« 本当は、人間の死は穏やかなもんなんだよ。 | トップページ | 「ふなっしー」成功の理由 »

なぜタマティーのブログは鳥取県で人気があるのか?

●第二位はなんと「鳥取県」!

 niftyのアクセス解析の機能の改善によって、タマティーのブログがどの都道府県で受けているというのが解ったのだが、この情報を得てしまうと、俺が意図した物とは全く違う結果が出てしまったということが解った。俺はてっきり東京や大阪や博多のような大都市で受けると思ったら、実はそうではなかったのだ。

 タマティーのブログがヒットしている都道府県ベスト3は!

第一位 徳島県

第二位 鳥取県

第三位 秋田県

 ベスト3に入った県は全て、大都市とは無縁の、寧ろ田舎と言った方がいい県であるのだ。前回、徳島県のことについて述べたのだが、徳島県とタマティーは多少なんらかの繋がりがあったということが解った。問題は第二位に着けている鳥取県である。

 実を言うとタマティーは鳥取県出身の人とは会ったことがない。

 それもその筈、鳥取県は都道府県の中で最も人口が少ないのだ。鳥取県の人口は58万人で、この数は千葉県船橋市の人口よりも少ない。なぜ船橋市から「ふなっしー」が登場し、鳥取県から「とっとりっしー」が出て来なかったのかは、人口の差が大きく物を言っているからなのである。

 日本の人口は1億2千万人なので、その中で58万人というのは、或る意味、貴重である。日本の人口の「0.5%」しか占めていない以上、この希少性を活かせば、逆に鳥取県が高級ブランドとして成立してしまうのである。しかし鳥取県知事にはそれが解らず、希少性を活かした政治を行っていない。

 因みに現在の鳥取県知事は「平井伸治」といい、なんと東京都出身であり、自治省や総務省の官僚を経験した後、知事になった人物である。徳島県の時もそうであったが、地方自治を確保するためには、余所者を知事に選んではならないのだ。鳥取県民が知事になるような人物を輩出できない時点で、民度が低いということが解ってしまうのである。

●鳥取県の特徴

 タマティーは鳥取県に行ったことがあるが、それは出雲の国へ行くために通過しただけである。このため鳥取県に関して詳しいことを知らない。そこで鳥取県の特徴を調べたが、自分が現地に行ったことがないので、その情報の信用度は50%程度である。そのことを踏まえてこの情報を読んで欲しい。

①時折、鳥取砂丘から白骨死体が発見される。

 これって結構怖い。何か殺人事件があったからではなく、江戸時代に浄土宗や浄土真宗の信者が極楽浄土に行くことを願って、鳥取砂丘で自殺を図り、それが現代になって見つかったというものなのである。本当に鳥取砂丘のような風光明美な場所を悪用してくれたと思う。

②鳥取県では人口の少なさを補うため、「ウサギ」に二足歩行させている。

 県なのに人口が58万人ということの恐ろしさを他県の出身者たちはなかなか解ってくれない。まず夜になると街灯など付かず、本当に真っ暗闇となる。ッ鳥取県では人口の少なさを誤魔化すために、ウサギに二足歩行を覚えさせ、そのためウサギが街中を歩いているのである。「ピーターラビット」の世界に迷い込んでしまった錯覚があるのだ。

③特急列車は一切止まらない。

 鳥取県の駅は全て無人駅である。乗降客が少ないために、駅に駅長や駅員を置いても人件費がペイしない。山陰本線で京都から豊岡駅に行くと、豊岡駅の次は島根県の松江駅である。つまり特急列車は一切止まらないのだ。このためタマティーには鳥取県に行ったのに、鳥取県の記憶がないのだ。

④山陰本線は本線なのに「単線」である。

 山陰本線は本線と名乗りながら「単線」である。これは実際に山陰本線に乗るとマジでビックリする。このため途中の駅で列車の通過待ちをするので、非常に時間がかかる。線路を敷いた時に複線で敷いておけばこんなことにならなかったのに、あの時に単線で敷いてしまったために、余計に列車の本数が少なくなってしまうのである。

鳥取市と米子市は戦争状態にある。

 鳥取県は一枚岩ではない。鳥取市と米子市が戦争状態にある。この戦争は全国的には報道されていないので、うっかり鳥取県に来てしまうと、とんでもない目に遭ってしまう。鳥取市で米子市のことを褒めると撲殺される。米子市で鳥取市のことを褒めると火焙りの刑に処せられる。

⑥鳥取県民と沖縄県民の相性は最悪である。

 鳥取県は日本でも有数の豪雪地帯であり、冬はシベリア寒気団によって半端ではない寒さに襲われる。このため常夏の島に住む沖縄県民とは絶対に合わない。感情的な沖縄県民が鳥取県に来ても確実に排斥されるだけである。鳥取県民は沖縄県でのアメリカ軍基地を巡る騒動をどう見ているんだろう?

