« 自分のリミッターを外すことの大切さ | トップページ | 眠らない乳幼児を眠らせる魔法の絵本:『ネムネムのじかん』 »

頼まれた仕事はすぐさま必ずやる

●その仕事ができるからこそ頼まれる 

 人間、この世に生きていれば様々な仕事を頼まれることになるのだが、その仕事は自分ができるからこそ頼まれるのである。自分が出来もしない仕事は決して頼まれない。だから自分が仕事を頼まれた以上、必ずやらねばならないのだ。

 仕事をするのはどんな仕事であっても面倒臭いといえば面倒臭い。だからといって頼まれた仕事を拒絶していては、いつまで経っても自分が成長していかない。自分を成長させるためには、とにかく頼まれた仕事をやりきるしかないのである。

 仕事というのはいつなんどき頼まれるか解らないから、今、自分のやっている仕事を効率良くこなし、いつでも仕事の依頼を受ける余地を残しておくことだ。普段から生産性の低い仕事の仕方をしていると、他人から仕事を頼まれないし、頼まれたとしても処理できなくなってしまうのだ。

 仕事の99%以上は毎日同じ仕事の繰り返しなのである。だから誰からも仕事を頼まれることがなければ、いつまで経っても同じ仕事をしてしまい、全く収入が増えていかなくなってしまうのだ。収入を増やすためには、他人から仕事を請け負うことが絶対に必要なのである。

 自分が既に仕事をやっているのに、更に他人から仕事を頼まれれば、誰だって多少はきついものなのだ。しかしそういうきつさがあるからこそ、今までにできなかった仕事をやることができ、それによって収入を増やして行くことができるのである。

●仕事が来たのならすぐさまやってしまう

 他人から仕事を頼まれたのなら、その仕事をすぐさまやってしまうことだ。このすぐさまやってしまうことが大事なのであって、すぐさまやってしまうからこそ、最も出来が良くなるのである。人間の脳はその仕事の依頼を受けた時点で、高速で脳が回転し始め、最善の答えをすぐさま導き出してしまうのである。

 人間の脳がそうなっているからこそ、頼まれた仕事をすぐさまやってしまうと、最も出来が良くなってしまうのだ。勿論、自分だって自分の仕事をやっている以上、充分な時間を確保できない。だったら、少しでもいいから頼まれた仕事に着手しておくべきであって、そうやって仕事に着手してしまえば、「80対20の法則」によって、残りの仕事は非常に簡単になってしまうのである。

 頼まれた仕事は後回しにしないことだ。というのは、その仕事を待たしていると、他の仕事がやってくるから、仕事がどんどん溜まって行くことになるのだ。自分が誰かから仕事を頼まれた以上、他の人も仕事を頼んで来る可能性があることを絶対に忘れてはならないのだ。

 こういうことがあるからjこそ、机の上に書類を山積みにしているビジネスマンとか、口癖ように「後でやるから」という主婦は絶対に頂けない。この手の人たちは頼まれた仕事をしないものだし、やったとしても不充分な出来で寄越して来るからだ。

 机の上は綺麗にしておくべきであって、必要な物以外は置かないようにすることだ。口癖にはより気をつけるべきであって、依頼された仕事を遅らせてしまうような発言はすべきではないのだ。自分を絶対視するのではなく、常に自己審査を持つべきであって、自分のやっていることが正しいのか間違っているのか自分で考える習慣を持つようにしなければならないのだ。

●依頼を受けた仕事は必ずやりきる

 仕事を頼まれた以上、その仕事を必ず遣り遂げるようにしなければならない。仕事を頼まれたのに、その仕事を遣り切らず放置しておいては、ただ自分の信用を失ってしまう結果になってしまうだけなのである。仕事は時間無制限で頼んだのではなく、出来る限り早くという条件で頼んだのである。

 どんな仕事でもやればできるのだ。自分がやれない仕事なんて頼まれることはないのだから、とにかく仕事に着手して仕事を進めて行くことだ。そうやって仕事を進めていけば、その仕事を終わらせるアイデアが自然と見つかるものなのであって、遣り続けてさえいれば、遣り遂げることができてしまうものなのである。

 大きな仕事を頼まれた時は、その仕事が完成するまで時間がかかるのだから、途中で中間報告にし行くべきなのである。仕事が或る程度出来たのなら、依頼者に訊きに行けば、その依頼者は自分がして欲しいことを言ってくるので、それを踏まえて仕事をしてしまえばいいのだ。

 気をつけるべきは、急に頼まれたからといって、やっつけ仕事にしてしまわないことだ。依頼者は仕事ができるからこそ頼んだのであって、それなのにその仕事で手抜きをしまくって、未完成品を引き渡したのなら、依頼者は失望するし、それだけでなくその話がすぐさま出回ってしまい、自分の信用を落とすことになるのだ。

 仕事を引き受ければ、誰がどうやったとしても或る程度の時間はかかるものなのである。だったら自分の時間をその仕事のために捧げて、文句を言うことなく、焦ることもなく、コツコツとやっていき、完成した物を引き渡すようにしなければならないのだ。

●小さな仕事をするからこそ、大きな仕事ができる

 この世には詰まらない仕事はない。どんな仕事であってもそれなりの価値を持つものなのである。無料の仕事だろうが、時給の安い仕事だろうが、何かしらの価値があるからこそ存在し、何か理由があるからこそ、そういう仕事が自分の所に回って来るのである。

 仕事を頼まれた時、金銭の有無とか金銭の多寡に拘わらず、とにかくその仕事を引き受けやってしまうことだ。そういうことをやっていれば、当初は無料だったり廉価であるかもしれないが、徐々に仕事が増えると同時に給料も良くなっていき、気付いた頃には自分が成功者になり、たっぷりとした財産を蓄えていることになるのだ。

 小さな仕事をするからこそ大きな仕事ができるのであって、小さな仕事をすらできないのなら、誰だって大きな仕事を回して来ないものなのである。若い時は行き成り大きな仕事をしたいと思ってしまうものだが、実績のない者に大きな仕事を回すようなお人好しはこの世にはいないものなのである。

 小さな仕事をしている時、誰も見ていなくても、神様が自分を見ていると思って真面目にこなしていくべきなのである。神様はちゃんと見ているのであって、そうやって小さな仕事をきちんとやった者には大きな仕事を与え、最終的には充分過ぎるほどの財産を与えてくれるものなのである。

 何事も信用の積み重ねなのである。小さな仕事をやっている時は、自分はまだまだ信用されていないということなのだ。だから自分の信用を作るためには小さな仕事をコツコツとこなし、着実に自分の信用度を高めていかなければならないのである。それなのにお金に拘っているようでは、どこの職種に就いたとしても絶対に大成しないのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自分のリミッターを外すことの大切さ | トップページ | 眠らない乳幼児を眠らせる魔法の絵本:『ネムネムのじかん』 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

普段から読ませていただいております。
この記事に関して、深く納得しました。
私は現在第二子の育休中ですが、復職したとしても時短勤務や子供の風邪で悶々とする日々が待っていると思います。第一子のときに経験済みです。
私のような社員が、どうしたら会社のお荷物にならずに済むか、ずっと考えていました。この記事でヒントを得られたような気がします。ありがとうございました。

投稿: じょ | 2013年12月12日 (木) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/53873300

この記事へのトラックバック一覧です: 頼まれた仕事はすぐさま必ずやる:

« 自分のリミッターを外すことの大切さ | トップページ | 眠らない乳幼児を眠らせる魔法の絵本:『ネムネムのじかん』 »