« 出版不況をより悪化させる小説 | トップページ | 秋風邪の咳止めにレンコンを食うべし »

柿が赤くなると医者が青なる

●風邪防止のために柿を食いまくるべし

 秋という季節は天候が穏やかなものなのだが、それでも時折急に気温が下がる日があって、前日の気温に比べて5℃以上も下がる時がある。これは秋の季節の典型的な急激な気温の変化で、普段は天候が穏やかだからといって油断していると、「秋風邪」をひいてしまうのである。

 秋風邪は普段健康な人物に限ってかかるものである。このため家族の中で誰かが秋風邪をひこうものなら、母親はその風邪にオロオロしてしまうことになるのだ。天候がいいのに秋風邪をひき、ゴホゴホやっている訳だから、「何か重大な病気にでも罹ったのではないか?」と勘違いをしてしまうのである。

 秋風邪で母親が慌てふためくと、医者が儲かるだけである。大体、秋風邪は所詮「風邪」なのだから、1日寝かしておけば治るものなのである。それなのに風邪程度だからと寝かすことをしないと、その風邪は悪化し、最終的には病院に入院しなければならないほど症状が悪化してしまうのである。

 だから昔から諺で「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われ、秋になって秋風邪予防のために柿を食えば、秋風邪をひく者がいなくなり、それで医者が貧乏してしまうのである。それゆえ秋になったら必ず柿を食うべきなのであって、それを怠っていると家族の中から秋風邪をひく者が出て来ることになるのだ。

 秋は様々な作物が収穫されるので、別に柿を食わなくても他の食材で食欲を満たすことができる。しかし普通の食材では、秋特有の天候の変化に対応しきれないのだ。柿には秋風邪を予防する栄養分が含まれているからこそ、柿を食べると秋風邪をひかくなるのだ。

●柿の栄養素

①ビタミン類

 柿がなぜそんなにも秋風邪予防に効果があるのかといえば、柿にはビタミン類が豊富に含まれており、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなど、バランス良く入っているのだ。だから柿を食えば秋風邪を予防できるのである。

②コリン

 柿にはコリンが含まれている。コリンは肝臓に力を与えて解毒を行わせるのだが、そうやって肝臓が機能すれば、体内に風邪のウィルスが入って来ても、体は充分に免疫力を発揮することができ、そう簡単に秋風邪をひかくなるのだ。

③マグネシウム

 柿にはマグネシウムが含まれており、このマグネシウムは脂肪を燃やすという効果がある。脂肪は炭水化物を燃焼させるより3倍ものエネルギーを発生させるので、それで柿を食べているとエネルギー発生量が多くなり、秋風邪をひかくなるのである。

④カリウム

 柿にはカリウムが含まれているのだが、カリウムは体内の老廃物を除去する効果を持つ。このため柿を食えば体内の老廃物を除去することができるので、それで風邪のウィルスの餌となるものがなくなるので、秋風邪をひかくなるのである。

⑤抗酸化物質

 柿の皮と種には非常に強い抗酸化作用があるのだが、柿を食う時は皮ごと食べ、種の周りに付いている果肉をしっかりと食べることだ。柿を食うのに皮を剥いたり、種なしの柿を食べりするのはダメなのである。下手に手を加えると。大事な所を切り落としてしまうことになるのだ。

●柿は体を冷やす?

 柿を食べると体を冷やすと言われるものだが、これは柿の木が長江流域原産だからである。柿そのものは体を冷やすようになっている。少なくとも柿を食べて体が温まるということはない。だから日本では「渋柿」という寒冷地用の柿を好んで食べているのであり、渋抜きをして甘くすることで体を冷やさないようにするのだ。

 農家であるなら夕食時に柿を出さないものであるが、夕食時に柿を食べてしまうと体を冷やしてしまう可能性があるので、それで夕食時には柿を食べないのだ。柿を食べるのは朝食とか昼食とかなのであって、体温が高くなっている時に食べるべきものなのである。

 秋は柿をそのまま食べ、プラス「紅茶」にすると体を温める効果が出て来る。冬は干し柿を食べ、プラス「生姜茶」なら、如何なる冬の寒さも撃退することができることであろう。干し柿というのは、柿を干すことによって、体を冷やさなくさせるのであって、だから冬でも柿を食うことができるのである。

 良くある組み合わせとして柿と緑茶があるものだが、この組み合わせは両者とも体を冷やす効果があるので、一緒に食えば相乗効果を引き起こして、体を思いっきり冷やしてしまう。干し柿に緑茶の組み合わせならまだ良いが、柿と緑茶の組み合わせは良くないのだ。

 秋は収穫の秋なので、肉や魚を沢山食べて体を温めて行くものだ。しかし体を温め過ぎてしまえば、それはそれで問題があるので、柿を食べて多少体温を引き下げるのである。要はバランスの問題なのであって、柿が健康に良いからといって柿ばかり食べてはならないのだ。

●冬に備えて栄養を備蓄しておく

 秋の内に体を動かして筋肉量や脂肪を増やしておくことだ。秋は食欲の秋である以上、人間の体はそれをしたがっているのだ。そうしないと冬を越せないからだ。だから秋風邪をひいて寝込まないことだ。秋風邪をひくということは、充分な体力がないということなのである。

