« 新聞を読んでも本を読まぬ人たち | トップページ | 失敗しまくるからこそ成功する »

癌患者に捧げる本

●対談本はオマケ

 日本の会社経営者たちの愛読書で断トツに多いのが『論語』である。勿論、俺も中学生の頃からこの本に親しんでいる。読んでいて飽きが来ることはない本である。だから中高年の人が「最近の若者はけしからん!」というと、「この人は論語を読んでいないのだな」と思ってしまうのだ。

 なぜなら孔子は若者たちと議論しあうことで、若者達を見事に育てあげていったからだ。

 古代ギリシャも状況は全く同じで、ソクラテスにしろプラトンにしろアリストテレスにしろ、若者達と議論をしながら自分の思索を深めていったのである。古代ギリシャでは「弁証法」なる技術が発達してきたために、中国以上に哲学が盛んになったのである。

 ところが現在では学校でも大学でも教師や教授が一方的に教えてしまう。これでは学問が発達するわけがないのだ。特に大学では常に「最近の学生は数学ができない」「最近の学生は遊び呆けている」「秋入学に変更しよう」とか言っているが、それら以上に問題なのが、教授たち自身が何も学問的発見をしていないということなのである。

 孔子にしろソクラテスにしろ、超優秀な学生達を集めて学校を作ってちたわけではないのである。恐らく古代の落ち毀れたちを集めて学校を作っていたのであり、だからありきたりの議論にならず、相手が思わぬ質問をしてくるから、自分も思わぬ回答をしてしまい、それが後世の人達から見て面白いと評価されただけのことなのである。

 俺自身、対談本が好きなので、対談本を結構読むのだが、或る日、或る人から「対談本はオマケだね」と言われてしまったのである。まさに「ズキリ!」である。事実そうなのである。オマケなのである。その対談本で対談をやっている人を自分が好きでないと、とてもではないか読めないのだ。

●癌は頑固者が罹る病気

 実を言うと、今回紹介する本は貰い物なのである。

 村上和雄と阿部博幸の共著『生きている。それだけで素晴らしい』(PHP)

 うちの父親が九段クリニックの院長「阿部博幸」さんの友人のため、この本を本人から直接に頂いた有難い本なのである。普通、他人から貰った本は読むに値しないものなのだが、今回は違う。この本は非常に素晴らしい内容になっているのだ。

 この本は普通の人たちには不要の本である。癌患者専用の書であるといっても過言ではない。癌患者という連中は「頑固者」が非常に多いのだが、癌治療云々よりも、まずはその頑固さを治さないと話にならないのだ。しかし今まで頑固者として生きてきた者がそう簡単にその頑固さを捨てるわけがないのだ。

 この本の凄さはその頑固さを論理的に破壊していき、その癌患者の思考を柔軟にさせるものなのである。内容は全く難しくない。専門用語に関しては脚注がついているので、それを見ればいい。この本を読んで何にも感動しないなら、もうあの世に行った方がいい。そういう馬鹿者たちには生きている資格はないからだ。

 癌だからといって全ての人たちが死ぬのではないのだ。素直になれなかった人たちだけが死んでいくだけなのである。癌に罹ればどこからともなく何かしらの治療法を教えてくれる人たちが出て来るのである。まずはそれを忠実にやればいいものを、癌患者に限ってそれをやらないのである。

 癌治療の場合、まずは癌患者の頑固さを解きほぐすことから始めなければならないのだが、医者に限ってそんなことはしない。癌患者が頑固者であり続けるなら、癌が余計に悪化していくので、医者としてはいい鴨を手にすることになるからだ。

●心を変えれば末期癌も治る

 癌は伝染病ではないのだ。自分の癌遺伝子がオンになってしまったからこそ、癌細胞が増殖し続けるのである。癌は自分自身が引き起こした病気なのであって、そのことをきちんと理解していないと、癌を治していくことは絶対にできないのである。

 癌治療には1つの治療法で治すという発想を絶対に持つべきではないのだ。必ず物理的治療法と精神的治療法の2つを持つべきなのである。それらの治療法が相乗効果を起こせば、簡単に癌を治していくことができるのである。

