« 読書へのスイッチ | トップページ | 作家とスポーツ »

自然災害より結婚災害の方が恐ろしい

●自然災害と結婚災害

 自然災害に巻き込まれることは悲惨である。台風で家が押し流されたとか、地震で自宅が倒壊したとか、津波に飲み込まれたとかすれば、自宅はなくなるし、死傷者が出てしまい、その時は呆然とせざるを得ない。

 しかしこの世には自然災害よりも恐ろしい災害があるのだ。それが「結婚災害」である。結婚で失敗してしまったために、家族が崩壊してしまったり、仕事が台無しになってしまったり、社会的信用を全部失うということになってしまうのだ。

 なぜ結婚災害が自然災害よりも恐ろしいのかといえば、結婚災害は家族という「究極の安らぎ」を与える場所を破壊してしまうからだ。自然災害ならそれがどんなに怖くても物理的現象なのであって、家族が生き残っていれば、再建は可能になるのだ。だが結婚災害の場合、そうはならないのだ。

 人間はこの世の中に於いて自分一人で生きて行くことはできないし、自分一人の力で成功することもできない。成功者たちの殆どは結婚しているという事実を重く受け止めるべきなのである。配偶者という最強の協力者がいたからこそ、難なく成功して行くことができたのでる。

 自然科学が発達してくれば、自然災害を予測することは可能になってくる。ところが結婚災害に関しては自然科学が進歩する遥か以前にこれを予測することは可能だったのである。

 要は結婚相手を間違えないこと!

 それさえできれば、結婚災害を完全に防止することができるのである。

●最初の運命の相手との別れ

 大抵の人間は「16歳から19歳」の間に、最初の運命の相手と出会うことになる。基本的にこの時期に初恋をしたという経験の持ち主なら、その相手が誰だが解ることであろう。しかしこの恋愛は高校卒業と同時に結婚するか、大学生の時に交際を開始し、その後めでたくゴールインしない限り、失恋に終わってしまうのである。

 近代社会は高学歴を要求しているのだが、そのために最初の恋愛が犠牲になってしまうのである。この事実は重く受け止めておいた方がいい。というのは、例えば高校卒業と同時に結婚してしまった男女は結婚相手を間違えていないし、妊娠も早くに行なうので、結婚がスムーズに行くのである。

 ところが、最初の運命の相手を逃した男女は、その後、数年間はまず運命の相手が現れないし、堕落的なセックスに耽る危険性も高まるのである。20代の男女の性欲が高揚しているのは、妊娠をしたいがためなのであって、その時期を無駄に過ごしてしまうことになってしまうのだ。

 女性が絶対に忘れてはならないのは、卵子は19歳で最も健康的な卵子になり、それ以降は徐々に劣化していくという事実なのである。しかも女性ホルモンの分泌量は33歳がピークになるのであって、これ以降、不妊症のリスクが高まってくるのである。

 女性が40歳を過ぎて「婚活」をするというのは、非常に愚かなことなのである。自分の人生設計に結婚というものを考慮していなかったために、結婚が晩婚になり、不妊症のリスクを最大化してしまうのである。

 男性が絶対に忘れてならないのは、「若い内は結婚などせず、独身生活を大いに楽しもう」と思うことは非常に危険な生き方だということだ。妻の支援のある既婚男性と、独身男性が戦えば、絶対に既婚男性の方が勝つのだ。相手は2人で戦い、こちらは1人で戦うなら、勝敗は戦う前から解っているものなのである。

●運命の出会いはスムーズに行く

 漫画や小説、ドラマや映画を見すぎてしまうと、恋愛は複雑に展開するものだと思い込んでしまう。しかし実際の恋愛は違うのである。本物の恋愛は非常にスムーズに行くのである。運命の出会いというのは、出会った瞬間からあれよあれよと展開してしまい、気づいた時には結婚しているものなのである。

 恋愛結婚をしたいのなら、まずは自分の両親の恋愛結婚の話を聞いてみることだ。夫婦仲のいい両親なら結婚に至るまでの話が本当に面白いのだ。だが夫婦喧嘩をするような両親だと結婚に至るまでの話が非常に変なのである。

 運命の出会いというのは、出会った瞬間に「私、この人と結婚する!」と直感で解ってしまったり、自分の好みではない相手なのになぜだか惹かれてしまったとか、そういう不可思議な現象が起こるものなのである。

 女性が若い時に宗教に嵌ったりするのは、宗教が霊感を鍛えてくれるからだ。基本的にちゃんとした宗教心のある女性は、そう簡単に結婚相手を間違えないものなのである。自分自身が何か不可思議な力の存在を認めているからこそ、本当に不可思議な現象が起こってくるのである。