⑦鳥取県にはセブンイレブンが存在しない。

 鳥取県にはセブンイレブンが存在しない。セブンイレブンも人口の少ない鳥取県に出店しても儲からないからこそ出さないだけの話であって、鳥取県としてはセブンイレブンが出店してくれないことで、鳥取県の商店や食文化を守ることができる。コンビニに慣れてしまった人は、是非とも鳥取県に行って、コンビニのない世界を体験してみるべし。きっと素晴らしい感動がある筈である。

●鳥取県民の県民性

 鳥取県民の県民性は「地味で優しい」「几帳面」「堅実」の三つで表すことができる。鳥取県に来てみれば解ることだが、この県民性は鳥取県の厳しい自然環境が作り出したものだということが解る。逆に言えば鳥取県民なのにこの県民性を持たないと、ここでは生きて行くことができないのだ。

①地味で優しい

 「地味で優しい」というのは、大概、雪国の人たちに共通するものである。毎年、厳しい冬を遣り過ごすので、自然と地味になり、優しくなっていくのだ。地味ということは派手なことをしない。優しいというのは人に対して余り厳しいことをしないということなのである。

②几帳面

 几帳面というのは、江戸時代に池田光政が鳥取藩主になってから出て来たものである。鳥取藩は経済振興を進め、大阪との商取引を盛んにさせた。このため鳥取県は大阪の経済圏に組み込まれ、几帳面になって商品を作り、几帳面になって帳簿を付けないと、鳥取県の経済を維持できなくなってしまったのである。

③堅実

 堅実というのは、やはり鳥取県の経済力が弱い所から来ている。これを良く示すのが、これだけ経済力が低いにも拘わらず、鳥取県には銀行や信用金庫が沢山あるということなのである。それだけ鳥取県民は着実に貯金しまくっているということなのである。

 なんか鳥取県民の県民性はタマティーの性格と似てなくもない。地味で優しく、几帳面で堅実といえば、それはその通りであるかもしれない。特にこのブログでは貯金の重要性を何度も説いているので、やはり徳島県同様、貯金の習慣がしっかりと根付いている県ではタマティーのブログは受けるのである。

●鳥取県民の女性の性格

 鳥取県民の女性の性格は男性の性格とはかなり違う。鳥取県は経済力が低いので、専業主婦の率が非常に低く、夫婦共働きの率が非常に高い。しかし鳥取県の女性たちはそれが当たり前だから、フェミニストたちのように女性なのに男性のようになって働こうとはしないのだ。女らしさをしっかりと保っているのである。

①辛抱強い努力家。

 鳥取県の女性たちの最大の特徴は「辛抱強い努力家」だということである。これは雪国では共通した性格であるが、仕事をしているせいか、本当に努力を惜しまない。努力すれば何かしらのお金を得ることができる状態にあったからこそ、努力をしまくることが当然ということになったのである。

②流行に疎いが、自分の体に合った服装を着る。

 鳥取県の女性が外観で解ってしまうのは、流行に疎いが、自分の体に合った服装を着るということなのである。日本のファッションは雪の降らない東京から発信されるので、豪雪地帯に住む女性としてはそんなファッションを着ることができないのだ。自分の体に合わない服装を着ると、冬の寒さを遣り過ごせないのだ。

③経済観念が発達している。 

 鳥取県の女性は経済観念が発達している。なんせ夫婦共働きなので、妻は家計に於いて非常に強力な発言権を持てるのである。つまり「締り屋」ということになる。因みに鳥取県の女性の離婚率は非常に低い。離婚はどうやっても損だからだ。

 意外な所では、鳥取県の女性たちのボランティアの稼働率はなんと全国で1位である。経済が発達しているからボランティアが盛んになるのではなく、敬虔な宗教心があるからこそボランティアが盛んになるのである。宗教心が篤いというのも鳥取県の女性たちの特徴である。

 考えてみれば、こういう女性たちはタマティーの好みではある。「辛抱のない女」「努力してこない女性」「流行に敏感になって自分に似合わない服を着る女性」「経済観念のない女性」というのは、その女性がどんなに美人であっても頂けない。

●鳥取県出身の直木賞受賞作家はたった1人しかいない

 鳥取県のことが一番良く解ることは、「鳥取県出身の直木賞受賞作家はたった1人しかない」ということなのである。その作家の名は、

「桜庭一樹」

である。因みにこの作家は男性ではなく女性である。彼女は米子市出身なので、道理で鳥取県民の全てが応援しないわけである。ここでも鳥取市と米子市の仁義なき戦いは続いているのである。

