« 作家と食事 | トップページ | 作家の評価は早い段階で決まる »

エビ好きの子供と魚好きの子供

●子供の好き嫌いは意外と正直

 育児をしている際、子供の好き嫌いには悩まされるものだが、こういう場合、母親の意見を一方的に押し通すことは危険だ。子供が嫌っている食べ物を無理矢理に「食べなさい!」と言ったとしても、子供は余計に食べなくなるからだ。

 子供の好き嫌いで悩む母親は食事を作る前に、或る大事なことを忘れているのだ。それは「空腹」である。子供に沢山の食べ物を与えてしまい、それで子供の好き嫌いが激しくなるということが解っていないのだ。

 まずは美味しい料理を作る努力よりも、腹を空かせる努力をすべきなのである。早寝をさせて、朝のウンチをしっかりとさせる。昼間は外に連れていき、充分に遊ばせる。出来る限り間食をさせない。こういうことをするだけで子供は空腹になるものなのである。

 子供は12歳を過ぎるまでは「炭水化物中心」をするものなのである。だから「穀物」と「果物」をしっかりと与えるべきなのである。その割合は50%にすべきなのである。要はオカズを少なくする。こうすると、子供は好き嫌いをせずにご飯をしっかりと食べるようになるのだ。

 食事の際にご飯をしっかりと食べていないからこそ、お菓子を食べるのである。お菓子こそ炭水化物の塊なのである。お菓子を食べ始めると、途端に好き嫌いが激しくなるのはこのためなのである。育児をしているのなら、お菓子を最小限に抑える努力をすべきなのである。

●エビと魚

 子供たちの食事を見ていると、エビが好きな子供は知能指数が低く、魚が好きな子供は知能指数が高いという傾向がある。エビとかカニとかは、本来、人間が食うべき食べ物ではないのかもしれない。人間は進化の過程で魚は食ったが、エビやカニは食わなかったかもしれないのだ。

 魚がなんで頭に良いのかというと、それは「魚の脂」が脳細胞を構成する物質になるからであって、子供の頃にしっかりと魚を食べていると、当然に脳自体が優秀になるのである。ソフトではなくハードで勝るからこそ、下手に勉強する子供よりも頭が良くなってしまうのである。

 魚といってもなんでもいいわけではなく、基本的には脂の乗った魚だ。サンマやブリやサバやイワシやメザシとか、小魚でありながら、脂の多い魚だ。この手の魚を頻繁に食べると、子供の脳細胞はしっかりと充実してくるのだ。

 魚料理は「焼き魚」が一番美味しいが、大事な脂を落としてしまうという欠点がある。そこで「煮魚」や「魚のフライ」などをやって、魚の脂をしっかりと摂取できるようにすべきなのである。母親が魚料理のバリエーションを多く持っていないと子供は魚を嫌うようになるのだ。

 魚でも、マグロなどは余りお勧めできない。魚が大型化してくると、水銀の問題が発生してくるので、魚を食べることの効能が帳消しになってしまうのである。魚と雖も値段が高くなればなるほど、危険性が増してくるものなのである。

●肉料理のひと工夫

 知能の高い人たちは肉をあんまり食べない。かといって菜食主義ではないのだ。少しは肉を食べるのである。肉の量が多くなってくると、肉の消化吸収のためにエネルギーが取られてしまい、頭が巧く機能しなくなるのだ。

 肉と野菜をセットで食べることは当たり前だ。野菜のビタミンやミネラルと酵素水分で肉の消化吸収を助けてあげるのである。肉ばかり食べていると病気になるのは、肉の消化吸収のためにビタミンやミネラルや酵素水分がなくなってしまい、それで体の至る箇所で病気が発生するのである。

 肉の中で最も美味しい所は内臓なのである。だからまず初めに内臓を食わせるのである。その後、筋肉と脂肪を食わせるのである。このことが解っていないと、肉を食べても効果的に活かせなくなってしまうのである。

 子供に筋肉や脂肪ばかり与えていると、凶暴な子供が誕生することになるのだ。母親がバカの1つ覚えの如くにハンバーグを出していると、子供が凶暴になってくるのは当たり前のことなのである。子供がハンバーグを好きだからといって、それだけを出すべきではないのだ。

 肉を沢山食ったのなら、その翌日は肉を一切食わないようにすることも必要なのである。内蔵は肉の消化吸収のために疲労しているので、内臓を休ませてあげる必要性があるのだ。肉食が毎日続いている子供に限って、いつも疲れきった表情をしているものなのである。

●家族だけで食事をしない

 自分の子供を最も健康な状態で育てるためには、なんといっても家族で食事をすべきなのである。家族で食事をしていれば、そんなに変な食事をしないものなのである。子供は成人するまで食事に関しては素人同然なのであって、絶対に親の監視下に置くべきなのである。

 それと同時に母親は食事に関して多少の努力をすべきなのである。料理の数を増やしていけば、それだけ子供の好き嫌いをなくす食事を作ることができるのである。自分が何も努力せず。一方的に押しつけてしまうからこそ、子供は猛反発してくるのである。

 子供の不満を解消するためには、親戚同士が集まって食事をするようにすべきなのである。1年に1度でもいいから、こういう集まりを持っておくと、いいガス抜きになって、子供が素直になるものなのである。核家族だけになってしまうからこそ、子供は母親の言うことを聞かなくなるのである。

 宗教団体を見ても、優れた宗教団体は必ず信者たちを集めて会食をさせている。こういう場では誰も好き嫌いを言わず、全部食べてしまうものだ。こういうのもガス抜きなのであって、これが欠けてしまうからこそ、人間の精神が狂っていくのである。

 小学生くらいまでなら子供の頭の良し悪しはそんなに差がないかもしれない。しかし中学生になると能力の差がはっきりと出て来るものなのである。子供の頭の良し悪しは学校での教育よりも、家庭での食事の方が重要な要素を占めるものなのである。母親なら絶対にこのことを忘れない方がいい。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 作家と食事 | トップページ | 作家の評価は早い段階で決まる »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、タマティーさん。(*^_^*)
ご無沙汰しています!お元気ですか(^o^)
最近、息子の成長について悩んでいたところ今回の記事でしたのでコメントと質問させて頂きました。

まず朝は、リンゴ、人参、小松菜かほうれん草、あればみかんをジューサにかけてジュースにして飲んでいます。
それと、家で作ったヨーグルトをこして固くした物をパンに塗って食べています。
そして、私の筋腫にも効くと言われた亜麻仁油も息子にも飲ませています。(先日の健康診断で子宮筋腫の大きさはかわっていませんでした)

お昼と夜は、魚中心です。お魚は大好きです。お肉は好きでないみたいで口から出してしまいます。ただ、先日味噌にニンニクをすったのを入れて豚肉を一晩馴染ませた物は喜んで食べていました。
それと、納豆、海苔、味噌汁、黒豆を煮たのは大好きです。
間食は余りさせてませんがあげるとしたら、バナナが多いです。
飲み物は、ほうじ茶がほとんどです。

こんな食生活ですが、身体は小さめでまだ余り言葉も出て来ません(>.<)
生まれた時は3680で普通かと思います、その後の成長がゆっくりとしています。主人も私も平均位かと思います。
そこで、間食をもっとさせた方が良い事かと悩んでいました。
言葉については、ほとんど私と二人っきりなのが原因ですかね?(^-^;)

何か改善、アドバイスがありましたら教えて下さい(^_^)

今年も後1ヶ月ですね。(^-^;)今年もありがとうございました。

投稿: ぽんちゃん | 2012年11月30日 (金) 16時43分

ぽんちゃん、どう考えても健康的な食生活で・・・・・・。happy01

成長はゆっくりの方がいいんですよ。
早く成長すれば、それだけ老化するのも速いんだから。

言葉に関しては、胎児教育をすればそれこそ0歳児から話すけど、普通は1歳児でも言葉が良く喋れず、2歳になってからですよ。
焦ることはないです。
いずれ喋ります。
ぽんちゃんが歌でも歌っていれべ、言葉の上達は早いです。

間食をあげたいと思うなら、今なら柿とかミカンじゃないの?
果物の果糖は動けばすぐに商事されるので、お菓子のように食事の邪魔にはならないですよ。

投稿: タマティー | 2012年11月30日 (金) 17時30分

タマティーさん、早速のお返事ありがとうございます!(*^_^*)
そして、まさに私にはタイムリーな記事ありがとうございました(^_^)v

やはり、間食をさせるなら果物が良いですよね!(^^)!
成長、ゆっくりでも良いです…(^o^)か!

分かってはいるのですが比べてしまうと、不安になってしまって(^-^;)健康なら良いかと自分を慰めていました(^^;)

ゆっくりでも構わない(^_^;)!安全しました。
お忙しいところ、いつもありがとうございます!(^o^)

風邪等に気を付けて下さい(^_^)失礼します。

投稿: ぽんちゃん | 2012年11月30日 (金) 18時03分

タマティーさん

初めまして。
第二子妊娠した頃より、
こちらブログを大変興味深く拝見してます。

天日塩を使ってみて、ちゃんとおしるしがきて、
満月の日に出産できました!