 逆に女性が理屈を捏ね始めると結婚不可能になる。大抵、恋愛相談に応じている女性ほど、まともな恋愛をしていないのだ。女性が大学院に行ってしまうと、これまた婚期が遠くなっていくのだ。まともな結婚をしたいのなら、恋愛相談には乗らない。大学院に行っても彼氏を作っておくということは絶対に必要なことなのである。

●お見合いは必要なシステムである

 恋愛至上主義者たちは「お見合い結婚」の絶滅を願っていたのだが、お見合い結婚はなくならなかった。それどころか、恋愛が盛んになればなるほど、お見合い結婚の重要性が増してきたのである。というのはお見合い結婚の方が安全な結婚ができるということなのである。

 恋愛結婚を望む場合、10代の時に既に運命の相手を使い切っているので、大概の男女は後2人しか運命の相手はいないのである。この運命の相手を捕まえることができればそれはそれでいい。しかしこの2人を逃してしまえば、もうどんなことをやっても、恋愛結婚は不可能なのである。

 だからお見合い結婚の登場となるのだ。お見合い結婚はそれが運命の相手ではなくても、結婚できるのである。しかも結婚したことによって自分の運命が変わり、今まで不幸だった人生が一転して幸せになってしまうという現象が起こってくるのである。

 お見合い結婚した人は結構お見合いをしているのである。充分に相手を選んでいるのだ。しかも結婚を前提に交際するわけだから、結婚相手を間違える確率が非常に低くなる。恋愛ではどうしても感情が先走るので、結婚相手を冷静に見るということができないのである。

 女性が30代になって、恋愛が巧く行かなかったり、恋愛話が1つもないなら、お見合いをしてしまった方がいいのである。30歳を越えると時間の進むスピードが速くなるので、チンタラと過ごしていると、気づいた時にはもう40歳になってしまっているものなのである。40歳から結婚をどうしようか考えても、もう遅いものなのである。

●結婚の物理的側面と精神的側面

①食事

 結婚を幸せにするためには、なんといっても手料理が一番効果的なのである。料理の巧い女性を妻にするなら、その結婚は大方成功することだろう。逆に言えば料理の下手な女性を妻にするなら、その結婚は失敗する可能性が高くなるのだ。

②家計

 結婚すれば、とにかく夫はしっかりと稼いでくるべきなのである。夫の稼ぎはなくなれば、結婚というものは途端に巧く行かなくなるものだ。妻が働きに出ても、絶対にその収入を家計の収入のメインにしてはならないのだ。

 妻が最優先ですべきことは、家計の管理なのである。家計簿をつけて収支を統制すれば、どんな収入金額であろうとも、きちんと対処できるのである。もしも家計簿をつけないのなら、せめて預金通帳を使って巧く家計の管理を行うべきなのである。

③子供

 結婚を成功させるためにはなんといっても子供が必要になってくる。子供を3人以上生めば、その結婚は安定するのである。子供が1人や2人だと、数が少ないから、どうしても結婚が安定してくれないのである。

 子供のいない結婚は結婚ではない。「同棲」である。その夫婦がどんなに愛し合ったとしても、その夫は妻を妊娠させるほど愛してはいなかったということであり、その妻も夫の子供を妊娠したくなるほど愛していなかったということなのである。

④会話とセックス

 夫婦の関係を維持するためには会話が欠かせない。日々夫婦で会話をしておかないと、どうしても意思疎通が悪くなり、それで離婚することになってしまうのである。夫が出張で出掛ける時は、外出先から電話するくらいの配慮が必要なのである。

 夫婦の関係を維持するためには、セックスも欠かせない。気をつけるべきは、妻が出産した後、一時的に性欲が低下するので、それでセックスを拒否してしまうことなのである。これをやってしまうと、当然に夫は他の女性を相手に性欲の処理を行なうことになり、夫婦で大騒動に発展してしまうのである。

⑤宗教

 結婚してもいつも幸せにしたいのなら、しっかりとした宗教心を持つようにすることだ。日本は宗教混淆の国なので、「神道」「仏教」「儒教」の三つの宗教を収めることは絶対に必要になってくる。これらの宗教が解れば、日本人の思考や行動パターンは大体解ってくるのだ。

 夫が「自分は無宗教だ」と唱えていると、逆に妻や子供立ちは狂信的な宗教に走ってしまうものなのである。宗教に対する免疫力がないために、宗教に対して余りにも無防備になってしまうのである。仕事ばかりしていないで、宗教のために時間を割くことは絶対に必要なのである。

●離婚はお早めに

 どんなに恋愛が盛り上がって結婚したとしても、その結婚が成功するとは限らない。失敗することだってありえる。結婚して一緒に住んでみて、初めて相手の嫌な部分を見てしまい、それが到底受け入れられないことだってあるのだ。