 ところが学者になると、この鳥取県から大量に人材を輩出しているのである。鳥取県の県民性から言って、鳥取県民は作家向きではなく、学者向きなのであって、コツコツと研究するような仕事の方にその能力は活かされるのである。

 直木賞受賞作家が出すことでその県の文化がどうのこうと言われたくないのだが、都道府県別で直木賞受賞作家の数を計ってみると、文化レベルの差が一目瞭然となるのだ。当然にその結果は東京都が第一位であって、上位にランクインしているのは全て大都市を持った都道府県であるのだ。

 こうなってくると、言っちゃあ悪いが、タマティーのブログのように知的レベルの高い女性たちが見るようなブログを、鳥取県の女性たちは好むということになる。なぜならそれは鳥取県にはないものだからだ。無いからこそタマティーのブログを見ることで、文化的な豊かさを実現していくのである。

 このようなブログを鳥取県の女性たちが熱心に見ているということは、急速に鳥取県の文化レベルを向上させて行くということなのである。そうなると或る日突然に鳥取県から優秀な人材が誕生して、その後、続々とそれに続く人材が出て来るかもしれないのだ。

 尤も今は鳥取県知事に優秀な人材を選び出すことができないほど民度が低いのが現状なのである。当然に鳥取県は今の所、静まり返っている。しかし鳥取県はインターネットを恩恵を巧く得て、着々と変化が起こっているのである。ま、それがどうなるかは解らないが、まずは鳥取県知事を選挙で鳥取県出身者に変えることから始まることであろう。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/0

8/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 本当は、人間の死は穏やかなもんなんだよ。 | トップページ | 「ふなっしー」成功の理由 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます
また育児相談なんですが、出産のため入院中、上の子(三歳半と一歳半)を義母に預かってもらうのですが、不安でたまりません。義母と同居ではないし、二人とも、朝は私がいないと起きれないし、いなかったらすごい癇癪を起こしそうで、義母に面倒が見れるのか…心配です。子どもは、普段から、みんなにワガママだ、と言われており、私がいない一週間、大丈夫か、入院中も心配で寝れないと思います。今からできる事、言い聞かせられる事などアドバイスください。「ばあばの家に泊まれる?」と聞いても、「ヤダー」とおおなきです

投稿: なす | 2014年1月27日 (月) 14時51分

なすさん、そういう悩みはどの母親も経験しますよ~。大泣きしようが、一週間後には逆に「帰りたくない!」と大泣きです。
どっちみち、子供たちは大泣きするだけですので、ご安心を。happy01

現代では携帯電話ってもんがあるのですから、毎日、電話して連絡を取ったらいい。

もうね~、出産が迫っているんだから、子供のことより、自分の方を心配した方が・・・。
ウォーキングとスクワット、それに安産スッポン運動をして、確実に安産に持って行きましょう。

今から出産予定日が一週間後だと、1月31日が新月で、2月15日が満月ですので、その出産予定日にはかなり無理があります。
新月での出産がなければ、出産予定日から12日ぐらい遅れますので、医者から陣痛促進剤の使用を勧められても拒否しましょう。
その出産予定日自体が間違っています。

投稿: タマティー | 2014年1月27日 (月) 16時58分

ありがとうございます!かなり気持ちが前向きになれました!安産運動、頑張ります!

投稿: なす | 2014年1月27日 (月) 17時28分

あの…残酷な天使のテーゼをカラオケで歌ったんですけど…
どう頑張っても85点しかでないんですけど…(>_<。)

投稿: たみ | 2014年1月28日 (火) 17時47分

たみさん、残念でした。rain

もう、下手っぴ。

またのお越しをどうぞ。


再チャレンジとしては、『残酷な天使のテーゼ』の歌詞を暗記して、1つも間違うことなく暗唱するってのがあります。

受けます?


happy01

投稿: タマティー | 2014年1月28日 (火) 18時01分

タマティー様、今晩は。お勧めしていただいた「残酷な天使のテーゼ」では駄目でしたが、ZARDさんの「負けないで」で91点とりました。近所にあるカラオケ屋で、シダックスのような高性能な採点機能の機械ではなく、恐らくかなり甘く採点されていると思いますが、姓名判断(改名を考えています)、運命鑑定(これからの職業や勉強、家族関係や恋愛等)をお願いしてもよろしいでしょうか…?

