« 家入レオの歌に痺れました | トップページ | 大事な大事なアソコの諺 »

投票は強制されてはならない

●選挙権には棄権する権利もある

 選挙では毎回投票率の低さに悩まされるものだ。選挙で国民の意思を問うているのに、投票率が50%を下回れば誰だっていい気分にはならないものだ。だから政府は国民の投票率を上げるようなことを画策するのだが、しかしそれは国民の自由な選挙を破壊する行為なのである。

 選挙では選挙権者に「賛成票を投じる権利」と「反対票を投じる権利」が保障されている。選挙なのに賛成票を投じることが強制されたり、反対票を投じて処罰されるようなら選挙をやる意味がないのだ。そういう選挙は誰がどうやっても不正な選挙になってしまうものなのである。

 選挙でもう1つ必要なのは「棄権する権利」を確保することなのである。選挙権者が選挙で賛成票も反対票も投じたくないというのなら、その選挙では棄権するべきなのである。それなのに選挙を棄権したことで処罰されたり、非難されるようでは、まともな選挙にはならないのだ。

 「国民主権」だとか、「民主主義」とかに囚われてしまうと、「選挙には棄権も必要なのだ」ということが全く解らなくなってしまうのである。国民主権や民主主義を実現させるためには、それこそ投票率を100%にしなければならないという妄想に取りつかれてしまうのである。だがそんな選挙はただ単に選挙を強制しただけのことであって、絶対に正しい選挙の形ではないのだ。

 だから如何なることがあっても国民主権や民主主義を認めてはならないのである。国民主権も民主主義も「法の支配」を覆す常習犯であり、国民を煽りながら政府を転覆させてしまうものなのである。近代国家は国民国家だから国民に選挙権を与えていかなければならない。だからこそ国民は国民主権や民主主義に警戒し、法の支配が覆されないように用心し続けなければならないのだ。

●投票を強制するのは選挙の公正さを破壊する

 選挙管理委員会が投票を呼び掛けるキャンペーンを行うのは、選挙管理員会の業務を既に超えており、憲法違反なのである。選挙管理委員会は公正な選挙を行うのが仕事であって、選挙管理委員会が選挙を強制してくるのなら、その選挙はどうやっても公正な選挙にならないからだ。

 選挙管理委員会が投票を呼び掛けるキャンペーンを行ったのなら、その委員長と委員たち全員を逮捕し、処罰されなければならないのである。選挙管理委員会が不正なことをやっていては、選挙権者たちは安心して選挙を行うことができないからだ。

 また選挙権者たちが徒党を組んで「選挙に行こう勢」のような集団を作り、国民に投票を強いることは明確な憲法違反である。選挙権者が他の選挙権者に選挙を強いるのは、選挙権者の自由な選挙を破壊しているからなのである。「選挙に行こう勢」に関わった人たちは全員逮捕され、選挙権を没収されるべきなのである。

 選挙権者たちが選挙に来ないのは、その選挙に価値がないと思っているからなのであって、だったら選挙を価値のある選挙にする努力をすべきなのである。衆議院議員選挙の投票率が高くても、参議院議員選挙の投票率は低くなる。これは参議院がそもそも不要な議院なのであって、だったら参議院を廃止すればいいのである。戦前のように貴族院を復活すればいいだけのことなのである。

 選挙の際には報道機関に対して様々な足枷をしなければならない。報道機関が政治に対してネガティブ報道を繰り返してしまえば、投票率が低迷していくのは当たり前のことなのである。報道機関は報道に徹するべきであって、国民を扇動するようなことがあってはならないのだ。もしも国民を扇動する報道機関があるなら、直ちにその報道機関を潰すべきなのである。

●選挙に関して「80対20の法則」を使えば

 選挙に関して「80対20の法則」を使うと、投票率が50%から20%になると国民の意思は正しく国政に反映されることになるのだ。意外と低いように思えるかもしれないが、これが法則のなせる技であるのだ。投票率は50%を下回った方が良いのである。

 投票率が50%を超える選挙は、逆に選挙権者たちの意見が正しく採用されない選挙になり、国民の意思は国政に反映されなくなる。社会主義国では選挙が強制されているので投票率が99%に達するが、かといって国民の意思は何も反映されず、共産党の意思だけが国政に反映されてしまうのである。