 結婚の失敗はすぐに解るものなのである。結婚してから数十年してから解るものではないのだ。通常は結婚して3年以内だし、それこそ新婚旅行の後に離婚を決意することもあるのだ。大事なことは、この結婚が失敗だったと思ったら、早めに離婚することなのである。

 失敗している結婚をそのまま維持しようとすれば、夫婦喧嘩になり、そして暴力沙汰になるものなのである。DVシェルターに駆け込むのも結構だが、なんでそういう事態になる前に離婚しなかったのかということなのである。

 早めに離婚しておけば、その後、再婚して新たな人生を歩むことができるものなのである。離婚が遅くなればなるほど、自分の選択肢は限られてくるものなのである。女性が45歳を過ぎれば妊娠の可能性は極端に低くなってしまうことを絶対に忘れるべきではないのだ。

 やめておくべきは「熟年離婚」なのである。熟年離婚するような夫婦には子供たちがいるのだから、「今更離婚するな」ということなのである。本人たちの勝手気儘な行動が、子供達の人生に悪影響を及ぼすことになるのだ。

●成功の光と影

 男女というものは、結婚して地道に努力していれば、その結婚を成功させることができるものなのである。しかしそれで万々歳ではないのだ。成功したからこそ、その分、影が濃くなってしまい、それが結婚に不幸を齎すことになるのだ。

 既婚男性であるなら、仕事が成功してから、絶対に妻を取り替えるな。仕事が成功し、収入が高くなってくると、それに連れられて若い女性たちが群がってくるものだ。自分の妻は年老いているのに、若い女性は肌がピチピチだから、そっちの方を好んでしまうのだ。

 しかし糟糠の妻を凌駕できる若い女性は絶対にいない。これだけは断言できる。妻の内助の功があればこそ、自分は成功できたのであって、その妻を離婚で失ってしまえば、自分の仕事がおかしくなっていくのは当たり前のことなのである。

 既婚女性の場合、子育て終了後の空虚感には充分配慮しておくことだ。既婚女性にとって育児や子育ては面白かった筈である。しかし子供たちが成長し、親から離れていけば、母親は取り残されてしまうのである。

 心の中にポッカリと穴が空けば、その穴を埋めるために、異常な行動を散るようになるのだ。ここでも成功したからこそ悲劇に見舞われてしまうのである。何かしらの趣味を持つとか、孫の世話を買って出るとかしないと、その心の穴は埋まっていかないものなのである。

●人生経験と知恵がなければ何も見えない

 この世の中で立派な人物は全員が全員、結婚しているということを絶対に忘れてはならない。夫婦で切磋琢磨し、協力し合ったからこそ、結婚も仕事も巧く行ったのである。独身生活を長く続けていれば、自分を成長させることは出来ないものなのである。

 人間の人生の中で必ず自分が変革する時期がある。結婚はその最たるものだ。自分が変革する時に変革しておかないと、結局、その後どうやっても変革できなくなってしまうのである。自分が変革できることはそう何度もあるのではないのだ。

 結婚したのに、その結婚を離婚に終わらせてしまう人たちは、最初の段階で相手を間違えたのである。もう1つ言うなら、「忍耐力」が足らなかったのである。結婚という大事なことをするのに、相手を間違えたり、忍耐力が足りなければ、その後、何をやってもおかしなことをやってしまうのである。

 人生経験と知恵がないと、何も見えないのだ。結婚の表面的なことを幾ら論じても無意味なのである。人間は誰かを愛することはできる。しかし「愛の循環」を作り出すためには、結婚は絶対に必要不可欠なのである。

 もしも結婚災害に遭ってしまったのなら、早めに収束させるべきなのである。これほど恐ろしいものはないのだ。労力も資金も時間も大量に食って行くものなのである。結婚災害で人生をロスしていれば、あっという間に後続の者たちに追い抜かれていくものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 読書へのスイッチ | トップページ | 作家とスポーツ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント


タマティーさん、おはようございますsun

私は仕事から帰って来て
今から寝るところですflair

私が帰宅するまでの間、
父親が息子と一緒に
私の寝床で寝ていたのですが
お気に入りの枕が父親の
体臭で臭くなってましたcoldsweats02
臭すぎて思わず香水をかけてしまいましたsweat02
悪気はないんですが耐えられなくて。。。

彼氏の匂いは大好きなんですけどねimpact
匂いって不思議ですよね(笑)

私は陰毛の処理をしていて
ツルツルだったのですが
彼氏がチクチクして痛いから
はやせと言うので、久々にはやし中です。
かゆいので早く伸びて欲しいです(>_<)

最近、変なお客さんばっかりです。
これも接客の勉強だと思って頑張ります。

投稿: りあ | 2012年11月24日 (土) 05時49分

りあさん、そうやっていたんですね。happy01
一体、息子さんの世話は誰がしているんだろうと心配していたもので。

匂いの件に関しては、近親相姦の防止のためです。
女性は性別に関して女性であっても、父親の遺伝子を半分受け継いでいるので、父親と性的関係があると拙いわけです。
自分が好きな匂いというのは、要は自分の遺伝子とは遠い人なので、その男性の子種を貰えば、健康な赤ちゃんを産む可能性が非常に高くなるわけです。

