« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

育児のミステリー

●冷静に考えると恐怖な出来事

 今年の夏は暑かった~。猛暑のために汗が出まくりで、このために麦茶はフル稼働したといっていい。朝の段階で麦茶を作り、温かい麦茶を500ml以上飲んでおくと、日中にどんなに汗をかいてもバテることがなかった。夏になんといっても麦茶なんだね。

 今年の夏で悲しかったことは、スーパーで麦茶をそのまま売っている物がなくなってしまい、全部パック詰めになった物しか売られなくなってしまったことだ。麦茶を鍋で作るからこそ美味しいのに、パック詰めを使っても麦茶は美味しくないんだってば!

 麦茶のパック詰めは便利ではあっても、そのまま使ってしまいと、パックに使われている漂白剤が溶け出してしまい、内臓を破壊してしまうのだ。夏に子供が嘔吐や下痢をしたり、夏風邪を頻繁にひいたのなら、パックに使われている漂白剤を原因だと思った方が良い。

 育児をしている場合、母親がきちんと注意していないと、冷や冷やの事態が起こってしまうものなのである。「ハインリッヒの法則」からいうと、子供が重大な事故を起こした場合、その背後には29もの軽微な事故があり、更には事前に300もの異常な出来事があったということになる。

 子供を事故死させてしまった母親というのは言わばジョーカーを引いてしまったのである。他の母親たちは軽微な事故や多少の異常で済んでいたものが、注意不足で重大な事故を引き起こしてしまい、それで子供が亡くなってしまったのである。

 そこで今回は「育児のミステリー」と題して、冷静に考えると恐怖な出来事を紹介する。

●育児のミステリー10連発

①夕暮れの公園に子供用の靴が1つ

 怖いですね~。その子供はどうやって帰宅したのか問い質したくなる。それに母親は子供の靴が片方なくなったことに気付かなかったのか? 公園はいつも行くのだろうから、翌日にでもいいから少し探して、それを回収すべきなのである。

②宥めているのに泣く

 これも怖いですね~。母親が子供を宥めているというのに、子供は烈火の如く泣き続けるのだ。というか母親が宥めれば宥めるほど泣きがエスカレートしていくのだ。かといって、母親が「もう知らない!」といって拒否してしまうと、余計に泣きまくるのである。

③湯船にウンチ

 育児をしなければ、絶対に体験することのできないお風呂である。湯船にウンチが浮かぶと、見たことがない物ゆえ、最初、なんだと思ってしまうのだが、これがウンチだと気付くと大騒動に発展するのである。赤ちゃんはお風呂が温かいものだから肛門が緩み、それでウンチをしてしまうのである。

④雨なのに傘を忘れる

 雨が降れば傘を差す。雨が降ったのに傘を取り上げようものなら大問題になってしまう。ところが子供は自ら傘を忘れるのである。子供の方としては母親と一緒に歩く方を優先してしまうので、優先度の低いを傘を忘れてしまうのである。こういう場合、子供の傘がなくなっていることに気付かなかった母親の方が悪いのであろう。

⑤便所でウンチをせず歌を歌う

 トイレトレーニングをする頃には歌も歌えるようになっているのだが、なぜだか便所でウンチをする時に歌を歌うのだ。便所の中から歌声が聞こえて来るのであって、冷静に考えると最も恐ろしい。通常では絶対に有り得ないからだ。

⑥母親の子守唄で目が覚める

 母親が音痴だと自分が子守唄を歌っているのに子供は目が覚めてしまう。子守唄は結構キーが低い。子供は低音を断続的に聞かされると、眠たくなるという性向があるのだ。それなのに高音で歌うバカな母親が時たまいるので、そうなると子供の脳は覚醒してしまい、目がパッチリとなるのだ。

⑦高級ホテルで寝小便

 家族旅行をしようとし、旅先で高級ホテルに泊まると、子供はなぜだか寝小便をしてしまう。寝小便は普段からしているのだが、そのことを綺麗さっぱりに忘れた両親の方が圧倒的に悪い。子供を連れて高級ホテルに行こうとすることがそもそも間違っているのだ。

⑧オムツの交換時に小便

 赤ちゃんがお漏らしをしたからといって、母親がオムツを交換すると、なぜだかその交換時に小便をするのである。しかも母親の顔にひっかかるように小便をするのだから確信犯的な犯行である。赤ちゃんとしてはオムツを取って貰ったことで快感を感じているので、それで小便をしたにすぎないのだが、恐怖といえば恐怖である。

⑨入浴後に全裸で逃走

 乳幼児は入浴後に全裸で逃走する可能性が非常に高い。お風呂で体が熱くなってしまったので、走ることで体を冷やそうとするのだ。しかし体はビショビショなので、全裸で走り回られたら、掃除するのが面倒なものなのである。子供が入浴後に体を拭くことを覚えてくれるまで、母親は安心して入浴することはできないものなのである。

⑩全裸になったリカちゃん人形

 子供にオモチャとしてリカちゃん人形を買い与えると、リカちゃんは服を脱がされ、全裸にされる可能性が非常に高い。子供は脳の関係上、リカちゃん人形の服を脱がせるのは出来ても、服を着させることができない。生身の女性なら全裸になればセクシーなものだが、リカちゃんは全然セクシーではないのだ。これが人間と人形の違いなのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (10) | トラックバック (1)

結婚の経済学

●結婚は富を生み出す

 「結婚と独身はどちらが得か?」という議論があるものだが、結論から言ってしまうと、「結婚の方が断然に得である」。独身で居続ける損をしてしまう。結婚は富を生み出すものなのであって、だからこそ文明誕生の時から人類は延々と結婚を遣り続けて来たのである。

 経済というものは協業と分業を行うからこそ発展していくものなのである。自分で何もかもやっていては協業と分業が行えなくなるので、それで生産性が向上して来ないのである。人間が1日に出来る仕事量は限られているものなのである。他人の力を使って生産性が高くなるなら、他人に任せて、他人の力を使うべきなのである。

 結婚は男女が結婚し二人で生活することにより、生産性が劇的に向上するものなのである。夫は仕事に全力を投入できるようになり、妻は家事や育児に全力を投入できるようになる。独身であるなら仕事に全力を投入できないから、どうしても仕事の生産性が上がって行かないのである。

 社会主義もフェミニズムも結婚制度を否定することでは同じイデオロギーである。このイデオロギーに洗脳されてしまうと、結婚を否定し、独身を貫こうとしてしまうものだが、そんなことをやっていては永遠に貧乏に固定されてしまうようになるのだ。

 結婚はいつでもできるものではないのだ。女性なら結婚適齢期までに結婚しておかないと、子供を産むことができなくなってしまうのだ。男性は女性のように結婚を急ぐ必要性はないが、そうはいっても自分が働ける内に子育てを終えるとなると、40代までには結婚しておかないと、経済的に苦しくなってしまうのだ。

●消費が所得を作る

 多くの人たちが勘違いしているのは、「所得が消費を作る」ということだ。だからいつまで経っても貧乏なままなのである。経済の実相は「消費が所得を作る」のであって、消費の大きな人ほど所得も大きくなっていくのだ。「そんなバカな!」と思っても、経済はそのようにできているのだ。

 独身では1年も経てば買うべき物は全て買い揃えてしまい、もうそれ以上買わなくなってしまうのだ。これに対して結婚していれば、夫婦に必要な物を買う必要性が出て来るし、子供たちが生まれてくれば子供用品を買い続けなければならないのだ。

 しかも子供たちには教育費を必要になるので、それで所得が跳ね上がって行くことになるのだ。もしも収入が足りないのなら、夫婦は共働きしてまで学費を調達してくるものなのである。教育費の高さは高所得と正比例しているので、教育熱心な人たちほど所得が高くなってしまうのである。

 既婚者たちがせっせと所得を増やしている間、独身者たちは何をやっているのかといえば時間を無駄にしているだけなのだ。消費が増えて来ないものだから、グルメをしたり、旅行をしたり、高級ブランド品を買って消費を増やしているだけなのである。独身生活ではお金を無駄遣いをしてしまうものなのである。

 独身では消費するのは1人しかいないが、結婚して子供が3人できれば、消費する人たちは夫婦と子供たち3人で合計5人もいるのだ。消費の金額が高くなるのはどうやったとしても既婚者の側なのであって、絶対に独身者の方ではないのだ。

●子供の数は何人が最適?

 子供の数を増やせば当然に消費が増えるから、それに応じて所得が増えて行くことになる。かといって「貧乏の子沢山」という言葉があるように、子供の数が多くなり過ぎれば所得に対して消費が増えすぎてしまい、貧乏になってしまうのだ。一体何人子供を産めば最適になるのか?

 結論から言ってしまうと、「子供の数は3人以上10人以内が最適」なのである。子供が1人だと初めての育児なので必要以上にお金をかけてしまうのだ。子供2人では「死の結界」が張られるから豊かになることができない。どうしても子供は3人以上欲しいのだ。

 では上限がなぜ10人なのかというと、両親に子供が10人いれば、家族構成は12人になってしまうからだ。家族として統制を利かせるためにはこの数が限界であり、これを超えると家族は統制力を持つことができなくなっていくのだ。

 昔から子供は「子宝」と言われているものだが、赤ちゃんが1人生まれてくれば、どの家族だって豊かになっていくものなのである。そのことを理解していないと、生活が貧しいために堕胎してしまい、その後、水子の霊に祟られて、様々な不幸を発生させてしまうのである。

 現在のように少子化になってしまうと、子供の数が多い家族は圧倒的に有利である。なぜなら少子化社会では独身を貫いてしまったり、結婚しても子供を作らない人たちが出て来るので、自分たちだけが豊かになってしまい、時間が経過すればするほど、その差は広がって行くからだ。

●貯蓄スピードが断然に速い

 既婚者と独身者では貯蓄スピードがまるで違うのである。どの夫婦も結婚後、100万円の貯金額を目標にする傾向がある。このため速い段階で100万円の貯金を達成してしまうのだ。この100万円こそが夫婦にとって「種銭」となるのだ。

 通常、貯金が100万円あると、300万円まで貯金して行くことが可能になる。100万円あれば貯金額を300万円に増やすのは大して難しいことではないのだ。そして300万円あれば貯金額を500万円に増やして行くことができる。更には500万円あれば貯金額を1000万円に増やして行くことができ、遂に貯金額は1000万円の大台に乗ることになるのだ。

 これに対して独身者は貯金しているのかと思いきや、全然貯金していないのだ。それは貯金する必要性がないからだ。夫婦がなぜ貯金するのかといえば、それは非常時のためであったり、老後のためであったりする。必要性があるからこそ貯金しているのだ。だから必要性がなければ、収入の多寡に拘わらず、人間は貯金しないものなのである。

 貯金があれば資産運用が可能になるので、その資産運用益を消費に回さず、再投資していけば、資産は雪達磨式に膨れ上がって行くことになるのだ。こうなると時間が経てば経つほど資産は増えてしまい、自分たち夫婦が老後を迎える頃には充分な資産を持つことができるのである。

 仕事ばかりして、所得を増やすことに一生懸命になっている人は、この資産という物がまるで見えていないのだ。収入は「所得収入」と「資産収入」の2つがあるものなのであって、所得収入だけでは効果がゼロになってしまうものなのである。所得収入を全収入の20%、資産収入を全収入の80%にしてしまうと、仕事をするのも楽になるし、家計的にも物凄く楽になるのだ。

●結婚は絶対に維持すべき

 結婚がここまで富を生み出すというのなら、離婚は絶対に損である。離婚は富を生み出す結婚それ自体を破壊してしまうために、絶対に豊かになれなくなってしまうのだ。結婚は絶対に維持すべきであって、余程深刻な理由がない限り、離婚はすべきではないのだ。

 離婚は夫婦の財産を二分割して減少させてしまうだけでなく、その分割した財産を半減させてしまうという恐ろしいことを仕出かすのである。結婚が破綻した場合、なぜだか女性が慰謝料を請求して来るものだが、慰謝料を取ったとしても豊かになることはないのだ。

 離婚して豊かになっている人がいないのは、まさにこれが理由なのである。財産は分割してはならないのである。財産は一纏めにしてあるからこそ、パワーを発揮してくるのであって、財産を分割してしまえば、分割以前のようなエネルギーを発してこないのだ。

 離婚防止のためにはなんといっても子作りに励むことだ。女性は育児をしているのなら離婚しようと思わないから、子供を沢山作って離婚をできないようにさせるべきなのである。とはいっても育児を手伝わないと妻はストレスを溜め込むので、育児を手伝い、ストレスを軽減させる措置を取ることも必要なのである。

 もしも離婚するなら早目にすべきなのである。というのは結婚して時間が経っていないのなら、財産を大して形成していないので、やり直しが効くものなのである。財産を形成してから離婚してしまうと、離婚によって得た財産に拘ってしまい、財産を増やして行こうとしなくなってしまい、貧乏から脱出できなくなってしまうのだ。

●相続で結婚の成果が分かれる

 夫婦の結婚の成果は自分たちの財産をどのように相続させるかでその評価が決まるものなのだ。生前に遺産相続のことをしっかりと手配しておかないと、それこそ骨肉の争いを引き起こしてしまうことになるのだ。骨肉の争いを起こされたら、遺産はアッと言う間に消えて行ってしまうものなのである。

 まず娘たちには結婚の際に結婚持参金を与えて、相続権を放棄させることだ。女性が相続に絡んで来ると、纏まらないし、纏まったとしても公平を欠くようなものになってしまうのだ。父系家族では女性は家督相続に関与しない以上、結婚すれば家を出て行くべきなのである。関係のない者が関与すれば話し合いが揉めるのは当然なのである。

 息子たちには早い段階で「家督相続権者」と「分家」とを分けてしまい、家督相続権者に充分な資産を与えて、分家には分家できるだけの資産を与えてしまうべきなのである。基本的には長男が家督を相続することになるのだが、長男が優秀だとは限らない。バカなら次男以下に家督を相続させるべきなのである。

 遺産というものはどう巧く相続させたとしても、分割してしまえば消えて行ってしまうものなのである。だから自分の財産を割いて財団法人を作り、法人化することで自分の遺産を永久に残して行くようにすべきなのである。財団法人を作っておけば、自分の子孫を財団法人の理事長や理事にしてしまえば、それで生活を保障していくこともできるのである。

 長く続く家系は結婚で失敗していないのが特徴なのである。親が結婚で失敗していないから、その子供たちも結婚で失敗しないのだ。結婚で失敗しないからこそ財産が増え、財産が増えるからこそ益々繁栄していくという好循環が起こってしまうのである。

 学者というものは貧乏なものだから、結婚と財産の関係が全く解っていないのだ。世の中がどのように変化しても、結婚は富を生み出すものなのであって、結婚で失敗しない一族というものは莫大な財産を溜め込んで来るものなのである。結婚で成功する男女というのは学者の言葉に決して騙されないものなのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ユダヤ人はなぜ優秀のか?