 物理的治療法ではとにかく排便をさせまくる。ウンコを大量に出していけば、それだけ体内の老廃物や毒素が少なくなるので、癌細胞の餌となるものが消えていくのである。朝食など絶対に食わしてはならない。午前中は排泄の時間帯と心得、ウンコをしまくるようにすべきなのである。

 精神的治療法はとにかくその癌患者の頑固な思考を破壊していくのである。人間の心は複雑なので、その複雑な心を巧みに操って、生き方を変えさせるようにすべきなのである。この本が言うように、「生き方を変えれば末期癌も治る」ものなのである。

 通常、この精神的治療法は医者が担当すべきことではないのだ。宗教家がすべきものなのである。ところが日本の病院は宗教家を排除するので、そのために癌感謝たちは精神的治療法を受けることができず、癌で死んでいってしまうのである。

●長寿であっても人のための役に立たなければ生きている資格はない

 癌患者にとっての最大の問題は「癌を治した後」なのである。

 癌を治しても自分の利益のためだけに生きていくなら、それなら癌で死んだ方が増しだったのである。癌を克服した以上、その後の人生は自分のために生きるのではなく、人のために役立つように生きていくべきなのである。神様によって生かされた命を最後まで活かしきるべきなのである。

 日本は現在、長寿社会に突入しているが、どんなに長寿であっても、人のために役立つことをしていなければ、生きている資格などないのだ。そういう老人たちは長寿といっても、その実は生き恥を晒しているだけなのであって、生きているだけ迷惑な連中なのである。

 如何に自分が健康に気を使おうが、如何なる難病を克服しようが、いずれ人は死ぬのである。生命ある生き物として死を免れることはできないのだ。だから死ぬまでの間に自分がすべきことはきちんと遣り終えておくべきなのである。

 自分の人生を完全燃焼させた者の死というのは非常に安らかなものなのである。本当に眠るように死んでいくのである。しかし自分の人生を完全燃焼できなかった者の死に方というのは非常に苦痛だらけで、見苦しいものなのである。

 ではどうすれば自分の人生を生き切ることができるのかといえば、それは「生きているだけで素晴らしい」ということに気づくべきなのである。その大事なことに気づいてしまえば、自分がやらなければならないことは沢山出て来るものなのである。後はそれをやっていけばいいのだ。そういうことをやっていれば自然と自分の人生を生き切ることができるようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 新聞を読んでも本を読まぬ人たち | トップページ | 失敗しまくるからこそ成功する »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント


タマティーさん、おはようございますshine

『人は生きているだけで素晴らしい』
とっても素晴らしい言葉ですね。
日々の日常の中で、見失いがちなので
いつも心に置いておきたいです。

私も、人は何か役目を持って
生まれて来たんだと思っております。
人の役に立つこと、大好きです。
死ぬまで誰かの役に立てたら嬉しいですね(*^^*)

ガンは頑固者がなるのですね。
私も頑固な所があるので気をつけます。
まさに『病は気から』ですね。
もっと、おおらかで余裕のある
人間になりたいですshine
年をとる度に丸くなって行きたいです。

彼氏の件ですが、仲直りしました(>_<)
優しいタマティーさんのお言葉のおかげで
乗り越えられました。ありがとうございますheart
しかし、母親に占ってもらった所
彼氏から連絡は来ないと出てしまった為
数日たってから私から連絡してしまいましたsweat01
彼氏の誕生日もあったので。。。
仲直りしに会いに行った時にお祝いしました。
彼は、誕生日当日に祝ってもらえなかった事に
拗ねてましたが、結果すぐに仲直り出来たので
良かったです。やはりあの体調不良は、
恋煩いだったみたいで、すっかり良くなりました!
一時期、鬱の症状が出てびっくりしました(笑)
やはり彼氏しか考えられませんbearing

引っ越しの件なのですが、
彼氏の仕事のお客さんがまだ
お金を振り込んでくれない為に、
初期費用が払えていないみたいですcoldsweats02
なので、もしかしたら物件キャンセル
されちゃうかもしれないので
引っ越しナシになっちゃうかもしれませんsweat02
どうなることやら。。。