 子供の食欲を増進させるためには、とにかく歩きまくることだ。家族でハイキングに出かけて、一日中歩き回ることでお腹をペコペコにさせるのだ。こうすれば家ではバクバクと飯を食うようになるので、それで健康な体を作ることができるのである。

 食の細い子供はなんだかんだ言ってもやっぱり秋風邪をひくものだ。飯を食ってきちんと栄養分を確保していないからこそ、そうなってしまうのだ。子供がお菓子を食べると正規の食事で飯を食わなくなるので、お菓子は出来る限り与えないことだ。体を動かしてお腹をペコペコにさせるということをやるべきなのである。

 秋に秋風邪をひいていれば、冬になれば冬風邪をひいてしまい、その症状はより悪化したものになってしまう。冬は気温が下がるので、それで風邪をひくのはまだ理解できるが、秋に風邪をひくということは、気温の急激な変化に耐える体力がないということなのである。

 考えてみれば、柿をしっかりと食べているのは雪国の人たちである。越冬しなければならないので、秋の内に柿を食い、冬になれば干し柿を食うのである。そういうことをしているからこそ、秋にも冬にも風邪をひかず、無事に春を迎えることができるのである。

 都会に住んでいると、四季の感覚がなくなっていくものだが、そういう自然から離れた生活こそが人間を病気に追いやっているのである。自然には四季という変化があるのだから、それに対応した食生活を構築していれば、人間はいつまでも健康でいられるようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 出版不況をより悪化させる小説 | トップページ | 秋風邪の咳止めにレンコンを食うべし »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、こんにちは!

梨やブドウも身体を冷やすと言われていると思いますが、柿と同様に、昼間に食べれば良いのでしょうか?

秋の味覚は大好きなものばかりで、
嬉しいことこの上ないです。

ただ、「身体を冷やす食べ物は極力食べるな」と
言われ育ってきたので、
若干の後ろめたさを感じつつ食べています。

投稿: おだんご | 2013年11月 1日 (金) 12時32分

タマティー様、こんにちは!
ともぞうです。

今日の記事にはドキッとしました…。
(^^;)

10日程前に私が風邪を引き、高熱が出てまだスッキリ治っていません…。
私の母にも移してしまい、娘にまで移してしまいました………。
(>_<。)
娘は今、高熱出ており、一日中おっぱい飲みまくっています…。
高熱出てますが、わりと元気で助かっています。

私の栄養状態が悪いのと、体力が無いのは本当に当たっています……。

本当にダメダメ主婦ですね〜…。
タマティー様の記事にあったように、娘が元気なので、病院の薬は飲まない方がいいのかな?
今、病院へ行くと診療明細くれたり、処方内容が書いてある紙をくれたりするのですが、今日行った病院でもらった赤ちゃん用の水薬の内容がわからないんです…。
一体何が入ってるのか…。
昔から赤ちゃん用に色々な薬を混ぜて作ってるシロップなんだろうけど…自分の娘に飲ませるとなるとやっぱり不安ですね…。

投稿: ともぞう | 2013年11月 1日 (金) 14時31分

おだんごさん、こういうのって要はバランスの問題ですからね。happy01

体を冷やす物でも昼間食えばいいし、昼までも味噌汁とセットで食うと、逆に体が温まります。

投稿: タマティー | 2013年11月 2日 (土) 07時12分

ともぞうさん、風邪の場合は水分補給に気を付けておけば、病院の薬は要らないです。happy01
それよりも母乳をなんとかせい!

野菜は葉物も根菜類も豆類もバランス良く食うことです。
それと肉や魚をしっかりと食っておいた方がいい。
何かの栄養素が欠けていると、風邪が治った筈なのに完治しない状態が続きますからね。

投稿: タマティー | 2013年11月 2日 (土) 07時18分

タマティー様、おはようございます!
お返事ありがとうございます♪

風邪を引いてから、料理するのがしんどくて食事がてきとーになってました………。
(^^;)
ボチボチやっていきます♪
やっぱり子供が病気した時母乳は便利だし、ちゃんと日頃から母乳の質を良くしておかないとダメですね!

お陰様で、娘も熱が下がり、元気です♪♪
水分補給気をつけます!♪

いつもアドバイス下さり、ありがとうございます♪♪
m(_ _)m

投稿: ともぞう | 2013年11月 2日 (土) 08時12分

タマティーさん、お返事ありがとうございます。

なるほど!!!バランスなんですね♪

旬の物でも身体を冷やす食べ物はあるし、
どうしたものか(´Д⊂グスンと、
敬遠していた食べ物が多々ありましたが、
やーん バカ~ン(/ー\*)私ったら。。。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

秋の味覚に安心して食らいつき、
冬に備えたいと思います♪

タマティーさん、ありがとうございました。


投稿: おだんご | 2013年11月 2日 (土) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/53755980

この記事へのトラックバック一覧です: 柿が赤くなると医者が青なる:

« 出版不況をより悪化させる小説 | トップページ | 秋風邪の咳止めにレンコンを食うべし »