●宗教と科学

 日本の科学はアメリカ合衆国や西ヨーロッパの科学に比べてかなりレベルの低い位置につけているのだが、それには理由がある。日本の科学者たちの圧倒的大多数が無宗教であり、そのために幾ら研究したとしても大した成果を上げることができないのだ。

 科学は無宗教の様相を呈しているが、科学自体、無宗教の産物ではない。科学は宗教の産物なのである。科学は古代ギリシャの宗教から生まれた物であり、基本的に反キリスト教的なのであり、科学はなぜだかキリスト教と相性が悪く、キリスト教の支配に抵抗しながら発展して来たという経歴があるのだ。

 今回紹介する本はこの本!

西村肇著『米国 ユダヤ人 キリスト教の真実』(本の森)

        物理学者が発見した米国ユダヤ人キリスト教の真実

 西村肇は物理学の学者で、東京大学で名誉教授になった人物である。そのような人物なのだからもっと高度な書物を書けばいいのだが、この本は講演を元にして書いた書物なので、非常に雑な本になっている。余りにも雑なために紹介することを躊躇ったのだが、本の内容には光る物があったので、敢えて紹介することにした曰く付きの本である。

 厄介なのは、宗教と科学のことを扱った本であるのに、西村肇自身は無神論者だということなので、それで宗教のことに関しては突っ込んだことを言うことができない。しかし科学者の目から宗教を見ており、その範囲内でなら、或る程度は傾聴に値する意見を言っているのだ。

 学者が科学史を書いた場合、宗教のことは表に出さない。そういうことはせずに、科学の発展を客観的に著述していくものだ。こういうことは科学の表面上の歴史を知るためには役に立つ。しかし科学の裏面には必ず宗教が存在しているので、宗教抜きに科学史を論じることは全くの無意味なのである。

●ユダヤ人とキリスト教徒の激しい戦い

 今でこそアメリカ合衆国は覇権国家として圧倒的なパワーを持っているのだが、今から100年前のアメリカ合衆国は科学も産業も非常に遅れた国家だったということなのである。それがユダヤ人たちの移民によって、アメリカ合衆国は様変わりしてしまうのである。

 まず理解しておいて欲しいのは、プロテスタンィズムはカトリック以上に反ユダヤ主義であるということなのである。プロテスタントたちは直に聖書を読むので、ユダヤ人に対しては「キリスト殺し」という感情しか抱かないのである。特にルター派は宗祖のルターが反ユダヤ主義の書物を書いたので、余計にその反ユダヤ主義が存在しているのである。

 アメリカ合衆国は建国以来、長らく農業国だったのであり、その農業国を一変させたのが「石油」の出現である。アメリカ合衆国には多数の油田があり、その油田を発見することによって石油産業が一気にブレイクしたのである。しかもジョン・ロックフェラーは石油産業を独占していったために、石油を高値で安定供給になり、巨万の富を生み出してしまったのである。

 続いて起こったのが「電気」の出現である。エジソンによって電球が開発されると、電球はそれまでのランプに取って代わり、アメリカ人たちの自宅を明るくさせることができるようになったのである。エジソンは発明家だけでなく事業家としても長けており、瞬く間に巨万の富を手にしてしまったのである。

 しかしこの辺りがプロテスタントたちの限界であり、科学が更に発展していこうとすると、プロテスタントたちがついていけなくなってしまったのである。

 「原子力」が登場すると、原子力の分野ではプロテスタントたちは全く使い物にならず、ユダヤ人たちの独占場となってしまったのである。原子力は高度な物理学と化学と数学ができない限り、研究しようにもできない代物だからなんどえある。運良くユダヤ人たちはナチスドイツから迫害されて逃れて来たので、アメリカ合衆国はユダヤ人たちの力を借りて原爆を開発し、原子力発電所を作り上げて行ったのである。

 情報技術革命に於いても状況は同じなのであって、高度な数学ができない限り、情報技術革命を推進することはできなかったのである。だから数学の苦手なプロテスタントたちはユダヤ人たちにあっという間に追い抜かれてしまい、ユダヤ人たちは情報技術革命を利用して大儲けしていったのである。

●ユダヤ人の勉強の仕方

 なんでユダヤ人たちがプロテスタントたちを追い抜き、突き放してしまったのかというと、ユダヤ人たちは勉強の仕方がまるで違うからなのであり、その勉強の仕方の違いが、科学やビジネスで圧倒的な差となって出て来てしまったに過ぎない。

 ユダヤ人たちは子供が3歳になると文字を覚えさせ始め、12歳までに『トーラー』を暗記させてしまう。『トーラー』とはモーセ五書のことであって、『創世記』『出エジプト記』『レビ記』『民数記』『申命記』の五つの書物を指す。これは子供でも読める内容になっているし、子供の頭でも理解できる物である。

 ユダヤ教は最初から一神教になったわけではない。トーラーを読めば解るが、ユダヤ教はその初期に於いて多神教なのであって、「エロヒム」という「神々」という言葉が出て来ている。「エル」は神で、「エロヒム」は神の複数形である。キリスト教徒はこれを神という言葉に置き換えて教えてしまうのだが、ユダヤ人たちはそんなインチキをしない。そのまま教えるのである。

 ユダヤ教は多神教であっても、ヤハウェという神を最高神としたのであって、この宗教形態が徐々に純化されていき、拝一神教から唯一神教へと変化していった。これを決定づけたのが「申命記革命」で、これによって一神教としてのユダヤ教が確立されたのである。

 ユダヤ人は基本的に「本物志向」であり、キリスト教のように神とイエスとマリア、それに聖人たちがいないために、1つの神に対して意識が集中する。この宗教心があればこそ、普段の生活でも紛い物を嫌い、本物だけを追求してくる事に成る。

 ユダヤ人たちは選民意識を持つので、自分たちに如何なることがあっても神は守ってくれると思い、自分たちは全力を尽くして拡大再生産に励む。キリスト教徒たちなら去年の収入と同じ金額を得れば満足してしまうが、ユダヤ人たちは去年の収入よりも高い収入を確保しないと満足しない。こういう意識があるからこそ、ユダヤ人たちは実に良く働くし、起業家になってベンチャー企業を立ち上げてきたりするのである。

●キリスト教徒の勉強の仕方

 キリスト教徒たちは『聖書』を暗記するのではなく、『聖書』を読むということをやってしまう。しかも子供たちには『子供用聖書』を作って、解り易く教えようとするのだ。これが実に悪影響を及ぼしているのであって、子供は本物に触れることはできないし、大人は聖書を正しく理解していないということになってしまう事に成る。

 どの宗教でも宗教歌を歌うものだが、キリスト教は「讃美歌を歌いすぎ」というくらいに歌っている。歌のために大量の時間を割くのではなく、もっと『聖書』を勉強するために時間を割けばいいものを、そういうことは全くせずに歌で自分たちの宗教を誤魔化してしまうのである。

 そもそもキリスト教は信仰義認説に立脚するので、「反理性的な宗教」と成らざるを得ない。イエスが死んでから3日後に復活したことを信じるだけ義人とされてしまうのだから、どこを探しても理性など出て来ない。「不合理ゆえに我信ず」であるなら、人間は自分の理性を働かせることができなくなってしまうのである。

 しかもキリスト教はローマ帝国という多神教の世界の中で一神教を広めて行く過程で、神とイエスと聖霊は「三位一体」であるというとんでもない教義を採用してしまった。折角、ユダヤ教では一神教に辿り着いたのに、これでは一神教でもなければ多神教でもない、グロテスクな宗教になってしまうのである。因みに後発のイスラム教は徹底的にこの三位一体説を否定している。

 トドメは「終末思想」であり、ローマ帝国による宗教弾圧と宗教迫害の中で終末思想が盛んになり、『ヨハネの黙示録』なる経典を作り、事もあろうことかこれを聖書の中に入れてしまった。このためキリスト教徒たちはハルマゲドンが来ることを待望し、今の生活に打ち込むということをしなくなってしまったのである。

●理性革命

 ユダヤ人とキリスト教徒では勉強の仕方がまるで違うのだから、仕事をさせた場合、圧倒的な差がついてしまうのは当たり前だ。キリスト教徒たちは正しく『聖書』を理解していない。それに対してユダヤ教徒たちは『トーラー』を暗記し、『トーラー』の内容がどのようなものなのであるか、正しく理解している。これだから数学のように高度な精密さを要求される学問になると、キリスト教徒たちはユダヤ人たちについて行くことができず、ユダヤ人たちの圧勝となってしまうのである。

 ユダヤ人たちの歴史の中で宗教革命となったのが「スピノザ」の出現であり、ユダヤ教は一神教でも人格神なのであるが、スピノザはこの人格神を否定し、「神即自然」という汎神論を主張した。このためキリスト教の教団から非難されただけでなく、ユダヤ教の教団からも非難されてしまったのである。

 なぜこの汎神論がそんなにまで危険視されたのかというと、汎神論を突き詰めていくと、人格神というのは人間が作ったということになってしまうからだ。事実、スピノザの影響を受けたフォイエルバッハは「キリスト教の神は人間が作ったものである」という結論に到達してしまった。

 この世界にユダヤ教のヤハウェやキリスト教のイエスがいなくなれば、人間は神の下で理性を使ってこの世界を解明していかなければならないことになる。この時点で、「理性革命」なるものが起こったのであり、ユダヤ教のように律法を守れば正しいとか、キリスト教のように信仰すれば正しいとかいう教えは、全て吹き飛んでしまったのである。

 非ユダヤ人ならスピノザは歴史上に名を残した一哲学者であるが、ユダヤ人たちにしてみれば、最大の哲学者なのであって、スピノザを影響を受けたユダヤ人たちの中から続々と優秀な人材が出て来た。マルクスもフロイトもアインシュタインも皆そうなのであって、ユダヤ人だから偉大な学問的業績を残したのではないのだ。事実、スピノザの影響を全く受けていないユダヤ教の正統派の人たちからはこういう学者たちは誰1人として出現していないのである。

●科学の最先端にキリスト教徒はいない

 現在、科学の最先端にいる人たちは大半がユダヤ人たちであり、キリスト教徒がいたとしても、そのキリスト教徒は既にキリスト教の信仰を放棄しており、汎神論者になっている。「科学の最先端にキリスト教徒たちがいない」という事実は、本当に衝撃的なものなのである。

 というのは、明治維新後の日本は欧米の進んだ学問を取り入れることで学問を発展させてきたのだが、この遣り方ではダメということに成ってしまうからだ。欧米の学問といっても、基本的にはキリスト教徒たちが作り上げてきた学問であり、キリスト教は必ず思考の限界にぶつかる以上、日本人が幾ら欧米の学問を取り入れても、日本でも思考の限界にぶつかり、学問が発達しなくなってしまうのである。

 日本の科学が遅れる最大の理由は、「日本の科学者たちが持つ欧米崇拝」と、「キリスト教系大学の存在」であり、この2つの障害を取り除かない限り、どうにもならない。欧米と見ている時点でもう間違っているのだ。欧米ではユダヤ人とキリスト教徒たちが死闘を繰り広げているのであって、欧米は1つではないのである。

 キリスト教系大学に至っては、世界に通用する科学的発見を一度たりともしたことがないという超低能状態にある。日本のキリスト教は宣教に失敗したが、その反面、教育の方面では成功してしまった。しかしそのために日本の科学が欧米の科学から随分と遅れてしまい、科学が低迷しているからこそ、経済も低迷してしまうという悪循環が起こっているのである。

 この本はかなり雑な本なのであるが、この本を読めばアメリカ合衆国の科学とか経済とか政治とかが良く解ると思う。著者が無神論者であるために、著者の意見を聞き入れたとしても巧く行くことはないだろうが、「宗教抜きで科学を語ることではできない」ということくらいは理解することができることだろう。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ミスユニバース日本代表「松尾幸実」への姓名判断

●2013年度のミスユニバース日本代表:「松尾幸実」

 松尾幸実というのは、2013年度のミスユニバース日本代表を獲得した女性である。1987年10月20日生まれの25歳。身長は173センチ。スリ―サイズは83-60ー84である。京都府京都市出身。ファッションモデルの仕事をこなしながら、漫画家としても活動中である。

 松尾幸実はズバ抜けて美人とかいうものではない。身長の高さとスタイルの良さが買われたのであろう。25歳という年齢が彼女に勝利を齎したといっていい。26歳以降は女性ホルモンが大量分泌されるので、体型が徐々に変わってきてしまうからだ。

 身長が173センチとなると、女優の仕事は無理である。藤原紀香が女優業で失敗したのは身長が高かったからなのである。藤原紀香のドラマは全部コケたのである。長身はファッションモデルとしては良くても、女優には向かないものなのである。

 この松尾幸実が面白いのは、ファッションモデルの仕事をやりながら、漫画家の仕事をやっていることだ。最初、この顔を見た時、そんなに美人ではないく、なんとなくアンパンマンに似ているので、ファッションモデルよりも漫画家の方が向いていると思ったくらいだ。そしたら本当に漫画家の仕事をしていた。ファッションモデルの仕事を漫画化したら結構面白い物を書けるのではないかだろうか?

