欲 »

母性愛とはなんぞや!

 kahalaさんから「母性愛とはなんなんでしょう?」との質問があったために、この記事を書きました。

 題して「母性愛とはなんぞや!」

●母性愛は絶対肯定の愛

 母性愛とは結婚し子供を生んだ女性だけが出せる愛である。愛の中で最も尊いのがこの母性愛である。母性愛は単なる愛ではなく、「絶対肯定の愛」なのであって、その愛の対象物を絶対に肯定してしまう。凄まじいほどの強力で大量の愛なのである。

 なんでこんな母性愛が必要になってくるのか?

 それは「人間の赤ちゃんが寝たきり状態で生まれてくるから」なのである。人間は進化の過程で二足歩行という、動物ではありえない動きをすることになった。このため骨盤が変形し、胎児が未熟児の状態で生まれてくるようになってしまったのだ。

 だから赤ちゃんが二足歩行できるまでの1年間は、母親が付きっ切りで面倒を見なければならないのだ。しかも会話がきちんとできるまでには3年間の歳月を必要とするために、非常に長期に亘って育児をすることになるのである。この間、母性愛を出し続けなければ、とてもではないが育児をすることなどできないのだ。

 あなたは自分の赤ちゃんが身体障害者だったら、捨てたり、殺したりしてしまうだろうか?

 普通の母親ならそういうことはしない筈だ。健常者で生まれてきても、身体障害者で生まれてきても、自分の子供なら絶対肯定してあげて、育児に励むのである。母性愛があるために、自然界の動物たちが絶対にしない行動を取るのである。

 母親は育児をするために知識や技術だけを持つだけでは駄目なのである。肝腎なのは母性愛なのであって、母性愛を巧く出していけば、育児に関する知識や技術など簡単に習得していくことができるのである。母親が母性愛を出してこなければ、赤ちゃんは泣き叫ぶことになるので、育児をやっていれば徐々に母性愛を出していくことができるのである。

●母性愛は女性にとって最高の快感である

 実を言うと、この母性愛、女性にとっては最高の快感を引き起こすのである。

 一番解り易い例を挙げると、既婚女性が出産直後に赤ちゃんを抱くと、最高の感動を感じてしまうものだ。あれこそ母性愛が出まくり、自分自身が最高の快感に酔いしれている瞬間なのである。その後も赤ちゃんを見るだけで快感を感じてしまい、だからせっせと育児に励むようになるのだ。

 女性が母性愛を出すためには、「母性ホルモン」の分泌が必要になってくる。母性ホルモンが分泌されるからこそ、母性愛を出すことができ、自分の体が母親らしい体型に変わっていくし、母親らしい思考や行動を取れるようになるのだ。実は母親を母親たらしめているのは母性ホルモンなのである。

 しかも赤ちゃん自体が母親の母性ホルモンを引き出すことをやってくるのだ。それは赤ちゃんの体臭であり、特に頭の匂いが母性ホルモンの分泌を刺激するのである。だから赤ちゃんの頭をそう頻繁に洗ってはならないのである。この匂いを嗅ぐと、母親は最高の快感を覚えてしまうのである。

 女性は赤ちゃんを生むことで。母親からの独立を果たすことになる。少なくとも、自分が赤ちゃんを生んだ以上、自分も母親になったのであり、自分の母親から独立していくことができるようになるのだ。母性愛は何も赤ちゃんにだけではなく、自分自身に注がれるのである。

 妻は夫の方にも母性愛を注ぐようになる。夫は妻から絶対肯定された以上、夫の人生に後退がなくなるのである。このため前進に次ぐ前進を開始し、仕事で成功していくことになるのである。既婚男性にとって妻から母性愛を貰えないと、人生が上向いていかないのである。

●母性愛を出さないと、人生大損?