 投票率が20%を下回る選挙は、これはこれで選挙権者たちの意見が正しく採用されない選挙になり、国民の意思は国政に反映されなくなる。投票率が20%を下回ったのなら、投票率を上げる努力をするのではなく、その選挙の存在自体を議論すべきなのである。

 公正な選挙を確保していくためには、現在のように自動的に「選挙所入場整理券」が配布されるようなシステムは拙いものなのである。選挙権者が何かしら政府に対して貢献しているからこそ、その代償として選挙権が与えられるようにしなければならないのだ。

 そういった意味では普通選挙というのは選挙自体を破壊しかねないのである。選挙はやはり「制限選挙」が良いのであって、国民全員に選挙権を与えてしまうのではなく、国民の内、兵役や納税をしている者たちにだけ選挙権を与えた方がいいのだ。

●投票率が下がれば少数意見が多数意見を圧倒してしまう危険性が出て来る

 選挙結果の動向というのは、大方、世論が決定することになる。だから国民の間で「法の下の言論の自由」というものが絶対に必要になってくるのだ。法の下の言論の自由のない所で、幾ら選挙をやっても無意味なのである。法の下の言論の自由があればこそ世論は変動して行き、その変動が選挙結果の変化として現れるからだ。

 言論の自由は国民全員が勝手な意見を言うことが言論の自由なのではない。言論を戦わせていけば必ず多数意見が出て来るのであって、その多数意見が常に主導権を持たねばならないのである。そうしなければ議論をし合った意味がなくなってしまうからだ。

 少数意見を主張することは認められるが、それは飽くまでも法の支配の範囲内なのである。戦前でも社会主義革命を目指す社会主義者たちは少数意見として出発してきたが、国民はこの意見を放置してしまったために日本の世論は社会主義一辺倒に走り、それがために無謀な戦争を引き起こしてしまったのである。

 言論の自由は飽くまでも法の支配の下で保障されるのであって、法の支配を認めない人たちには絶対に与えてはならないのだ。日本は法の支配を覆す危険な言論の自由を認めないということせず、無制限に言論の自由を認めているために、政治の安定を図ることができないのだ。

 忘れてならないのは危険な少数意見を持つ者たちは選挙に関して非常に熱心であるということなのである。例えば共産党では党員もその支持者たちも投票率が90%を超えて来るのである。だから少数意見なのに、選挙権者たち全員の投票率が下がってしまうと、共産党の政治家たちが続々と当選してしまうのである。

 自由を守るためには戦う意思を持つべきなのである。いざという時に武器を持とうとしない者は自由を語る資格などないのだ。選挙を行うなら、絶対に法の支配の下で行う。言論の自由を享受したいのなら、絶対に法の支配を受け入れる。もしも自由を悪用して法の支配を覆そうとするなら、如何なる理由があってもその者から自由を没収し、即時殲滅を行わなければならないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 家入レオの歌に痺れました | トップページ | 大事な大事なアソコの諺 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ブログは毎日拝見させていただいておりました。
娘の火傷から早3ヶ月が経ちました。
お医者様には皮膚が伸びて来なければ皮膚移植と言われていましたが、この状態であれば皮膚移植はしなくても大丈夫だろうと言われています。
成長の過程で引きつれが起こる可能性もあるらしく、今はそのほうが心配です。
痕の方は成長にしたがって小さくなるんですね。
3センチ×4.5センチくらいの大きさで、成長にしたがって皮膚も伸びて痕も大きくなるのかと思って心配していました。
手の拳と指の付け根が引きつれが起こる可能性があるらしく、これから引きつれが出ないように皮膚を伸びやすく?する為の指の曲げ伸ばしを毎日しています。
これ以外に何かした方が良さそうな事をご存じないでしょうか?遅くなりましたが、毎日猛暑が続き大変な暑さですね、お体に気をつけて下さい。

投稿: ひろこ | 2013年7月22日 (月) 09時58分

ひろこさん、良かったですね~。happy01
まあ、ヤケドの傷なんてそんなもんですよ。
意外と早く治るものです。

今じゃないけど、温泉に行くと傷の治りは早いです。
特に泥湯がいいみたいです。
確か大分県にあったと思うで、自分で探してみて下さい。
但し、オムツの取れていない子供を温泉に入れると、湯船の中でウンチをしてしまう危険性があるので、飽くまでも排便がきちんとできるようになってから行くようにして下さい。

投稿: タマティー | 2013年7月22日 (月) 17時00分

温泉が良いんですね。泥湯温泉早速探してみました。大分は凄く遠いですが、娘の火傷が少しでも治るなら行きたい気持ちですが。。。夫には私が凄く悩み落ち込んでいたので、娘の火傷をもう気にするなと言われているので、そこまでしなくても良いと止められそうです。泥湯温泉と同じくらいの効果があるものは無いでしょうか?天然温泉であれば近くの温泉でも効果はありますか?毎日入った方が効果はありますか?沢山質問ばかりですみません><

投稿: ひろこ | 2013年7月23日 (火) 09時39分

タマティーさま

ご無沙汰しております。
暑い中、そして新盆で忙しい中の更新ありがとうございます。


以前、相談にのってもらった海外旅行からは無事帰ってきました。

肝心のお守りを持っていくのを忘れるというポカをやらかしましたが(笑)


今回の選挙恥ずかしながら棄権しました。
なんだか気分がのらなくて。
それから義母が某党に投票しろと毎回しつこいんです。テレビで見ましたが、票を集めると功徳になるそうですね…

投稿: 明子 | 2013年7月24日 (水) 00時55分

ひろこさん、こういう場合、泥湯温泉に行こうよ。happy01

別に「今すぐ行け!」と言ってわけじゃないんだし。

普通の天然温泉でも効果はあるけど、ヤケドの跡を治したいのなら、泥湯温泉が一番効果的ですよ。
1週間くらい逗留していれば、普通の肌と変わらなくなるんじゃないかな?

投稿: タマティー | 2013年7月24日 (水) 07時51分

ありがとうございます。
火傷痕を出来る限り目立たなくしてあげたいので、連れて行きたいです。
でも、調べてみると乳幼児や小学生の入浴は禁止と書かれていました。
受傷後、年月が経ちすぎると効果はどうなのかなぁ・・・と思いました。
入れるのなら連れて行きたい気持ちも強くあるのですが。
あと、三度というやけどの部類では酷い火傷を負ってしまったので、皮膚全焼で神経も死んでしまっていて・・・そこの部分だけ何も感じないそうです・・・。
死んでしまった神経は回復しないという事は分かっているのですが、何もしてやれる事は無いのかと思うと娘に申し訳無く辛いです。
手は今のところ支障もなく普通に動いている様に思うのですが、神経が死んでいると言うことはこれから何か支障が出そうなのも心配です。
何をしても神経は回復する事って無いのでしょうか?

投稿: ひろこ | 2013年7月24日 (水) 08時58分

タマティさま
ひろこさん


横からスミマセン。
お嬢様の火傷、辛苦をお察しします。
私の母が火傷(たぶん軽度だったはず)を負った際、馬油を塗ったら1カ月経たない間に治ったそうです。程度にもよりますが、力になりたくて。

母が大ファンになってしまい、小さい頃からなにかあったら馬油!でした。。
そんな影響もあり、出産育児で天然のものを使いたくて赤ちゃんのおむつかぶれに始まり自身の妊娠線、とびひ、火傷、切り傷擦り傷、発しん、あらゆるものが治りました。別に馬油のまわしものではありませんが、ここまで効くとはびっくりして、、薬師堂という会社の馬油です。

馬油をつかいつづけていますが、本当に良いものなのでしょうか?肌から吸収されるものなので、赤ちゃんには大丈夫か心配になりました。。

投稿: ヤマヨ | 2013年7月24日 (水) 17時52分

ひろこさん、「馬油」ってのが有りました!happy01
これを塗ると治りますよ。

今回のヤケドの事故は通常では起こり得ない事故だし、そのヤケドも結構深刻な事態みたいなので、どうも想像がなかなかつかなかったんです。
ヤケドといえばアロエで充分なので。
ヤマヨさんが巧い具合で教えてくれました。
感謝感謝です。

因みに副作用はないです。

投稿: タマティー | 2013年7月25日 (木) 06時11分

タマティーさん ヤマヨさん
馬油の効果って色々なものに効いて、凄いですね。
私も過去に軽度の火傷しか経験した事が無く、現在手探りで情報を探している所なので、貴重な情報を教えていただいて、とても有難く感謝の気持ちです。早速使ってみたいと思います。
ありがとうございます。

投稿: ひろこ | 2013年7月26日 (金) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/52442776

この記事へのトラックバック一覧です: 投票は強制されてはならない:

« 家入レオの歌に痺れました | トップページ | 大事な大事なアソコの諺 »