« 毎年恒例! [第四回超マイナー流行語大賞] | トップページ | 頼まれた仕事はすぐさま必ずやる »

自分のリミッターを外すことの大切さ

●小中高生の時には自叙伝や伝記を読んでおく

 成功の最大の秘訣は「リミッターを外す事」にある。人間には恒常性というものがあるので自分の可能性を自分で狭めてしまうのである。このためそういう制限された可能性の中で生きていれば、自分が持っている本来の力を発揮することができなくなり、成功とは程遠い人生を送ってしまう羽目になるのだ。

 学校では教師たちから「君たちには無限の可能性がある」と教えられるものだが、これほど間違ったことはない。学校に行くということは、学校で教えられたことしか考えられなくなるということなのである。大体、人間に無限の可能性があるなら、なんで教師たちが学校で教師の仕事をやっているのかということなのである。

 はっきりと言ってしまえば、自分の周囲に優れた人は自分の両親以外にいないものだ。自分の両親は自分をこの世に生んでくれたこと、それ自体が大手柄なのであって、その大手柄は如何に時間が経過したとしても失われてない。逆に言えば、自分の両親以外、周囲に居る人たちは優秀な人間ではないということだ。

 学校に大した人物など1人もいないのに、学校生活に追われてしまえば、学校に適応してしまい。自分の持つ可能性がよい狭まってしまうのである。ということは自分自身が大した人物ではなくなってしまうのだ。学校を中退した人物に、後世、意外と立身出世してしまう人物が出て来るのは、学校に適応しなかったからなのである。

 勿論、学校に行くことにはそれなりの利益があるから、学校を辞めることはできない。そこで「自叙伝」や「伝記」を読んで偉大なる人物に触れて、自分のリミッターを外す努力をすべきなのである。自叙伝を書いたり、伝記になるような人物は自分の周囲にはいないからこそ、そういう人物に本を通じて知っておくと、自然とリミッターが外れて、自分の可能性が広がって行くのである。

●若い時に優れた人物と出会っておく

 学校や大学に行っている限り、自分を驚愕させるような凄い人物に会うことはないのだ。もしも自分が遥かに優れた人物に会いたいのなら、自分で行動して会うようにすべきなのである。自分が優れた人物に会うことでリミッターを外せば、その後、自分の人生が激しく変化して行くことになるのだ。

 百万冊の本を読むより、1人の偉人に会ってしまった方が効果は高いものなのである。本に書かれていることは、偉大なる人物のほんの一部分なのであって、偉大なる人物に会ってしまえば、本に書かれていない様々な情報を得ることができ、それが後に大いに役立つことになるのだ。

 私立のエリート校では必ず卒業生たちの内、成功した人物を学校に呼び寄せ、生徒たちに講演させたりしている。生徒たちにしてみれば、普段、大人という者は学校の教師たちレベルの人たちだろうと思っているので、いざ成功者と会ってしまうと、簡単にリミッターが外れてしまうのである。

 公立学校ではこういうことをしないからこそ、生徒たちのリミッターが外れず、公立学校で散々に勉強させておきながら、学校を卒業しても成功することができなくなってしまうのである。公立学校の教師たちは所詮「公務員」であるので、彼等にとってみれば成功するということは公務員になることなので、世間の基準からは最初からずれてしまっているのである。

 卒業生たちの中には成功者が出て来るからこそ、生徒たちに惨い事をやってはならないのだ。幾ら成功者だって、自分がその学校の生徒だった頃に教師から暴力を振るわれたのなら、どんなに大金を積まれたとしても、母校に戻って来て講演したりするわけがないのだ。エリート校が成功者を大量に排出するのは、何もそこの学校の教育内容が素晴らしかっただけではなく、教師たちが生徒たちに暴力を振るえないような制動装置が存在しているからなのである。

●ダメダメばかり言うな

 若者が勉強ばかりして、自分のリミッターを外す努力をしていないと、何をやらしても「ダメダメ」ばかり言ってしまうようになるのだ。反抗期だから親にダメ出しをするのは仕方ないにしても、友達に対しても些細な欠点を挙げて「あいつはダメだ」と言いまくり、学校の教師や大学の教授に対しても「あいつはバカだ」と言ってしまうのである。

