« 老木の話 | トップページ | 今でも名作『はじめてのおつかい』 »

こういう恋愛はダメなんだよ

●恋愛は理想論よりも禁令の方が大事

 恋愛はやってみなければ解らない。男女が2人しかいない組み合わせなのだから、男女双方の力量によってその恋愛は大いに変動していくのだ。だから恋愛の理想論を幾ら考えたとしても、それは全て机上の空論になってしまうのである。

 ところが女性というものはこの恋愛の理想論が大好きらしく、大抵の女性が恋愛の理想論を述べてくる。女性雑誌などではこの手の恋愛の理想論が随筆として書かれているし、最悪の場合はその雑誌がわざわざ特集を組んだりするのだ。

 俺ははっきりとして言わして頂く。

「恋愛の理想論を述べる女性ほど現実の生活では恋愛が巧く行っていない」

ということなのである。どんなに恋愛の理想論を考えても、いざ恋愛が始まってしまえばそんなもの全部吹き飛んでしまうものだ。後は全力でその恋愛に取り組まなければならないのである。自分の恋愛が巧く行けば恋愛の理想論なんて唱えてくることはないのだ。それよりも「恋愛ってのはこういうもんだよ」ということが言えるようになるのである。

 恋愛には理想論よりも禁令の方が大事なのである。「こういう恋愛はダメなんだよ」ということを事前に知っておけば、恋愛で悲惨な目に遭うことはないのだ。「恋愛は自由だ~!」と思い上がるからこそ、間違った恋愛を平気で行い、そして大失敗してしまうのである。

 恋愛に於いて「何々しなければならない」というのは余り意味がないのだ。それよりも「恋愛禁令」のように「何々してはならない」という方が役に立つのだ。やってはいけないことが解っていれば、そこに「法の下の自由」が生まれ、その自由を謳歌していくことができるからだ。「法の支配」を否定して、自由だけを取り出そうとするからこそ自由が消えてしまうのである。

●お弁当を作って貰う恋愛

 ダメな恋愛の入門編の筆頭が「お弁当を作って貰う恋愛」だ。これは若い男女がやってしまう可能性が高いものだ。人間は家庭の中で育ってくるから、母子の関係を基準にしてしまう傾向がある。男性が女性にお弁当を作って貰うと、その恋愛関係が恋愛関係にならず、母子関係になってしまうのである。

 女性がお弁当を作ってしまうと、必ず男性の方は女性に対して遠慮してしまうものだ。なんせその日の食事を無料で作ってくれるのだから、ドギツイ意見を言ったりはしない筈だ。しかしこうなってしまうと、男性は恋愛に於いて主導権を握ることができなくなるのだ。

 女性がお弁当を作ってしまうと、それが善意で行ったこととはいえ、恋愛の主導権を握るようになり、そしてその女性は男性をそのまま愛そうとするのではなく、改造しようとし出すのだ。男性の方も飯を食わして貰っている以上、或る程度までなら付き合うことだろう。しかしそんな恋愛が長く続くことはないのだ。

 彼氏に対してお弁当を作る女性は手の込んだお弁当を時間をかけ、丁寧に作ってくるものだ。そういうお弁当は往々にして重たくなるものだ。その恋愛もそのお弁当の重さに比例するように重たくなっていくのだ。恋愛が重くなれば、恋愛から楽しさが消えていくのは当たり前のことなのである。こういう恋愛なら彼氏が浮気して息抜きをするのは当然といえば当然のことなのである。

 俺に言わせれば

「お弁当が欲しいのなら、お弁当屋さんで買おう!」

ということなのである。お弁当というのはその値段が高が知れているし、彼女にお弁当を作らせる時間を浮かして、他に有意義なことをやればいいのである。確かにお弁当屋さんのお弁当は栄養バランス的には問題がある。だったら自炊すればいいのである。それだけのことなのである。

●お金のかかりすぎる恋愛

 恋愛で良くあるパターンなのに、ダメな恋愛を典型例が「お金のかかりすぎる恋愛」だ。恋愛というのは基本的に無料で行えるものだ。恋愛をよりよくしたいのなら、多少お金をかける程度なのである。だから恋愛にお金がかかりすぎている時点で、その恋愛の異常さに気付かないとおかしいのだ。

 確かに女性にしてみれば、恋愛に対して大金を使ってくれる彼氏なら嬉しいものだ。高級レストランに豪華なプレゼント、どこか海外旅行に行ったり、高級ホテルのスウィートルームに泊まるなら、誰だって舞い上がってしまうものだ。

 しかし男性が若いのにそんな大金を持っているわけがないのだ。芸能人やスポーツ選手やベンチャー起業家なら若くして大金を持つことができるが、それ以外の男性たちは結構貧乏なものなのである。恋愛に対してお金を使いすぎているということは、貯金が全くないということなのである。

 俺に言わせれば、

「お金のかかりすぎる恋愛をする男性は愛というものをお金で買えると思い込んでいる連中なのである」

ということなのである。だからこの手の男性と付き合っても、恋愛が盛り上がってこないのである。盛り上がっているように見えるのは「お金の力」によってであって、実際の愛の量は皆無に等しいものなのである。

 女性にしてみれば「タダほど高いものはない」ということを、この恋愛で思い知らされることになる。恋愛によって贅沢のくせがついたら、そう簡単には治らないのだ。このため生活自体が高コスト体質になってしまい、家計は火の車になり続けてしまうのである。

●会話の合わない恋愛

 会話の合わない恋愛もダメな恋愛なのである。なんで会話が合わなくなるから、その原因は言語能力にあるのではなく、「階級」と「宗教」にあるのだ。平等を唱えたり、無宗教を唱えるからこそ、この大事な大事なものが見えなくなるのである。

 階級というのは、生徒や学生なら「学級」ということであり、社会人になってしまえば「就職先」や「所得」とかである。基本的に同じ階級に属していれば恋愛をしても会話が成立し易い。同じ階級にいることで共通の話題が沢山あるからだ。

 しかし階級が違うと、一時的に会話はできても、その会話を長く続けることができなくなってしまうのだ。女性は玉の輿を狙うものだし、男性は自分の階級よりも下の女性を好んだりする。しかしその際、階級の上昇に従って、その本人が変わって頂かないと、会話が通じなく成って仕舞うのである。

 それと宗教だ。宗教が同じであるなら、会話は非常にスムーズに進むことになる。なんせ同じ宗教を奉じているので、その宗教に関することなら幾らでも話題があるのだ。しかし宗教が違ってしまうと、些細なことで喧嘩し始めることになるのだ。

 合コンとかで恋人を見つけようとしても、なかなか見つからないものだ。それどころか遊ばれて捨てられるのがオチだ。階級やら宗教を無視するからこそ、自分の貴重な時間を無駄遣いにしてしまうのである。全ての異性が恋愛の対象ではないのだ。自分が恋愛できる相手は限られているものなのである。

●セックスが巧く行かない恋愛

 セックスが巧く行かない恋愛もダメな恋愛なのである。これは挿入すれば解るものなのである。ペニスとヴァギナではその相性があるので、相性が良ければ非常に気持いいものなのである。やっていてどうも合わないのなら、そのセックスだけでなく、その恋愛もやめた方がいいのだ。

 恋愛の前に性愛術を学ばなければならないのは「男性」の方である。せっせとその手の本を買って勉強するべきなのである。性愛術に関する本は出鱈目な本も多いので、その真贋を見極めないと、碌でもない本を掴んでしまうものなのである。

 女性の場合、ヴァギナが発達している女性は必ずといっていいほど足腰にしっかりとした筋肉がついているものだ。若い頃はせっせと運動した方がいいのである。足の細すぎる女性や、お尻が小さすぎる女性は、ヴァギナがj貧弱なものなのである。

 セックスを楽しめるようになるためには、とにかくカップルでせっせとやっていくしかないのである。経験値を積んでいかないとどうしても巧くならないものなのである。浮気性の人間に限ってセックスが下手なものだが、性愛術というのはそういうものなのである。

 セックスに於いて厄介なのは「宗教」である。宗教が女性に潔癖さを要求すると、女性はセックスに対して嫌悪感を抱いてしまい、セックスどころではなくなってしまうのだ。例えばカトリックのように生殖のためにセックス以外認めない宗教では、女性信者たちが異常化してくるものなのである。

●両親に見せられない恋愛

 自分の恋愛をちゃんとしたものにしたいのなら、とにかく自分の両親に紹介して、両親の承諾を得ておくことだ。恋人としても、相手の両親に紹介されたのなら、自分の相手を邪険に扱ったりするようはしなくなるものなのである。恋人に掣肘を加えるのは、これが一番効くのだ。

 逆に言えば両親に見せられない恋愛は100%の確率でダメな恋愛だということなのである。人間と言うものは幾らでも口から出任せを言えるものだから、メチャクチャな恋愛を主張してくるものなのだ。だったら、それを自分の両親に見せてみなよ。恐らく出来ない筈だ。

 両親の方が自分よりも人生の経験値は豊富なのである。当然に自分では見切れないものでも見切ってくるものなのである。自分が恋愛で舞い上がっていても、両親は冷静だから、ズバリ真実が言えるのである。その意見は聞いた方がいいのである。

 大体、恋愛の理想論を述べる女性達は、恋愛に於いて自分の両親を使うということをしないものだ。だから理想の恋愛と称しながら、ダメな恋愛を平気でやってしまうのである。恋愛してしまえば、感情が理性よりも勝るから、これがダメな恋愛であるということになかなか気付けないのだ。

 自分がダメな恋愛をしているのに、自分を「悲劇のヒロイン」に仕立て上げても無意味なのである。ダメな恋愛をベラベラと喋れば、それは面白い話だから誰もが飛びつく。しかし恋愛をきちんと解っている男女は「バカじゃないの、あの女!」ということになるのである。普通のバカは救いようがあるが、恋愛に関するバカは地獄に落ちて貰わねば絶対に治らないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 老木の話 | トップページ | 今でも名作『はじめてのおつかい』 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

タマティー様

いつもいつも勉強になる事が多く、ありがとうございます。
妊娠中からご相談させてもらってたともぞうです。

昨日、無事出産しました!
37週1日で、正期産ギリギリでした。
前日にチョロチョロ破水から始まり、出産まで丸一日かかりました。
そして、本格的な陣痛が来るまで20時間程もかかりました……。
f^_^;

タマティー様のブログでいつも勉強させてもらってましたが、出産前の状態は最悪で、切迫早産で安静&点滴で3週間入院し、足や手はむくみ、最後には蛋白尿まで出て……出来るだけ健康管理は頑張ったつもりでしたが、きちんと出来て無かったと反省です…。
(:_;)
出産日も、満月でも大潮でもない日でした…。
(-.-;)

これからも、色々アドバイスよろしくお願いします!
m(__)m

投稿: ともぞう | 2012年5月14日 (月) 09時23分

 ともぞうさん、出産おめでとうございます!heart04happy01heart04

 が、まさに「安静の大獄」
 そのお医者さんの名前は「井伊直弼」じゃない?

 だから安静はいかんのですよ。
 安静にしているんだから、満月も大潮も関係ないですよ。
 安静が必要になるのは、出産後ですよ。
 安静にして出産した以上、絶対に重たい荷物は持たないように。
 腰に来ますからね。

 37週って本当にギリチョンでしたよ。
 赤ちゃんも仕方なく早めたんでしょ。
 とにかく胎便を出して、その後の初乳を与えることですよ。
 真っ黒なウンチをしっかり出せば、その後は健康そのものになりますよ。


投稿: タマティー | 2012年5月14日 (月) 16時57分

 ひげ夫さん、一体誰かと思いましたよ。crying
 名前と顔が一致しません。happy01

 絶対に平等なんて有り得ないんですよ。
 平等を唱えてきた時点で、「洗脳が始まる!」と思った方がいいですよ。

 一生懸命に働くとっても、お金のために働いちゃいかんのですよ。
 会社で働くなら、社長になるか、幹部になるか、専門的技能を持った者になるべきですよ。
 とにかく手柄を立てて、幹部に入りこまないと、どうにもならんですよ。

 天中殺ゆえに、こういう膿出しは大いに結構ですよ。
 


投稿: タマティー | 2012年5月14日 (月) 17時03分

はい。自分でも顔と名前が一致してない気がしますcoldsweats01が、これなら安全ですcatface

幹部って…普通の会社の場合を言ってるんですよね?とてもじゃないですが、この団体の幹部は嫌ですね〜完全にご機嫌とりですもん。トップが女性なので、これがまたややこしい…sweat01

天中殺でも膿出しととらえるなら、私達の行動はあり!ですかね。
上手く行けば、第2の人生を歩める事になりますhappy02

人間って、初めから運命って決まっているんですか?でも、自分達で切り開いて違う人生を歩む事も出来るんでしょうか?

運命学を知り尽くしていらっしゃるタマティー様、どう思われますか?

投稿: ひげ夫 | 2012年5月14日 (月) 18時28分

タマティー様

産後二日目、頭痛と体のしんどさでグッタリのともぞうです。
母子同室は良い事だと思うのですが、産後のしんどい時から育児をバンバンやらされると参りますね…。
(+_+)

今日は無理しすぎたのか、頭痛がひどいです…。

病院では、3時間毎に起こしてでもミルクをあげてとか、産後どんどん動いていってとか……タマティー様から教えてもらう事と反対の事ばかりで本当に困ります…。
そんな病院の環境の中で、どのように自分の考えを取り込んで行けばいいのか……。
この間の安静入院の結果でも健康状態は最悪になったようですし…どうしたらいいのか……。

また、退院後にタマティー様から教えてもらった事を少しずつ実践していきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。
m(__)m

投稿: ともぞう | 2012年5月14日 (月) 20時37分

 ひげ夫さん、この名前を見るだけで笑ってしまいます。happy01

 人間の人生は生まれた時点で神様によって全てが決定されています。
 神様の決定はどうやっても覆りません。
 しかしその決定がどのようなものなのか人間には知ることができません。

 そこで「宿命」と「運命」という考え方が必要になってくるんです。
 「宿命」というのはその人に宿った命令で、どこそこの親の元で生まれなさいとか、男の子で生まれるか女の子で生まれるかという類のものです。
 「運命」というのは自分の運気は年月によって変わり、運気を巧く利用して自分で自分の人生を変えていくというものです。
 天中殺とかは運命に属するものだし、今回みたいに団体を脱退しようといy¥うのも、運命に属するものです。

 夫婦が力を合わして、違う人生を切り開くこともできます。
 自分達の人生を変えた時、悲惨な出来事が起こるかもしれないけど、その後、新たな道が見えてくれば、ラッキーなことが続くようになるもんですよ。

投稿: タマティー | 2012年5月15日 (火) 07時21分

 ともぞうさん、とにかく体を動かすこと!
 体を動かしていれば、頭痛も疲労も治まります。happy01

 病院内を散歩すればいいんです。
 その際、足の指に力を入れて歩くようにすることです。
 そうやって歩いていれば、恐らく尿意が出て来るので、すぐさま便所に行って用を足すことです。
 体内に過剰な水分があれば、頭痛は幾らでも起こるものです。

 今はとにかくともぞうさんの体力を回復させることが先決ですよ。
 初乳が出てくれば、ミルクを飲ます必要性がなくなるのだから、母乳さえ出てくれば、こっちのもんなんですよ。

 それからオムツを交換する時は赤ちゃんのウンチを良く見てね。
 胎便であるなら、真っ黒なウンチが出て来るので、そのウンチを全て出し切ることが非常に大事なんです。
 因みに「癲癇」になるような人は、この時期に胎便をきちんと出さなかったから、癲癇になってしまうんです。
 赤ちゃんがウンチをしてくれるだけで感謝感謝なんですよ。

投稿: タマティー | 2012年5月15日 (火) 07時34分


タマティーさん、こんにちはnote
久しぶりにブログを覗かせて頂いたら、
恋愛の記事だったので、
コメントさせて頂きます(*^^*)

『〜してはならない恋愛』
とても感心、納得しながら
読ませていただきましたshine

全部見逃してはならない
『〜してはならない』でした。

私と彼氏の関係も、月日が経つに連れて
段々良くなっているので、私の行いも
間違ってはないのかなあと改めて思います。

この恋愛は焦らずゆっくり、
長期戦になるほど信頼が深まると
タマティーさんに言って頂いたので
その言葉を胸に、日々愛を深めております。

私と彼は付き合い始めた頃よりも
セックスの相性が良くなってる気がしますflair
彼氏は私を気持ちよくさせようと
頑張ってくれる人なので、前戯を長時間
やってくれます。前戯も良いのですが、
やはり一つになった時が一番良いです。
女性の大事な所は、彼氏や旦那の大事な所に
合わせて形が変わると聞きました。
これって本当なのでしょうか?
挿入した時、ピッタリ合っている感じで
とても気持ち良いです。

私は、自分の親に彼氏を会わせてますが
彼氏の親にはまだ会わせてもらってません。
前お伝えした通り、彼氏の親は厳しい方
みたいなので、バツイチ子持ちの私は
紹介しづらいのだと思います。
最初は、いつ紹介してくれるの?と
しつこく言ってましたが、最近は
時の流れに身を任せようと思い
言わないようにしました。
そのうち紹介してくれる事を祈ります。

私達は、普通の連絡とは違い
特殊ですが、めげずに一歩ずつ
進んで行きたいと思いますclover

投稿: りあ | 2012年5月15日 (火) 16時04分

運命を切り開く…
凄いですねcoldsweats01そういう事ですね。
私達夫婦は運命数も同じですし、二人で力を合わせれば何とかなるような気がします。
ただ、暫くは悲惨は悲惨でしょうね。

まず、houseにいろんな人が説得しに乗り込んできます。毎日責められます。子供達もそんな私達を見ていて嫌な気持ちになるでしょう。

母達からすれば、脱退するって事は、裏切るって事ですからね。主人の母なんて自殺だってしかねません。激しい性格なので…shock
孫がこの団体で生きていく事を何より喜んでいるので。

考えただけで恐ろしいですけど、いつかはやらないといけないのでしょうがないですbearing

とにかく今月か来月には、父に会わないといけませんね。何でも話して相談して見方になってもらわないといけません。

今後行動する際、気をつけた方が良い事ってありますか?

投稿: ひげ夫 | 2012年5月15日 (火) 16時05分

タマティー様

丁寧なアドバイスいつもありがとうございます!
m(__)m

昼間少し眠ってから頭痛も少しひきましたが、足のむくみが妊娠時以上にすごい事になっています!
むくみがひどすぎて少し痺れているような感じもあります…。
手やまぶたも、ぼてっとしています…。
(-.-;)
血圧も少し高めだし…。
体も少しずつ軽くなってきているので、少しずつ歩くのを頑張ってみます♪
o(^-^)o

そして、便の事ですが、丸二日でもう黒い便が出なくなったのですが、そんなものでしょうか…?
f^_^;

それと、ほんの少し初乳?が出ましたが、そこからお乳はストップしてしまったみたいです…。
(>__<)

こんな体の状態ですが、食べ物についても何かアドバイスいただけたらと思います。
タマティー様、長々とすみません。
よろしくお願いします。

投稿: ともぞう | 2012年5月16日 (水) 03時12分

 りあさん、ヴァギナは多少なら変わります!happy01
 だから大きさは余り気にしない方がいいんですな。

 但し、女性達の中には巨根がダメという女性が存在するんです。
 ペニスが大きすぎて、ヴァギナが痛いらしいんです。
 これは切実な問題ですな。

 女性の筋肉量が少ないと、「アイツのアソコはガバガバだよ」と言われる羽目になります。
 せめて腹筋を鍛えておかないと、どうしてもヴァギナが緩くなってしまうんです。

投稿: タマティー | 2012年5月16日 (水) 07時12分

 ひげ夫さん、気をつけるべきことは、とにかく事前に考えることですよ。happy01

 自分がすべきことを紙に書いて、それからブレないようにすることですよ。
 自分がきちんと考えていないと、結局、周囲の人たちの意見に流されて、元の場所に戻ってしまいますからね。

投稿: タマティー | 2012年5月16日 (水) 07時18分

 ともぞうさん、とにかく飯をjきちんと食おう!happy01

 穀物を沢山食べれば頭痛も治ります。
 味噌汁を沢山飲むと浮腫みも治ってきます。
 それと海苔や豆類、アンズやアボカドを食べると良質な母乳が出てきます。

 赤ちゃんの胎便が出てしまえば、自然と乳房が膨らみ、母乳が出てきます。
 気楽に構えていれば、ちゃんと母乳は出てきますよ。

投稿: タマティー | 2012年5月16日 (水) 07時31分

タマティー様

何度もすみません、ともぞうです。

出産後血圧が高く、体調が悪かったのですが、昨日、とうとう血圧が180にもなり、胸からのどのあたりが息苦しいような感じがします。
血圧の薬が処方されました…。
(>_<)
足のむくみもひどいままです。
…妊娠中毒症のようです。
(T_T)
そんなわけで、今日退院予定が延期になりました…。
(:_;)

タマティー様に色々教えていただいたのに、こんな事になるなんて自分が情けないです。
(*_*)

血圧が高く安静で、母子同室なので散歩も出来ません。
食事も病院食なので、味噌汁も出ないし…。
この血圧の高さと胸の苦しさに、自分の身に何か起こるのではないかとビクビクしています。
もう少し退院は出来ないので、このまま様子をみるしかないですよね…。

投稿: ともぞう | 2012年5月18日 (金) 08時26分

 ともぞうさん、「安静の大獄」はまだまだ続いているようで・・・。happy01
 安静にしているからこそ、妊娠中毒症になるんです。

 旦那さんに言って、使い捨てカイロを買ってきて貰いなよ。
 そのカイロをお腹の上に置くと、体が温まるので、妊娠中毒症の症状が和らぐことでしょう。

 それと足をグーパーグーパーして、とにかく動かすようにすることですよ。
 動ける範囲内で体を動かせば、症状は徐々に収まっていきますよ。

投稿: タマティー | 2012年5月18日 (金) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/45250226

この記事へのトラックバック一覧です: こういう恋愛はダメなんだよ:

« 老木の話 | トップページ | 今でも名作『はじめてのおつかい』 »