 この程度の美貌でミスユニバースを獲得するのはまず無理であろう。それよりもミスユニバースに出場して経験値を積んで欲しい。日本と外国の格差を知ることはとっても大事なことだからだ。それが彼女の人生に於いて大きな財産となるのである。

●画数

 「幸実」は画数が16画である。16画は努力家で頭が良く、年長者の引き立てがある画数である。今回はまさにこの画数の良さが出て、見事、ミスユニバース日本代表になったのである。努力し続けることが大事なのであって、努力しなくなると不運が続くことになるのだ。

 16画の最大の欠点はファッションセンスの悪さだ。松尾幸実はファッションモデルだから、外行きのファッションはちゃんとした物を着ているかもしれないが、自宅でのファッションセンスは意外とダメなのである。これはこの画数では治らないのであって、ダメなファッションを残しておくことも必要なことなのである。

 16画は故郷の京都府から離れる運命にある。故郷から離れるからこそ運勢が開けて来るのである。松尾幸実の故郷は京都府京都市なので、非常に住み心地の良い場所なのである。京都は本当に味わいのある都市なので、なかなか離れられないのだ。成功したければとにかく京都から離れることなのである。

 16画の思わぬ弱点は表に出過ぎると失敗するということである。表に出るよりも裏に回るからこそ、自分の能力を思う存分活かせるのだ。松尾幸実は細々とでもいいから漫画家の仕事を続けた方が良い。その職業こそ松尾幸実に合っているのだ。

 最近、土屋アンナが舞台のトラブルに見舞われ、損害賠償を請求されたりしているのだが、土屋アンナは名の画数が6画なので、16画と同様に余り表に出ると失敗するという画数なのである。調子こいてテレビに出まくっていたからこそ、こういう悲惨な事態に陥ってしまうのである。

●音相

 運命学では「女性の名前にこそ、古代日本語が使われている」という鉄則がある。松尾幸実の幸実も、ランダムにいい漢字を選んでつけたのだろうが、この幸実にはちゃんとした意味があるのだ。「幸実」が「ゆきみ」と発音するからといって、何も「雪見」を意味するものではないのだ。

「ゆ」は古代日本語で「神聖な」という女性形容詞。

「きみ」は古代日本語で「君主」「女王」「王妃」という名詞。

両者を組み合わせると、「神聖なる女王」という意味が出て来るのだ。

 だからこそ松尾幸実はミスユニバースで日本代表を獲得してしまったのである。松尾幸実は優勝するべく努力したかもしれないが、彼女はミスユニバースの日本代表になるように生まれる前から予定されていたのである。たとえミスユニバース日本代表にならなくても、他の分野で女王の地位につけることができたのである。

 但し、「ゆきみ」は神聖なる女王ゆえに、世俗的な分野での活躍は余り好ましくないのだ。宗教の分野で活躍する方が本当の力を発揮することができるのであって、宗教を如何に保つかが重要になってくるのだ。京都の人だから宗教を軽視することはないだろうが、無宗教に走ればとんでもない事態に陥ってしまうのだ。

 「ゆきみ」の音相は、「色気とムードが満点でありながら、意外と冷静で集中的突進力が抜群」ということである。色気とムードがあるので、ファッションモデルをやるのは良いし、集中的突進力があるので漫画家をやるのも良いのだ。何か1つの職種に絞らない方がよりいい仕事ができるようになるのだ。

 「ゆきみ」という名の女性は結構お喋りである。どうでもいいことを喋りまくるのだ。ガールズトークは絶対に必要である。お喋りを抑えると逆上してくるので、本当に厄介なことになってしまうのだ。インタビューとかでは価値ある発言が求められるので、普段のお喋り感覚で喋ってしまうと大失敗してしまうのだ。

●字相

 幸実の字相は、「幸」 は「手くさ」という意味であり、それが転じて幸いにも手くさを嵌められたのを免れたという意味であり、「実」は「家の中に財貨がいっぱいある」という意味であり、それらの意味を合わせると、「幸運があり、財運もある」という意味になる。

 両親は我が子の幸せを願う余り、「幸」という文字を使いたがるのだが、この「幸」という文字は意外と不幸になる人たちが多い。というか幸せ過ぎて困っているという人はまずいない。一見幸せそうに見えても、その裏では不幸があって、自分が病気したり、結婚生活が巧く行かなかったり、子供のことで苦労してしまったりするのだ。

 「実」という文字も「物事が実る」ということで使われがちだが、「実」が一字名だと余り威力を発揮しないのだ。ただ財運がいい程度で、推進力が出て来ないのである。実という文字を使う場合は、必ず名を二文字か三文字にして、推進力が出て来るようにしなければならないのだ。

 幸実という文字には、「チャンスを掴んで、しっかりと儲ける」と同時に、「成功したら保守的になって、下手にギャンブルを仕掛けない」ということをしなければならないのだ。自分の幸運が続いているからといって無理をしてしまうと、一転して不幸になり、金銭トラブルに見舞われてしまうのである。

 幸実の字相から言えば、ファッションモデルよりも漫画家の方が合っている。外で飛び回って仕事をするよりは、常に自宅に居て、せっせと漫画を描いていた方がこの名前の持つ力を発揮できるし、不幸を抑えることができるのである。要は使い方次第なのであって、使い方が合っていれば大成功するし、使い方を間違えば大失敗してしまうのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

なぜ汚染水は漏れ続けるのか?

●プルトニウムの流失が全く報道されない

 日本は東日本大震災で福島第一原発が水素爆発を起こし、大量の放射性物質をばら撒いてしまったのだが、なぜだからその際、プルトニウムの量に関して全く報道されていない。原発を稼働させれば。燃料棒はプルトニウムを発生させるのだが、もしも水素爆発が起こったのなら、プルトニウムだって放出された筈である。

 原発事故で最も恐ろしい物質がプルトニウムなのであって、これを体内に取り込んでしまえば、確実に「癌」「白血病」「不妊症」になってしまうのだ。被曝量というのはその数値が高くないなら大して問題はないのだ。しかしプルトニウムはそうではないのだ。

 福島第一原発の事故は政府が主張するように「事故が収束した」のではない。事故は未だ継続中であって、事実、福島第一原発からは大量の汚染水が漏れ出しているのだ。汚染水というのは放射性物質を含んだ水のことである。当然にこの汚染水の中にはプルトニウムも含まれているのだ。

 実を言うと汚染水の流出は原子炉の水素爆発より恐ろしい事態なのである。原子炉はメルトダウンを引き起こし、熔けた燃料棒の塊が原子炉から出ているということなのである。この燃料棒の塊を除去しないと事故は収束しないのだが、このような状況下では除去できないのだ。

 しかも汚染水が流出し続ければ、海洋汚染が引き起こされ続けるということなのである。福島第一原発の原発事故が収束するまで、東北地方や北海道地方の太平洋沿岸で取れた魚介類は絶対に食べてはならないのだ。その魚介類には放射性物質が含まれているので、確実に被曝してしまうことになるのだ。

●起爆剤として原爆を使用した

 汚染水の流出に関して東京電力がやっていることは実に不可解である。タンクを作って汚染水をプールしているのだから、これでは汚染水の流出が止まる訳がないのだ。それどころか、いずれは敷地内にタンクがいっぱいになってしまい、それでも汚染水は流出し続けることになってしまうのだ。

 実はこの汚染水流出には裏がある。

 アメリカ軍は今回の東日本大震災で地震兵器ハープを使用したのだが、その際、起爆剤として原爆を使ったらしいのである。しかも原爆を3発も使ったらしいのである。このためにはプレートは大きく動き、東日本大震災ではマグニチュード「9.0」という強大な地震になってしまったのである。

 原爆を使ったのなら当然に放射性物質が大量にばら撒かれることになる。そこで福島第一原発に確実に津波が来るように配置して原発事故を引き起こし、汚染水が流出するように設定したのである。汚染水だって止めようとすれば止めることができる筈だ。それなのに何もしないというのは、「証拠隠し」以外の何物でもないのだ。

 なぜ政府はプルトニウムの測定値を発表しないのか、なぜ日本のマスコミはプルトニウムの放出を発表しないのか、それはアメリカ政府に脅されているからに他ならない。もしも報道しようものなら、アメリカ政府は「もう一度、地震兵器ハープを使うぞ」と脅せば、誰だって黙ってしまうものなのである。

 東京電力の方も東日本大震災が起こる前に、津波対策として防波壁を作ろうとしていたのだが、なぜだか内部で揉み消されてしまったのである。恐らく東京電力の内部にCIAのスパイがいるのだろう。事前に防波壁を作っていれば、こんな大惨事にならなかったのに、防波壁を作らなかったためにこんな大惨事を引き起こしてしまったのである。

●廃炉ビジネスの餌食

 原発ビジネスの実態を調べて行くと、「これはまともなビジネスではない。マフィアビジネスだ」ということが良く解る。原子力産業は科学者のアルバート・アインシュタインがユダヤ人であるように、ユダヤ人たちが多く関与しているビジネスなのである。だからどうしてもユダヤ人たちが非ユダヤ人たちを搾取するビジネスを展開して来るのだ。

 「原発マフィア」と言う言葉があるのだが、本当にその通りなのである。原発に携わっている会社をまともな株式会社だと看做してはならない。これはマフィアなのであって、あくどいビジネスを展開しまくっているのだ。東京電力のようなお人好しの集団が手を出せる代物ではなかったのである。

 原発ビジネスは原発を作るにしても巨額の資金が動き、燃料棒を買うにしても巨額の資金が動き、原発を廃炉にするにも巨額な資金が動くのである。こんな高コストの発電所なんて要らないのであって、もっと他の安全な発電所を作るべきだったのである。

 現在、東京電力は廃炉ビジネスの餌食になっているのである。アメリカ合衆国とフランスから廃炉ビジネス会社がやってきて、それで廃炉を進めているのである。それなのになぜ廃炉が一向に進まないのかと言えば、それにはちゃんとした理由がある。

 それは、

「もっとお金を出さんかい!」

ということなのである。

 技術的には廃炉ビジネス会社には福島第一原発を廃炉にするだけの技術はある筈である。それなのに一向に動かないのだ。なんで動かないのかといえば、東京電力がその資金を出し渋っているからなのである。だから日本政府が業を煮やして、介入し始めたのである。

●その褒美としてオリンピック開催が決まった

 不思議なことに、日本政府が汚染水対策に乗り出すと発表してから、東京でのオリンピック開催が決まったのである。余りにも不自然過ぎる。日本政府がアメリカ合衆国やフランスの廃炉ビジネス会社に莫大な資金を支払うことを約束したからこそ、その見返りとして東京でのオリンピック開催が決まったのである。

 すると日本政府は7年以内に汚染水をなんとかしなければならないのである。勘違いしてはならないのは、7年以内に廃炉にするわけではないということだ。廃炉にするためには、更に資金の供出を要求されるようになるのだ。本当に原発マフィアなのである。

 原子炉を廃炉するためには、20年や30年もかかるというのでは、まともなビジネスを展開することはできない。それだけ大量の経費を必要とすることになるからだ。恐ろしいのは原発は作るにしても、運用するにしても、廃止するにしても、大金がかかると解っていながら、未だに日本国内で原発を作ろうとしていることなのである。

 解って欲しいのは、東電がこんな無駄遣いをしてしまうと、それを負担するのは東京電力管内の消費者たちなのである。そして政府が動けば国民の税金がこの無駄遣いに使用されてしまうのである。結局、原発マフィアは大儲けして、日本国民は大損害を被ってしまうのである。

 日本がすべきことはこれ以上、原発を作らないことと、原子力発電に代わるより大きな発電をできるエネルギーシステムを構築していくことなのである。脱原発派のような過激な意見を絶対に聞き入れてはならないのだ。今の段階で脱原発をやれば、原発マフィアの格好の餌食になってしまうのだ。

●恐らく福島を最終処分場にするつもり

 今後、福島第一原発は一体どうなるかといえば、あそこを核のゴミの最終処分場にするつもりであろう。政府はその方針で動いている筈だ。最終処分場にするつもりだからこそ、汚染水で土壌を汚染し、人が住めないようにしているのである。

 震災後に、民主党政権下の政府は奇妙なことをやっている。東日本大震災で発生した震災ゴミを現地で処分させず、全国各地の地方自治体に輸送し、そこで処分させようとしたのである。今回の震災ゴミは単なる震災ゴミではない。放射性物質を含んだ危険なゴミなのである。それを全国各地にばら撒けば、日本全土が放射性物質で汚染されてしまうのである。

 震災ゴミは現地で埋め立てるの鉄則である。関東大震災ではそれをやったからこそ、横浜市では山下公園が出来上がったのである。東日本大震災で被災した地方自治体は震災で発生した震災ゴミを自分たちの地方自治体の内部で処理するからこそ、震災ゴミの処理が巧く行くし、放射性物質も拡散しなくて済むようになるのだ。

 民主党政権はアメリカ合衆国政府の指示でこういうバカげたことをやったに違いない。アメリカ合衆国政府は日本の弱体化を狙っているのであって、日本全土に放射性物質がばら撒かれれば、それだけ癌や白血病や不妊症に罹る者たちが出て来るので、それで日本の人口を激減させることができるのである。人口が減少すれば、当然に日本の国力だって低下してしまうのだ。

 福島第一原発がある場所を最終処分場にするのには問題がありすぎる。最終処分場を作ったとしても、もしもそこから放射性物質が漏れ出したのなら、西太平洋が汚染されてしまい、とてもではないがそこで取れた魚介類を食べることができなくなってしまうからだ。

●菅直人元首相を逮捕して、事実の解明を行うべし

 日本政府は菅直人首相の時、アメリカ合衆国政府となんらかの密約を結んだ可能性がある。この密約は公表されていないだけで、日本政府にとって圧倒的に不利な内容になっている筈である。事実、菅直人首相は原発事故直後に、

「福島第一原発周辺はもう50年以上に亘って住めなくなる」

と発言しているからだ。原発事故での水素爆発による放射性物質の拡散がそれほど多くなかったことを考えれば、この発言は意味深である。福島第一原発を最終処分場に決定したことを知っていたのなら、この発言の意味が解って来るのだ。

 しかも民主党が衆議院議員選挙で敗北し、自民党政権になってから、最高検察庁は原発事故に関して菅直人元首相の責任追及をしないと決めたのである。これもアメリカ合衆国政府の意向を反映したものであり、「安倍晋三首相と雖もこの密約をひっくり返すな」と釘を刺したのである。

 菅直人元首相の売国奴的行動を絶対に見逃してはならない。なんとしてでも菅直人元首相を逮捕して、奴がやった密約の内容を暴露させるべきなのである。奴は脱原発をやるために、日本政府が相当に不利となる内容の密約を結んだに違いないのだ。

 原発関連のニュースは本当に真実が伝えられていない。原発で大儲けしている連中がいる一方で、福島県民みたいに原発事故のために自宅に帰ることのできない人たちがいるのである。マスコミの報道を信じてはならないのだ。原発は誰がどうやっても原発マフィアたちが儲かるようになっているのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (11) | トラックバック (4)

西原理恵子の上京ものがたり

●東京に憧れるということ

 俺は神奈川県横浜市に生まれたので、東京に憧れたことは一度もない。電車で1時間半ぐらいで行ける場所にどうして憧れることができよう。俺は人ゴミの多い東京に行くより、鎌倉や三浦半島に良く行ったものだ。長渕剛の『とんぼ』なんて歌はメロディーは良くても、俺にとってイマイチその歌詞に共感できないのである。

 地方の人から見れば東京も横浜も同じに見えてしまうものだが、東京と横浜は違うのだ。東京は江戸幕府開幕から400年以上の歴史があるので、人間の厚みがまるで違うのである。それに対して横浜は幕末に貿易都市として作られたので、ハイカラではあってもまだまだ人間の厚みは薄いのだ。

 日本国民に東京の凄さを決定的に誤解させたのが映画『フーテンの寅さん』であろうと思う。東京の実態を知っている者として、あの映画どうもおかしいのである。その理由は至って簡単で、監督の山田洋二は東京都出身ではなく、大阪府出身なのである。道理で東京のことが解っていないわけだ。

 東京の人たちの内、東京で生まれ育ったのなら、必ず「粋」という物を大事にしてくる。だからどんな服を着ていても、それなりに着こなし、決まっているのだ。フーテンの寅さんみたいにだらしない人はいないものなのである。しかもあんなフラフラな生き方をしていれば、必ず周囲の人たちから突っ込まれ、とてもではないが地元に住めなくなってしまうものなのである。

 横浜はお洒落な都市ではあっても、「粋」なる文化を持っていない。そこまで文化が発達していないのだ。この世で生きて行く上で大事なことは、そういう「格差」を察知することであって、山田洋二みたいに自分の勘違いを貫くことではないのだ。

 今回紹介する本はこの本!