投稿: りあ | 2012年3月16日 (金) 09時33分

タマティー様
この本、早速購入したいと思います。読んでから、癌の手術をする父に渡したいと思います。

最初の食道癌の原因はアルコールの飲みすぎでした。
私が妊娠中に発覚したので、孫会いたさにアルコールもやめ、治療に専念して孫にも会えました。

先日タマティー様に癌が再発しとmailしましたが、後に同じ場所に再発したのではなく、違う場所に少しできていて内視鏡で手術ということがわかりました。
同じ場所でない限り、再発と言わないそうです。
来週入院し、再来週あたまに手術です。
最初の食道癌で治療してた人がうちの父以外、全員亡くなってることを聞き、
原因はアルコールの飲みすぎでアルコールを絶ったので治ったと思っていましたが、
もしかしたら孫が父の頑固な性格を治してくれたのかもしれません。孫の世話をすると、あれをしたくない・これをしたくないは通用しないですからね。
父は手術して、元気に立ち直る気持ちです。
娘だけでなく、息子も生まれ、孫が2人になった今、父にはまだ活躍してもらいたいです。

そう考えると、娘が第一次反抗期で苛々することも多いけど、色々助けてくれてるのかもと思いました。
最初に父に食道癌が見つかった時に治療中はアルコールを絶つのはわかりましたが、治療後もアルコールを一切絶つとは思ってもみませんでした。お酒、一番の人でしたから。私が娘を妊娠中で孫に会いたい一心で、お酒を絶ったのでしょうね。
今も一切飲みません。
治って3年が過ぎ、医者が検査を半年に一回にしましょうと言っても、3ヶ月に一回検査してくださいとお願いし、今回初期段階でまた見つけました。
父も頑張ると思うので、私も頑張ります。

娘・息子・旦那・母、旦那のご両親にも感謝しないといけません。
タマティー様もいつもお返事ありがとうございます。
感謝をこめて。

投稿: みん | 2012年3月16日 (金) 11時47分


タマティーさん、お返事頂いてないのに
コメントしてしまって、すいませんbearing

先程、新居の初期費用がなんとか払えたと
彼氏から連絡が来たので、
どうやら引っ越し出来るみたいです。
問題は、彼氏が最初に言ってくれたように
子供も一緒に住んで良いと
言ってくれるかどうかですsweat02
すぐ、やっぱ無理とか言うので
怖くてまだ話せていなくて。。。
焦って無理矢理住まなくても良いのですが、
いずれ結婚を考えているので
きちんと子供の事も受け入れて欲しいのです。
いきなり引っ越しが決まったので、
こんなことになってしまったのですがcoldsweats02
どうしたらいいでしょうかsweat01
ゆっくり進めた方がいいでしょうか?

投稿: りあ | 2012年3月16日 (金) 19時01分

タマティー様

久々のコメントになります。ブログいつも読ませてもらって、上橋菜穂子さんの本も読みだしました。エリンに感動していたら、妊娠しました!!

一歳半の息子を抱えながらの営業職はヘトヘトで大変でしたが、また育休をもらうべく、心地よく休みに入れるように仕事をがんばっていこうと思います。
なので、ラジオ業界は一旦おいて、とりあえず現職でがんばります(笑)

壬辰(みずのえたつ)に間に合いそうでよかったです(^ ^)

今度は女の子がいいなと…

投稿: りんりん | 2012年3月16日 (金) 21時40分

 りあさん、早寝をしすぎてしまいました!happy01
 午後9時にはもう就寝で、起きたのは午前6時でした。
 最近、地震のために睡眠を妨害されたので、それで睡眠不足に陥っていたみたいです。

 あ、そうだ!
 かくなる上は、女の伝家の宝刀「妊娠」という手を使いましょう。
 妻子がいないからこそフラフラしているのであって、りあさんが妊娠してしまえば、今のような姿ではいられないでしょう。
 このままだと彼氏はフラガールになってしまいそうな気配です。