 まあ、自分の周囲の人物たちにダメダメ言っていればいいのだが、頭のいい連中は社会に対してダメ出しをして来るのだ。曰く「政治家は自分のことしか考えていない」。曰く「企業が金儲けするのは怪しからん」。曰く「家父長制が怪しからん」等々。

 若い時は自分が夢を持てば大躍進して行ける時期でもあるのだが、それと同時に自分に夢がないとダメなことを正当化してしまう厄介な時期でもあるのだ。自分の能力の使い方を間違えると、自分のエネルギーを無意味なことに費やしてしまい、結果的に自分にとって悪い事しか起こらなくなってしまうのである。

 人間は性善説に立脚する限り不幸が続き、決して終わることはない。自分は良い人であり、他人も良い人と間違った考えを持っているからこそ、自分は傲慢になり、相手が自分の意に適わない行動を取れば、途端に怒り出すのだ。世の中が間違っているのではなく、自分の考えこそが間違っているのである。

 人間の本性は悪なのであって、自分だって悪さをするし、他人だって悪さをするのだ。性悪説は一見「悪そうな考え方」なのであるが、これは「大人のドライな物の見方」なのであって、自分の本性が悪だと考えるからこそ、正しいことをしようと思うようになるし、他人の本性が悪だと思うからこそ、その悪人を退けたり、逆に自分の利益になるように巧い形で接触しようと試みたりするようになるのだ。

●自分が会いたいと思っていれば必ず会える

 性悪説に立脚すれば解るだろうが、自分の周りには大した人物などいないものなのだ。しかしそうやってネガティブに物事を見ていると、どうしても「この人物は凄い」という人物が出て来るのである。その人物こそ、自分のリミッターを外せる相手なのであって、勇気を出してその人物に会ってみればいいのだ。

 こういう時、自己中心的に物事を考えてしまい、「自分のような者に相手は会ってくれるだろうか?」と悩んでしまうものだ。しかしそんなことは関係ないのだ。「自分に会いたいという意思があるかどうか?」が重要なのであって、自分が会いたいと思っていれば、必ず会えるものなのである。

 不思議なことに、自分がこの人に会いたいと決断すると、偶然にも向こう側から情報が飛び込んできて、あれよあれよと展開して行ってしまい、本当に会うことができてしまうのである。人間にはそういう不思議な力が存在しているのであって、その不思議な力を利用して会うべきなのである。

 自分がその相手に会うと、確実に自分のリミッターが外れる。リミッターが外れると、自分の眠っていた能力が発動して、今までの自分では出来なかったことが簡単に出来てしまうようになるのだ。そうなれば自分の運命が好転してきて、停滞しきっていた人生から脱出することができるのである。

 どんな偉人伝を読んでみても、単独で成功した人というのはいない。必ずどこかに自分の人生を変えた出会いを果たしており、そこから成功物語が始まったのである。確かに自分で努力をすることは重要である。しかし努力した上に人との出会いがないと、リミッターが外れないために、どうにもならなくなってしまうのである。

●人物の真贋が解るようになる

 如何なる者であったとしても、自分のリミッターを外す努力をしていないと、「人物の真贋」というものが全く解らなくなってしまうのである。だから本当は碌でもない人物なのに、自分はそのことを理解せず、恰も価値があるのだと思って崇めてしまうのである。

 偶像崇拝が危険なのは、教団が何かしらの偶像を祭壇に置いてしまうと、信者たちはそれを崇めてしまい、自分のリミッターを外す努力を全くしなくなってしまうからなのである。それゆえ偶像崇拝がある宗教では必ず堕落が起こり、悪徳が蔓延り、邪悪なことを平気でするようになるのだ。