 西原理恵子著『上京ものがたり』(小学館)

 上京ものがたり

 これは東京と地方の格差が良く解る本なのである。西原理恵子は山田洋二みたいに嘘をついていないから、非常に共感できるのである。

●上京した田舎者の最大の欠点

 西原理恵子は高知県出身なのであるが、その彼女が東京に上京してきてみて、一番格差を感じたのが、「お洒落」についてであるのだ。高知県ではお洒落であったと思っていた服や靴であっても、東京では格好悪く感じてしまったのだ。これは本当なのであって、東京のファッションセンスは突出しているものなのである。

 西原理恵子は女性だから、こういう場合、当然にお洒落をしたくなる。そこで様々なアルバイトをしまくり、時給がいいということでスナックでホステスのバイトをし始める。これは田舎者の女性が陥り易い典型的なパターンで、出費が嵩むために、水商売に手を出してしまうのである。

 西原理恵子が東京に上京してきたのは美術大学に入学するためであったのだが、その予備校である美術学校に通い、そこで格好いい男性を見つけてしまい、付き合うことになってしまう。男性と安易に付き合ってしまうと、後々まで酷い目に遭うものなのであるが、この時はまだ気付いていない。

 東京は本当に物価が高いのである。千葉に住んでいる俺ですら、東京の物価の高さには驚くものなのである。そういう物価の高い東京に住むなら、財布の紐を堅く締めるしかないのだ。東京の人は意外とケチなのだ。ケチでないとやっていけないものなのである。あれも欲しい、これも欲しいでは、幾ら収入があっても足りなくなってしまうのだ。

 東京で生き抜くためには「合理主義」に徹するしかないのだ。合理主義に徹していないと、いずれは行き詰まって行ってしまうものなのである。自分の目標を設定して、その目標を実現すべく、全力になって取り組むからこそ、貧乏を克服できるし、成功して行くことができるのである。田舎者の情緒を残しているようでは、勝てる戦いにも勝てなくなってしまうのだ。

●水商売の世界ではみんなクズ

 西原理恵子が行き着いた先は、歌舞伎町にあるミニスカパブでのホステスである。時給が高かったのと、この仕事は夜間だけなので、昼間は勉強に充てることができるからだ。しかしこのお店はとんでもないお店であることが後に発覚することになる。

 このお店は本当にみんなクズなのである。

 ヤンキーのホステス。

 セクハラする店長。

 人生を完全に舐めているボーイ。

 こんな店に一流の人たちがやってくるわけがなく、要は大した仕事をしていない男性客たちがやってくるのだ。当然、クズのような連中がクズのような人たちに碌でもないサービスを施すのだから、まさに修羅場である。或る意味、歌舞伎町のダークな部分なのである。

 西原理恵子はこの仕事のストレスのために顔面麻痺になってしまう。それを店長に言うと、

「バカヤローッ! だから高い時給が貰えんだ!」

と怒鳴りつけられてしまう。本当にその通りなのであって、巧くストレスを解消しながら仕事をし続けないと生きて行くことはできないのである。

 高い給料を貰っているのだから豊かになる筈なのだが、そうは行かない。彼氏が自宅に居候してしまい、その彼氏の生活費まで面倒を見てしまうのである。しかもよせばいいのに野良猫を拾ってきて、それを自宅で飼ってしまったりしてしまうのである。

 こんな生活をしているわけだから、美術大学に行っても碌な友達もできやしない。みんな口先ばっかりで行動を起こさないのだ。こういうことをやっていては絵が上達するわけがなく、あっという間に大学の4年間は過ぎ去り、卒業になってしまったのである。

●水商売でいい女はいい結果を出すとは限らない

 このミスカパブはクズばかりなのだが、中には「葉美ちゃん」というクズではない立派な女性もいるのである。葉美ちゃんは美人でスタイルが良く清楚で、性格は素直である。どう考えても別格な存在で、事実、彼女に仕事をさせれば一番良く仕事ができるのである。この葉美ちゃんがなぜこんな所で働いているのかといえば、演劇に嵌ってしまい、劇団員であるためにお金が必要だったからなのである。

 葉美ちゃんは4年間このミニスカパプを勤めあげて、目出度く辞めることになった。辞める1週間前からお店は満員になり。大盛況だった。葉美ちゃんは故郷の動物園に就職が決まり、帰郷してしまうのである。「劇団の方はどうしたんだ?」と突っ込みを入れたくなるが、女優としては駄目であったのであろう。

 水商売でいい女はいい結果を出すとは限らない。葉美ちゃんは確かにいい女だった。彼女は美人だけでなく仕事もできたのだ。しかし葉美ちゃんは最初から勘違いをしているのである。水商売を金儲け目当てで入ってしまうと抜け出せなくなってしまうものなのである。

 水商売をやる女性の成功というのは、お客様の内、自分が気に入った男性と結婚することなのである。売れっ子のホステスはそれだけ選択肢が多くなるのであって、自分が優位な状態で選択できる内に選択してしまえばいいのである。

 もう1つの成功が「お店を持つ」ということなのである。水商売のお店を持つためには大金が必要だから、せっせと働き、地道に貯金して行くしかないのだ。安易にパトロンとかに資金を出して貰うと、後で厄介なことになってしまうのである。

 葉美ちゃんのような女性はどこの世界でもいる。美人であり能力があっても目標が明確ではないのだ。体は大きくても、まだまだ夢見る少女で居続けているので、それで自分に与えられたチャンスを全て逃してしまうのである。チャンスというものは常に与えられるものではないのだ。チャンスが有る時にチャンスを活かさないと、チャンスがなくなってしまうものなのである。

●何事も「L字曲線」

 西原理恵子の悪戦苦闘はまだまだ続くのだが、近所に住む人のいいオジサンの紹介で、出版社に原稿を持っていくことができた。その際、担当者は丁寧に原稿を見てくれたのだが、

「一番得意なタッチでもう1枚書いて来て貰えませんか?」

と最後に言った。西原恵理子はそれを聞いて、

(一番得意なタッチなんてない)

ということに気付いてしまう。当然の如く、この出版社で作家デビューする話はオジャンである。

 とうとう西原理恵子は美術大学を卒業してしまった。そこで西原理恵子は自分で名刺を作り、様々な出版社へ営業して回った、しかし仕事が来るわけがない。ところが或る日、エロ本のカットの仕事の舞い込み、西原理恵子はそれを受けて、見事仕事をこなすことになる。

 この一件で西原理恵子は、自分は詰まらない女ではなく、自分が好きでやってきたことが、やっと誰かに認められ、大喜びする。嫌いになっていた東京に、

「有難うーーッ!」

って叫びたくなってしまった。エロ本のカットで稼いだので、やっとオンボロではあるがマンションに引っ越すことができた。しかもミニスカパブを辞めることができ、絵の仕事に集中することができたのである。

 ところがこの家にも彼氏がやってきて、居ついてしまう。彼氏は全く働かないので、それでいつも喧嘩になり、とうとう彼氏と別れてしまう。しかし西原理恵子は元彼がお金を無心して来る度にお金を貸してしまい、ズルズルと関係を持ち続けてしまう。

 そんな時、飼っていた猫が車に轢かれて死んでしまった。西原理恵子は元彼と一緒に出向いて、猫を墓に入れてあげることしてあげた。するとどうであろう。その一件で元彼との関係が完全に切れてしまい、双方、電話することがなくなり、本当に別れることができたのである。

 西原理恵子は彼氏と別れてから仕事が殺到するようになり、連載まで貰えるようになる。それと同時にエロ本でのカットの仕事が終了した。理由は青年誌の路線がエロからお笑いに変更したからなのだが、連載が始まったと同時にそのことが起こったので余りにも不思議な出来事であった。

 何事も「L字曲線」を描くのであり、失敗の連続で、失敗をし続け、失敗をしまくり、そして最後に大成功するものなのである。西原理恵子は失敗しまくったからこそ、成功することができたのである。失敗を全くせずに成功したわけではないのだ。失敗しないと実力はつかないものなのである。

●出会う人たちはみんなそれなりの意味があった

 西原理恵子は成功してから、出会う人たちはみんなそれなりの意味があったことに気付く。特にあの彼氏である。彼氏は画家志望であったかもしれないが、その後、何も働くことなく、西原理恵子の家に居座り続けていたのである。西原理恵子は最後にそれを理由に追い出すのだが、その理由は成功した後に解ったのである。

 仕事をしない彼氏は西原理恵子の愚痴を聞き、それで西原理恵子はストレスを発散させていたのである。西原理恵子はミニスカパブから帰って来るのは午前様である。西原理恵子は自宅でお酒を飲みながら、彼氏にお客の悪口を散々言いまくり、しかもそれが明け方まで続いたのである。

 彼氏はその重労働に付き合っていたのである。

 冷静に考えれば、夜中じゅう、ずっと起きていて、それでどこかに働きに行けというのは無理があるものなのである。彼氏は西原理恵子がミニスカパブでお金を稼いだ分、或る意味、犠牲になっていた部分があるのである。だから西原理恵子は彼氏と別れた後にそのことに気付くと、「有難う」と言えたのである。

 その人間が如何にクズであっても、自分が出会わなければならない人に出会っていない人にはチャンスが巡ってこないものなのである。

 或る日、出版社で女性作家がわんわん泣いていて、聞けば連載を打ち切られたという。西原理恵子は同情するが、その一方で、

(可哀想だけど、悪いのはアンタだよ。アンタが詰まらないから悪いんだよ)

と思ってしまう。西原理恵子は結構シビアかもしれないが、クズのような連中と散々に付き合ってきた彼女にしてみれば、その女性作家の甘さが見えてしまうのである。

 嫌な出来事というのは、自分を成長させるために絶対に必要なことなんだよ。

●実話と余りにも違う

 本来なら、

「この本はいい本だから、皆さん、是非買って読んで下さいねheart01

と言いたい所である。しかし俺はこの本を読んで、作者の西原理恵子をとっ捕まえて、言いたいことがある。

「おい! 西原理恵子! テメェ~、嘘ついてんじゃね~よ!angry

と。

「この本は半分正直に書かれているけど、半分は嘘だろうが!」

 西原理恵子は東京に上京してきたのは、普通の田舎者たちのように高校を卒業してからやってきたのではないのだ。西原理恵子は飲酒を理由に私立土佐女子高等学校で退学処分を受け、高校中退をという形で東京に上京してきたのである。

 西原理恵子は東京で勉強して大検に合格し、その後、予備校の立川美術学院に通うことになる。その上で見事、武蔵野美術大学に入学するのである。この武蔵野美術大学は優秀な人材を大量に排出してくる名門校であって、西原理恵子はそれなりに実力があったのである。

 ところが大学でのシーンがまるでなし。その最大の理由は絵がそんなに上達しなかったからなのである。まあ、ミニスカパブでホステスをやっているような学生だと、他の学生たちとまともな友情を気付けない理由もあったろうが、武蔵野美術大学に通って絵が上達しなかったのは、それはそれで問題であろう。

 最大の問題は彼氏である。ヒモになってしまった彼氏は立川美術学院で出会ったので、彼氏は画家を志していた筈なのである。ところが西原理恵子と付き合う中で、画家になることを諦めたらしいのである。本では男性との遣り取りがイマイチなので、その辺りのことが良く解らない。

 本を読めば西原理恵子は田舎から上京してきたダメな女性になってしまっているのだが、実際の西原理恵子はそれなりに優秀な女性だったのである。事実、大学を卒業してからすぐさま出版社から仕事を貰えているからだ。その一方で、彼氏は西原理恵子の実力と成功の中で潰されていったのである。

 この本を読んで感動することも確かに大事なことではあるが、西原理恵子の成功に元彼が犠牲になったと考える方がより事実を理解し易いのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文明はなぜ滅びるのか?

●繁栄の中の滅亡論

 アメリカ合衆国は現在、覇権国家として繁栄を謳歌している。まさに繁栄の絶頂期であるといっていいだろう。アメリカ合衆国の国民は誰もがこの繁栄がいつまでも続けば良いと思っている。しかしこの世は諸行無常なのであって、如何なる覇権国家であっても、いずれは衰退し、滅亡して行くことになるのだ。

 普通の市民が

「アメリカ合衆国はいずれ滅亡する」

などと言おうものなら、周囲の人たちから凹凹にされる。或いは席を立って話を聞いてくれないという態度を取る。普通の市民のレベルで真実を言うと、まず受け入れて貰えないものなのである。

 だからこそ知識人たちが真実を言わねばならないのであって、

「アメリカ政府のように無闇に戦争をやりまくっていると、アメリカ合衆国は確実に滅亡してしまう」

「アメリカの経済は世界で断トツに二酸化炭素の排出量が多いのであって、このままでは地球温暖化が進み、アメリカ全土で異常気象に見舞われてしまい、アメリカ人自身がアメリカ合衆国に住めなくなる」

「アメリカの文化は先進国の中でも低俗なものなのであって、このような文化を展開していたら国民は必ず愚民になってしまい、覇権国家を維持できる人材がいなくなってしまう」

とかいうことを普通の市民たちを敵に回してでも言わなければならないのだ。

 今回紹介するのはこの本!