 若い時であるなら、確かに恋愛は楽しい。しかし女性は恋愛では満たされないのだ。恋愛を楽しんだのなら、次は結婚というふうになるものなのである。結婚に至らない恋愛はどう考えても、女性を完全に満たしてくれる恋ではなかったのである。

 女性は恋愛中に母性愛を出すことはないが、恋愛結婚であるなら結婚する前に母性愛を出してくるのだ。このため女性は結婚する直前には顔も体も変わってしまう。これは恋愛結婚特有の現象なので、これがないとその恋愛結婚は破綻することになるのだ。

 芸能界の例で示すと、「木下優樹菜」にはこの変化が起こっていたが、「黒木メイサ」にはこの変化が起こっていなかった。恐らく木下優樹菜は離婚することがないだろうが、黒木メイサの方は非常に高い確率で離婚することになるであろう。

 女性にとって母性愛は最高の快感なのだから、母性愛を出せないと女性の人生は大損なのである。若い時は独身でいてもいいが、結婚適齢期になれば結婚すべきであり、結婚することを否定し、無理に非婚を貫いていると、本来なら得られるであろう莫大な利益を得ることができなくなってしまうのだ。

 独身女性がフェニミズムに洗脳されてしまうと、誰がどうやっても恋愛を臨界点にまで持っていくことができなくなる。このため堕落的な交際を何度も繰り返すということをやってしまうのである。こうなると男女の交際がセックス限定の異常極まりないものになってしまうから、それで男嫌いを無制限に放出してくるのである。

●母性愛と自立

 この母性愛はいいこと尽くめではない。

 母親には母性愛があるからこそ、子供をいつまでも手許に置いておこうとするし、子供が大きくなっても子供扱いしてくるものなのである。このため子供の方としては自立を巡って母親と壮絶なバトルを繰り広げることになるのである。

 結論から言ってしまうと、母親から母性愛をきちんと貰えた女性は自立していくことができるし、母親から母性愛を貰えなかった女性や、母親から母性愛を貰いすぎた女性も自立することが不可能になってしまうのだ。母性愛は如何に凄いものであっても、適量で充分なのである。

 女性が自立するためには自分の母親から離れていかなければならない。だから母親と一緒に住んでいたり、母親から経済的支援を受けているようでは、絶対に母親から自立することはできない。母親から離れて住み、自分で働いてお金を稼ぐからこそ自立していくことができるのである。

 女性は19歳で肉体的成長のピークを迎えるために、女性が大学に進学することは、自分が高い教育を受けられるチャンスを得られるという利点がある一方で、自分の自立が大いに遅れると言うリスクを背負うことになるのだ。高卒の女性たちなら母親からの自立で苦しまないが、大卒の女性たちは母親からの自立で苦しんでしまうことになるのだ。

 独身の女性が母親の気持ちなど解らなくいいのである。若い時には若い時なりの考えや行動があるものなのである。しかしそれをいつまでもやっていては駄目なのである。自分が結婚し、赤ちゃんを生めば、母親の気持ちが解るようになるのだ。その瞬間こそ、青春が終わったということであり、母親からの自立を完全に果たしたことになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« お勧め本:『人生がときめく片付けの魔法』 | トップページ | 母性愛と性欲 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

おはようございますhappy01
タマティーさん!
私も最近母性愛について考えていた所でした。
それは、旦那さんが奥さんに対して甘える事や、相談出来たり、1日のあった事を話す関係の夫婦は上手く行くのではないのかと。
それは、幼い時母親に接した様に…。
男性はマザコンと言いますが、そうだと思います。イメージは良くなく聞こえますが、奥さんが母親(母性愛)のように受け止めてくれたら、マザコンではなくなり夫婦仲良くいられるのではないのかと。
口の悪い奥さんで旦那さんにズバズバ愛を持って指摘すれば、それはそれで良いのではと。(北斗晶夫婦みたいに)

しかし、奥さんは母親ではなく妻なので色気的な物をどのようにすれば良いのでしょうか?切り替えを。happy02

それと、最近筋腫が大きくなっている感じがするのですがホルモンの関係でしょうか?

私なりに感じた事ですので間違えているかもしれませんが、宜しくお願い致しますhappy01

投稿: ぽんちゃん | 2012年2月23日 (木) 09時56分


お返事を待たずのコメントを、お許しください。
お忙しいところ、すみません。

タマティーさんの言われていた、算命式占い、自分なりに調べてみました。

面白いほど当たっているので笑えてしまいました。
辰巳天中殺の主人は、長男ですが地元に帰る気はサラサラありません(笑)
家を建てたいのですが、主人の実家の兼ね合いもあるので悩んでいます。
また、今年から主人は天中殺とのことですが、保険の見直しなどしないほうが良いのでしょうか?
車が故障したので、購入も考えています。

息子は戌亥天中殺のようですが、息子の名前を考えるときに込めた思いと運命がその通りだったので驚きました。
震災直後に生まれた息子。
「こんな世の中だからこそ、人と人とが助けあい、その調和によって幸せになれるように」
そんな思いを込めました。

私は、息子が生まれた時に、息子に対して正直全くかわいいとか感動がなかったです。そんな自分にショックでした。
今はとってもかわいいのですが、母性愛や無償の愛とはまた違うような気がします。


保育って、育児と全然違います。
特に保育園や幼稚園で勤めた場合。
学級経営って、組織経営に近いです。


だから、バリバリな女性の保育士や教師は、育児ができてない方います。
もちろん、母性愛たっぷり型の方もいます。
多分、私は…前者でしょう…。

話がズレまくってしまいました!