 アイドルも偶像崇拝となんら変わらない。如何なるアイドルであっても、大した人物ではないのだ。それなのにアイドルだからこそ人気が出て来てしまい、それに人々が痺れているだけなのである。子供ならアイドルに嵌ったとしても別に構わない。だが大人になりたいのなら、そういうアイドルを捨て去っていくべきなのである。

 「人物の真贋」が解ってしまうと、この世に生きて行くのが本当に楽になる、紛い物はどうやったとしても紛い物なのであって、本物にはならないのだ。本物の価値が解っていれば、紛い物を除去できるので、自然と本物に囲まれた人生を送ることができるようになるのだ。そういう人生は自分の人生に何が起ころうとも幸せで豊かなものなのである。

 逆に言えば「人物の真贋」が解っていないと、紛い物に騙されてしまうものなのである。偽物に大金を払い、碌でもない人物に取り囲まれていては、その人がどんなに莫大な資産を持っていても、あっという間に不幸になっていくのは当然のことなのである。若い時にリミッターを外さなかったツケは必ずいつかどこかで支払う羽目になるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 毎年恒例! [第四回超マイナー流行語大賞] | トップページ | 頼まれた仕事はすぐさま必ずやる »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

2歳の娘にダメっと言ってしまう事があります
難しいです…

この前「してほしくない事…」で、コメントさせて頂きました。
数日気分良く過ごしていたら、生理が遅れている事に気づき
妊娠していました!
ナカダシしていないんですけど…
こーゆー事もあるんですね!
妊娠したら、ツワリの恐怖ですが(笑)
ツワリの記事を毎日読んでいます!
娘の時は、子宮頸がんからの円錐切除をした後すぐ妊娠して
しまい切迫早産でほぼ寝たきりの妊婦生活だったので…

まだ、ツワリはきてないんですけど…
明日から、玄米とかフルーツとかに切り替えていこうと
思ってるんですが…
なんせ、体重が43キロなんでツワリがきてしまうと想像する
だけで恐ろしいんですが…
玄米、フルーツ、野菜他にできる事は、あるでしょうか?
できたら他にも教えて下さい!!

投稿: ちーこ | 2013年12月 6日 (金) 20時22分

ちーこさん、妊娠おめでとうございます!heart04lovelyheart04bellbell
中出しはせずとも、タマティーの≪ラブ注入≫が妊娠を引き起こしてしまいました。(笑)

まずはシャンプーを変えましょう。
子宮頚癌は主に合成洗剤を使ったシャンプーが誘因なんです。
それと日々の排便を良くする事。
1日1回は必ず排便して、出来ることなら1日2回した方がいい。
ウンコが出ない時は、イチジク浣腸でもして、強制的に排便を引き起こすことです。

ツワリ対策なんですけど、とにかく果物や野菜を取りまくることですよ。
特に朝食はどっさりと果物を食った方がいい。
43キロは痩せすぎですな。
夕食時には肉や魚を食べて筋肉量を増やし、体重をつけていくことですよ。
ちーこさんが自覚しているように体重が少ないのにツワリがあると、そのツワリは滅茶苦茶激しいものになってしまいます。

それとゲーム中毒の旦那さんもツワリの要因の1つですよ。
休日になったら家族全員でハイキングにでも出かけるとかして、ゲームをできない環境を作った方がいい。

投稿: タマティー | 2013年12月 7日 (土) 07時09分

タマティー様のチカラに驚きです!!
丁寧な返事をありがとうございます!
なかなかの嘔吐恐怖症で、ツワリが恐怖ですが
食事を変えてツワリの軽い体にしたいと思います!
キャベツの千切りが美味しく感じるのは、体が欲して
いるんですね!
玄米を初めて食べたんですが、美味しくてビックリしました!
お腹の子にも良いもの娘にも良いものをどんどん取り入れます。

ゲーム中毒です(笑)
そうさせない環境を作る事も大切ですね!

投稿: ちーこ | 2013年12月 7日 (土) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/54050523

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のリミッターを外すことの大切さ:

« 毎年恒例! [第四回超マイナー流行語大賞] | トップページ | 頼まれた仕事はすぐさま必ずやる »