レベッカ・コスタ著『文明はなぜ崩壊するのか?』(原書房)

    文明はなぜ崩壊するのか

 覇権国家に於いて滅亡論が出て来るということは、その覇権国家はまだまだ健全だということである。覇権国家に於いて滅亡論が出て来なくなると、その覇権国家はいずれ本当に滅亡することになる。滅亡論というのはそういう役割を果たしているのであって、国家を維持したいのなら、絶対に出て来て貰わねば困るのである。

 この著者の父親はCIAの秘密工作員で、普通のアメリカ人の作家たちとは明らかに文章の書き方が違う。この著者はアメリカ国内に出回る情報を鵜呑みにはしていないのだ。しっかりと物を考えながら、この本を執筆したのである。しかもこの著者は日本の東京で生まれたので、彼女の文章は日本人には非常に理解し易いのだ。

●複雑さと滅亡

 この著者は「文明滅亡の原因は複雑さにある」と主張する。何事も物事は単純から複雑へと発展していくのであって、複雑になればなるほどエネルギーを消耗していくから、結局、文明を滅亡させてしまうことになるのだ。しかし文明は複雑にならないと生き残ることができないからこそ複雑になっていくのであって、だからこの複雑化をどう処理していくかが問題になるのだ。

 国家は常に何かしらの問題を抱えるものだ。だったらその問題を1つ1つ解決させていけばいいのである。国家がそういう努力をしないで問題を放置してしまったからこそ、問題が複雑化し、更には他の問題も絡まってきて、ちょっとやそっとのことでは解決できなくなり、或る日突然の国家が滅亡してしまうことになるのだ。

 滅亡の前には明らかに滅亡を予感させる兆候が出て来る。まず1つ目は「停滞」である。国家が複雑で大きな問題に直面し、それが滅亡を招くと知りながら問題を解決できない、或いは把握できない時に滅亡は起こる。国家というものは絶対に停滞させてはならないのである。停滞でも繁栄を維持できるが、それは非常に危険なことなのである。

 兆候の2つ目は「知識と事実が思い込みに摺り変えられる」ということなのである。複雑な問題は今までの知識では処理できないのである。まずは事実を正しく認識し、その複雑な問題を解決できる新しい知識を得なければならないのだ。それなのに人は今までの遣り方を踏襲してしまうのであって、こうなると科学は消えてしまい、思い込みしか残らなくなってしまうのだ。

 この停滞と思い込みの2つが出て来ると、複雑な問題は益々複雑化し、国民はその問題を処理することができなくなり、自分たちの世代で解決しようとせず、次世代に先送りしようとする。その間には状況は悪化に一途を辿り、もう誰にもその問題を解決できないほど、問題は巨大化してしまうことになるのだ。

●5つのスーパーミーム

 文明の滅亡に関して1つの仮説となるのが「スーパーミーム」という仮説である。ミームとは人々の間に広く受け入れられている「情報」「思考」「感情」「行動」のことだが、スーパーミームとはその国民バージョンといった所である。このスーパーミームが人々を滅亡に向かって走らせてしまうのである。

①反対という名の思考停止

 文明が発展して来ると、なんでも反対を言い出す連中が必ず出て来る。この反対意見が通ってしまうと、解決できる問題を先送りしてしまい、その問題を余計に悪化させてしまうのである。しかも反対意見は閃きを押さえこんでしまい、人々は思考停止に陥ってしまうのである。

②個人への責任転嫁

 文明が行き詰まる時、国家のシステムに何らかの問題があるからこそ問題が発生するものである。それなのに人々は個人に責任転嫁してしまい、肝腎のシステムの問題を見ようとしなくなるのだ。人間は自分の行動に対して自己責任を負うべきだし、幸せになりたいのなら自助努力をし続けるべきである。しかしその自助努力が責任のなすりつけになってはならないのだ。

③関係のこじつけ

 複雑な問題はその原因が複雑なのに、人々は無理矢理に関係をこじつけ、表面的な解決策を持ち出そうとする。この関係のこじつけは一見論理的に成立しそうなのであるが、良く考えてみれば絶対に成立しないものなのである。関係のこじつけは政策を迷走させ、政治が持っている政治エネルギーを大漁浪費してしまうのである。

④サイロ思考

 サイロ思考とは思考や行動を細分化することで、情報の共有や協力ができなくなってしまうことだ。問題があるからといって無闇に新しい組織を作るというのは、それが最善の解決のように思えるが、実はそうではないのだ。既存の組織を使って解決できることだって多々あるものなのである。

⑤行き過ぎた経済偏重

 問題を悪化させ易い決定打は行き過ぎた経済偏重である。経済を重視する余りにバランスを崩してしまい、経済的には豊かになっているのに、文明の基盤を切り崩してしまうのだ。例えば国内の経済が安全に機能させるためには、「国防」「外交」「諜報」が必要であって、経済のために国防や外交や諜報を軽視してしまえば、後日、必ず国家滅亡という事態を招いてしまうのだ。

●合理主義と非合理主義

 国家が生き残るためには合理主義に徹しなければならない。これ以外に答えはないというほど、合理主義に徹することは絶対に必要なのである。それなのに人々は合理主義を取り続けることができず、「合理的な非合理主義」に走ってしまうのである。

 国家が繁栄したということは、その国民の多くが合理主義を取ったからである。しかし繁栄してしまうと社会は当初想定していた時よりも遥かに複雑化してしまい、人々は合理主義を取り続けることができなくなり、それとは打って代わって非合理主義を取ってしまうようになるのだ。

 繁栄した国家というのは複雑化していくのだから、だからリストラを行うことが必要になってくるのだ。組織を大きくするのではなく、組織を小さくしておけば機能的に動くことができるので、非合理主義に陥って行くことがなくなるのだ。

 それとは正反対に個人レベルで脳を鍛えることも必要になってくる。複雑化した社会の中で生きていれば脳の機能は低下してくるのであって、脳を鍛えることで複雑化した社会の中でも合理主義を取り続けることができるようにならなければならないのだ。

 人間には必ず限界がある。だから一人で決断を下さないことだ、数人が集まって議論し合えば、最善の答えが見つかるものなのである。複雑な問題を解決するには4人以上10人未満がベストなのである。政府であろうが、企業であろうが、大学や学校であろうが、執行部はこの人数の中に収めるべきなのである。

●先送りの連続、そして何もしないこと

 繁栄している国家では危機が発生してもそれほど深刻にはならない。そのため国民の多くが危機を見ている筈なのに、現在の豊かな生活をそのままの状態で維持しようとし続けるのだ。これは問題を先送りにしているだけなのであって、問題を先送りにすればするほど時間を無駄にしてしまい、気付いた時に問題は解決不能なまでに悪化し、時間を失ってしまったためにその問題を解決できる時間がなくなってしまうのだ。

 現在の日本でも危機は起こっている。

「日本政府の借金は既に1000兆円を超えたのである」

「福島の原発事故は未だ収束せず、汚染水は漏れ続けているのである」

「ロシア、中国、北朝鮮が核ミサイルを持ち、日本はその射程圏内に入っている」

 こういう危機があるというのに、日本政府はリストラをしないどころか逆に増税をしようとし、福島の原発事故が収束していないのに国民は原子力発電所が発電した電気で生活しているし、国家の安全保障は既に危機に瀕しているというのに昭和憲法を改正せず、それどころか昭和憲法があれば平和で居続けることができると非合理主義的な態度を取っているのである。

 では問題を先送りして一体何をやっているのかといえば、それは何もやっていないのだ。反対意見を言って来る人たちの意見を無闇に聞き入れてならないのは、結局何もやらなくなってしまうからなのである。何もしないことで、問題解決能力が失われて行き、いざ問題に直面しても問題を解決することができなくなってしまうのである。

 このことは、戦後首尾一貫して反対を主張し続けてきた日本社会党や日本共産党に問題解決能力がなくなってしまったことを見ても、この事態の深刻さが解る。そのくせ反対を主張しているから、未だに多少の支持者たちを獲得しているのである。

 何事も早い段階で処理していれば、簡単に解決できるものなのである。それなのに問題を先送りし、出来るけど敢えてやらないという愚かな選択肢を取ってしまったために、気がついてみれば命取りになってしまい、国家の滅亡を止めることができなくなってしまうのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

運気を上げたければ冷蔵庫をスッキリさせよう!

●冷蔵庫が汚いと運気が落ちる

 我が家の冷蔵庫は、扉に紙をベタベタと張っており、レシピやクーポン券やメモ書きなど実に様々な物が貼ってあったのだ。しかし、或る人から、「冷蔵庫が汚いと運気が落ちるよ」と言われ、すぐさま冷蔵庫の扉に貼ってある紙を撤去したのである。

 確かにお金持ちの家で冷蔵庫の扉に紙がベタベタ貼ってあることはないのである。どのお金持ちの家も冷蔵庫の扉は綺麗サッパリなのである。なんで冷蔵庫の扉に紙を貼るのが悪いのかといえば、冷蔵庫は食料品を保管しておくものなので、紙を貼ることでその食料品のエネルギーを落としてしまうからなのだ。

 それに金持ちの家の冷蔵庫は冷蔵庫の中がスッキリしている。それに対して貧乏人の家の冷蔵庫は食料品を目いっぱいに詰め込んでいるのだ。金持ちの方が所得が多いのだから、食料品を大量に買い込んでもいいものだが、実は所得の少ない貧乏人の方が食糧を大量に買い込んでいるのである。

 そうやって食料品が目いっぱいに冷蔵庫の中に詰め込まれていると、食料品は腐ってしまい、冷蔵庫の中に腐った食料品が入っていることになってしまうのだ。これも貧乏人の家の冷蔵庫の特徴で、食料品を腐らせるという有り得ないことを平気でやり続けているのだ。

 冷蔵庫を金庫と比較すればいいのだ。金庫は大事なお金や貴重品が入っているのだから、その金庫の扉に紙を貼らないし、目いっぱい入れることはしない。況してや金庫の中で何かが腐っているということもない。食料品を大事に扱うことができない者はお金を大事に扱うことができず、ということは貧乏になってしまうということなのである。

●まずは扉を綺麗にすべし

 財運をあげたいのなら、まずは冷蔵庫の扉を綺麗にすることだ。紙をベタベタと貼らないことだ。なんらかの紙を貼る必要性があるなら、コルクボードでも買ってきて、そこに紙を貼るようにさせればいいのだ。この方がシンプルになるし、情報も一括して処理することができる。

 冷蔵庫の扉が綺麗だと、冷蔵庫を使う度に綺麗な冷蔵庫を視ることになるので、冷蔵庫の中を綺麗にしようと思うようになるのだ。冷蔵庫の扉を綺麗にせず、冷蔵庫の中身を綺麗にしても、すぐにゴチャゴチャになってしまうのは、常に汚い冷蔵庫の扉を見続けているからなのである。

 冷蔵庫は静電気の関係で冷蔵庫の扉に埃が着き、汚れるものなのである。紙が貼ってあると絶対に冷蔵庫の扉を掃除しない。しかし紙が貼ってないと、汚れが目立てば掃除することになるので、それで冷蔵庫の扉がいつもピカピカになるのだ。

 冷蔵庫の中身がゴチャゴチャであっても、冷蔵庫の扉さえ綺麗になっていれば、台所を掃除するようになり、汚かった台所が綺麗に片付くものなのである。外見というのは本当に大事であるのだ。外見さえ整っていれば、自然と何事もスムーズに行くようになるものなのである。

 台所が汚い状態で美味しい料理が作れるわけがないのだ。大体、汚い台所は衛生面でも問題があり、食中毒を起こしてしまう原因になるのだ。台所で美味しい料理を作れば家族全員がその料理で喜んでくれるから、益々料理に励もうとするようになるのだ。その好循環が台所を幸福の場所へと変えてしまうのである。

●食料品の整理

 冷蔵庫の中を綺麗にしていくためには、とにかく必要以上の物を買わないことだ。買い物をする際は衝動買いをするのではなく、きちんと事前に計画を立ててから買い物をすべきなのである。必要な物がありさえすれば、野菜を腐らせたりすることはないのだ。

 そしてこれも重要なことなのであるが、冷蔵庫内の不要な物は捨てることだ。冷蔵庫の中になんでも仕舞う癖のある女性というのは非常に多い。このため冷蔵庫の中には賞味期限の切れた調味料や、風邪薬とか、正体不明の品物とかが入っていることになるのだ。そういう物を捨てない限り、冷蔵庫は絶対に綺麗にならないのだ。

 残った食べ物を無闇にタッパに入れて保存しないということも、冷蔵庫を綺麗にするコツである。タッパは便利であるがゆえに、なんでもタッパに仕舞ってしまうものだが、そうなると冷蔵庫内はタッパだらけになってしまうのだ。食べ物は出来る限り食べてしまう。残った物はタッパに仕舞うが、それでも翌日以内に食べてしまい、タッパが冷蔵庫の中には入りっ放しというようにしないことだ。

 貧乏人に限って冷蔵庫の隙間を埋めようとするのだが、冷凍庫は隙間があって丁度良い物なのである。その方が効率良く冷やされるので、電気代が安くなるものなのである。目いっぱい入れてしまうと、なかなか冷やされないので、それで電気代が高くなってしまうのである。

 こうやって冷蔵庫の中を綺麗にしていくと、家計が物凄く助かるのだ。食費に関して必要以上の出費が出てないために、他の分野に資金を回すことができるのである。エンゲル係数が高くなるのは所得が低いからなのではなくて、冷蔵庫の管理がなっていないからだということに一刻も早く気付くべきなのである。

●定期的に在庫一掃処分を行う

 冷蔵庫の中を幾ら整理したとしても食料品が余って行くことになる。これは誰がどうやってもそうなるのだ。全ての食料品が計画通りに消費されていく方が異常なのだ。食料品は必ず余るように出来ているのであって、それを前提に対策を作って行けばいいのである。

 我が家では食料品が余り出すと「鍋料理」で冷蔵庫の在庫一掃を行っている。余った食料品を鍋の具材として使えば、余った食料品を一気に処分できるだけなく、鍋料理自体も具材が多いことで美味しく食べることができるようになるのだ。

 「天麩羅」も在庫一掃で良くやる料理である。なんでも揚げてしまえばいいのだから、余った食料品は確実に処分されることになる。それ以外にも「豚汁」や「シチュー」と言った物も在庫一掃で良くやる料理である。そういう料理を持っておくべきであって、冷蔵庫の中で野菜が腐るようなことにならないようにすべきなのである。

 既に食料品が充分にあるなら、買い物に出かけず、食料品を買わないという手段も講じておくべきなのである。買い物に出かければ何かを買ってしまうのは当たり前のことなのだ。しかし冷蔵庫の中が既に一杯であるのに、新たに食料品を買ってくれば、既存の食料品が傷み出してしまうものなのである。

 冷蔵庫の中身が少なくなってきて、在庫一掃処分の料理を行い、本当に食料品がなくなったら買い物に出かければいいのである。そうすれば自分が本当に買いたい物を買えるし、新たな食料品を買ったことで既存の食料品を腐らせることがなくなるのだ。

●冷蔵庫の寿命は10年

 冷蔵庫をどんなに大切に使ったとしても、冷蔵庫の寿命は10年と思っておいた方がいい。家電の寿命は大体10年なので、冷蔵庫と雖も購入してから10年も経てば、どこかに問題が発生して来るものなのである。冷蔵庫の調子が悪くなってきたのなら、もうそろそろ買い替え時なのである。

 同じ冷蔵庫を長期間に亘って所有し続けるのは絶対にお勧めできない。というのは、同じ冷蔵庫を所有していいのは最大で20年間であって、20年も経つと技術革新が起こってしまい、旧式の冷蔵庫を使い続けていると、電気代の方が高くなってしまうものなのである。

 冷蔵庫は10年から20年の間は持つものだから、冷蔵庫を買う時は情報収集をきちんと行い、納得の行く物だけを買うようにすることだ。冷蔵庫を衝動買いしてしまうと、その後悔は1日で終わらず、10年以上続くことになるのだ。そうなると料理の質が落ちてしまい、それで家庭内で揉め事が発生してしまうのだ。