相変わらず過食も治まりません。何かにすがっていないともう自分を保てない所まできてしまっています。どうかお力をかしていただけないでしょうか、よろしくお願い致します。

投稿: みなみ | 2014年1月28日 (火) 22時29分

みなみさん、おめでとうございます!heart04lovelyheart04

何事もクリアするってことが大事ですよ。

それじゃあ、家族全員の名前と生年月日を書いて送って下さい。
それと相談したいことも書いてね。

投稿: タマティー | 2014年1月29日 (水) 06時25分

タマティーさんはじめまして!
鳥取県在住 40代になったばかりの主婦です
いつも妊活(2人目)の参考にさせていただいています☆

今回の記事、米子市在住の私には笑いころげるほど面白かったです。ウサギ歩行説を含めてほとんど当たっています。
中でも、女性が女性らしさを持ったまま、バリバリ仕事をしていること、その通りです。
タマティーさんならではの鋭い視点にさすがの一言です

鳥取と米子市民は仲が悪いというよりも、お互い何もない地域なので行き来もあまりなく、他の県のような気がしているといった感じでしょうか。

米子には全国的に有名な不妊治療のクリニックもあり、お隣島根県出雲には、同じく有名な不妊漢方の薬局もありますが、それでもタマティーさんのブログが人気ということは、みんな意識が高いのでしょうか。喜ばしく思います。

これからも拝読させていただきますので、宜しくお願いいたします。

投稿: はならん | 2014年1月29日 (水) 11時53分

はならん、笑って下さって有難うございます!happy01bellbell

鳥取県のアクセス数は落ちていないのに、なぜだか鳥取県在住者の方からコメントがないので、内心、焦っておりました。
情報の信用度は50%程度だって書いたのに、マジで受け止められたら怖いですよ。

そういう不妊治療のクリニックや薬局があるということは、人口が少ないために、医師や薬剤師の質が高くなっているってことです。
人口を無闇に多くしてしまうと、碌でもない連中が生まれて来るので、鳥取県とか島根県とかは人口の少なさを逆に利用して、質の高い人たちを揃えて行くようにしたらいいんですよ。

投稿: タマティー | 2014年1月30日 (木) 05時31分

みなみさん、ちょいと質問があります。

1、現在の身長と体重は?

2、今の家では誰が住んでいるの?

3、母親とは子供の頃からどういう関係にあった?

投稿: タマティー | 2014年1月30日 (木) 05時45分

タマティーさん!コメントにお返事いただいてありがとうございます
感激です・・・

とつぜんであつかましいのですが
第2子妊娠の夢のためにぜひ知りたいことがあります
教えていただけないでしょうか・・

ここ1年ほどタマティーさんのブログを読ませていただき、えごま油&天日塩生活など、できる限り実践していますが、40才という年齢のためか、もともと生理周期が2ヵ月と長いせいか、なかなか着床に至らず悩んでいます

おととい子宮がうずうずして受診したクリニックで、排卵間近と知り、おととい&昨日とアタックしてみました。本日(30日)受診すると、排卵が終わったところでした。タイミングはなかなかだったと思うので、あとは祈るのみなのですが・・

無事着床してくれるように祈る他に、この時期おすすめの過ごし方・活動・食べ物などあれば、ぜひ伝授していただけないでしょうか!どうか、よろしくおねがいします

投稿: はならん | 2014年1月30日 (木) 13時56分

はならんさん、全部終わった後に何かを伝授して下さいって言われても~。crying

まず良い点を挙げます。
「子宮が疼く」ということを自覚できている点です。
これが解っていれば妊娠する可能性「大あり」です。

良くない点を上げます。
生理の周期が二ヶ月という点です。
そんな長い生理の周期なんて、ありえね~。

今すべきことは赤ちゃんができるように「祈る」ことと、「断食」ぐらいじゃないですか?
断食は日中断食をやればいい。朝食から夕食の間、一切の飲食物を断つんです。
これをやると確実に水分過剰が解消されていくから、妊娠する確率が高まると思います。

ただ、今は冬の時期なので、朝の段階でお味噌汁を沢山飲んで、体を温めておくことです。
そしてせっせと体を動かして、尿意を感じたら小便に行くことです。
冬の断食は冷えとの戦いですよ。


たとえ今回妊娠できなくても、まだ年齢的に妊娠は充分可能ですので、次回はその生理周期を正すことからやったらいいです。
恐らく「水分過剰」と「食事過剰」で生理のリズムが狂ってしまったのでしょう。

投稿: タマティー | 2014年1月30日 (木) 17時09分

タマティーさん
何度もコメント欄にすみません
貴重なアドバイス、誠にありがとうございます
やはり水分と食事過剰ですね 大いに思い当たります・・

そして何より自信を与えて下さってありがとうございました
楽しく前向きに赤ちゃんを待てそうです

ネットやメディアで調べる妊娠・健康法はどれも
食べるべきもの、飲むべきもの多すぎて
おなかがちゃぽちゃぽになってしまいそうなので・・
タマティーさんの方法を信じてがんばります!

投稿: はならん | 2014年1月31日 (金) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/54741182

この記事へのトラックバック一覧です: なぜタマティーのブログは鳥取県で人気があるのか?:

« 本当は、人間の死は穏やかなもんなんだよ。 | トップページ | 「ふなっしー」成功の理由 »