質問をまとめますと、
①今年の主人名義の保険の見直しや車の購入(乗るのは私です)は大丈夫かビビっています。

②今後、家を建てる場合の主人の実家との兼ね合い。
(隣県に土地、墓、仏壇あり。実家は築100年、外にトイレ、キッチン、薪風呂で、現在60の義両親が今後暮らすには大変不便と思われる)
二世帯にして一緒に住むべきか、別に暮らすべきか。


教えていただけると嬉しいです。

お返事は、気長に待ちますので慌てなくても大丈夫です。

投稿: ぴいこ | 2012年2月23日 (木) 10時17分

 ぴいこさん、コメントの返答遅れてしまいました。weep
 
 子供運がないってのは、不妊症になったり、難産になったり、産後欝になったり、子供が病気したり死亡してしまうということなんです。
 ぴいこさんのような運命星の持ち主は、母子の関係が閉じてはならないんです。
 必ず第三者を加えた方がいいんです。

 解り易い例だと、皇太子妃殿下の雅子様で、あのように母と娘がべったりになってしまうと、双方の運気が急低下していくんです。

 そのくせ、保育士になって他人の子の世話をするのは巧いんです。

①保険について
 保険はそのままにした方がいいです。
 天中殺の時期は現状維持です。
 事故を起こしても、そんなに深刻になりませんよ。

②二世帯住宅について
 やめた方がいいです。
 弟さんがいるなら、その方に任せましょう。
 
③夫婦でお店について
 旦那さんの仕事は現在の職業でも充分にいいのですが、夫婦2人でお店を開くってのもいいのですよ。
 とにかく家庭に安住しないことですね。

投稿: タマティー | 2012年2月23日 (木) 18時03分

 ぽんちゃん、酢の物を取れ!happy01
 それと亜麻仁油を1日1杯飲みなさい。
 
 多分、夫婦2人だけが食事するので、結構、栄養が偏っていると思うよ。
 暇があるなら、図書館とに行って、子宮筋腫に効く食事を調べた方がいいかも。

 ぽんちゃんの疑問には明日の記事でjお答えします。
 

投稿: タマティー | 2012年2月23日 (木) 18時16分

タマティさま

こんばんは♪
母性愛についての記事ありがとうございます!!

絶対肯定・・・これが難しい(汗)
夫に対する、絶対肯定の表現の仕方ってありますか?

私にも、溢れる母性愛があることを祈りつつこれからの家族生活を楽しんでいきます。

今日は、朝からお家の整理整頓に励みました!
タマティさんの過去の記事も読んでいると時間が経つのが早くてあせってしまいます。

明日も楽しみにしています。

kahala

投稿: kahala | 2012年2月23日 (木) 18時57分

ご返答ありがとうございましたhappy01rock
調べてみます。
食事には気をつけているかと思っていましたが、まだまだでしたね…coldsweats01
最近は、牛肉を止めていましたが。

母性愛についてですが、ともあれ、旦那さんにも父性愛を奥さんとしては望みますよねhappy01
頼りたいし、任せたいし、尊敬したいし!
父、母とはいえやはり甘えたいですものねheart01

やはり何事もバランスですよねhappy01shine

タマティーさん、いつもありがとうございますhappy01明日の記事楽しみにしておりますねeyepaper

投稿: ぽんちゃん | 2012年2月23日 (木) 19時04分


お早いお返事ありがとうございます!

主人は…なんとお姉さんしかいません!
お姉さんも、後継ぎの息子と結婚しました。

さぁ困った!

でも、二世帯は避けるべきなら、建ててしまおうかしら。

とってもスッキリしました!
嬉しいです!
ありがとうございます!

投稿: ぴいこ | 2012年2月23日 (木) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/44221296

この記事へのトラックバック一覧です: 母性愛とはなんぞや!:

« お勧め本:『人生がときめく片付けの魔法』 | トップページ | 母性愛と性欲 »