 冷蔵庫の購入費用は高が知れているのだから、絶対にローンを組んで買わないことだ。冷蔵庫を買う1年くらい前から貯金していけば、現金で変えてしまうものなのである。ローンで買えば便利ではあるが、利息がつくので、そのためにかなり値段が高くなってしまうのである。

 考えてみると、金持ちの家はちゃんとした冷蔵庫を買っているものだ。冷蔵庫こそ台所の中で最も値段が張るものだからこそ、冷蔵庫の購入に当たって、買い物の仕方を間違えていないのだ。貧乏人に限って冷蔵庫を安い値段を理由に購入を決めてしまうものだが、そういう購入の仕方は貧乏一直線であるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (9) | トラックバック (0)

大震災の記憶を伝えて行くことの難しさ

●大震災での出来事は経験した者にしか解らない

 「災害は忘れた頃にやってくる」と言われるものだが、今回、東日本大震災を経験しても、次に東北に大地震が来るのは百年後かもしれないし、千年後かもしれない。今、生きている人たちが次の大地震に遭遇するとは限らないのだ。となれば、大震災を経験した人たちが全員死んでしまえば、東日本大震災の教訓をどのように伝えて行くのか根本的な所から問われることになるのだ。

 阪神淡路大震災では神戸市が大震災の博物館を作ったのだが、これほど税金の無駄遣いはない。というのは、こんな博物館を作っても、必ず次の大地震はやってくるものだし、それに次の大地震は阪神淡路大震災レベルになるとは限らない。神戸市民が阪神淡路大震災に拘っているようでは、次の大地震の時はより大きな損害を発生させてしまうことになるのだ。

 大震災の教訓を語り継いでいくためには、「シンプルなソフト」を作ることこそが大事なのである。そうでないとみんな忘れてしまうからだ。大震災の教訓は人々の忘却と戦わなければならず、複雑なソフトを作ったり、ハードに頼るようでは、大震災の教訓を活かせないのだ。

 ところがここで最大の問題が発生してしまい、そういうシンプルなソフトは大震災を経験した者にしか作れないということだ。大震災を経験しない者が何からしらのソフトを作っても、実際に大地震に遭遇してみれば、使い物にならなかったりするのだ。今回の東日本大震災でも、「大地震が発生したら、老人や身体障害者たちに声をかけ、それから避難しなさい」と教えられていたために、予想よりも早く到達してきた大津波のために、逆に多くの人たちが死亡してしまったのである。

 大震災を経験した作家があるなら、「高貴なる義務」としてこのシンプルなソフトを作るべきなのである。その際、その本が売れるかどうかを考えるのではなく、とにかく未来に於いて語り継いで行ける物を真剣になって作るべきなのである。

 今回紹介する本はこの本!

文:光丘真理 絵:山本省三 『タンポポ あの日をわすれないで』(文研出版)

 タンポポ

●大地震は突然にやってくる

 絵本なので、物語は仄々とした形で始まるのだが、突然に大地震が発生する。実際の大地震は本当に突然に発生するので、これで良いのである。この物語展開に疑問を持ち、「ん? もう少し話を入れた方がいいんじゃない?」と思う人は大震災に遭遇していない人だ。これは大震災に遭遇したからこそ、この物語展開ができたのである。 

 実際の東日本大震災は午後の2時台に発生したのだから、学校での出来事をあれこれ書いたっていいのである。しかしそれでは「大地震は突然にやってくる」という最も大事なことを伝えられなくなってしまうのである。絵本を作るためにはリアリズムが必要だが、無闇にリアリズムを押し出せばいいというものではないのだ。

 大地震が発生しているシーンでは、生徒たちが机の下に隠れるのだが、こういう形で大地震の時に何をすればいいのか教えておけば、子供たちは自然にそれができるようになるのだ。学校ではなんで大地震の際に机の下に隠れるか教えられてもイマイチ解らないものだが、絵本ならその必要性が簡単に解ることができるのである。

 この絵本の著者は宮城県に住んでいるので、大地震が来た後は大津波が来る可能性があるから、そのことを書かねばならない。沿岸部では大地震だけで大震災は終わりではないのだ。大津波こそが内陸部とは比較にならないくらいの大損害を発生させるのである。

 学校の場合、バラバラに避難するより、組織的に避難した方が良い。というか学校の教師はそのことに関して絶対的な責任を持たなければならないのだ。今回の東日本大震災では、宮城県のとある学校で学校の教師たちが高台でもない場所に生徒たちを避難させ、それで生徒たちを全部死なしてしまった事件があったが、このことは責任を厳しく問われなければならないのだ。

 小学生はまだ充分な判断力を持っていないのであって、それなのに学校の教師たちが間違った誘導をしたのなら、全滅するのは当たり前なのである。これでは平時に於いて避難訓練を怠っていたと言われても、仕方のないことなのである。

●自然の猛威になすべなし

 大津波は全ての物を飲み込み破壊して行く。大津波に巻き込まれれば、人は助からない。大津波の海水は砂を大量に含んだ物なので、大津波に飲み込まれれば即死なのである。大津波に遭ってどうにかすれば助かるかより、とにかく逃げるしかないのだ。

 まさに「自然の猛威になすすべなし」なのだ。人間は自然が穏やかな姿を見せている時だけを利用して生活しているのであって、自然が持つもう1つの姿が現れてしまうと、人間はもうお手上げなのである。この絵本はそのことが巧く描けている。

 環境保護活動をやっているような人たちは、自然の表の部分しか見ておらず、まさか自然が人間たちに牙を剥き出しにしてくるとは思わないのだ。環境保護活動の人たちの主張が通ってしまうと、逆に大震災時に被害を拡大させてしまうのである。

 自然が文明生活を破壊してしまえば、人間たちは自宅を追われ、避難所で雨露を凌がねばならないのである。この絵本では学校を避難所にすることで、その混乱ぶりを表現している。学校は勉強だけをする場所ではないのである。非常時に避難所になることで人々を救うのである。

 避難所では笑う人などいない。居たら頭のおかしい人物であろう。誰もが疲労しきって、希望を見出すことができないのだ。沈黙だけが心身を癒して行くしかないのだ。あの大震災で生き残れただけでもラッキーなのだが、その幸運は今は噛み締めることなどできないのだ。自分の目の前に起こった出来事が余りにも想像を絶してしまったからだ。

●自衛隊の活躍

 避難所が活気を取り戻すのは自衛隊がやってきてからなのである。自衛隊が食糧や水を運んで来てくれるので、避難民たちはどうにかしてひと息つけることができるのである。自衛隊の有難さは大震災で悲惨な目に遭うと良く解るのである。

 大震災に関する本で自衛隊の活躍を描かなかった本は無価値である。非常時では軍隊しか役に立つ物はないのだ。警察は平時に於いては強力な力を発揮するのだが、非常時になると情けないほど無様な姿を曝け出してしまうのだ。軍隊は非常時を想定して平時から教育と訓練を受けているからこそ、いざ非常時になると本当に役立つことになるのだ。

 ということは、「反戦」を主張して来る平和主義者は大震災に関する絵本を作れないということなのである。もしも平時に於いて平和主義者たちの意見を受け入れて、軍隊を廃止してしまった場合、大震災が発生した時には誰も助けに来てくれず、その被害を最大化させてしまうのである。

 自衛隊は今回の東日本大震災で、戦力の半分を被災地に投入したのである。これは「80対20の法則」から言えば最大限の数なのであって、自衛隊はまさに全力で被災者たちを救助していったのである。日本はこの時、国防が危機的状態になったことを決して忘れてはならない。中国は尖閣諸島への侵略を強めたし、韓国は大統領が竹島に上陸して、領有の永久化を主張して来たのである。

 こういうことがあるからこそ、軍隊というものは、「国防軍」と「民間防衛隊」の2種類を持つべきなのであって、国防軍は志願兵制で運用し、民間防衛隊は徴兵制で運用し、その代わり国防軍は主に祖国防衛の任務に当たらせ、民間防衛隊は郷土防衛の任務に当たらせるべきなのである。

 現在の日本で民間防衛隊に近いのが消防団なのであるが、消防団は本体消火活動に従事する組織である。これを大震災で使用するのは、基本的に無理が有り過ぎるのだ。消防団を民間防衛隊に発展させて、郷土防衛ができるようにしておけば、いざ大震災が発生しても、被災者救済のためにすぐに使え、大震災の被害を最小限に抑えることができるのだ。

●喪失感、そして鎮魂

 大震災では必ず死者が出てしまう。たとえ助かった者でも引越しをして去って行ってしまう。そのため残された者たちには「救いようのない喪失感」だけが残ることになるのだ。この喪失感がある限り、被災者たちは大震災の前と後とを比較してしまい、前に進むことができなくなってしまうのだ。

 しかし数が減少するからこそ質が向上することもまた事実なのだ。そして質の高くなった者たちは団結し連帯感を持ち、以前とは比べ物にならないくらいに強くなっているのだ。その変化は大震災の傷跡が冷めやらぬ中で確実に怒って来る。

 だからいずれ死んでいった者たちに対して「鎮魂」をすることができるようになるのである。生き残った者たちだけが死者たちを鎮魂することができるのであり、死者たちは鎮魂されることで霊魂が浄化され、この世から完全に離れて、あの世に行けるのである。

 この絵本ではタンポポこそが鎮魂の象徴になっており、タンポポの種が飛んでいくことで死者の悲しみが癒され、復旧復興がなされていくのである。見事としか言いのようのない表現方法である。大震災という悲惨な現実がタンポポによって見事に昇華されていくのである。

 俺が嘗て「神社仏閣の復興がなされれば、復旧復興の山場を越えた」と言ったが、それはそういうことなのである。被災者たちが死者たちの鎮魂をできるようになったからこそ、復旧復興は着実に進んで行くのである。復旧復興には絶対に宗教が必要なのである。それなのに宗教抜きで復旧復興をしようとするからこそ、復旧復興が全く進まなくなってしまうのである。

 この絵本はきちんと起承転結がなされ、文章も巧いので、絵本としては合格である。強いてケチをつけるなら、絵をもっと巧く書いて欲しかった。大震災の記憶を語り継ぐためには、それに耐えられる絵でないと困るのである。子供たちは何度も何度もその絵本を読み続けて行くのだから。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京オリンピックと東京大震災

●なんでこんな時期に?

 2020年に東京オリンピックが開催されることが決まったのだが、俺は「本当に嬉しい」と思う反面、「なんでこんな時期に?」と疑問を持ってしまった。現在の日本は東日本大震災から立ち直ってはいないのである。まずは震災処理を最優先すべきであって、オリンピックのようなどうでもいいことは手を出すべきではないのである。

 トルコのイスタンブールで反政府暴動が起こった時点で、「なんかこれは変だぞ」と思っていた。ヨーロッパのロンドンでオリンピックをやり、次は南アメリカのリオでオリンピックをやりとくれば、その次はアジアなのであって、日本かトルコということになる。スペインのマドリードは絶対に有り得ない。それなのにトルコは反政府運動のために、オリンピック招致どころではなくなってしまった。

 しかもジャック・ロゲ国際オリンピック委員会会長はベルギー人で、爵位は伯爵である。日本の皇室とベルギーの王室は仲が良いので、ベルギー王国の国王から何かしらの要求があれば、当然に日本有利に展開することになった筈だ。

 今回、東京にオリンピックを招致させようとした人々は前回の東京オリンピックを見て育った人たちが殆どである。日本は前回の東京オリンピックで経済成長を引き起こしたために、今回の東京オリンピックもそうなることを期待していることだろう。しかし今回はそうなることはない。日本の経済規模は前回の東京オリンピックの頃とは比較にならないほど規模が大きくなっているので、日本でオリンピックを開催しても、日本は相変わらず低成長を続けるしかないのである。

 今回の出来事で1つ褒めることがあるとすれば、大阪市ではなく東京都でオリンピックを開催することが決まったことだ。東京都は日本で唯一、中央政府から補助金を貰っていない地方自治体なのである。東京都は今回、自分たちのお金を使って招致活動を行ったのであって、だからこそ効果的な招致活動ができたのである。大阪市がやった時は下手糞な招致活動をやったものだが、あれは中央政府から補助金をいたからこそ、責任感がまるで欠如していたからなのである。

●原発事故は未だ収束していない

 現在の日本は東日本大震災の震災処理すら終わっていないのだ。先の民主党政権の失政で、震災直後に「現地対策本部」を設置するのが大いに遅れたために、震災の被害が拡大してしまったのである。震災というのはどのような規模であっても、現地対策本部を設置して処理を進めていけば、震災の被害を最小限度に抑えることができるし、復旧復興が猛スピードで進んで行くものなのである。

 最大の問題は福島第一原発の原発事故であって、この原発事故は未だ収束してないのだ。収束していないにも拘わらず、民主党政権時には政府が収束宣言を出してしまたたので、この危機を全く他人事のように捉えているのだ。未だに破壊された原子炉からは汚染水が垂れ流し状態になっているのである。

 民主党政権から交代した自民党政権は「東京電力では原発事故の処理は無理」と判断した。決断力のある安倍晋三首相だからこそ、こういう決断ができたのである。自民党を批判する人たちは迷走を繰り返した菅直人首相や野田佳彦首相の時と比較して欲しい。首相として決断力のない者は首相としては絶対に不適格なのである。

 東京電力の現場のスタッフたちは「原子炉の中がどうなっているかは原子炉を開けてみないと解らない」と言っているほどなのである。それだけこの原発事故は原子力に長年携わってきた人たちですら想定外の出来事になっているのである。

 原発事故を収束させるということは、メルトダウンを起こしたウランを回収して、初めて収束したと言えるのである。東京電力は20年以上かけてそれをやろうとしているのだが、そんなことをしていてはいつまで経っても終わらないのだ。それに再び東北地方で大地震が起これば、あの原子炉だってどうなるか解らないのだ。

●2021年までに確実に発生する東京大震災

 東北地方で大地震が起こると、その10年以内に関東で大地震が起こっている。これは地震学の研究に基づく科学的成果なのであって、この地震学の科学的成果を活かして欲しい。東京オリンピックのために施設を整えても、東京大震災が起こればパーになってしまうものなのである。

 東京大震災が起こる可能性は非常に高い。

 というのは、俺が住む千葉県ですら数十センチも地盤沈下が起こっているのだ。これは今回の地震が自然発生したものではなく、アメリカ軍が地震兵器ハープを使って引き起こしたために、太平洋プレートがのめり込んでしまったのである。前兆現象は既に起こっているのである。

 非常に気になるのが、東日本大震災以降、神奈川県を直下とする地震が起こっていないことだ。神奈川県の下ではプレートが歪みに歪みまくっている筈なのであって、この歪みを是正しようとすれば、神奈川県を震源とする大地震が起こるかもしれないのだ。