本当にね~、匂いに敏感なのは健康な証拠ですよ。

最近、タマティーは知的障害者たちのいる施設でボランティア活動をしているのですが、その職員のとある女性の方はいつも風邪をひいているんですよ。
そのため、知的障害者たちとは仲良くやっているのに、その職員の女性とだけはどうしても巧く行かないんです。
考えてみれば、会社経営者で風邪をひいているって人は見た事がないのですよ。

匂いに敏感でない人は、意外と使い物にならないのかもしれない。

投稿: タマティー | 2012年11月24日 (土) 06時56分


仕事中は、両親に息子の
世話を任せてますね(>_<)
心配かけてしまってすいませんsweat01

お陰様で、息子はじいじ大好きっこです。
ばあばよりじいじみたいです(笑)

父親が臭いのにも
理由があったのですね!
確かに、身内や親戚との子供は
奇形児になる可能性が
あるみたいですしね。
言われて納得です。

本能で良い遺伝子を
嗅ぎ分けてるのですね(*^^*)

自分は不健康なのだと思っていたので
健康と言って頂き嬉しいですnote
そういえば最近風邪引いてないかも。
職場では喉風邪が流行っているみたいですが
今のところ大丈夫です。

私はアレルギー持ちで鼻炎なのですが
それでも鼻がいいのは不思議ですねflair

不健康な人とは馬が合わないもの
なんですね〜!健康第一ですねshine

投稿: りあ | 2012年11月24日 (土) 11時49分

こんばんは、ご相談に載って頂きたい事があります、、今日、子供の集まりに参加した際、息子が大きい声でおままごとをしていて、集まりに参加していたお母さんの赤ちゃんがお昼寝をして寝かせる為に息子の後ろにあったベビーベッドに赤ちゃんを寝かしたのですが、息子がおままごとをしている声で赤ちゃんを起こしてしまいました。謝れば良かったのですが、別の事で考え事をして謝る余裕がなく、そのお母さんは怒った様子でした。後から謝れば良かったと後悔しました。
ママさん達と私を見て話している姿を見て、ちゃんと息子を静かにさせなかった私の話をしていたんだと思いますが、謝るタイミングを逃しました、、次もし会ったらなんと謝れば良いでしょうか?何も言わないのも手でしょうか?なんと切り出すべきか悩んでいます。

投稿: 静 | 2012年11月25日 (日) 17時39分

静さん、育児をしていれば、こういうことは幾らでもあるから、気にしないことですよ。happy01

今日は砂糖入りのホットミルクでも飲んで寝ることです。
熟睡できます。

育児に於いて大事なのは、「お互い様」ということです。


どうせ相手のママさんの次回会った時は忘れています。
そんなもんです。

投稿: タマティー | 2012年11月25日 (日) 18時17分

有り難うございます。
そんな風に言ってもらえると、気持ちが少し楽になります。
あの後、息子が入ったら駄目な場所に走って入った為、それを見たそのお母さんの子供とそのお母さんのママ友の子供も入ってしまった為、一番最初に入ったのは息子なのでその事でその場で謝まりました。そのお母さんはママ友含めて三人で居ましたが皆私が謝まっているのを見ていても無視でした。
やはり相当怒ってたんだと思いますが、赤ちゃんを寝かした傍でおままごとをしていた事そんなに無視されるなんて、私も結構傷付いています...。
帰り際も目も合わせたく無かったようで、無視でした。
もう行かない方が良いでしょうか?

投稿: 静 | 2012年11月26日 (月) 14時21分

静さん、そんなことやっていたら、行くとこなくなります。happy01

育児をする場合、図々しい者ほど強いです。

そのお母さんに
「この前、どうもすみませんでした!}
と言うと、大抵、
「そんなの全然気にしてませんよ~」
とか言うものです。

投稿: タマティー | 2012年11月27日 (火) 07時09分

気にしすぎてたら、どこも行けないですよね、、。
そのお母さんグループの一人は知ってる人でしたが、一緒になって無視されました。そのママ友達グループは滅多に来ないそうなんです、謝りたい気持ちがずっとあって気になってるので、謝りたいのですが、、名前も分からなくて、次何ヵ月後に会えるか分かりませんが、子供の校区など一緒だと思うので今のうちに謝りたいです、、陰口言われたりしないか心配で、、

投稿: 静 | 2012年11月28日 (水) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/47900379

この記事へのトラックバック一覧です: 自然災害より結婚災害の方が恐ろしい:

« 読書へのスイッチ | トップページ | 作家とスポーツ »