でも、産後に膣壁血腫という
拳大の大きな血豆のようなものができたということで、
来週、全身麻酔して切開して取り出す手術をすることに
なってしまいました(T-T)

怖いし痛いし貧血気味で、なんでこんなことにと思って、
とても不安です。
何か気を強く持てるアドバイスを頂けたらと思い、
コメントさせてもらいました。
記事と関係なく申し訳ないですが、
よろしくお願いします。

投稿: なつ | 2012年12月 1日 (土) 16時46分

なつさん、出産おめでとうございます!heart04happy01heart04good

「おしるし」がきたということは、健全な妊婦生活を送っていたわけです。

が、
膣壁血腫!
出産時に膣の壁が延びきってしまい、血管が破裂しただけのことです。
放置しておけば治ります。

痛みはあるの?
拳ほどの大きさってのも、本当か?
その医者、表現がオーバーになっていない?

通常の物よりも大きかったので、全身麻酔で手術するのでしょう。
別に危険な手術ではないです。
通常は局所麻酔でやるものなので、全身麻酔というのはそれが大きいからということなんだろうけど、手術前にきちんと説明を受けた方がいいです。

絶対に旦那さんと一緒にです。

投稿: タマティー | 2012年12月 2日 (日) 07時11分

お返事ありがとうございました!!

タマティーさんに、お話を聞いてもらえて、
手術も危険でないと言ってもらえて、
ほっとしました。

痛みは寝てるときはないけど、座るとあります。
昨日、父と説明を聞きました。
血腫は、CTスキャンで調べて、10×5cm大だそうです。
貧血が結構すすんでるので、
万が一血圧が下がったとき、輸血するため、
全身麻酔にしておくそうです。

旦那は激務なのと、里帰り出産で遠方のため、
出産当日しか来ることはできませんでした。
両親も上の子の世話で手一杯で、
昨日はベッドで1人、色々考えて落ち込んでました。。

でも、タマティーさんにお返事頂けて嬉しいです!
赤ちゃんが健康に産まれてきてくれたのも、
救いだと思います!
明日の手術、前向きにいきたいと思います。
ありがとうございました(^-^)

投稿: なつ | 2012年12月 2日 (日) 13時21分

タマティさん、以前書き込みをしたKeriaです。もう初投稿からだいぶたってしまったのですが、あれからもタマティさんのブログを読みながら子育てがんばっています。

うちの子供はもうすぐ3歳ですが、それは好き嫌いはすごいほうです。
離乳食しっぱいしたのでは、と自分も反省してしまいます。

また果物は好きですが、基本は炭水化物とお肉。叱られそうですね。。。。。。。
お魚は白身は好みますが、固いお肉も、エビもなにも基本口にはしません。


お野菜はお味噌汁にいれますが、これも大きいと絶対にべーって出します。
エキスがはいっているから心配しないでいいと言う人もいますが、汁だけではやはり不安ですよね。


言葉は2カ国語なのでどちらかというと遅いです。日本語で話しかけても英語で答えてきます。でも理解力はどちらも問題ないと言われているのでついつい日頃まわりと比べてしまいますが、ゆっくりの成長でいいとの書き込みを読んでちょっと安心もしています。


タマティさんがいってくれるから間違いないなと。

2人目の出産がもうすぐなんです。これもまたタマティさんのバックナンバーを読み直し勉強してやってきました。ローズヒップも飲んでます。
飲み続けていると不思議と食の好みやら、加減に変化がある気がします。


安産祈っていてくださいね。怖いけど。。。。。あの痛み。。。。。。。
なんとかなりますね。
これからもよろしくおねがいします。

投稿: Keria | 2012年12月 4日 (火) 20時33分

Keria さん、安産祈ってますよ!happy01

ウォーキングとスクワットをせっせとやって、最後に神頼みをしていれば安産ですよ。
食事は果物や野菜を多めにし、額漬けや納豆などの発酵食品、出来ることなら万田酵素を飲むといいです。

今は気温が下がっているので、とにかく体が暖かくなる格好をし、陣痛が来たらカイロでお腹や腰を暖めておけば、子宮の動きもよくなることでしょう。

好き嫌いが多い子供は、恐らく妊娠中に栄養不足だったんだと思いますよ。
果物や野菜の量を多く取っていれば、好き嫌いはしなくなるもんなんですよ。
特に野菜はナマではそんなに多く食べれないので、やはり鍋物にして大量に取るということをやるようにした方がいいです。

投稿: タマティー | 2012年12月 5日 (水) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/47999765

この記事へのトラックバック一覧です: エビ好きの子供と魚好きの子供:

« 作家と食事 | トップページ | 作家の評価は早い段階で決まる »