 東京都は東京オリンピックを東京都とその周辺で競技ができるようにしたのだが、よりによってそこは全部、嘗て海や川や沼地だった所であり、地盤が物凄く弱い場所なのである。そこに大地震が来れば建物が全部壊れてしまうのは当たり前のことなのである。

 今からでも遅くはないのだから、東京都の全ての施設に耐震措置を施しておくことだ。基本的には「M9.0」を想定すべきであって、それに耐えられるようにしておかないと、東京大震災で建物が壊れてしまえば、それを立て直してオリンピックに間に合わせるのは絶対に不可能だと言っていいのだ。

●10年以内に深刻な皇緒問題

 原発事故処理や東京大震災も厄介だが、それ以上に大問題なのが、皇緒問題である。10年以内に今上天皇陛下が崩御する可能性は充分にあるのであって、そうなると今の皇太子殿下が天皇に即位するのである。皇太子殿下に娘はいても息子はいない以上、明治天皇以来の直系はこれで絶えてしまうのである。

 父系家族では3代目と5代目と7代目で危機を迎える。鎌倉幕府の源氏は3代で途絶えているし、室町幕府の足利家は5代の足利義量で直系は途絶えている。江戸幕府の徳川家も5代の徳川綱吉で直系は途絶えているのだ。天皇家だって3代目の昭和天皇で大東亜戦争の敗戦を受けて危機を迎えたし、5代目の皇太子殿下の時に直系断絶という危機を迎えることになるのだ。

 皇太子というのは皇位継承者の筆頭である以上、子供を大量に生んで行くべきなのである。皇太子の生殖行為は大事な大事な国事行為の内の1つなのである。もしも妻が男子を産めないのなら、側室を設けて男子を産まさせるべきなのである。一般庶民なら愛妻家は美徳でありえても、皇族なら愛妻家は美徳たりえないのだ。

 皇太子妃は男子を産めなかったことで、既に精神病を発症しているのである。自分が男子を産めなかったら、皇太子に愛人を作るよう勧めればいいものを、そういうことを全くせず、時間を無駄にし続けているのである。妊娠出産によって皇太子に子種があると解っている以上、男子を妊娠できないのは自分の責任であるということがまるで解っていないのだ。

 天皇家の危機に対して、日本の社会主義者たちは猛攻撃を加えて来ることが予想されるのである。女性天皇や女性宮家を認めさせて、万世一系の天皇家を破壊しようとしているのである。その最高総司令部である日本共産党は民主党の没落によって勢力を増強しつつあるので、日本共産党に踊らされるバカたちが大量発生してくることになるのだ。

 日本は天皇家の問題のためにかなり多くのエネルギーが取られてしまうことを想定していなければならない。国会でも、マスコミでも、出版界でも、この問題で激論をし、社会主義者たちの陰謀を徹底的に破壊して、これを機に社会主義者たちの息の根を止めなければならない。

●日本国民よ、絶対に浮かれるな!

 東京オリンピックが決まったからといって、日本国民は絶対に浮かれてはならないのだ。日本国民に残された時間は8年間しかないのだ。8年以内に東京大震災が発生するのであって、その東京大震災を乗り切り、東京オリンピックを開催しなければならないのだ。

 日本のスポーツ選手たちがメダルを取るために練習をすることは結構なことである、しかし今回のオリンピックは違うのである。日本が問題を山積みさせた状態で迎えるのである。原発事故を一刻も早く収束させなければならないし、皇緒問題が発生したのなら、天皇家を守るために立ち上がらなければならないのだ。

 日本は先進国の中でも社会主義者たちが最も多いという事情な国家なのである。旧ソ連のロシア連邦ですら社会主義勢力は殆どいなくなったというのに、よりによって日本は未だに社会主義者が跳梁跋扈する学問的には後進国なのである。

 長野オリンピックは、外国の国旗には正常な対応をしていたのに、日本の国旗には「選手団の旗」と有り得ない扱いした前科があるのだ。社会主義者たちはこういう悪質なことを平気でやってくるものなのである。東京オリンピックでもこのような嫌がらせが至る所で起こると見た方がいいのだ。

 近代日本は思想戦に対して余りにも無防備なのである。このために社会主義に浸食されて大日本帝国は滅んでしまったし、再び社会主義者たちはこの日本国を滅ぼそうとしているのである。いい加減に気付いて欲しい。社会主義は亡国イデオロギーなのであって、社会主義を殲滅して行かない限り、日本国民に幸福がやってこないことを!

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲は女性の体にとって毒なのか?

●珈琲は男の飲み物

 飲み物の中で、これは「有益なのか有害なのか論争がある」という飲み物がある。それが「珈琲」なのである。珈琲を飲めば脳を覚醒させてくれる。しかしその反面、珈琲は様々なビタミンやミネラルを奪ってしまうので体にとっては毒なのである。

 珈琲の実自体は甘くて食べられる物なのである。珈琲はその種の部分を使うのである。種である以上、本来は食べてはならないものだ。ところが人間たちはその食べてはならない物をなんとかして加工したら珈琲になってしまったので、それを飲んでいるに過ぎないのだ。

 珈琲の木はエチオピアが原産なのだが、エチオピアにいたキリスト教の修道士が珈琲の種を煮出して秘薬を作っていたらしい。その後、珈琲の種を焙煎する方法を思いつき、珈琲として飲まれるようになると、それがイスラム教徒たちの間に一気に広まったのである。

 ヨーロッパ諸国にはイスラム諸国との貿易によって齎され、これが爆発的な勢いで広まっていったのである。珈琲ハウスが至る所にでき、男性同士の社交の場として機能したのである。西ヨーロッパの文化を語る上で絶対に欠かせないのがこの珈琲ハウスなのだ。

 珈琲の歴史を辿っていくと、珈琲に関与した人たちというのは全員が男性だったということなのである。珈琲ハウスは女人禁制だったのであり、幾ら珈琲がヒットしていても、女性が飲む飲み物ではなかったということなのである。それなのに近代以降になると、女性たちも男性たちの真似をして珈琲を飲み始めたのである。

●女性が珈琲を飲むことの弊害

①脂肪の減少

 女性が珈琲を飲んでしまうと、脂肪が減少してしまう。特に胸が小さくなり、ペチャパイになってしまうのだ。女性にとって脂肪は女性ホルモンの分泌を整える機能を持っているので、脂肪が減少するということはどうしても女性ホルモンの分泌が乱れてしまい、それで体調不良になってしまうのだ。

②肝臓機能の低下

 珈琲を飲むと肝臓から糖を強制的に排出させてしまうので、肝臓の機能を低下させることになる。女性が珈琲を飲むと風邪をひき易くなるが、これは肝臓機能が低下しているために免疫力が低下してしまったからなのである。風邪をひいたからといって風邪薬を飲んでしまうと、機能が低下している肝臓は更に風邪薬を解毒させなければならないので、凄まじく疲労しきってしまうのである。

③脳の機能の低下

 珈琲は脳を覚醒してくれるのだが、女性は男性以上に覚醒作用が強いために、珈琲を飲み続けてしまうと、逆に脳の機能が低下してしまうのだ。珈琲を毎日飲む女性に限って朝に珈琲を飲まないと頭が動かないというものだが、もうこれは明らかに珈琲のために脳の機能が低下してしまった証拠なのである。

④体温の低下

 珈琲を飲むと体温を下げることになる。珈琲はエチオピア生まれの飲み物なので、決して体を温めることはしないのだ。体温が低下すれば免疫力だって低下するのだから、それで様々な病気に罹り易くなる。特に危険なのはアイス珈琲であって、低温低下は最大化してしまい、非常に危険なことになるのだ。

⑤不妊症の発症

 カフェインは遺伝子の複製を妨げるので、不妊症を発症してしまうことになる。珈琲も1杯ぐらいなら不妊症を発症させないのだが、1日に何杯も飲んでしまうと、確実に不妊症になってしまう。アメリカン珈琲のように薄い珈琲だと何倍も飲んでしまうものだが、だからこそアメリカ合衆国では不妊症患者が多発しているのである。

●女性は男性以上にカフェイン中毒に罹り易い

 女性は肉体の構造上、男性以上にカフェイン中毒に罹り易い。女性は体温が低いので、珈琲によって体温が下がると、内臓の機能が低下してしまい、カフェインの効果が非常に強くなってしまうのだ。カフェインがモロに効くと言っても過言ではないのだ。

 厄介なことに、カフェインは脂肪に蓄積されるので、女性のように男性よりも脂肪の多い体はカフェインを蓄積し易く、そのために珈琲を飲まなくてもカフェインの効果が効き続けてしまうのである。そしてカフェインの量が減少すれば珈琲を欲しくなるので、これでは確実にカフェイン中毒になってしまうのだ。

 女性が珈琲を飲む習慣を持ってしまうと、「神経質」になり易い。働く女性たちの中で神経質になっている者がいるが、そういう女性は必ずと言っていいほど珈琲を飲む習慣を持っている。自分が神経質になっているために、職場で様々なストレスを発生させてしまい、それが生産性の低下となって現れて来るのである。

 女性はカフェイン中毒に罹ると珈琲をやめるにやめられなくなる。既に脂肪にカフェインが蓄積されているので、珈琲をやめようものなら禁断症状が出て来てしまい、自分が珈琲をやめたくてもやめることができなくなってしまうのだ。無理してやめようものなら頭痛、眩暈、吐き気など症状が出て来てしまうのだ。

 珈琲を大量に飲む女性は、大抵、飲酒や喫煙もすることになる。飲酒も喫煙も中毒症状が起こるものであって、既にカフェイン中毒に罹っているなら、次はより強力な中毒作用のあるお酒やタバコに手を出してしまうものなのである。特にタバコの中毒作用は最強であるので、自分の力でタバコをやめるのは非常に困難になってしまうのである。

●女性たちは紅茶を飲むべし

 女性であるなら珈琲よりも紅茶の方が良い。紅茶は珈琲よりもカフェインの含有量が少ないので、カフェイン中毒に罹りにくいのだ。しかも紅茶は発酵茶なので、体温を温める効果を持つのだ。冷え性で悩まされる女性にとっては、体温を下げる珈琲より、体温を上げる紅茶の方が良いのである。

 紅茶が幾ら体に良いとはいえ、缶の紅茶やペットボトルの紅茶を買わないことだ。そういう紅茶には大量の白砂糖が使われているので、体によって非常に毒になってしまうのである。紅茶を飲むなら自分で紅茶を作れば良いのである。それが一番安全なのだ。

 気をつけるべきは、ティーパックを使って紅茶を入れる遣り方で、この遣り方だとティーパックを白くするために使われている漂白剤が紅茶の中に流れ出してしまい、内臓を傷めてしまうのだ。ティーパックを使って紅茶を飲んでいると確実に近視になってしまうので、絶対にやらない方が良いのだ。

 カフェインを摂取したくないというのなら、ノンカフェインのハーブティーを飲めばいいのだ。ハーブティーはカフェインがないために脳の覚醒効果はないのだが、ハーブによるリラックス効果やビタミン補給ができるので、健康に寄与するのである。

 因みに珈琲を飲み続けたために貧乳になってしまったのなら、豆乳を飲むことだ。豆乳には大豆イソフラボンが入っており、これは女性ホルモンと同様の効果を引き起こすのだ。毎日せっせと豆乳を飲んでいれば、巨乳になるので、女性としての魅力を思いっきりアップさせることができるようになるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (9) | トラックバック (0)

学校への不満は永遠になくならないもの

●なぜ学校へ不満を抱いてしまうのか?

 大人達の中には学校に対して不満を抱いている者たちは非常に多い。公立学校に行ったのなら、学費がタダだったのであり、無料で教育を受けさせて貰ったのだから感謝すればいいものを、よりによって学校で満足ゆく教育を受けることができなかったために激しい怒りを抱いてしまうのだ。

 私立学校に行った者たちはもっと深刻で、親に頼み込んで学費を出して貰ってまで学校に行ったのに、学校での教育が自分の納得いくものではなかったために、在学中から激しい怒りを抱き、卒業後はその怒りが増大していくことになるのだ。

 学校というものは、そもそも理想的な教育を受けられる場所ではないのだ。理想的な教育というのは、それこそ家庭教師を雇い、マンツーマンで個人授業を行うということなのである。これなら教育の効果を最大化することができる。しかしそんなことを子供たち全員に行うことなど、経済的に絶対に無理である。

 だから学校に生徒たちを集めて教育を行うのである。この教育の遣り方では、誰がどうやっても理想の教育にはならないのだ。もしもこの学校教育でより良い教育を行おうとすれば、教師1人に対して、生徒10人ほどの割合にし、出来る限り教師が持つ生徒数を減少させていかなければならないのだ。

 こういうレベルの高い教育を行っている学校は、通常、「エリート学校」と呼ばれることになる。将来、エリートになると予定された子供たちだけが行くのである。当然に公立学校ではなく私立学校であり、その学費は半端なく高い物となるのだ。

●江戸時代でも同じ現象が起こっていた

 日本は明治維新以降、学校制度を整えて行き、様々な教育改革が行われ続け来たものだ。それだけ学校は常に問題を発生させ、政府が教育改革を施さねばならぬほどその問題は深刻なのである。しかし政府がどんなに教育改革を施してもダメなのである。

 この現象は江戸時代でも全く同じことが起こっていたのである。諸藩は藩校を設けて藩士たちに教育を施していたが、その教育の効果は大したものではなかったのだ。藩士たちを無学文盲にしないことができたくらいであり、藩校から優秀な人材は育ってこなかったのである。

 そこで登場してきたのが「塾」なのであり、松下村塾のように少人数に対して教育を施し、それによって優秀な人材が続々と誕生してきたのである。長州藩が小さな藩であったにも拘わらず、幕末の政治を動かし続けることができたのは、この塾があればこそだったのである。

 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟が敗北してしまうのだが、この奥羽越列藩同盟の諸藩たちに共通することは、藩校はあっても塾がなかったということなのである。藩校での教育を重視する余りに、吉田松陰のように藩士の中の奇人変人が塾を開いて藩士たちを優秀な人材になるよう教育していくということがなかったのである。

 藩校というのは誰がどうやっても官僚主義的になってしまうものなのである。そんな教師から物を教えられても、生徒たちが優秀な人材に育つ訳がないのだ。塾という官僚主義とは無縁な組織だからこそ、教師は必死になって勉強し、それに釣られて生徒たちも必死になって勉強し、結果的にその塾から優秀な人材が育ってきてしまうのである。

●学校と塾によるダブルスクール

 「80対20の法則」を使えば、学校だけに通っていては効果が0%になるものなのである。学校と塾を併用するからこそ、出力が190%になり、優秀な人材として育って来るのである。学校と塾のダブルスクールこそが、生徒たちを優秀な人材に育て上げるコツなのである。