投稿: タマティー | 2012年3月17日 (土) 07時00分

 みんさん、本当にアルコールをやめているのなら、手術は巧く行くことでしょう。happy01

 朝食を廃止して、昼間にリンゴ人参ジュースを飲ませくれば、手術後の回復も早くなることでしょう。

投稿: タマティー | 2012年3月17日 (土) 07時19分

 りんりんさん、『獣の奏物』は面白いですよ~。happy01

 それで妊娠ですか?
 まさか交合飛翔をしたんじゃ?
 「感動妊娠」なる新しい現象ですな。

 ま、時期的に今が一番いいタイミングですよ。

投稿: タマティー | 2012年3月17日 (土) 07時21分


タマティーさん、こんにちはshine
今日はよく寝れましたでしょうか?bearing

最近、そちらの方で強い地震が
多いですもんねsweat01
彼氏の実家が千葉よりの茨城なので、
震度5強の時には、彼氏が心配して
親に連絡していたくらいですwobbly
タマティーさんのお家が海の近くでしたら、
津波に気をつけて下さいねimpact

フラガールという表現、ウケました(笑)
本当、フラフラしていますよねsweat02

実は私も、必殺技は妊娠かなあと
密かに思っておりました(>_<)

生理中以外は、中には出してくれないので
確率としては低いのですが、
もしかして妊娠出来るかなあと
期待している所がありますchick
確か、息子を妊娠した時も
生理中の行為だったと思います。
最近、やたら妊娠したい願望が強まっていますbud
奇跡の妊娠を願うばかりですbearing

投稿: りあ | 2012年3月17日 (土) 14時39分

タマティー様、寝不足大丈夫ですか?
村上和夫さんの本は私も「幸福の遺伝子」は読みました。あらゆる遺伝子にはオンとオフのスイッチがあるんですね…
この本も是非読みたいと思っています。

ところで、癌で思い出したのですが、私の右頬(エラの辺り)に2センチくらいのガングリオンがあるんですが、かれこれ3年くらい前からなんです。
だんだん大きくなりました。色々調べたらアテローマと言うらしいのですが、大体皆さん手術してとっているみたいです。
ただ私の場合授乳中なので、麻酔や術後の痛み止めや化膿止めの薬の問題があり…あと1年半くらい授乳がありますので、それまでこのガングリオンがもつかどうか?
ほっとくと癌化する事もあるそうなんですがbearing
まぁ、とにかく病院に一度行かないとダメですよねcoldsweats01タマティー様はこんな病気ご存知ですか?

投稿: ゆきりん | 2012年3月18日 (日) 08時40分

 ゆきりんさん、アテローマって名前は知りませんでしたが、要は「瘤」のことでしょう?

 タマティーもできたことがあります。
 しかしオリーブオイルを飲んだり、ドクダミ茶を飲んでいたりしたら、或る日突然にその瘤が潰れ、小さな脂肪の塊を出して、それで終わりになりました。happy01

 どうやら悪い脂肪を節酒しているとなるみたいです。
 マーガリンは絶対駄目だし、バターや肉も多く取ると悪いみたいです。
 魚にしても干物にしてしまうと、その動物性脂肪が酸化してしまうので、これも悪いみたいです。

 育児中だから、手術は控えた方がいいですね。
 それよりも亜麻仁油を毎日飲むようにしてみたら?
 それとドクダミ茶を飲むようにしてみたら?
 地道にそれらのことをやっていると、手術しなくても、その瘤は取れてしまいますよ。

投稿: タマティー | 2012年3月19日 (月) 07時25分

タマティー様、早速教えて下さって有難うございました。亜麻仁油とドクダミ茶試してみます。
育児中なので極力手術は避けたかったので…wobbly
でも主人が、病院で診察は一度してもらったほうが良いと言っていますので、ひとまず一度行ってみようかと思います。
が、早く切ったほうが良いですよ!なんて言われたら不安になるだけですけど…coldsweats01悪性か良性か調べてみるだけでも安心しますかね?ちょっと怖いですが、行ってみますsad

投稿: ゆきりん | 2012年3月19日 (月) 15時13分

タマティーさんこんばんはhappy01

昨日、私の父が大動脈剥離で緊急入院したのですが、入院拒否なんてできるのでしょうか?
できれば、自宅療養させてあげたいのですが。そんな事可能ですか?

投稿: みっち | 2012年3月19日 (月) 22時58分

 みっちさん、大動脈剥離ですか!?

 伝染病じゃないから、入院拒否をやろうと思えばできると思います。

 しかしそんなことやったら、死ぬで~。
 
 まずは症状が治まるまで、入院させておいた方が無難ですよ。
 
 入院した場合、とにかく排便には気をつけることです。
 空調が効いているために、なかなかウンコが出ないんですよ。
 それと1日中、パジャマでいさせないこと!
 パジャマでいると運動量がガクンと落ちてしまうので、余計に病状が悪化するんです。
 トドメは運動靴を3足持っていくこと!
 スリッパでいると血行が物凄く悪くなるので、運動靴を履かせて、病院内を歩かせるようにすることです。

投稿: タマティー | 2012年3月20日 (火) 07時15分

お返事どうもありがとうございます!happy01
分かりました。症状が治まったら、早速実行します!

私は3人兄姉の末っ子のせいか、昨日は気持ちが落ち着かず、父との思い出ばかり思い出して、眠れませんでした。
娘もいるし、しっかりしないといけませんねhappy01

投稿: みっち | 2012年3月20日 (火) 08時53分

タマティー様
ご報告です。父は手術が成功し、手術から1週間で退院することができました。
タマティー様、また悩むことができてしまいました。
私は花粉症がきつく、先週から花粉症の薬を飲んでいます。最初は飲まずにいたのですが(1月中旬からしんどかった)、先週ついに眠れなくなるほど花粉症がひどくなったので飲むことになりました。母乳移行が少ない薬(問題ないと言われました)で飲むのも時間を考えて飲むようにしています。

娘3歳も花粉症で薬を飲んでるのですが、ついに3ヶ月の息子まで鼻水を垂らし、咳がひどくなり眠れなくなり病院へ行くと花粉症ということでした。
赤ちゃんまで花粉症とは可哀想でなりません。
両親も姉も花粉症なので、仕方がないのかもしれませんが、3ヶ月で花粉症て早くありませんか?
私も娘もひのき花粉になってから薬を飲まずにはいられなくなったので、息子も仕方ないのかもしれませんが、ふと‥私が花粉症の薬を飲み始めたから?
そうか予防接種も関係ある?とか思ったりもしました。今の時点で受けている予防接種はヒブと肺炎球菌とロタウィルスです。
ヒブと肺炎球菌は問題ないと思いますが、ロタウィルスはワクチン接種してからちょうど2週間で鼻水、咳なので‥もしかして関係ある?とちょっと思いました。
私と娘と同じでただのひのきの花粉症なんでしょうか?

投稿: みん | 2012年4月10日 (火) 22時53分

 みんさん、だから予防摂取には気をつけろと言ったじゃん!happy01
 みんさんの頭に違う注射を打たねばなりませんな。

 花粉症を治したいのなら、冷水シャワーを浴びろ!
 これに尽きる!

 もう一つは糠漬けを沢山食べる。
 できることなら糠床の糠を食う。
 腸内細菌が弱っているので、花粉症が引き起こされいているだけです。

投稿: タマティー | 2012年4月11日 (水) 07時23分

タマティーさま
こちらの本は絶版のようですね。
中古本でしか検索がかからなくて…
義母が、乳癌にかかり手術をしました。
経過は良好ですが、ホルモン治療か放射線治療のどちらかをしていくそうです。
義母は、これからは玄米食と発酵食品を取り入れて食生活の改善をしていくと言っています。
乳癌患者さんの本『はなちゃんのみそ汁』『ある日、妻が乳がんになった』など私も読みましたが、食生活の項目には、やはり玄米食が載っていました。

