« カップラーメンで不妊症 | トップページ | 鬱病三昧 »

石焼イモでウンコドッサリ

●冬だからこそ石焼イモ

 人間には或る季節になると無性に欲しくなる食べ物がある。それがお菓子でなければ、大概、本当に体が必要だからこそ欲しがっているのである。冬の場合、なんと言っても「石焼イモ」である。冬になるとなぜだか石焼イモを欲しがるのだ。

 これにはちゃんとした理由がある。

 サツマイモは「陽性」の食べ物である。サツマイモを食べれば体を温かくしてくれるのだ。石焼イモはサツマイモを蒸かした状態にするので、「極陽性」の食べ物になってしまうのである。だから石焼イモを食べれば体が温かくなるし、冬に最適の食べ物として君臨し続けているのである。

 更に石焼イモは澱粉が糖分と化すために、内臓にとって非常に消化吸収し易い状態になるのだ。お米のように澱粉を一旦消化し、その後に糖分を消化していたら、膵臓がギブアップしてしまうのは当然のことなのである。

 しかもサツマイモは食物繊維が大量に含まれているので、これを食べれば小腸や大腸を掃除してくれて、大量のウンコを排出させるのである。便秘に悩む女性が石焼イモを食べたがるのは、便秘を解消させてくれるからなのである。

 石焼イモを夏に食うのはおかしい。夏の暑さのために体温が上がっているからだ。石焼イモは冬だからこそ美味しいのである。冬の寒さのために体温が下がっているので、それで石焼イモを食べると美味しいと感じてしまうのである。

●1本丸ごと食う

 石焼イモを食べる際には食べ方というものがある。

 それは1本丸ごと食べるということだ。サツマイモはそれ自体が完全栄養食品なのであって、どんなに大きなサツマイモを食べた所で太るということはない。食べ物で太るのは栄養バランスが崩れているために、消化吸収そして燃焼が巧くいかないからなのである。

 大体、お店で石焼イモを分割して売っていないものだ。必ず丸ごとである。分割にすること自体難しいし、1本をそのまま売った方がお店の人にとっても楽なのである。別に食いきれない量ではないのだ。実際に石焼イモを食べ始めれば止まらないことであろう。

 女性たちの中には「こんなに食べられない~!」とか言ってくる者がいるものだが、そういうことを言っているからこそ太るのである。完全栄養食品である以上、丸ごと食ってしまった方が健康にいいのである。

 石焼イモを一本丸ごと食ってしまえば、当然に夕食時には食欲が湧かなくなる。それでいいのである。事実上の「石焼イモ夕食」になるのである。石焼イモが主食であって、後はオカズを少し食えばいいのである。

 人間は普段穀物を主食にしているので、どうしても内臓が疲労してしまうものなのである。だからたまには穀物を食べないようにすべきなのである。こうなると断食になってしまうのだが、断食をせずとも石焼イモ夕食とかにすれば穀物を食わなくてもお腹が空かない状態になるのだ。

●翌朝、ウンコがドッサリ

 石焼イモを1本丸ごと食えばどうなるかといえば、翌朝、ウンコがドッサリと出るのである。大量の食物繊維が小腸と大腸を掃除してくれるので、ウンコが大量に出まくることになるのだ。食ってみれば解ることだが、普段のウンコの量よりも圧倒的に多いのである。

 だから便秘で苦しんでいる女性は石焼イモを食うべきであり、出来ることなら大きな物を食った方がいいのだ。そして便通がスムーズになるまで食い続けた方がいいのだ。排便は習慣の要素が強いために、排便を習慣化させないと、また便秘になってしまうのである。

 便秘でない人でも、加齢によってウンコの量が減少したり、排便が困難になったりするものだ。これは内臓の機能が衰えているからこそなるのであって、定期的に石焼イモを食って内臓の機能を回復させておいた方がいいのだ。

 冬になると石焼イモを欲しくなるのは、冬の寒さのために内臓が冷えてしまい、そのためにウンコが出にくくなるからなのである。だから冬にこそ石焼イモを食う。そうすることで内臓を温め、排便をきちんと行なえるようにするのである。

