« 作家とスポーツ | トップページ | エビ好きの子供と魚好きの子供 »

作家と食事

●作家は食事で明暗が分かれる

 作家というものは、食事で明暗が分かれる。なんせ作家は頭脳労働をし続けているのである。それなのに食事を疎かにしていれば、頭の動きが悪くなるのは当然のことだ。作家だからこそ食事に気をつけなければならないのだ。

 作家は収入が高いということで、普通の人たちよりも遥かに有利な立場にある。だったらその有利な立場を利用して、自分に最も相応しい食事を作っていけばいいのだ。脳を正常に機能させるためには、食事に対して充分な出費をしておくべなのである。

 愚かな作家というものは、お金があるばっかりに飲酒にお金を使ってしまい、それで脳の機能が低下し、作品の出来も悪くなってしまうのである。作家という職業に就くなら、「飲酒こそ最悪の敵」と思うことが必要なのである。

 幾ら作家に食事が重要だからといって、グルメに走ると頭は衰えるものだ。飲酒以上にグルメは恐ろしいのだ。大抵、グルメをやり始めた作家はその数年後にもう出来のいい作品を作れなくなってしまっているのだ。

 俺が様々な本を読んでいて、「この作家は凄いな」と思う作家はその殆どが断食の経験者たちなのである。断食こそ脳に最もいいものなのである。しかし断食ばかりをやってはいられない。だから日々の食事を正しい物にしていかなければならないのだ。

●家庭料理

 では作家にとって最もいい食事は何かといえば、それは「家庭料理」だ、妻が夫の健康を考えて、食品の安全性に気を配り、栄養バランスの整った食事を作るから、そういう食事を毎日食べていれば自然と健康になるものなのである。

 それに家庭料理は妻が愛情を込めて作るために、食事の度に妻の愛が食事を通して入ってくるのだ。愛情の籠った文章というのは独身男性では書けないものだ。既婚男性だからこそ書けるものなのである。

 女性作家がなかなか出来のいい作品を書けないのは、家庭料理を軽視するからなのである。仕事が忙しいのは解るが、女性作家が結婚していても、食事を作るのは妻の仕事になってしまうものだ。料理には充分時間を取っておくべきなのである。

 女性作家なら家庭で料理を作り、そのレシピ集を出すくらいの「遊び」が必要なのだ。料理の手順と、その食事に関する随筆でも書いたら、それで文学作品として成立するものなのである。女性作家が男性作家と同じ遣り方で仕事をしていれば、ダメになるのは当たり前なのである。

 家庭料理こそ最も重要だとすると、離婚というのは作家によって最大級のダメージとなる。事実、離婚した作家は離婚してから暫くの間、レベルがダウンするものだし、再婚して復調したとしても、以前の作風とはまるで違う物を書くようになってしまうのだ。

●頭に効く栄養素

 具体的に脳に良い栄養素は以下の栄養素である。

①グルテン

 「グルテン」は脳の疲労を取る物質である。作家業は脳の疲労との格闘なのであって、グルテンを定期的に供給するからこそ脳の疲労を除去できるのである。古代四大文明が起こった場所は全て小麦を食べる習慣があったということを絶対に忘れてはならないのだ。

 だからお米よりも麦がいいのだ。お米を食べる時は麦飯にする。うどんやパンやパスタやマカロニを食べるようにする。味噌汁にも麩を入れるくらいのことが必要になってくるのだ。脳がどうしても疲労しきったのなら、パンを食べまくるのがいいのだ。

②芋類

 芋類は近代文明を大いに発達させた原動力である。南アメリカのジャガイモが西ヨーロッパに齎されることで、近代文明は急速に発展し始めたのである。ジャガイモは日々食うべきなのである。それにサトイモやサツマイモも食べていけば、脳は非常に良く機能するようになるのだ。

③植物油

 植物油は食べ物の中でも最もエネルギー量の多い食べ物なのである。だから良質な植物油を少し多めに摂取しておくべきなのである。「オリーブ油」と「亜麻仁油」は脳にいい植物油なので、この2つの油は絶対に摂取しておくべきなのである。

④肉と魚

 肉や魚を食うと脳は活発に動くものだ。頭脳労働をしているのに菜食主義は絶対に取れない。普段は魚を多く食べ、たまには肉料理を食べるというのが、一番健康にいいのだ。特に年を取ってくると、筋肉量が落ち始めるので、蛋白質を多めに摂取することで、自分の筋肉を維持しなければならないのだ。

⑤果物

 果物の糖分はすぐさま脳のエネルギーになる。果物を毎朝食べておけば、脳は正常に機能するようになるものなのである。果物の摂取量が少なく成ると、途端に偏食が始まってしまうのである。断食をするさいには完全断食をやるのも結構だが、果物だけを食べる「フルーツ断食」の方が脳の健康にいいのである。

●形の見える料理

 食材をどのように調理するのが、脳に最もいい効果を齎すのか、それには1つの明確な基準がある。そtれは「形の見える料理」は脳に良く、「形の見えない料理」は脳に悪いということなのである。この基準を守っていると、その後の人生がまるで違ったものになるのだ。

 形の見える料理というのは、イギリスやドイツや日本で食べているような料理だ。食材の原型がまだ形をとどめているのだ。イギリスの料理は不味いと言われながらも、この国で多くの優れた作家たちが出てきたことを絶対に忘れてはならない。

 ドイツでソーセージとジャガイモがそのまま出て来れば、外国からの観光客は驚くかもしれない。日本で焼き魚がそのままの形で出てくれば、外国からの観光客は驚くかもしれない。しかしそれでいいのである。そういう料理こそ脳にいい食事なのである。

 形の見えない料理というのは、中華料理や韓国料理やインド料理のような料理だ。これらの料理は食べれば美味しいということでは共通している。しかしこういう食材が原型をとどめていない食事を食っていると、頭の動きが悪くなるのだ。

 人間は食材の原型を崩した料理を食べると、「美味しい!」と感じてしまう厄介な動物なのである。美味しい料理は食べるべきではあっても、それは食材が原型をとどめている範囲内にするべきなのである。 

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 作家とスポーツ | トップページ | エビ好きの子供と魚好きの子供 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/47694070

この記事へのトラックバック一覧です: 作家と食事:

« 作家とスポーツ | トップページ | エビ好きの子供と魚好きの子供 »