 学校と塾の両方に通った場合、塾での方が勉強は捗るものだ。だからといって学校に行かないのは問題があるのだ。塾は入試に特化しており、学校に行かず塾だけでは逆に学問が疎かになってしまうものなのだ。学問の中でも文法のようにその習得に時間がかかる物に関しては塾よりも学校の方がきちんと教えてくれるものなのである。

 ダブルスクール族が普通の生徒たちよりも有利になるのは、塾があるために学校での滞在時間が短くなるということなのである。学校にいつまでもダラダラといないからこそ、不良になったりしなくなるのである。用がないのなら学校を去った方が時間を効果的に使えるものなのである。

 教育の効果を高めたいのなら 皆勤賞を狙わないことだ。自分が病気の時に無理して学校や塾に行かなくていいし、大学受験が終わったのなら学校にも塾にも行かなくていいのである。学校というものは、卒業できるだけの授業日数を受けていれば、卒業できてしまうものなのである。

 10代の頃は何事も急成長するものなのである。だから自分が本当にやりたいと思うことを集中してやってしまうべきなのである。そのためには模範的な生徒になる必要性はないのだ。寧ろ教師たちからは不真面目だと思われている生徒の方が、自分の得意分野を伸ばし易いものなのである。

●学校も塾も決して万能ではない

 学校も塾も決して万能ではない。万能ではないが双方が補い合っているのである。学校で全てのことを処理しようとするからこそ余計に多くの問題が発生するのだ。嘗て如何なる塾も学校抜きで存在しようとしなかったのであり、学校はその謙虚さを学ぶべきなのである。

①学校では最低限の教育しかできないと理解する。塾では入試専用の教育しかできないと理解する。

 学校で最高レベルの教育をするのは絶対に不可能である。最高レベルの教育は学校で行うのではなく、家庭で家庭教師がマンツーマンになって教えるものなのである。学校はここの学校を卒業するなら最低限これだけは学んで行って欲しいという物を決めて、それを学び終えた者だけを卒業させていけばいいのである。

 塾では入試専用の教育を行っている以上、塾で一生懸命勉強すれば入試に合格できるだけのことであって、そのために学問の中で何かが疎かになってしまうものなのである。塾での成績が良くても、文法を解っていない人たちが幾らでもいるし、社会科学や自然科学で自己研究をして、発表したりした者もいないのだ。

②教師たちを終身雇用にしない。

 第一次産業や第二次産業では終身雇用は採用すべきものであるが、第三次産業に属する教育に関しては終身雇用は不適格なのである。塾が学校に勝り続けているのは、塾では講師を終身雇用にしていないからなのである。学校は教師を終身雇用で雇うからこそ、教師の質が低下してしまうのである。

 教師になるためにどんな教育を受けようが、実際に教壇の上に立たせて生徒たちに物を教えてしまえば、その者が教師として適格か不適格かはすぐに解るものなのである。教師として能力のない者を切り落として行くからこそ、質の高い教師だけが生き残り、それによって出来のいい教育を施すことができるのである。

③教育理念こそが最も大事。

 学校でも塾でも、しっかりとした教育理念があると、それに見合う教育の成果が出て来るものなのである。教育理念がなければ、教師たちの力だけで学校が維持される羽目になり、そうなって来ると教師が問題が起こせば学校存続自体に関わる問題になってしまうのだ。

 教育理念で文武両道を唱えたのなら、必ず学問もスポーツも強くなってくるものなのである。教育理念を持たず、ただ単に学問やスポーツをやらしても生徒たちは真面目になってやらないし、たとえ教師たちが無理矢理やってもそれは一時的にしか成果が出ず、いずれなんの成果もなくなってしまうのである。

●教師たちは生徒たちに乗り越えられるのが最後の仕事

 学校の教師たちは自分の生徒たちに乗り越えられるのが最後の仕事なのである。「もう自分は生徒たちに教える物が何もない」と解った時、教師と生徒の関係は解消されるものなのである。そういうことをせず、いつまでも先生気取りでいるからこそ、生徒たちは猛反発してくるのである。

 偏差値が70を超える私立学校では、そこの学校の教師たちは生徒たちに乗り越えられることを当たり前のことだと思っている。それだけ10代に於ける若者たちの成長は速いし、成長した時に猛烈な上昇を見せるものなのである。

 逆に偏差値の低い学校に限って、その学校の教師たちはいつまでも先生気取りでいて、卒業後に同窓会で開かれtればのこのこと出掛け、そこで卒業生たちからチヤホヤされることに喜びを見出して来るのである。だから同窓会などは絶対にやめるべきなのである。同窓会は教師を無能化させることに凄まじい威力を発揮してくるからだ。

 「学問の礼は学問ですべき」なのである。自分が学校や塾で教師や講師たちから何かお世話になったと思うなら、自分がその後、学問に精進して、立派な人物になり、学問を大いに発展させるべきなのである。学問はそういう者たちがいるからこそ日進月歩で発展していくのであって、もしもそういう者たちがいなければ、学問は発達するどころか、衰退していってしまうものなのである。

 19歳以前は教師によって勉強を教えて貰った方が効率的なのである。しかしそれ以降は自分で勉強して行った方が効率的なのである。だから「早くに自分で勉強する習慣を身につけよ」ということなのである。独学こそ常に学問の王道なのである。

 それなのにいつまでも学校に拘り、学校への不満を持ち続けているからこそ、大した仕事ができないのである。勉強する習慣を持ってしまった人は学校への不満など消えて行くものだ。学校でどんなに悲惨な目に遭ったとしても、そのことには諦め、学校で失われた時間を取り戻すかのように必死になって勉強し出すものなのである。

 世の中は学校批判をしている人たちが多いものだし、その声も大きいものだ。かと言って、その意見は絶対に正論にはならないのだ。もうとっくの昔に学校を卒業したのに、今でも学校に頼り続けているのである。要は精神的自立ができていないということなのである。精神的自立を果たしていない者の意見に、傾聴に値する意見というのは何1つないものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

目指せ! スッピン美人

●化粧品はお肌に毒である!

 何事も自然のままが一番美しい。植物や動物だって、自然のままだからこそ、人間の手では作り出せないような美しさを示すのである。それなのに人間はその自然の美しさを嫌い、人工的な美しさを良しとしてしまうのである。だから女性たちは化粧をし、男性は化粧をした女性を好んでしまうのである。

 しかしその代償は果てしなく高くついてしまう。多くの化粧品は石油から作られているために、顔を油で覆ってしまい、そのために皮膚が呼吸できなくなり、それで「シミ」「シワ」「ホクロ」といったものができてしまうのである。厚化粧の人ほど、早くに顔が醜くなってくるのは、このためなのである。

 石油は顔から体内に入り、腎臓や肝臓を傷めてしまうものなのである。腎臓や肝臓を傷めてしまえば、体のどこかに病気が発症して来るのは当たり前のことなのである。厚化粧をせざるを得ない女優が意外と短命なのは、化粧を使い過ぎたからなのである。

 女性たちは化粧をして美しくなることに躍起になるものだが、「化粧品はお肌に毒である!」という考えもまた持つべきなのである。化粧をして美しくなりたいのなら安全に美しくなるべきなのであって、自分の健康を破壊してまで美しくなろうとすべきではないのだ。

 化粧という物はドーピングのようなものなのであって、一時的により美しくなれるが、その代償が高くついてしまうものなのである。厄介なのは、女性というのは10代や20代でこのより美しくなりたいという願望が非常に強くなるのだ。そして30代以降になれば老化を防ぐためにいつまでも若くいたいという願望が強くなり、それで化粧をしてしまうのである。

●化粧をする回数を激減させる

 化粧に対する最善の解決策は、「化粧をする回数を激減させる」ということなのである。化粧は必要な時しか化粧をしないと決めてしまえば、お肌を健康に保つことができるのである。化粧をする必要性がない時に化粧をするからこそ、化粧品のために顔が傷んでしまうのである。

 女性たちの中には外出する際には必ず化粧をする女性がいるのだが、こういうバカな女性は論外である。これでは顔が傷むのは当たり前なのである。生きていればどうでもいい用事でも外出しなければならない時もあるのであって、そういう時はスッピンでいいのである。

 独身女性ならせいぜい仕事がある日だけ化粧をし、休日は化粧をしない日にすればいいのである。休日にデートをするのに、化粧を要求して来る男性とは交際をお断りした方がいいのだ。飲酒に休肝日が必要であるように、化粧にだって「ノーメイクデー」が必要なものなのである。

 既婚女性なら妊娠してしまえば化粧をしなくなる。自分が妊娠すれば化粧という物が有害だということが良く解るようになるのだ。まず化粧がお肌に合わなくなる。化粧をすると気持ち悪くなる。妊娠したためにお肌が敏感になっているので、体が「化粧をしないでくれ!」と訴えているのが良く解るようになるのだ。

 だから若い時に思いっきり化粧をして、いい男性と巡り会って結婚してしまい、結婚後は出来る限り化粧をしない生活にするのが一番良いのだ。女性が結婚もせずだらだらと化粧をし続けるというのは、どう考えても自分の健康を害してしまうものなのである。

●化粧をしたのなら帰宅後すぐに洗顔

 化粧をする時には安全な化粧品を使う。安全な化粧品は必ずしも高額とは限らない。要はその化粧品会社がちゃんとした考えを持ってやっているかどうかなのだ。だからお金よりも情報なのであって、情報をきちんと集めないと、安全な化粧品というものは買えないのだ。

 因みにテレビCMを流している化粧品会社の商品には安全な化粧品はまずない。化粧品のCMは確かに綺麗ではあるが、その化粧品は危険な物なのである。CMを作り、放送するために、製造費に充分な資金を投入できないので、それで安全な化粧品を作るというのが不可能になってしまうのだ。

 そして実際に化粧をするなら「薄化粧」で充分なのである。安全な化粧品を使って薄化粧で化粧をするからこそ、お肌へのダメージを最小限度に抑えるのである。大体、厚化粧の女性に立派な女性はいないものだ。芸能界や水商売なら厚化粧は職業上必要だけど、普通の人たちには厚化粧は全く必要ないのだ。

 薄化粧は化粧としては綺麗にすることはできたとしても、インパクトは弱い。だから化粧のテクニックが必要になってくるのだ。「ナチュラルメイク」なんてのはその代表例で、自然な形に見せながら、より美しくさせるのである。しかし「スッピンメイク」というのは意味不明である。スッピンってのはメイクをしていないということなのであり、スッピンメイクなる物は絶対に有り得ないのだ。

 化粧をしたのなら、帰宅後すぐに洗顔である。化粧品は基本的に油で出来ているので、化粧を落とすにはオリーブオイルが一番効果的で、油を油で落とすからこそ、綺麗に化粧が落ちるのである。化粧落としが不十分であるなら、お肌がダメージを受けてしまうのは当然のことなのである。

 これは当たり前のことだが、絶対に化粧をしたまま寝ないことだ。化粧をしたまま寝てしまえば、化粧品の成分が顔の皮膚に浸透してしまい、お肌へのダメージを最大化してしまうのである。後で大きなシミや大きなホクロを作ってしまい、自分の醜悪さが決定的になってしまうものなのである。

●無闇に日焼けをしない

 「白い肌は七難隠す」というが、自分を美しく見せるためには、とにかく日焼けをしないことなのだ。現在の太陽光はオゾン層が破壊されてしまったために、非常に危険な物となっており、男性ですら太陽光の照射量を減少させておかないと、非常に危険なことになるのだ。女性の肌は男性の肌よりも弱いものなのだから、より遮断していくことが必要なのである。

 まず外出時には「帽子」を被る。たったこれだけのことで顔に対して日光を浴びなくなるので、お肌のダメージを少なくすることができるのである。帽子を被らない女性は本当に多いのだが、普段、美のために大金を使っているというのに、帽子を買うお金がないみたいなのである。

 夏のように日差しが強い場合には、「日傘」が欠かせない。日傘は太陽光を遮るだけでなく、日傘が日陰を作ってくれるので、日傘を使うと結構涼しいのである。現在では雨傘と兼用の物も作らているので、夏になったら日傘を差すという習慣を持つようにすべきなのである。

 夏の場合、紫外線の量が最も多くなる午後2時前後には外出しないことだ。この時間帯になるまでに自分が用事は全部済ましておくべきなのである。そのためには早起きをすることになるのだが、朝寝坊をしてしまうからこそ、紫外線が多い時間帯に外出するということをしてしまうのだ。

 海水浴やプールに行く場合には日焼け止めクリームを塗り、午前中までに済ましてしまうことだ。昼食を食ったら、もう泳ぐことをやめるようにすべきなのである。大体、水難事故を起こすのは午後になってからなのであって、水というものを舐めてかかってはならないものなのである。

●正しい生活をして綺麗な顔を作る

 スッピンでも美人な人には或る共通項がある。それは「正しい生活」をしているということなのである。正しい生活をしていれば自然と綺麗な顔になっていくし、体もスリムになっていくのだ。正しい生活をするというのは無料でできるのだから、高い金額を出して化粧品を買うより、まずはこちらのことをやった方が良いのだ。

①早寝早起き

 スッピン美人は早寝早起きである。早寝するとそれだけ長い時間、体の修復がなされるので、美人になり易いのだ。しかも早起きすると顔が引き締まるので、別に何もしなくても顔が綺麗に見えるようになるのだ。スッピン美人に何か特別なことをしているのではないかと思って訊いてしまうものだが、答えは大抵「何もしていません」である。それもその筈、早寝早起きをしていれば、何もしなくても綺麗になっていくのだ。

②快便

 スッピン美人は快便である。日々快便しているからこそ、体内に老廃物や毒素を溜め込むことがなく、体が異様に美しくなっていくのだ。この快便は早寝早起きで密接な関係を持つ。早寝早起きをしているからこそ、夜間に体内の老廃物と毒素を回収して、朝になれば便意を催し、めでたく排便ということになるのだ。

③正しい食事

 正しい食事というのは、果物と野菜が中心になっている食事のことである。人間は本来「果実食動物」なので、果物と野菜を沢山食べることが美貌を作り出すことになるものなのである。その上で穀物を食うなら無精白、納豆や糠漬けといった発酵食品、植物油、肉と魚などを食べるようにすべきなのである。

④生理の際にはきちんと月経血を出す

 女性には生理というものがあるのだが、生理の際に月経血をきちんと出すということも、スッピン美人に繋がる大事なことなのである。月経血は体にとって不要な物だからこそ排出されるのである。だから紙ナプキンではなく布ナプキンにし、生理の際には出来る限り外出を控えるべきなのである。

⑤質の高いセックス

 乱れた性生活は必ず顔に出て来る、どう仕様もない顔になってしまうものなのである。質の高いセックスをするためには、とにかく相手を固定し、せっせとセックスに励むべきなのである。だから恋愛が大事だし、結婚だって大事なのである。恋愛や結婚に対してネガティブな感情を持っていては、スッピン美人にはなれないものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »