« どうして美人なのに恋愛経験がないのか? | トップページ | 白紙の落書き »

夏を乗り切る「ごちゃ混ぜソーメン」

●食欲が低下する夏

 夏というものは暑いものである。だから体から汗が噴き出るのである。このため夏では「夏痩せ」という現象が起こって来る。体から不要な水分が排出されたので、それで体が引き締まって来るのだ。夏は水分過剰を解消する絶好の機会なのである。

 しかし現代ではそれができないでいる。冷房が充実してしまったために、どこに行っても冷房がかかっているので、それで発汗することができず、夏痩せという現象が起こらなくなってしまうのである。それどころかこの冷房のために「食欲低下」がおこってしまうのである。

 「夏だから食欲が低下する」と思うのは間違いで、冷房があるからこそ食欲が低下するのである。冷房によって自律神経が異常化してしまい、本来なら暑い夏を乗り切るためにしっかりと食べなければならないのに、食べられなくなってしまうのである。

 夏の間、食欲低下を放置しておくと、物凄く危険なことになる。

 まず食欲低下のために体力が低下してしまうので、それで熱中症に罹り易くなってしまうのだ。冷房のなかった時代には熱中症で倒れる人はいなかったのに、冷房が普及すると熱中症で倒れる人たちが続出するのは、冷房によって食欲低下が起こっているからなのである。熱中症は水を飲めば治るとかいうものではないのだ。

 食欲が低下すると免疫力が低下して伝染病に罹り易くなる。夏は体温が上昇しているのだから本来なら伝染病に罹らない季節なのである。それなのに冷房のために体温が下がっているので、それで伝染病に罹り易くなってしまうのである。

 極めつけは「精神病」であって、食欲低下のために充分な栄養を補給できず、そのために脳が異常化してしまい、それで精神病を発症してしまうようになるのだ。夏なのに憂鬱になってしまい、それで精神病院に行く人たちが大量にいるのである。

 夏は暑いのだから、冷房を止めて、とにかく汗を流すことだ。お勧めは午前中に散歩でもして、汗だくなってしまうことなのである。こうするとその後は涼しくなってしまうので、気温が高くても気持ちいい状態でいられるのである。そして夏だからこそ食べ物をしっかりと食うべきなのである。

●ごちゃ混ぜソーメンの作り方

 今回、紹介する料理は「ごちゃ混ぜソーメン」である。

 ソーメンは麺類の中でも非常に食い易く消化吸収が早く行くのだ。だから夏に食うのは持って来いの食べ物なのである。しかし単体で食うと栄養バランスが悪いので、オカズを作らなければならない。これが面倒なのである。だったらオカズとソーメンをごっちゃにして混ぜてしまえばいいのである。

 ごちゃ混ぜソーメンは、まず、野菜を細かく切る。キュウリやナスやトマトやタマネギ、それにシソやミョウガやショウガやニンニクなどの野菜を細かく切る。歯応えが欲しいのなら、キュウリやトマトを少し大きめに切っておく。しかしナスやタマネギは細かく切らないと食べにくいので要注意。

 次に麺を茹でる。ごちゃ混ぜソーメンの場合、ソーメンは高い物を使わない、「揖保の糸」はソーメンを単体で食べるなら絶品であるが、ごちゃ混ぜソーメンのような場合は野菜と混ぜてしまうので、ソーメンに品質の高さを要求する必要性がないのだ。

 麺の量は「男性なら200グラム」「女性なら100グラム」でいい。家族で食う場合、少し多目に茹でておいて、「替え玉」として残しておくことも必要である。とくに育ち盛りの子供たちがいると、必ずお代わりをする奴が出て来るからだ。お代わりを出さないと、その後、お菓子を食い出すので、余計な出費が出てしまうことになるのだ。

 タレは「醤油」「酢」「ゴマ油」「塩」「コショウ」などで作る。このタレは自分の好みで作ればいいので、量とかは自分で調整すればいいし、他に何かを入れてもいい。「豆板醤」を入れると食欲が刺激されるし、「ケチャップ」を使うと甘味が出て来る。