 女性の場合、冬の寒さによってウンコが出ない、出にくくなるというのは、確実に肥満を引き起こすのである。要は出ないウンコの分だけ太っているということなのである。だからこそ石焼イモで溜まったウンコを出してしまえば、体重だって軽くなるのである。

●石焼イモをお店で買う理由

 石焼イモは自宅で作るのは難しい。サツマイモをゆっくりと加熱し、飴状になるまで温め続けなければならないのだ。現代のように様々な仕事がある生活では、自宅で手間隙かけて作るより、お店で買った方が安上がりなのである。

 石焼イモは流しの車の業者から買うと値段が異様に高くなる。経済的なことを考えれば店舗のあるお店で買うべきであろう。しかも最近は石焼イモを作る機械が普及しているので、値段は100円から200円程度という廉価なのだ。

 石焼イモを買う際、そのサツマイモが大きいか小さいかを気にしてしまうものだが、女性ならそんなに大きな物は食べられないものだ。だから小さい物でも別に構わないのである。もっと欲しいのなら、2本買えばいいだけのことなのである。

 石焼イモが良く売れるお店は繁盛するものだ。石焼イモを好むお客というのは、健康的なお客が多いということだから、商品が確実に売れていくのである。ジャンクフードばかり売れるようなお店は一見繁盛しているかのように見えるけど長続きしないものなのである。

 家族で買い物に行ったら、子供たちにオヤツとして石焼イモを食わしておけばいいのだ。体が小さいゆえに分割して食べることになるのだが、そうやって健康的なオヤツに接していれば、好き嫌いの激しい子にはならないものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« カップラーメンで不妊症 | トップページ | 鬱病三昧 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん お早うございます。初めてコメントしますmikeといいます。私は結婚して5年目で不妊に悩んでいて病院にも2年ほど通っていました。(現在は休んでいます)
体の冷えが悪いと自分なりに気づいて冷えとり健康法や湯たんぽなど取り入れてきました。が、全然妊娠しなくて病院からは体外に進んだ方がいいと言われ、旦那には体外に進むなら病院をやめたらと言われ、妊娠できない私はすごく疲れた毎日を送っていました。
その時にこちらのブログを拝見して毎日毎日読みあさり、実行できることはやってみようと思い、人参リンゴジュースと味噌汁、玄米、卵酢、水分過剰・食事過剰をやめるなどできることから取り組んでいます。(始めて2ヶ月目です)
まだ結果は出てませんが、以前は疲労がすごく休日は寝てばかりいたのですが、毎日元気に過ごせるようになりました。
(父親の家系がみんな透析をしており疲れやすいのは腎臓が弱く遺伝的なものだと思っていました)
これもタマティーさんのブログのおかげです。ありがとうございます。
これからもブログたのしみにしていますね。長文失礼しました。

投稿: mike | 2013年1月22日 (火) 10時51分

タマティさまこんばんわ(´`)
焼きいもに思わず反応してしまいました。

今日たまたま子どもたちが食べたがり、新聞紙とアルミで巻いてオーブントースターに入れておきました。石焼きではありませんが、蜜みたいにトロトロになって家族で争奪戦。
しばらく毎日のおやつになりそうです(^^)


最近 4歳3歳1歳娘たちを途中入園させてパートに出てみましたが、毎週ノロだのロタだの咳だの熱だので働いて収入増加どころか出費がかさみました。トホホ(;´д`)

結局わたしのお給料なんて、夫にしっかり仕事に集中してもらえば余裕でそれ以上になるくらい微々たる額なわけで主婦に戻ることにしました。

わたしは主婦を極めて家事育児家計管理に勤しんで夫の心身を休めさせる家にします。今年の抱負。
いつもくだらないコメントばかりですみません。

投稿: あじゃ | 2013年2月 5日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/48843437

この記事へのトラックバック一覧です: 石焼イモでウンコドッサリ:

» 蒲原屋のご用命はサイトをご覧頂くか、お電話にてお問合せください。 [独自の乾物 雑穀なら蒲原屋にお任せ!]
静岡市清水区の蒲原屋では、大規模小売店舗では買えない食品 乾物 雑穀 調味料など、珍しい商品を取り揃えております。 [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 10時01分

« カップラーメンで不妊症 | トップページ | 鬱病三昧 »