最近気になったのは実年齢50代なのに30代に見える南雲先生の本です。
タマティーさまがおっしゃることとほぼ一緒のようなので、立ち読みで済むかもしれませんが…

投稿: 明子 | 2012年6月13日 (水) 18時57分

タマティー様
ご無沙汰しております。
私、以前こちらにコメントしていたんですね。
今読み返して気がつきました。
あの頃の私に忠告できるものならしたいです。
…というのも、
私の食道はバレット食道です。
が、この1年、わりと気にせず過ごしてきてしまった為、今ごろになって胃が食道が悲鳴をあげ始めました。
おととい、眠れないくらい食道が痛み、痛みは1日続きました。
一年前に胃カメラを飲んだ病院に今年も胃カメラの予約をしてきました。
バレット食道が癌化しているのではと思うと、生きた心地がしません。
まだ14・12・4歳の女の子がいるんです。
もっと一緒に生きていきたいです。

私は猫背で、妊娠中つわりもひどく、揚げ物やお肉も大好きでしたので、要因は充分あります。極めつけにあそこの団体にいたため、毎日極度のストレスにさらされていました。
知らない間に胃酸が食道を蝕んでいたのです。

午前中何も食べずに排便をすれば良いのでしょうが、私の場合朝食をぬくことでますます胃酸が出てしまいますので、空腹は厳禁です。
検査の結果かでないとまだ癌かどうかはわかりませんが、不安でたまらない日を過ごしております。

心を入れ替えて生きていきたいと思っておりますので何かアドバイスを頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿: ゆきりん | 2016年3月 4日 (金) 02時01分

ゆきりんさん、お久しぶりのブリ大根です。happy01

昨日、ギョーザを食べ過ぎ、人生初の就寝中に吐き気を催して、今日は朝から睡眠不足なのですが、それなのに食道がナンタラカンタラ?

リアルなネタです。

ゆきりんさんは運命星の関係から、春になると体調が悪くなるから、こういう時は休む事ですよ。
病院での検査で異常が出ても、真に受けては成らないです。
夏に治れば自然と治ってしまいます。

とにかく生野菜とか果物をしっかりと食べた方がいい。
特にキャベツの千切りは超お勧め。
肉が好きな女性はどうしても内臓系の病気を発症し易いから、生野菜を積極的に食べるという事をしないとね。

投稿: タマティー | 2016年3月 4日 (金) 06時07分

早速お返事頂いて有り難うございました(T△T)
不安で不安で苦しかったので、有り難いです。

私、傲っていたんだと思います。
新築マンションも手に入れて、あの団体からも抜けれてやっと自由になれたのは良かったのですが、そこから謙虚に生きていかないといけませんでした。

もっと勉強して心を身に付けたいです。
宜しくお願いいたします。

投稿: ゆきりん | 2016年3月 4日 (金) 08時44分

こんばんはタマティー様、先日はメッセージ有難うございましたhappy02

昨日朝、胃カメラ飲んできました。
一年前に飲んだ時は、初めてということで喉の飲む麻酔の他に鎮静剤?ホワーンとなる痛みを和らげる薬を注射してもらったので、カメラを入れる時もさほど苦しくなかったのですが、今回は「2回目だから注射はいいよね?」と言われ、思い切って無しでやってみたところ・・・
cryingcryingcrying最悪の結果に。
とにかく苦しい!何度も何度も手を挙げてしまいましたが、「どうしました~?」と言われるだけ。思わず看護婦さんの手をギュッと握ってしまいましたよ。
意識があるとこんなにキツイんだ~wobbly

結果は「バレット食道は前より良くなってるよ。でも胃にポリープができてるね。取るほどじゃないけど」とのことでした。
ポリープはショックでしたが、とにかく食道がんになってなくてよかったですsad
でも、引き続き食べ物には気を付けていきます!!
タマティー様、励ましていただいて有難うございました。

投稿: ゆきりん | 2016年3月 6日 (日) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/44485729

この記事へのトラックバック一覧です: 癌患者に捧げる本:

« 新聞を読んでも本を読まぬ人たち | トップページ | 失敗しまくるからこそ成功する »