 そして最後に、ソーメンをお皿に盛り、そこに細かく切った野菜をかけ、そこにタレをかければ完成である。

●「早い」「旨い」「後片付けが簡単」

①早い

 このごちゃ混ぜソーメンの一体何が凄いのかというと、とにかく早いのである。巧く調理すれば「10分程度」で出来るのである。10分である。どう考えても早く作れる料理なのだ。冷房のために食欲低下が起こった場合、調理する人自身が料理を作る意欲がなくなってしまうから、この早さは衝撃的なのである。

②旨い

 ごちゃ混ぜソーメンはとにかく旨い! なぜ旨いのかというと、栄養バランスがしっかりと取れているからのである。そこに酢が入り込むので、酢によって胃腸が刺激され、食欲を回復させてくれるのである。しかもグルテンを大量に摂取しているので、脳の疲労も吹き飛んでしまうのである。

③後片付けが簡単

 ごちゃ混ぜソーメンは後片付けが超簡単ということもで有難いのだ。洗う物はお皿とお箸とお鍋だけである。猛暑だと皿洗いをする気力すらなくなってしまうものだが、これだけ洗う物が少なければ食後にささっと皿洗いをしてしまうことができるのである。

 夏のような暑い季節に、しかも昼時に長い時間をかけて料理を作る必要性はないのである。本格的な料理は夕食に回すべきなのであって、昼食は簡単に作れるものにすべきなのである。しかも出来ることなら美味しい料理の方がいいし、後片付けも簡単な方がいいのだ。

 ごちゃ混ぜソーメンはこれを作っている側に勢いが出て来るので、その勢いと共にこの料理を食卓に出すと、美味しさが倍増するのである。食べ始めれば「旨い」「旨い」と連発してくるので、アッと言う間に完食してしまうことになるのだ。

●夏だからこそ良く働くべし

 夏の暑さに負けて避暑地に行くとかいうことはやるべきではないのだ。気温が高くなっている夏ほど働き易い時期はないのである。寧ろ長期休暇を取るのは気温が下がる冬の方であるのだ。春夏秋は働き、冬は休むというのが、人間の自然のリズムに合った生き方なのである。

 夏は暑いといっても、朝の内は涼しいものなのである。だから早起きして朝早くから働くようにするべきなのである。午前中の間に一生懸命働いてしまえば、もうその日の分の仕事は全部成し遂げることができてしまうものだ。そして午後はゆっくりとしていればいいのである。

 食欲低下になると、この当たり前のことができなくなる。心身に充分なエネルギーが行っていないために、心身が正常に機能してくれないのだ。だから朝寝坊してしまうし、午後という気温が高くなりすぎている時に、冷房をガンガンにつけて無理をして働くことをしてしまうのである。

 夏だからこそ汗だくになりながら労働をする。そういうことをやっているからこそ自律神経は正常になり、夏の猛暑であっても働き続けることができるのである。もしも職場で冷房がかかっているのなら、厚着をして働き、帰宅してからはお風呂に入って体を温めておくことだ。

 夏の間、冷房をつけず、昼間にごちゃ混ぜソーメンを食べていれば、夏バテ知らすになるものなのである。他の人たちが夏バテで生産性をl急激に落としているのに、自分だけが夏バテをせずに働いていれば、競争相手は全くいなくなるものなのである。競争相手がいないのだから、自分だけが圧勝してしまうのは当たり前のことなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« どうして美人なのに恋愛経験がないのか? | トップページ | 白紙の落書き »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/52271241

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を乗り切る「ごちゃ混ぜソーメン」:

» うつ病 症状・チェック [うつ病治療法]
うつ病は、心が風邪を引いた状態です。 決して特別ではなく、心が弱ったときは誰でもかかる可能性があります。 うつ病は治療を受ければ治る病気なので、正しい知識をもつことが大切になります。 [続きを読む]

受信: 2013年7月 8日 (月) 22時47分

« どうして美人なのに恋愛経験がないのか? | トップページ | 白紙の落書き »